賃貸不動産経営管理士試験、合格への道

不動産会社勤務のぐっさんが賃貸不動産経営管理士試験、合格への道を記録したブログ。賃貸不動産経営管理士は国家資格になると噂される不動産資格。私は独学で一発合格いたしました!過去問の掲載、過去問解説などを通じて皆さんの合格の手助けが出来ればと思っております。

試験対策

今後、国家資格化も検討されており、非常に注目を集めている「賃貸不動産経営管理士」。
平成28年は13000人を越える受験者となりました。

宅建を意識した内容になってきており、試験の方も年々難しくなりつつあります。

そんな注目の資格取得のための手助けになればと思い、ブログを開設いたしました。

皆さん、資格取得頑張ってくださいね。

応援クリックお願いします。


賃貸管理 ブログランキングへ
是非協力のポチをお願いします。

【もう試験まで時間が無い人はここ必見!】
賃貸不動産経営管理士の試験勉強する
時間が無い人向けに残りの期間別勉強法を伝授!


賃貸不動産経営管理士の試験を受けるにあたって

1.賃貸不動産経営管理士とは?

2.受験者数

3.合格率

4.試験の日程

5.勉強時間

6.4問免除講習について

テキストと試験問題集は必須!

【公式テキスト賃貸不動産管理の知識と実務】
平成29年改訂されておりますので購入の際は
ご注意ください。

賃貸不動産管理の知識と実務―賃貸不動産経営管理士公式テキスト

価格
¥3,980


【公式問題集
賃貸不動産経営管理士試験対策問題集】

賃貸不動産経営管理士 試験対策問題集

新品価格
¥2,916から
(2018/4/18 00:22時点)

過去問を繰り返し学習し、問題に慣れる、傾向をつかむ

年度別過去問の各問題解説はこちらから

とりあえず時間がないのでピックアップ問題だけやる!

勉強の仕方がわからない、とりあえずこれだけは知っておきたい

試験対策(初級編)

絶対合格したい、ここまではやれば大丈夫!

試験対策(中級編)


とにかく最後まで諦めない人が合格します、

頑張ってください!

【もう試験まで時間が無い人はここ必見!】
賃貸不動産経営管理士の試験勉強する
時間が無い人向けに残りの期間別勉強法を伝授!




私の日常を面白可笑しく書いてます
不動産コンサルティング業務ブログ
~CFネッツ大阪支社山口智也ドタバタ不動産奮闘記~
是非ご覧ください。

【賃貸不動産経営管理士試験対策テキスト】

賃貸不動産経営管理士 試験対策テキスト

新品価格
¥3,024から
(2018/4/18 00:24時点)


【賃貸不動産経営管理士試験一問一答】

通勤時間でうかる! 賃貸不動産経営管理士試験一問一答

新品価格
¥2,160から
(2017/7/26 01:15時点)




【賃貸不動産経営管理士】(試験対策初級編)


賃貸管理総論

その1 賃貸不動産の管理とは
その2 賃貸住宅管理業者登録制度とは
その3 リスクマネジメントとは
その4 賃貸不動産経営管理士「倫理憲章」解説
その5 賃貸不動産管理に関する基本法令(民法)
その6 賃貸不動産経営管理士に関する基本法令(借地借家法)
その7 賃貸不動産経営管理士に関する基本法令(消費者契約法)
その8 賃貸不動産経営管理士に関する基本法令(個人情報保護法)
その9 賃貸不動産経営管理士に関する基本法令
(住宅の品質確保の促進等に関する法律)

その10 賃貸不動産経営管理士に関する基本法令(宅地建物取引業法)
その11 賃貸不動産経営管理士に関する基本法令
(コンプライアンスに関する法令の状況)

その12 賃貸不動産経営管理士に関する基本法令
(法令以外の賃貸不動産管理に関連する制度)

その13 他士業業務との関係

平成29年テキスト改訂ポイント
賃貸不動産経営管理士
例年そんなに問題出てませんが改訂ポイントとなっていますので少し細かい内容も出るかもしれません。
基本的には賃貸管理総論のその4~13の部分と被っていますのでもう少し詳しく見ときたいという方以外はまあスルーしてもらってもいいかもしれませんね。

【広告】


賃貸住宅管理業者登録制度

その1 賃貸住宅管理業者登録制度
その2 制度の仕組み
その3 基幹事務
その4 登録について
その5 8条書面による報告
その6 20条閲覧
その7 遵守事項①
その8 遵守事項②
その9 財産の分別管理と帳簿の作成
その10 個別の遵守事項
その11 監督、登録の抹消


管理業務の受託

その1管理受託方式
その2 サブリース方式による管理

借主の募集

入居者募集の事前準備、借受希望者への説明

賃貸借契約

その1 賃貸借契約の締結
その2 賃貸住宅標準契約書
その3 使用貸借
その4 借地借家法,賃貸借契約の種類
その5 賃借権の承継(賃貸借契約者当事者の死亡)

修繕義務

その1 必要費・有益費の償還請求権

借主の義務

その1 禁止行為一般
その2 通知・修繕受忍義務他

賃料・敷金等の一時金

その1 賃料支払い義務
その2 敷金

契約期間と更新

その1 契約期間と更新・更新手数料
その2 定期建物賃貸借契約

賃貸契約の終了

その1正当事由
その2 解約の申入れ、契約解除

建物の所有権移転

その1 建物の所有権移転

【広告】



連帯保証

連帯保証

建物管理の実務

その1 鍵の管理
その2 苦情処理・緊急対応
その3 住環境の整備・その他ペットなどクレーム関連
その4 アウトソーシング

賃貸借契約の管理

その1 賃料・預託金の扱い、定期報告
(プロパティマネジメント業務など)
その2 未収賃料の回収
その3 原状回復をめぐるトラブルとガイドラインについて
追加
その4 内容証明郵便・公正証書

建物・設備の知識

その1建ぺい率・容積率
追加
その2共同住宅の避難規定

建物の基礎知識と維持管理

その1 建物の構造
追加あり
その2 建物の維持管理と点検、耐震診断

その3 消防設備
その4 昇降機設備・機械式駐車場設備
その5 電気設備
その6 換気設備
追加
その7 給水方式・給湯方式

賃貸業への支援業務

その1 賃貸不動産の企画提案の事業収支 
その2 不動産証券化とプロパティマネジメント
その3 保険
その4 税金関連


【広告】




もっと勉強する!中級編へ!
【賃貸不動産経営管理士】(試験対策中級編)目次


きちんと勉強したいならコチラ
年度別過去問の各問題解説はこちらから

メニューページへ


賃貸不動産経営管理士テキスト&問題集

【テキスト 賃貸不動産管理の知識と実務】
平成29年改訂されておりますので購入の際はご注意ください。


賃貸不動産管理の知識と実務―賃貸不動産経営管理士公式テキスト

価格
¥3,980



【公式問題集 賃貸不動産経営管理士試験対策問題集】

賃貸不動産経営管理士 試験対策問題集

新品価格
¥2,916から
(2018/4/18 00:05時点)



【賃貸不動産経営管理士試験対策テキスト】

賃貸不動産経営管理士 試験対策テキスト

新品価格
¥3,024から
(2018/4/18 00:07時点)



【賃貸不動産経営管理士試験一問一答】

通勤時間でうかる! 賃貸不動産経営管理士試験一問一答

新品価格
¥2,160から
(2017/7/26 01:15時点)






応援クリックお願いします。


賃貸管理 ブログランキングへ
是非協力のポチをお願いします。

メニューページへ

賃貸管理の重要な業務のひとつに借主の募集があります。最近では入居者が外国人も増え、審査なども難しくなっていますが、ほとんどの管理会社は保証会社に委託してリスクヘッジしています。

試験問題では、そういった審査上の内容や宅地建物取引業の免許のある管理会社、無い管理管理会社どうなるかなどについて出されています。

平成27年
問11 借主の募集に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。

1. 管理業者が受託する賃貸不動産の居住が始まった後の業務については、宅地建物取引業法の適用はないので、定期建物賃貸借契約の借主が契約期間終了後も引き続き居住を希望する場合の手続きは、その管理業者が行うことができる。

2. 賃貸住宅管理業務のうち、募集業務については、宅地建物取引業法の適用があるので、宅地建物取引業の免許を有しない管理業者が募集業務を行う場合には、宅地建物取引業者と共同で行う必要がある。

3. 貸主に対しては、宅地建物取引業法の適用はないので、宅地建物取引業の免許を有しない管理業者であっても、貸主の書面による承諾がある場合には、募集業務を行うことができる。

4. 貸主が自ら行う場合には、借主が入居するまでの募集業務についても、借主入居後の業務についても、宅地建物取引業法は適用されない。

答えは4です。

貸主が自ら入居までの募集業務を行う場合は、宅建業法は適用されません。

2も迷うところですが、募集業務自体は宅建免許がないと出来ないので、宅建業者と共同しても出来ません。


平成28年
問11 借主の募集に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。
1.重要な事項ついて、故意に事実を告げず又は不実(本当でないこと)を告げることは禁止されている。

2.契約の申し込みのため又は借受希望者が一度した申し込みの撤回もしくはその解除を妨げるため、借受希望者を脅迫することは禁止されている。

3.将来の環境又は交通その他の利便について、借受希望者が誤解するような断定的判断を提供することは禁止されている。

4.管理業者たる宅地建物取引業者が、不当景品類及び不当表示防止法に基づく公正取引協議会の構成団体に所属する場合であって、当該団体に届け出たときは、同法に基づく不動産の表示に関する公正競争規約に従うことなく、募集広告を作成することができる。

 

答えは4ですね。

1~3はその通りです。

4については、
理業者たる宅地建物取引業者が、不当景品類及び不当表示防止法に基づく公正取引協議会の構成団体に所属する場合は、不動産の表示に関する公正競争規約に従う必要があります。 


 平成29年

【問 6】 賃貸住宅管理業者登録制度において、賃貸住宅管理業者が行ってはならない行為に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。


1 賃貸住宅管理業者は、管理受託契約において定めがあれば管理事務の再委託を行うことができるが、基幹事務については一括して再委託することはできない。

2 賃貸住宅管理業者は、その業務に関して広告を行う場合は管理事務の内容について実際のものより著しく有利であると人を誤認させる表示又は説明をしてはならないが、業務に関して勧誘を行う場合は、そのような禁止はされていない。

3 賃貸住宅管理業者は、その業務に関して知り得た秘密を漏らしてはならないが、賃貸住宅管理業者でなくなった後は、そのような制約はない。

4 賃貸住宅を転貸する賃貸住宅管理業者(サブリース業者)は、転借人(入居者)との賃貸借契約において、敷引特約をすることは禁止されている。

解説
当然答えは 1 ですね。

問題を読んだ瞬間わかりました。
基幹事務については全部委託できないのは基本中の基本。
間違えた人はいないと思いますが...

間違えた人は基礎からやり直しましょう。

2の選択肢は、業務に関して勧誘を行う場合も、著しく有利であると人を誤認させる表示又は説明をしてはならない

3の選択肢は、賃貸住宅管理業者でなくなった後も制約を受けます。

4の選択肢は、転貸人との契約については特に制限はないです。


借主の募集について勉強するならこちらから
(試験対策初級編)借主の募集その1 
入居者募集の事前準備、借受希望者への説明




その他のピックアップ問題勉強するなら

◎個人情報の保護に関する法律(平成27年問2・平成28年問3)

個人情報の保護を勉強するなら
賃貸不動産経営管理士に関する基本法令(個人情報保護法)

◎賃貸住宅管理業者の業務に関する遵守事項
(平成27年問8・平成28年問6)

賃貸住宅管理業者の業務に関する遵守事項を勉強するなら
(試験対策初級編)賃貸住宅管理業者登録制度その7遵守事項①

◎賃貸借契約における修繕義務(平成27年問17、18・平成28年問19)

修繕義務の勉強をするならこちら
(試験対策初級編)修繕義務その1 必要費・有益費の償還請求権

◎定期建物賃貸借契約(平成27年問20・平成28年問14)

定期建物賃貸借契約を勉強するならこちら
(試験対策初級編)契約期間と更新その2 
定期建物賃貸借契約


◎賃貸不動産の鍵の交換(平成27年問23・平成28年問26)

鍵について勉強するなら
建物管理の実務その1 鍵の管理

◎アウトソーシング(平成27年問27・平成28年問27)

アウトソーシングを勉強するなら
(試験対策初級編)建物管理の実務その4 アウトソーシング

◎原状回復のガイドライン(平成27年問28・平成28年問28)

原状回復のガイドラインを勉強するなら
(試験対策初級編)賃貸借契約の管理その3 
原状回復をめぐるトラブルとガイドラインについて


◎建築物の維持管理と点検(平成27年問30・平成28年問30)

建物の維持管理と点検を勉強するならこちら
(試験対策初級編)建物の基礎知識と維持管理その2 
建物の維持管理と点検


◎建築物の消防設備等(平成27年問32・平成28年問31)

消防設備について勉強するならこちら
(試験対策初級編)建物の基礎知識と維持管理その3 消防設備

◎不動産証券化とプロパティマネジメント
(平成27年問33・平成28年問34)

不動産証券化とプロパティマネジメントを勉強するならこちら
(試験対策初級編)賃貸業への支援業務その2 
不動産証券化とプロパティマネジメント


◎建築物の換気設備(平成27年問39・平成28年問39)

換気設備の勉強をするならこちら
(試験対策初級編)建物の基礎知識と維持管理その6 換気設備

◎保険(平成27年問34・平成28年問40)

保険について勉強するならこちら
(試験対策初級編)賃貸業への支援業務その3 保険

個別解説はこちらから

平成27年度

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 

11
 12 13 14 15 16 17 18 19 20 

21
 22 23 24 25 26 27 28 29 30

31
 32 33 34 35 36 37 38 39 40

平成28年度

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 

11
 12 13 14 15 16 17 18 19 20 

21
 22 23 24 25 26 27 28 29 30

31
 32 33 34 35 36 37 38 39 40

平成29年度

1 2    3    4   5    6   7    8      10 

11    12   13   14    15   16    17   18   19   20

21
    22   23   24    25   26    27   28   29   30

31
 32   33 34 35 36 37 38  39   40


きちんと勉強したいならコチラ
【賃貸不動産経営管理士】(試験対策初級編)目次

メニューページへ





賃貸不動産経営管理士テキスト&問題集


【テキスト 賃貸不動産管理の知識と実務】
平成29年改訂されておりますので購入の際はご注意ください。


賃貸不動産管理の知識と実務―賃貸不動産経営管理士公式テキスト

価格
¥3,980



【公式問題集 賃貸不動産経営管理士試験対策問題集】

賃貸不動産経営管理士 試験対策問題集

新品価格
¥2,700から
(2017/4/18 21:26時点)



【賃貸不動産経営管理士試験対策テキスト】

賃貸不動産経営管理士 試験対策テキスト

新品価格
¥3,024から
(2017/7/26 01:15時点)


【賃貸不動産経営管理士試験一問一答】

通勤時間でうかる! 賃貸不動産経営管理士試験一問一答

新品価格
¥2,160から
(2017/7/26 01:15時点)








応援クリックお願いします。


賃貸管理 ブログランキングへ
是非協力のポチをお願いします。

近年は、モンスター入居者なども多いので、契約更新しなくてもいい定期借家にする家主さんも増えています。ここも3年連続の頻出問題。

賃貸の仲介業者さんだとあまり馴染みがないかもしれないのできちんと勉強しておきましょう。

 

【平成30年賃貸不動産経営管理士試験対策ピックアップ過去問】

定期建物賃貸借契約(平成27年問20・平成28年問14他)

 

平成27年

問20 定期建物賃貸借契約に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。

1. 宅地建物取引業者が定期建物賃貸借契約の再契約について貸主の代理をして締結する場合には、建物取引業法の定めるところにより、あらためて重要事項説明をしなければならない。

2. 定期建物賃貸借契約の事前説明は、賃貸借の媒介業者が仲介の立場で宅地建物取引業法に定める重要事項説明を行えば足りる。

3. 平成12年3月1日より前に締結された普通建物賃貸借契約については、居住用・事業用の区別に関わらず、貸主と借主が合意しても、これを終了させ、新たに定期建物賃貸借契約を締結することはできない。

4. 定期建物賃貸借契約の事前説明は、定期建物賃貸借契約書に「契約の締結に先立って説明を受けた」旨の記載があれば、別個独立の書面で行わなくても足りる。


答えは1です。

問題のとおりです。

3は、平成12年3月1日より前に締結された普通建物賃貸借契約については、使用目的が居住用でなければ、契約を終了し、定期借家契約を締結することは可能。



平成28年
問14 定期建物賃貸借契約に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。

1.定期建物賃貸借契約の事前説明は、「更新がなく、期間の満了により契約が終了する」旨を記載した書面を交付することで足り、別途、口頭で説明する必要はない。

 

2.契約期間を2年とする定期建物賃貸借契約において、貸主が、期間の満了の1年前から6か月前までの間に借主に対して期間満了により定期建物賃貸借契約が終了する旨の通知をしなかったとしても、貸主が上記期間経過後に借主に対して終了通知をした場合には、通知日から6か月を通過した後は、契約の終了を借主に主張できる。 

 

3.契約期間を2年とする定期建物賃貸借契約が終了した後の再契約として、契約期間を6か月とする定期建物賃貸借契約を締結することはできない。

 

4.定期建物賃貸借契約の保証人は、定期建物賃貸借契約が期間満了後に再契約された場合には、新たに保証契約を締結することなく、当然に再契約後の債務について保証債務を負う。
 


答えは2ですね。

1は、定期建物賃貸借契約の事前説明は、「更新がなく、期間の満了により契約が

終了する」旨を記載した書面を交付に加えて、口頭で説明が必要。


3は、定期建物賃貸借契約終了後の再契約は、改めて契約する為
期間も改めて決めることが出来る。

4は、定期建物賃貸借契約は、期間満了で1度契約が終了する為、
再契約する場合は、保証契約も再契約が必要。

 

平成29年

【問 12】 定期建物賃貸借契約に関する次の記述のうち、適切なものの組合せはどれか。

ア 定期建物賃貸借契約の事前説明において、「更新がなく、期間の満了により 契約が終了する」旨を記載した書面を交付して口頭で説明したとしても、賃貸借契約書に「更新がなく、期間の満了により契約が終了する」旨の記載がなければ、更新がない定期建物賃貸借契約として有効に成立しない。

イ 定期建物賃貸借契約は、書面によって締結すれば有効であり、必ずしも公正証書によって締結する必要はない。

ウ 契約期間を1年とする定期建物賃貸借契約においては、借地借家法第38条第4項に基づく終了通知は必要とされない。

エ 定期建物賃貸借契約の保証人は、定期建物賃貸借契約が期間満了後に再契約された場合、引き続き、保証債務を負担する旨を口頭で承諾したときは、再契約後の債務について保証債務を負う。

1 ア、イ
2 ア、ウ
3 イ、ウ
4 ウ、エ

解説
答えは 1 ですね。

ア.定期借家契約は、貸主により事前説明書面を交付して、口頭で説明する必要しないと契約は成立しませんので、正しい

イ.定期借家は公正証書じゃなく、書面で契約すれば大丈夫なので正しい。
事業用定期借地契約の場合は公正証書にありますが、この辺は宅建や不動産コンサルの時に勉強することになります。

ウ.一年未満の場合は不要ですが、一年はギリギリアウトなので、間違い。

エ.保証契約は書面で締結し直す必要がありますので、間違い。

ちゃんとした知識があれば正解できる問題です。

定期建物賃貸借契約を勉強するならこちら
(試験対策初級編)契約期間と更新その2 
定期建物賃貸借契約



◎個人情報の保護に関する法律(平成27年問2・平成28年問3)

個人情報の保護を勉強するなら
賃貸不動産経営管理士に関する基本法令(個人情報保護法)

その他のピックアップ問題勉強するなら

◎賃貸住宅管理業者の業務に関する遵守事項
(平成27年問8・平成28年問6)

賃貸住宅管理業者の業務に関する遵守事項を勉強するなら
(試験対策初級編)賃貸住宅管理業者登録制度その7遵守事項①

◎借主の募集(平成27年問11・平成28年問11)

借主の募集について勉強するならこちらから
(試験対策初級編)借主の募集その1 
入居者募集の事前準備、借受希望者への説明


◎賃貸借契約における修繕義務(平成27年問17、18・平成28年問19)

修繕義務の勉強をするならこちら
(試験対策初級編)修繕義務その1 必要費・有益費の償還請求権

◎定期建物賃貸借契約(平成27年問20・平成28年問14)

定期建物賃貸借契約を勉強するならこちら
(試験対策初級編)契約期間と更新その2 
定期建物賃貸借契約


◎賃貸不動産の鍵の交換(平成27年問23・平成28年問26)

鍵について勉強するなら
建物管理の実務その1 鍵の管理

◎アウトソーシング(平成27年問27・平成28年問27)

アウトソーシングを勉強するなら
(試験対策初級編)建物管理の実務その4 アウトソーシング

◎原状回復のガイドライン(平成27年問28・平成28年問28)

原状回復のガイドラインを勉強するなら
(試験対策初級編)賃貸借契約の管理その3 
原状回復をめぐるトラブルとガイドラインについて


◎建築物の維持管理と点検(平成27年問30・平成28年問30)

建物の維持管理と点検を勉強するならこちら
(試験対策初級編)建物の基礎知識と維持管理その2 
建物の維持管理と点検


◎建築物の消防設備等(平成27年問32・平成28年問31)

消防設備について勉強するならこちら
(試験対策初級編)建物の基礎知識と維持管理その3 消防設備

◎不動産証券化とプロパティマネジメント
(平成27年問33・平成28年問34)

不動産証券化とプロパティマネジメントを勉強するならこちら
(試験対策初級編)賃貸業への支援業務その2 
不動産証券化とプロパティマネジメント


◎建築物の換気設備(平成27年問39・平成28年問39)

換気設備の勉強をするならこちら
(試験対策初級編)建物の基礎知識と維持管理その6 換気設備

◎保険(平成27年問34・平成28年問40)

保険について勉強するならこちら
(試験対策初級編)賃貸業への支援業務その3 保険

保険(平成27年問34・平成28年問40)


個別解説はこちらから

平成27年度

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 

11
 12 13 14 15 16 17 18 19 20 

21
 22 23 24 25 26 27 28 29 30

31
 32 33 34 35 36 37 38 39 40

平成28年度

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 

11
 12 13 14 15 16 17 18 19 20 

21
 22 23 24 25 26 27 28 29 30

31
 32 33 34 35 36 37 38 39 40

平成29年度

1 2    3    4   5    6   7    8      10 

11    12   13   14    15   16    17   18   19   20

21
    22   23   24    25   26    27   28   29   30

31
 32   33 34 35 36 37 38  39   40


きちんと勉強したいならコチラ
【賃貸不動産経営管理士】(試験対策初級編)目次

メニューページへ





賃貸不動産経営管理士テキスト&問題集


【テキスト 賃貸不動産管理の知識と実務】
平成29年改訂されておりますので購入の際はご注意ください。


賃貸不動産管理の知識と実務―賃貸不動産経営管理士公式テキスト

価格
¥3,980



【公式問題集 賃貸不動産経営管理士試験対策問題集】

賃貸不動産経営管理士 試験対策問題集

新品価格
¥2,700から
(2017/4/18 21:26時点)



【賃貸不動産経営管理士試験対策テキスト】

賃貸不動産経営管理士 試験対策テキスト

新品価格
¥3,024から
(2017/7/26 01:15時点)


【賃貸不動産経営管理士試験一問一答】

通勤時間でうかる! 賃貸不動産経営管理士試験一問一答

新品価格
¥2,160から
(2017/7/26 01:15時点)








応援クリックお願いします。


賃貸管理 ブログランキングへ
是非協力のポチをお願いします。

平成29年も出題されており、賃貸管理の基本中の基本の部分になるので今年も多分出る!

【平成30年賃貸不動産経営管理士試験対策ピックアップ過去問】 

賃貸住宅管理業者の業務に関する遵守事項(平成27年問8・平成28年問6他)

賃貸不動産経営管理士を設置する必要性として、管理業務に関する契約における消費者保護の側面が強く、特にサブリース契約で新築を建ててそののちにトラブルになるケースといった問題を解決するために専門家を置いて契約時説明させるという点にあると思います。

そのため、消費者の見方であるはずの賃貸不動産経営管理士が法令を遵守しないということでは話になりません。ということでここは毎年必ず出るであろう頻出ポイントです。

普通に考えれば当たり前のことですが、賃貸管理や仲介業者において店ごとに色々なルールがあり、実際には法令違反を平然と行っていたという例も多くあります。

皆さんはそういったことがないようにここはしっかり勉強してくださいね。


平成27年
 問8 賃貸住宅管理業者登録制度における賃貸住宅管理業者の業務に関する遵守事項に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

1. 賃貸住宅管理業者は、管理物件が遠隔地に所在する場合には、基幹事務を一括して他の者に再委託することができる。

2. 賃貸住宅管理業者は、事務所ごとに、講習の見やすい場所に、標識を掲げなければならない。

3. 賃貸住宅管理業者は、その従業者に対し、管理事務の適切な処理を図るため必要な研修を受けさせるよう努めなければならない。

4. 賃貸住宅管理業者の従業員は、その業務を行うに際し、借主などその他の関係者から請求があったときは、従業者証明書を提示しなければならない。

答えは1です。

賃貸住宅管理業者は、管理受託契約に定めがあれば、
管理事務を他の者に再委託することは可能ですが、
基幹事務は、一括しての再委託は禁止されています。


平成28年
問6 賃貸住宅管理業者登録制度における賃貸住宅管理業者の業務に関する
遵守事項に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。

1.賃貸住宅管理業者は、管理受託契約の終了により管理事務が終了する場合は、管理事務が終了する前に、当該賃貸住宅の借主に対して、その旨を通知しなければならない。

2.賃貸住宅管理業者は、管理受託契約を締結した貸主に対し、毎事業年度の
終了後3か月以内に、当該管理事務に関する報告をしなければならない。

3.賃貸住宅管理業者は、管理受託契約に関して広告を行う場合は、管理事務の内容について実際のものより著しく有利であると人を誤認される表示又は説明をしてはならないが、業務に関して勧誘を行う場合は、そのような禁止は
されていない。

4.賃貸住宅管理業者は、その業務について、事務所ごとに帳簿を作成し、
これを保存しなければならない。



答えは4ですね。

1と悩んで私は間違えてしまいました|д゚)

1は業務終了までにではなく、遅滞なくです。
(テキストP168 参照)

2は、そんな規定ありません。3か月の報告は、
賃貸住宅管理業務登録制度の登録業者が
国土交通省に報告が必要というのと混ざってます。

3は、そんな説明もダメ出し、勧誘も当然ダメです。

平成29年
【問 6】 賃貸住宅管理業者登録制度において、賃貸住宅管理業者が行ってはならない行為に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。


1 賃貸住宅管理業者は、管理受託契約において定めがあれば管理事務の再委託を行うことができるが、基幹事務については一括して再委託することはできない。

2 賃貸住宅管理業者は、その業務に関して広告を行う場合は管理事務の内容について実際のものより著しく有利であると人を誤認させる表示又は説明をしてはならないが、業務に関して勧誘を行う場合は、そのような禁止はされていない。

3 賃貸住宅管理業者は、その業務に関して知り得た秘密を漏らしてはならないが、賃貸住宅管理業者でなくなった後は、そのような制約はない。

4 賃貸住宅を転貸する賃貸住宅管理業者(サブリース業者)は、転借人(入居者)との賃貸借契約において、敷引特約をすることは禁止されている。

解説
当然答えは 1 ですね。

問題を読んだ瞬間わかりました。
基幹事務については全部委託できないのは基本中の基本。
間違えた人はいないと思いますが...

間違えた人は基礎からやり直しましょう。

2の選択肢は、業務に関して勧誘を行う場合も、著しく有利であると人を誤認させる表示又は説明をしてはならない

3の選択肢は、賃貸住宅管理業者でなくなった後も制約を受けます。

4の選択肢は、転貸人との契約については特に制限はないです。



◎個人情報の保護に関する法律(平成27年問2・平成28年問3)

個人情報の保護を勉強するなら
賃貸不動産経営管理士に関する基本法令(個人情報保護法)

その他のピックアップ問題勉強するなら

◎賃貸住宅管理業者の業務に関する遵守事項
(平成27年問8・平成28年問6)

賃貸住宅管理業者の業務に関する遵守事項を勉強するなら
(試験対策初級編)賃貸住宅管理業者登録制度その7遵守事項①

◎借主の募集(平成27年問11・平成28年問11)

借主の募集について勉強するならこちらから
(試験対策初級編)借主の募集その1 
入居者募集の事前準備、借受希望者への説明


◎賃貸借契約における修繕義務(平成27年問17、18・平成28年問19)

修繕義務の勉強をするならこちら
(試験対策初級編)修繕義務その1 必要費・有益費の償還請求権

◎定期建物賃貸借契約(平成27年問20・平成28年問14)

定期建物賃貸借契約を勉強するならこちら
(試験対策初級編)契約期間と更新その2 
定期建物賃貸借契約


◎賃貸不動産の鍵の交換(平成27年問23・平成28年問26)

鍵について勉強するなら
建物管理の実務その1 鍵の管理

◎アウトソーシング(平成27年問27・平成28年問27)

アウトソーシングを勉強するなら
(試験対策初級編)建物管理の実務その4 アウトソーシング

◎原状回復のガイドライン(平成27年問28・平成28年問28)

原状回復のガイドラインを勉強するなら
(試験対策初級編)賃貸借契約の管理その3 
原状回復をめぐるトラブルとガイドラインについて


◎建築物の維持管理と点検(平成27年問30・平成28年問30)

建物の維持管理と点検を勉強するならこちら
(試験対策初級編)建物の基礎知識と維持管理その2 
建物の維持管理と点検


◎建築物の消防設備等(平成27年問32・平成28年問31)

消防設備について勉強するならこちら
(試験対策初級編)建物の基礎知識と維持管理その3 消防設備

◎不動産証券化とプロパティマネジメント
(平成27年問33・平成28年問34)

不動産証券化とプロパティマネジメントを勉強するならこちら
(試験対策初級編)賃貸業への支援業務その2 
不動産証券化とプロパティマネジメント


◎建築物の換気設備(平成27年問39・平成28年問39)

換気設備の勉強をするならこちら
(試験対策初級編)建物の基礎知識と維持管理その6 換気設備

◎保険(平成27年問34・平成28年問40)

保険について勉強するならこちら
(試験対策初級編)賃貸業への支援業務その3 保険

保険(平成27年問34・平成28年問40)


個別解説はこちらから

平成27年度

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 

11
 12 13 14 15 16 17 18 19 20 

21
 22 23 24 25 26 27 28 29 30

31
 32 33 34 35 36 37 38 39 40

平成28年度

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 

11
 12 13 14 15 16 17 18 19 20 

21
 22 23 24 25 26 27 28 29 30

31
 32 33 34 35 36 37 38 39 40

平成29年度

1 2    3    4   5    6   7    8      10 

11    12   13   14    15   16    17   18   19   20

21
    22   23   24    25   26    27   28   29   30

31
 32   33 34 35 36 37 38  39   40


きちんと勉強したいならコチラ
【賃貸不動産経営管理士】(試験対策初級編)目次

メニューページへ





賃貸不動産経営管理士テキスト&問題集


【テキスト 賃貸不動産管理の知識と実務】
平成29年改訂されておりますので購入の際はご注意ください。


賃貸不動産管理の知識と実務―賃貸不動産経営管理士公式テキスト

価格
¥3,980



【公式問題集 賃貸不動産経営管理士試験対策問題集】

賃貸不動産経営管理士 試験対策問題集

新品価格
¥2,700から
(2017/4/18 21:26時点)



【賃貸不動産経営管理士試験対策テキスト】

賃貸不動産経営管理士 試験対策テキスト

新品価格
¥3,024から
(2017/7/26 01:15時点)


【賃貸不動産経営管理士試験一問一答】

通勤時間でうかる! 賃貸不動産経営管理士試験一問一答

新品価格
¥2,160から
(2017/7/26 01:15時点)






記事検索

↑このページのトップヘ