応援クリックお願いします。


賃貸管理 ブログランキングへ
是非協力のポチをお願いします。

賃貸不動産経営管理士平成27年度試験問題はこちらから

平成28年度試験問題(問1~20)はこちらから

平成28年度試験問題(問21~40)はこちらから

平成28年度各問題はこちらから↓
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 
11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 
21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
31 32 33 34 35 36 37 38 39 40

メニューページへ

借主の義務 通知・修繕受忍義務他
この辺りはそんなに難しくないので
何となく覚えておけばいいかなと思います。

1.通知義務
借主は、賃貸不動産に修繕が必要な場合(雨漏りなど)
貸主が知っている場合を除き、貸主に通知する義務がある

2.修繕受忍義務 
貸主が、賃貸不動産の保存に必要な行為をしようとする時は
借主はこれを拒むことができない

これを拒むと契約解除の理由になる。

3.賃貸借の譲渡および転貸
借主が、賃借権を第三者に移転することを
賃借権の譲渡という。
又、借主が第三者に賃貸することを転貸という。
貸主は、賃借権の譲渡や転貸されると不測の損害を
受けることになる。

その為、賃借権の譲渡、転貸は貸主の承諾なく
行うことは出来ない。
承諾なく行った場合は、契約の解除をすることができる。

ただし、無断でやった場合でも背信的行為と認められない
特別な事情がある場合は解除権は発生しない



賃料・敷金等の一時金その1 賃料支払い義務

【賃貸不動産経営管理士】(試験対策初級編)目次

公式テキスト

賃貸不動産管理の知識と実務―賃貸不動産経営管理士公式テキスト

新品価格
¥3,980から
(2016/8/12 14:21時点)


試験対策問題集

賃貸不動産経営管理士 試験対策問題集

新品価格
¥2,700から
(2016/8/12 14:40時点)