このブログは、公認 不動産コンサルティングマスター試験の受験者に
少しでも役に立てばと思い立ち上げました。

私も勉強を始めた際に、宅建だと練習問題があるサイトや
過去問の解説サイト、解説動画など豊富ですが、
この資格はほとんど参考にできるサイトがありませんでした。

勉強してみて思ったことは、
ポイントを抑えれば実はそんなに難しくない試験だということです。

マイナーな資格ではありますが、
不動産コンサルタントを目指す方には
やはり非常に勉強になる内容になっていますので
出来れば取りたいですよね。

試験は事業・ 経済・ 金融・ 建築・税制・法律・実務と
ざーっと幅広く、ちょっと深くの内容になっており、

・択一式試験50問

・筆記試験 必修・・・実務・事業・経済の3科目    
     選択・・・金融・税制・建築・法律の中から1科目選択

(勉強方法等については後々記載していきたいと思っております。)

それでは皆さん、11月の試験までGO FIGHT!です。

公認 不動産コンサルティングマスター試験について

受験資格・試験について

受験者数・合格率

合格点

難易度

勉強時間


公認 不動産コンサルティングマスター試験
まずは何から始めるか。


過去問、練習問題をやってみる

やっぱりテキストは読みましょう

全日不動産、全宅連の無料講座を申し込む

不動産コンサルティング・基礎教育は受けるべき?

貨物別試験の取り組み方
(択一式試験編)

不動産コンサルティングとは

事業・実務編

税制編

建築・公法編

私法編

経済・金融編

(記述式試験編)

記述式試験の対策はどうすればいい?

実務編

事業編

経済編

選択科目 金融・税制・建築・法律編

試験問題トピックス

◎不動産証券化
その1不動産証券化の動向
その2不動産証券化とは何か
その3不動産証券化の基本的要件
その4不動産証券化に関わるプレーヤー
その5不動産証券化のスキームと法制度

◎民事信託
その1 民事信託のしくみ
その2 民事信託の方法と特徴
その3 民事信託の委託者・受託者・受益者の権利と責任
その4 信託の監視機能
その5 信託報酬、信託の終了等

民事信託をもう少し勉強したい人に本のご紹介です。
民事信託のことがわかる本
非常にわかりやすく、信託スキーム例も豊富です。

◎リバースモーゲージ制度
空室とリバースモーゲージ





・不動産コンサルティング試験
対策するならまずはこれ!


book28_01

不動産コンサルティング
技能試験テキスト

平成29年版不動産コンサル過去問題集

新品価格
¥4,644から
(2017/1/19 23:53時点)

>
不動産コンサル過去問題集
〈平成29年版〉

賃貸不動産経営管理士もダブル受験!
勉強するなら
賃貸不動産経営管理士試験、合格への道