平成29年度版過去問を買うなら

建築・公法編(択一式問題)

建築を提案する際に、事前調査や建築計画の策定などの業務を
学習する単元です。
択一試験の第36問~第42問で出ています。

ここは、不動産の仲介としてやってきた人、私もですが、
結構苦手な分野です。
頻出するところは結構決まっているので、ハマれば
逆にポイントゲット出来る可能性もあります。
ちなみに私はここで2問落としました(涙)。

第一章 事業提案

第二章 事業構築 

第三章 施行

第四章 維持管理

第五章 既存建物の再活用

第六章 公法

ポイント
ここは、上手くやればポイントゲットのチャンス。

・建築物の構造は必ず出る!
木造、鉄骨、鉄筋コンクリート(RC)、
鉄骨鉄筋コンクリート(SRC)の違いは理解しましょう!

・地盤と基礎も結構出ます。
地耐力を調べる標準貫入試験、地盤改良の方法
杭の種類、鋼管圧入工法、薬液注入法など
ある程度は覚える必要があります。

・平成28年は、耐震、省エネが出ましたが、
今後もこの辺りは出そうです。

特に耐震は頻出しており、耐震、制震、免振の違いは
必ず覚えておきましょう。

・公法については、建築に関わる部分で法改正等があったところが
出やすいので押さえておきましょう。

勉強する範囲はそう広くないですが、専門用語が年を取ってくると
頭に入りずらいので、結構苦労しました(汗)。

(択一式試験編)

事業・実務編 税制編 建築・公法編 私法編 経済・金融編

(記述式試験編)

記述式試験の対策はどうすればいい?

実務編 事業編 経済編 選択科目 金融・税制・建築・法律編

公認 不動産コンサルティングマスター試験、合格への道 メニューページへ

平成29年度過去問題集
 

平成29年版不動産コンサル過去問題集

新品価格
¥4,644から
(2017/1/19 23:53時点)