思わぬところからお叱りは受けるものですね
CFネッツの山口です。

IMG_3225

ランキング低迷中!
応援のポチッとよろしくお願いします。


今日は朝から木内さんの個別相談。

私のお客様はいなかったのですが、大阪支社の場合は個室ではなく、オープンスペースなので個別相談の内容はほどんど聞くことが出来ます。

自分ではやってないのですが、やはり個別相談の話を聞いていると色々と勉強になりますねえ。

コンサルタントによって色々スタイルがあり、引き出しもそれぞれ。

聞いた内容は自分が個別相談するときに使えるようにこっそり落とし込んでおります。

不動産コンサルタントは、日々成長しないといけません(''◇'')ゞ

という感じで耳を澄ましていると、対面の席で玉井さんが電話でお叱りを受けている様子。

ちょっと長くなっていたので電話をかわるとお客様のお叱りの内容はこんな感じ。

「お宅の看板が出ているので電話したんやけど、一戸建ての家のアンテナが落ちそうで危ないから何とかしてくれ」

そのエリアの一戸建ては管理している物件はありません。

でも、そういえば...

以前、その物件を売却で預かっていたことがありました。

その時に看板を付けていたのでしょう、その看板を見てご連絡いただいたようです。

しかし、売主さんとは連絡が取れなくなってしまい、すでに媒介契約も解除されているのでこちらとしてもどうしようもありません。

取り敢えずお客様には行政に一度お話してみてくださいということで対応してもらうことになりました。

私の方は急いで看板を外しに行ったのはいうまでもありません。

最近何かと話題になる空き家問題ですが、こういった連絡が取れずに周辺に危害を与えてしまう物件が今後もどんどん増えていきそうですね。

行政の方も色々と対策は打っているようで、

今日のフェイスブックでCPM同期のきむにいこと木村さんが空き家問題についてセミナーをされてましたね。

平成18年からあるマイホーム借り上げ制度の活用方法などをお話されてようです。

マイホーム借り上げ制度について
https://www.jt-i.jp/lease/

50歳以上の方のマイホームをJTI(移住・住みかえ支援機構)が借り上げて貸すという制度ですが、あまり活用されている話は聞かないので、これを機会に少し勉強したいなと思います。

移住先の家のローンをこの借り上げ家賃で返済するということも出来るようです。

他にも、行政も空き家の取壊しや所有者のいない物件の対応など色々と動いてるようですが、ピッチを上げていかないといけないのではと思います。

投資家目線でいうとこういった空き家を安い価格で買って賃貸する戸建賃貸が未だに人気が高く、最近個別相談に来られる方も戸建賃貸の話題をされる方も多いです。

こういった形で築古の戸建は有効活用できると思いますので、所有者のわからないような物件をどうやって市場に出すかといったことも考えなければなりませんね。

まずは、このアンテナ何とかしてもらわないとね!

何が出るかな、何が出るかな
名称未設定-1

クリックしてのお楽しみ!




にほんブログ村



不動産のことでお悩みの方
CFネッツ大阪支社
山口 智也までご相談ください。

〒530-0001
大阪府大阪市北区梅田1-3-1-500
株式会社CFネッツ大阪支社
tel 06-7670-1001
e-mail:yama.t@cfnets.co.jp