今年はAR(拡張現実)を使ったアプリや商品が活躍しそうですね
CFネッツの山口です。

AR_Artikel_Pokemon


ランキング下降中!
応援のポチッとよろしくお願いします。


現実世界の風景にポケモンを登場させて話題になったAR(拡張現実)ですが、今年はARを使ったアプリや商品がドンドン登場しそうです。

先日、朝の情報番組を見ていると、メジャーを使わずにARを使って採寸する「Measure」と目の前の風景と合わせるとナビしてくる「ARcity」の詳細をしていました。

取りあえず、インストールして使ってみるのが私。

400x400bb
「Measure」のダウンロードはこちらから


ARcityはまだ使っていないので又報告しますが、
「Measure」を使ってみた感想をご報告します。

このアプリ、これから色々と改良されていくと思うのですが、今のところ微妙な感じです。

明るさや測りたい対象との距離などによって、計測の精度が変わります。

家で娘の身長を測ってみましたが、実際よりも10センチ以上小さく、娘ににらまれるという事態に。

しかし、不動産業者としては結構使い勝手はありそうです。

例えば、接道の長さや物件内の採寸など、急きょ行わないといけないことも多々ありますので、参考程度にはなりますが上手に使えば利用価値はかなりありそうです。

色々と試してみて、最適な使い方を模索したいなと思います。