JR九州のキハ66・67で行くサヨナラツアーが企画されているという。
6月19、20日が筑肥線、唐津線での運用、27日がリバイバルながさきの旅でいずれも満席のようだ。
いよいよこの車両たちも終焉の時がやってきたようだ。

小生は仕事の関係で九州への長期出張があり、結構長い期間滞在していた。
場所は佐賀県(伊万里)、長崎県(諫早)、熊本県(大津町)が多かった。
なので、その時期に九州の鉄道にはかなり乗車したし、移動時に列車を使用した時にキハ66・67に乗ることもあった。
登場時は国鉄型でありながら、九州だけの配属であったので、珍しかったのだが、その後もずっと九州で働いて、そのままJR九州で最後を迎えることになるキハ66・67の写真をまとめてみた。


初めて出張に行った頃に撮ったキハ66・67のトップNo編成 2004-10-16
キハ66系2

キハ66系6

ハウステンボス駅にて第1編成と特急781系 ハウステンボスとが並ぶ 2003-07-27
キハ66+HTB


第14編成   南風崎(はえのさき)駅にて 2015-09-06
IMG_1496 (2)

後にハウステンボスのホテルが見える。
IMG_1500 (2)

キハ66の室内。シートの色が懐かしい色だ。
キハ67室内

原色とシーサイドライナーカラーの混結編成をゲット
IMG_1537 (2)


ハウステンボス塗装の第12編成  鳥栖 2015-09-12
JR九_キハ66 12_ハウステンボス塗装車@早岐駅


JR九_キハ67 12_ハウステンボス塗装車@早岐駅

こちらは第10編成 キハ67 110編成    鳥栖 2015-09-12
JR九_キハ67-110_国鉄色@早岐

JR九_キハ66-110_国鉄色_快速@早岐
この編成はトップナンバー以外では唯一の国鉄色に戻された車両だった。

ちなみに、今までに乗車したことのある車両を調べてみたら、
キハ66ー 6、7、9、11
キハ67ー 1、5、7、13、14
だった。まあまあ乗っているなあ。

コロナ禍でおそらくもう乗車することはないだろうから、お別れかな~。

また一つ国鉄時代の遺産が消えていきそうだ。😢