阪急電鉄によると、阪急電鉄全駅で2024年内に、三井住友カードが提供する公共交通機関向
けソリューション「steraス テ ラ transitト ラ ン ジ ッ ト」を活⽤したタッチ決済対応のカード(クレジット・デビット・プリペイド)や、カードが設定されたスマートフォンなどによる鉄道乗⾞サービスを開始すると発表した。
既存の改札機に専用のカード読み取り機を取り付けることで、対応するようだ。

詳細については、 ⇒ こちら (リリース文へ)

なお、関西ではすでに南海が主要駅で実証実験をまず行い、その後現在は各駅の自動改札機にタッチ決済用の読み取り機をサービスを導入している。

南海のタッチ決済対応用改札機(実証実験時のもの、現在は少し異なる)
通常の改札に専用の読み取り機を取付て、そちらにカードをタッチする。
南海VISAタッチ決済用機器
VISAカードを専用読み取り機にタッチして乗車。降車駅でも同様のタッチを行い、運賃はカード会社から後日引き落としされる。

なお、、先行して導入している南海でも、すべての改札機を対応させるのではなく、一部の改札機に専用の読み取り機を取り付けているだけで、阪急も同様の対応となる。
したがって、改札機周辺での混乱をさけるため、南海と同様に、床に表示を付けるものと思われる。
タッチ決済ができる改札機は床に表示が描かれている。
南海VISAタッチ決済専用通路

南海の場合、すべての改札が対応しているわけではないので、このように対応する改札機が分かるように床に表示して区分している。(通常のきっぷ/ICカードでの乗車はできる)。

2025年の大阪万博を見据えて、外国からの観光客が鉄道に乗車する機会が増えるので、混雑対策と、案内に人員を掛けるのを避ける狙いもあるのだろう。

小生は現在は交通系の乗車はかなりをICOCAを使っていて、そのICOCAをクレジットカードでチャージしてポイントを貯める作戦を取っているが、これが各地で導入されるなら、どこかのカードで直接使えばいいので、ポイントを集中的に貯めるのなら有利になると思う。

まあ、今後他の鉄道会社が多数導入していくなら、すべてをVISAで払ってポイントを貯めるのは手だなあ・・・