山田町に来るとこんなことできます!

岩手県は三陸沿岸の真ん中に位置する山田町。 震災復興とともに、観光にも力を入れています。 アクセスの悪い三陸の中でもその不便さはピカイチの山田ですが、 そのぶん、手付かずの自然、ユニークな文化、おもろい人々が、旅好きの皆さまをお迎え・おもてなしする「穴場」的な町です。 ブログでは、山田の魅力や日々のことを発信しています。

山田町に来るとこんなことできます! イメージ画像

更新情報

山田町にも雪がふったようです。「ようです」というのは、私の住む浜川目では確認できず、町中心地に出てきて車のフロントガラスに少し残っていたのを見たからです。山田町は岩手のなかでも降雪量の少ない地域で、東京と変わりません。夏は涼しく冬暖かい。寒冷地比なので、
『年末です。ふるさと寄付金で山田町のうまうま海の幸、いかがですか?』の画像

ここ数日山田町内で話題になっている、「赤皿貝」(アカザラカイ)。なぜかというと、「東北食べる通信」で佐々木友彦さんの「赤皿貝」が取り上げられたから。「東北食べる通信」とは、「読む・食べる・つなげる」東北発の“食べ物付き”情報誌です。この情報誌を定期購読す
『山田の新ブランド特産品・赤皿貝(アカザラカイ)が全国へ!』の画像

みなさま、おはようございます。岩手県のなかで比較的温暖な気候の山田町も最低気温がマイナスになってきました。さぶいです。さて、8日の土曜日、白石集落ごっとん会のかあさん4人を引率し、大槌町へ「出張そば打ち体験」に行ってきました!昨年もお呼ばれして実施したこの
『白石集落ごっとん会、大槌町に出張そば打ちにいぐの巻』の画像

みなさま、こんばんは。復興工事が着々と進んでいる山田町です。住民も迷子になるくらい日々変化しています。先日、フェイスブックで山田南ICから大槌ICまでの三陸沿岸道路がつながったとお知らせしました。これで、宮古から大槌まで高規格道路で一気にいくことができるよう
『岩手県山田町への道路と鉄道の復興状況〜仙台から2時間35分になる!』の画像

こんにちは!私服部、体験観光のコーディネートをしていますが、地域おこしをしたい!という町民の方々のサポートもしております。白石集落ごっとん会の活動もその一つです。白石集落では、町内外の方達との交流やごっとん会ファンづくりを目的とした、「農業全部体験」を毎
『白石集落ごっとん会「そば&野菜づくり全部体験」最終回はそば打ち体験!』の画像

「今日はあったかいね〜〜」「あづぅ〜〜〜〜」会う人会う人とまずこう言い合った今日。なんと! 12月だというのに、気温20度まで上がったそうです。全国的にも暑くなったようですね。夏日というニュースも!三陸はまた冷え込むようなので、体調には気をつけなければですね
『山田の食をテーマにした1泊2日の旅「やまだFisherman's Table」モニターツアーを実施しました!』の画像

だんだん寒さが堪えるようになってきた山田町です。なのに、灯油代の高いこと! いま18ℓ1800円近くと、5年くらい前の2倍近くになってます。節約の冬です。さて、「山田町に来るとこんこなことできます!」という、2018年1月に発行した山田町の体験パンフレットですが、おか
『山田町の体験観光パンフレット、ちょっとリニューアルしました!』の画像

みなさま、こんにちは!役場の裏山の紅葉がきれいに色づいた山田町です。朝晩ずいぶんと寒くなりました。これから、軒下に、これらがぶら下がっている風景が見られるようになります(鮭がいっぱいくれば)。さて、11月18日(日)は、毎年恒例の白石集落「水車まつり」が行わ
『11/18(日)は白石集落の「水車まつり」へGo!』の画像

こんにちは。昨日は、新生やまだ商店街が企画している「まちゼミ」に参加しました。「まちゼミ」とは、商店主が講師となって、専門知識やプロならではのコツを教える少人数制のゼミです。面白そうな講座がいっぱい。街の活性化にとてもいいイベントですね!今回、私が参加し
『山田町の「まちゼミ」で飯岡畳店のミニ畳づくりに参加してきました!』の画像

↑このページのトップヘ