September 09, 2016

9th.September

d55a73af.jpg今年の誕生日も台北の空の下で。
昨年どころか数ヶ月前の時点でも想像しなかった展開。

勿論ヘビーな事も多いし、何かとナーバスな局面はあるけれど、それも含めて、世界と何らかの形で繋がっているというのは、意味のあることだと思いたい。

異国の地で目にした友人知人からの沢山のメッセージが胸に沁みた。

この日に合わせて東京から飛んできてくれた史さんと緩やかな風に吹かれて乾杯。
近所の公園の夫婦対のガジュマルの樹のように、これからも繋がり合っていきたい


yamadacake at 19:19│Comments(0)TrackBack(0) ONE DAY 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字