博多祇園山笠の『山台苦(山大工)』 日記

毎年7月1日から15日に行われる『博多祇園山笠』を“陰に・表に支える”スーパー山台苦・稲舛積氏の波乱万丈の日々と、
氏の所属する『土居流 西方寺前町』の人々のとってもトッテモ真面目な日記(ブログ)です。
  よろしかったら、コメントをどうぞ!!

博多っ子の資格

日曜

8月17日(木)の、キモサベ面白日記です。どうも、あるべき日常の波に乗れません。
山台苦で疲れ、盆休みで疲れ(川端どんぽ連)、残暑で疲れ、早くちゃんとならない
けません。で、冷蔵庫にあったこれをグビッと。
DSC_0002

この日、ブログを投稿し、西方寺前町の大音くんが「一番いいね三連覇達成」しました。
パソコンには、いいねを押した人が下から順に表示されます。大黒流の上島くんがちょっ
とまえに達成したかと思ったらすぐにですから、超ビックリしましたです。もちろん、その
祝賀会をせないけません。ブロガーは辛いよ。・・・まずは酒一番かな?
DSC_0001

昼食は、今日もサイフォンのモーニングサービス。いつものように土居流浜小路の福山くんが
居ました。ぎんなんの教え子の武久くんも居ました。
DSC_0003

午後になり、上川端商店街事務所に行きました。商店街主催の山笠フォトコンテストで、なん
と!姪っ子の写真が銅賞をいただきました。その事務的手続きで、どの写真が銅賞になったの
か確認です。「当番町から受取町へ」です。7月15日、山が終わり、舁き山人形などを降ろし、
素山にして西方寺前町から上新川端町まで走って行く様子の写真です。
DSC_0005

これは、事務所での応募写真の展示準備の様子。前理事長の原さんや事務長の木下さん(キモ
サベのラグビー先輩)が写真と格闘してます。
DSC_0004


サービスで、中山茶舗さんからいただいた夢野久作全集から第二弾のコピー。前回に引き続き
篠崎仁三郎(昭和一桁時代の博多っ子)の部分です。博多っ子の資格というとこが面白いです。
篠崎

DSC_0009


昔の博多っ子の無茶苦茶振りには負けますね。

とにかく、早くちゃんとせないかん。


では
ちゃんと
「ポチ」
お願いします。
ナイアガラ・ピラミッド1

九州地方 ブログランキングへ

油断大敵

祭日

8月16日(水)の、キモサベ面白日記です。ちゃんと用心しながら盆を過ごしていたのですが、
盆休み最後の日になって油断してしまいました。反省しました。そんな一日を。

この日フェイスブックでは、西方寺前町の大音くんが「一番いいね」2連覇を達成しました。
お見事です。その証拠写真。下からポチした順番に表示されます。
DSC_0001

昼飯。
DSC_0002

くずれた目玉焼きに醤油をかけ、生ぬるいジュースでいただきました。
DSC_0003

ボケ防止パソコン麻雀。緊張しただけで上がりきりませんでした。
DSC_0004

中山茶舗さんが、夢野久作全集から一部コピーしたとを会社に届けていただきましたので、
そのお礼なんぞせねばと訪問しましたです。
DSC_0005

歓待を受けました。奥さんに感謝。
DSC_0006

DSC_0007

DSC_0008

ここまでは良かったのです。流酒なんぞする気は全くありませんでした。中山茶舗さんが突然
立ち上がり「行くぜっ」と。キモサベびっくり。中山茶舗さんの身体では、日本酒が走り回って
いたんですね。有無を言わせず店を出てアーケードをすたこらと歩いて行きましたです。で
「手いっぽん」を紹介しましたです。
DSC_0009

DSC_0010

いつの間にか、八文字組衛生頭の美鈴ちゃんも来てます。女将さんとも一緒に飲みながら楽し
く過ごしましたが、キモサベの身体でも日本酒が走り回り始めました。

また、有無を言わせず、中山茶舗さんの言われるがままに流酒。「健太」。
DSC_0011

DSC_0014

DSC_0015

DSC_0017

中山茶舗さんが数十年間歌い続けて来た「さざんかの宿」。


美鈴ちゃんと千鶴ママのデュエット。


そしたら、中山茶舗さんからしつこく電話で呼び出された清水画伯ご来店!
20904154_1296094160512539_273340051_o

20904175_1296094220512533_1354059717_o

20945382_1296094200512535_1967730137_o

20904312_1296094250512530_328985615_o

キモサベ、死にましたもんね。
20907343_1296094140512541_1023344552_o


来年の山が終わるまで緊張感を緩めたらいかんということが、川端どんぽ連には気を許したら
いかんということが証明された一日でした。

さあて、今日から仕事再開。油断せず頑張ろう。


ハイッと
「ポチ」
よろしくお願いいたします。
7月15日

九州地方 ブログランキングへ

キモサベ解説

おはよ

8月15日(火)の、キモサベ面白日記です。これ書いているのは16日早朝ですが、今朝も追い山
コースの「すたこらさっさ歩き」をすることができませんでした。福岡は大雨警報が出ています。
外は雨が降ってます。そして、空気が生臭い。仕方ないので、白ご飯・味噌汁・明太子で朝飯。
写真はありません。

15日の、ボケ防止パソコン麻雀。最高ですね。
DSC_0017

昼飯は冷や麦。
DSC_0018

これで足りず、かしわご飯と明太子。
DSC_0019

夕方、することが無いので八文字組の衛生頭を呼び出し「酒一番」。お客が一杯でした、2階も
満席。豚足・もつとじ・コロッケ。
DSC_0020

オムレツ。
DSC_0021

流て「蛇の目寿司」でちょい飲み。
DSC_0022

八文字組の衛生頭は、こげなとをフェイスブックに投稿してました。上川端商店街振興組合
の山笠フォトコンテストの結果です。
20799433_1294839950637960_3837817786922119655_n

衛生頭が応募した写真。選外でした。でも、応募者全員の写真が川端商店街の福岡中央
銀行・熊本銀行・ぜんざい広場に展示されます。8月21日から一か月ぐらいです。
20840971_1294839793971309_6544126202860275901_n



キモサベ解説。
ローンレンジャーというアメリカの西部開拓劇を子供のころからテレビで見ていました。主役は
白人のキモサベとインディアンのトントでした。インディアンを追いやる白人と追いやられるイン
ディアンがコンビになって、いろんな問題を解決するのですが、今からしてみれば小学生ぐら
いが見るには難しいテーマが隠れていました。で、私は、なぜか、キモサベがインディアンで
トントが白人だと大きな思い違いのまま記憶していたのです。私は、絶滅危惧種である博多
原住民への警鐘として自分をキモサベと言っているつもりだったんです。これからも、ここま
できたら、間違ったまんま使い続けますです。


ウィキペディアよりローンレンジャー概要
1933年にラジオドラマが放送されて以来、アメリカン・コミックス化、テレビドラマ化(1949年-1958年、全221話)、映画化(1956年・1958年・1981年・2013年)もされた。米国においてはラジオのオリジナル版が抜群の知名度を誇っており、テレビ化された後も並行してラジオ版が製作され続けた。ラジオ版の終了は1954年で総エピソードは全2,956話におよび、その後も1960年頃まで再放送されていた。後述の名台詞も起源は全てラジオ版である。なお、ラジオ版はほぼ全てのエピソードが良い状態で保存されている。

日本ではテレビドラマ版が1958年からテレビ放映され、黒い仮面をつけた主人公が白馬にまたがった姿が、アメリカ版『鞍馬天狗』として親しまれた。ネット系列はKRT系列(1958年)→フジテレビ系列(1959年〜1963年)。カバヤ食品の一社提供[1]。ただし、KRテレビで放映されたときは百貨店の伊勢丹が一社提供していた。また「週刊少年サンデー」(小学館)創刊と同時に、山田常夫によってコミカライズ版が連載された。

主人公ローン・レンジャーが愛馬シルバーを発進させる時の掛け声「ハイヨー、シルバー!(Hi-yo Silver)」や、相棒であるステレオタイプなインディアンの青年・トントの台詞「白人嘘つき。インディアン嘘つかない」(原語はHonest Injunであり、マーク・トウェインの小説にも見られる表現で米国の古い慣用句。これを訳す際に敢えて助詞を省く等、日本人が滑稽にアレンジしたもの。米国では特記すべき台詞とは見なされていない)、トントが主人公を呼ぶ言葉の「キモサベ」などの流行語を生んだ。ローンレンジャーとトントは、オーロラ社からプラモデルが発売されるほどの人気を得た。

「キモサベ」の意味

原作者フラン・ストライカーが使った「頼りになる相棒=キモサベ (Ke-mo sah-bee) 」という言葉は、現代アメリカでは「kemo sabe」の綴りで非常にポピュラーな言葉となっている。しかし、ポタワトミ語だとされているこの言葉は、実際は由来がよくわかっていない。

ストライカーは、これを採用したのはラジオ・ドラマのディレクターのジム・ジュエルで、彼の義父が設立したキャンプ場の名として看板に「キモサベ」とあり、下に英語で“信頼できる奴”と書いてあったので、ジュエルがこれを採用したとしている。

またもう一方で、アメリカ民族学局(BAE)やスミソニアン協会は、これを南西部のテワ族インディアンの言葉だとしていて、ヤヴァパイ族の言葉で「kema」と「Sabe」は「友人」と「アパッチ族」を意味するとしている。

また、ジョン・D.ニコルズが編纂した「オジブワ族辞典」では、「Giimoozaabi(彼は覗き見する)」が語源だと説明している。サンディエゴ州立大学の言語学准教授ロブ・マルーフは、この「Giimoozaabi」が「潜入する人」、つまり「斥候」を意味するとしている。

インディアンと「トント」

「トント」はスペイン語で「間抜け」という意味だが、原作者はトントは五大湖地方のインディアン部族、ポタワトミ族の出身であり、こちらの「トント」は彼らの言葉で「野性の人」という言葉だと主張している。ちなみに、ポタワトミ族は北東部の部族で、19世紀に部族の一部がオクラホマ州に強制移住された歴史があるが、主人公が活躍する南西部とは直接縁はない。また、アパッチ族には「トント」と呼ばれている支族があるが、こちらはスペイン語の「間抜け」が由来である。トントはインディアンが異言語部族間で使った「指言葉」を全く使用せず、どんな部族のインディアンとも白人とも通じる言語能力を持っている。

インディアンの社会では、古くから「ポカホンタス」と併せて、「トント」は「白人にこびへつらうインディアン」の代名詞・蔑称として使われている。彼らの笑い話には、こんなものがある。

インディアン戦士群に包囲され、絶体絶命となったローン・レンジャーはトントにこう聞いた。「相棒よ、俺らはどうすればいいだろう? ("Now what do we do?")」 トントはこう答えた。 「おい白人、“俺ら”ってどういう意味かね?(=“ピンチなのはお前だけだ”の意)("What do you mean "WE", White Man?")」



おまけ。ウィッシュボンが居ます。


さあて、盆休みも16日で終わります。
そろそろビシッとせないけません。
そんではビシッと「ポチ」してください。
ロバートレッドフォード

九州地方 ブログランキングへ

無題

おーはーよー

8月14日(月)の、キモサベ面白日記です。雨でしたね。
DSC_0012

事務所の蘭。
DSC_0013

午前中、オッペケの山笠打上げお土産が残ってるのを発見。20日以上経っているので一口だけ。
DSC_0015

15日の朝、少し腹具合が悪い。

今日のブログ写真はこんだけです。

15日の午前4時59分から、すたこらさっさ歩きを追い山コースでするつもりでしたが雨で中止。
この写真をたくさん載せる予定でしたので、写真はこんだけなのです。
だから、明日も、すたこらさっさ歩きを予定してます。
ネタづくりでブロガーは大変です。

会社は明日まで盆休みです。
建築屋の正月と盆の休みは長いです。
職人さんが里に帰って居ませんから。


これで
「ポチ」してくれと
頼みにくいですが
ご慈悲を。
ありがたい

九州地方 ブログランキングへ

すたこらさっさ

土曜

8月13日(日)の、キモサベ面白日記です。前日撮っていて載せるとを忘れていた写真から。
どうも、今年も秋が来るようです。前日の風が少し強かったので銀杏が落ちてました。
DSC_0085

13日は酒を断ち、夜、お陰でネタが無いことに気づきました。そんで、散歩。世界陸上では
競歩で銀と銅のメダルを日本が獲得しましたので、一念発起しましたです。ダラダラ歩くの
ではなく、すたこらさっさと腕を振って歩きましたです。御供所のお寺街を歩きました。
DSC_0002

DSC_0003

DSC_0004

DSC_0005

冷泉公園。日雇の団体が居ました。戦争映画を見てました。何かいな?
DSC_0006

風鈴をネットで買いました。
DSC_0008

ここで一句。   窓を開け、風鈴垂らし、涼を知る。

14日の早朝は「あしどめ稲荷」。賽銭は50円でした。
DSC_0010

日雇の団体が冷泉公園で寝ていました。
DSC_0011

フェイスブックでは、中洲3丁目の菅くんの店が綺麗になったとこが投稿されてました。
20799102_1383835655057750_4934031571500905826_n


今度、いつか、午前4時59分から追い山コースをすたこらさっさと歩こうかなと思いました。
毎月12日と15日にしたら面白かろうと思いました。フライング無しでスタートし、櫛田入り
と全コースのタイムも計ります。すたこらさっさ歩きですから、走ってはいけません。丁度
8番山ぐらいの速さになるんじゃないでしょうか?

いっつも一番山でしょうから、櫛田神社境内で、一人、祝い目出たを歌わないかんですが、
これはいくらキモサベでもちょっと躊躇しますね。・・・やってみるかな。


今日14日は雨が降りそうですね。
涼しくなると良いですね。
そんでは「ポチ」お願いします。
皆様に幸せを小

九州地方 ブログランキングへ

一番いいね三連続獲得祝賀会

朝だぶう

8月12日の、キモサベ面白日記です。亡き父の生まれ故郷である朝倉市杷木町志波に
行って来ました。まずご先祖様のとこに行こうとしましたが、途中はまあだこんな状況。
20793798_1292323830889572_1123718336_o

20806758_1292323380889617_854835613_o

20807052_1292323747556247_590315503_o

お寺への道もこんな風で、遠回りしました。
20793960_1292323614222927_132885187_o

で、従妹たちが住んでいるとこへまず行きました。豪雨の影響は幸いにもありませんことを確認。
DSC_0040

DSC_0042

父が寄進した地蔵堂も無事。
DSC_0038

DSC_0035

これは、キモサベが中学生の修学旅行で買ってきたソテツの実を母が植え、太りあがったもの。
DSC_0036

そこからの風景。
DSC_0039

お寺の前には筑後川の支流が流れていますが、土砂で埋まっていました。
DSC_0048

DSC_0052

DSC_0054

葡萄畑もやられています。
DSC_0049

DSC_0056

お寺は高いとこにありますから、被害はありません。
DSC_0044

DSC_0046

ちょこっと安心して、朝倉の道の駅で川魚や梨(北海道芦別へのプレゼント)を買い、原鶴温泉
を回り、三連水車のとこに行きました。復旧はまだまだですね。
DSC_0057

帰りは秋月に寄り道しました。まずは「だんごあん」。
DSC_0059

DSC_0060

DSC_0061

DSC_0062

DSC_0063

DSC_0064

昔と変わらぬ、自然の涼しさを堪能しましたです。

ここを少し戻り秋月。入口の石碑。日本で最初に種痘をした曾婆ちゃんのことが書いてあります。
DSC_0065

DSC_0068

桜並木です。春はすごいでしょうね。
DSC_0069

DSC_0070

DSC_0071

DSC_0072

DSC_0073

DSC_0074

城跡は中学校になってます。
DSC_0075

中学校。
DSC_0077

中学校の武道館。
DSC_0076

DSC_0078

DSC_0079

DSC_0080

DSC_0081

帰路では、亡き母の故郷である三奈木の無事も確認して来ました。

すっかり身も心も洗れたキモサベは一路博多へ。梨を北海道に送り、約束していた物を菅くん
の店へ持って行きました。話しは発展し、ここにミニ飾り山を置かせてもらうことになりました。
乞うご期待。
DSC_0022

DSC_0082

ミニ山チラシ

午後6時になりました。こちらもお約束の「一番いいね三連続獲得祝賀会」。大黒流は須崎町
の上島くんです。店はいのいちばんです。八文字組の衛生頭にも華を添えてもらいましたです。
DSC_0086

やっぱり、キモサベ投稿の「傾向調査」がしっかりしているなと思いましたです。キモサベの
一週間の行動(投稿)を読んでいます。単なる、行き当たりばったりでないことを知りました。
これ以上は上島くんのノウハウですから書けませんが、大したもんです。感服。

あれやこれや話をし、酔っぱらう前にお開きとしました。もちろん、キモサベの驕りですぞ。

で、帰るかと思いよったら大間違いで、美鈴姉御は中洲に行く心構えが出来上がってました。
店も決めてました。「チアーズ」。キモサベ、断り切りませんでした。
DSC_0088

DSC_0089

DSC_0090

もう、まったく、衛生としての心構えは失せ、炭水化物をガブガブ。

キモサベ、秋月に引っ越そうかなと思いながら、バタンキュー。

13日の朝、会社には平井ヒヨカタからお中元的なものが届けられていました。
DSC_0091

DSC_0092

キモサベ、朝から平井ヒヨカタの愛に包まれましたです。感謝。

やっぱり博多に留まろうと思い直しましたです。

では、上島君の傾向調査と違うかもしれませんが、今から(8時半過ぎ)投稿します。


尚、
「ポチ」には
盆休みはございません。
ありがたい

九州地方 ブログランキングへ

盆休み一日目

気持ちいい朝

8月11日(金)の、キモサベ面白日記です。朝倉のお寺に行こうとしたのですが、出発が遅れ
大渋滞に巻き込まれました。
DSC_0001

もう、太宰府インターまで行くのも大変な時間が掛かりそうだったので途中下車しましたです。
DSC_0003

福岡へ引き返しましたが、せっかくここまで来たので、福岡空港国際線に寄りました。今月
下旬に土居流の人形取り替えをしますので下見です。休みでも、キモサベは山台苦するの
です。ここに千代流の山が飾ってあったのですが、今年はここに土居流を飾ります。
DSC_0004

ハイッ、土居流の山。
DSC_0008

2階から見下ろしたとこ。
DSC_0009

博多に戻り、考えた末、八文字組の衛生頭を誘いましたです。ハイッ、博多伝統工工芸館。
DSC_0010

衛生頭。
DSC_0012

衛生頭が買ったもの。
20771943_1291579177630704_2041791054_o

今熊町を通り、岩田取締と娘さんに挨拶し、
DSC_0013

中山茶舗さんでタバコを買い、ぶらぶらと商店街を歩き、
20772008_1291575564297732_1854671528_o

20773394_1291575737631048_880199226_o

「今日は釣れなかった」と、イズミ漁師の話を聞き、
DSC_0018

青龍堂ビル1階にある、中洲3丁目の菅くんの店に立ち寄りましたです。衛生頭は、お盆の
手土産を買ってました。キモサベも、明太子の燻製を。
DSC_0019

DSC_0020

DSC_0022

そして、店屋町にある「手いっぽん」。もう最高でした。日本人で良かったと思いました。
ナスビに山芋。
DSC_0024

カワハギ。見事な包丁さばきです。山台苦ごときでは、こげなことはしきりません。
DSC_0026

カワハギの肝でいただきます。
DSC_0027

がめ煮。
20806814_1292080514247237_1720734639_o

黒豚トンカツ。
20806651_1292080554247233_274785289_o

味噌汁。
DSC_0028

そんなとこへ、大黒流古ノ一の落石さんがひょっこり。安らぎを求めてやって来たようです。
20793897_1292080517580570_121246213_o

で、流て衛生頭と「健太」。衛生頭はいっぱい歌われましたです。来年の水上ステージ歌手
としての準備は怠りません。しかし、また、選曲で悩み始めましたです。
DSC_0031

DSC_0032


こんな風で、盆休み一日目は終わりましたです。

さあて、朝倉にあるお寺に出発するかな。


そんでは
休養十分でしょうから
「ポチ」一発お願いします。
延岡灯明一日目 011

九州地方 ブログランキングへ

明日から盆休み

木曜

8月10日(木)の、キモサベ面白日記です。早朝の冷泉公園から見たお月様。
00010001

お昼は、麺ず倶楽部で「もやしラーメン」。
DSC_0001

根性で二度咲きしている蘭、二輪。
DSC_0003

夕方、美山オッペケ山台苦が篠栗から戻り、ミニ舁き山の敷台の縁のお化粧直し。これで完璧。
DSC_0004

人形は、中村信喬人形師の作品で「暫く」。
DSC_0007

DSC_0008

そして、お中元を社員で分け盆休みに突入。
DSC_0002


翌日の11日。起きたら「山の日」やった。
やっと西方寺前町の最後の反省会が終わったと思ったら、これやけんね。
堪らん。冗談にもほどがある。

さあて、16日まで盆休み。
どげんするかいな?

どげんするかいな?


では、悩まずに
とりあえず
「ポチ」でも
お願いします。
感謝 小

九州地方 ブログランキングへ

今年最後の反省会

おはよ

8月9日(水)の、キモサベ面白日記です。午前中の雨は凄かったですね。須崎町では、
お茶屋さんの外壁モルタルが落ちるという竜巻の被害もありました。会社に居っても、
その瞬間だったと思いますが「ドーン」と音がしましたもんね。
20664708_1431651736891081_2415060871383017477_n

この日は早く起き過ぎて、櫛田神社に行っても本殿の門が閉まっていたのですが、ブログを
投稿し再度「あしどめ稲荷」に行きました。二度参り?
DSC_0017

朝は何食べたか忘れましたが、昼はソーメンでした。写真はありません。

夕方になり、午後7時からある、西方寺前町の今年の山の締めとも言える反省会へ行きました。
「博多ふじもと」です。高級料亭です。中洲4丁目の藤本くんがしてます。

時間調整で、ちょこっとだけ中山茶舗さんへ。要らんて言うとい、どうしても「飲め」とお姉さん
から言われ断り切りませんでした。ワンカップのハーフ。
DSC_0018

時間になり、商店街を歩いていると、山崎酒店では上新川端町の岩田くん(取締)が酒飲みな
がら山崎漁師(総代)と会議していました。来年の当番町運営などの話しに決まってます。
DSC_0020

ハイッ「博多ふじもと」。遅刻じゃないんですが、キモサベが最後に登場しました。みんな
気合が入ってます。置鮎総務さんの挨拶があり、キモサベが乾杯の発声を。みんなで、
今年の山が無事に終わったことを喜びあいました。
DSC_0023

料理をいくつか。
DSC_0026

DSC_0027

長崎総代と置鮎総務です。来年からは一般人になります。永い間ご苦労さんでした。立派な
年寄り・博多のおいしゃんがこれからの目標です。
DSC_0028

参加者全員、一言挨拶をしましたです。キモサベ、わりかし厳しい挨拶しましたです。「来年
からは新しい総代・現役員の体制がスタートするやろうけど、保守本流を継承・貫き、俺が
俺がの煩悩を捨てて、西方寺前町の世話役を勤めて欲しい」と。


西方寺前町の今年の山は終わり、会社は明日から盆休みに入ります。
ご先祖を供養し、休養に努めます。
ではみなさん、お元気で。


尚、休養中でも
「ポチ」は
お願いしたいです。
どちらかの追っかけ

九州地方 ブログランキングへ

「一番いいね」順位発表!

金曜

8月8日(火)の、キモサベ面白日記です。いきなりですが、今日のお昼も奈良屋町にあるサイ
フォンでモーニングサービスをランチ代わりにいただきましたです。400円。写真撮るのを忘れ
たので、前日のものです。ゆで卵が目玉焼きになっていた他は同じです。
DSC_0006

夜は、こんなものを食べました。ご飯は、いつも食べてません。
DSC_0012

DSC_0014

DSC_0015

午後7時半ごろには寝てしまいましたので、翌日起きたのは午前1時半。することないので、
サイクリング散歩して櫛田神社にお参りに行きましたが、本殿の門は閉まってました。
DSC_0016

9日の深夜、会社でブログ書いてます。ネタが完全に無いので、前日、こういうことが予想され
てつくっていた表をご覧にいれます。フェイスブックでは、このブログを投稿し、誰が一番に
「いいね」ボタンを押すかが競われていますが、その順位表です(トップテン)。今年の4月
16日から始まってます。

"4月16日〜8月8日の115日間で「一番いいね」獲得者は35人"

順位 名前  回数     夢の賞金
1位  西村 24回  夢の3兆円と宇宙一周の旅
2位  橋本 12回  夢の百億円と世界一周の旅
3位  中山 11回  夢の1億円と日本一周の旅
4位  美江   9回  夢の千万円と九州一周の旅
5位  美鈴   8回  夢の百万円と福岡一周の旅
6位  八尋   5回  夢の1万円と博多一周の旅
8位  北村   4回  夢の5千円と博多湾一周の旅
    藤原   4回      〃
10位 村石   3回  夢の3百円と西方寺前町一周の旅
    西野   3回      〃

尚、「自分は何回一番になったっちゃろうか?」と知りたい方はコメントください。教えます。


さあて、9日の夜は、西方寺前町の旧現役員一緒に反省会します。町内最後の会合ですね。

土居流受取町の上新川端町も「初寄り」の名のもとに、酒飲みながら来年の当番町のスター
トを切ったようです。やっと今年の山台を解いたばっかりですが、山台苦も忙しくなってきます。
20621963_930687820403519_8368278658755759569_n


なんとも区切りのつかない人生ですが
今日の区切りに「ポチ」してみてくださいませ。
新聞顔

九州地方 ブログランキングへ
最新コメント
アクセスカウンター

    livedoor プロフィール
    QRコード
    QRコード
    livedoor 天気
    • ライブドアブログ