291b0ecb

令和元年6月17日(月)の、キモサベ面白日記です。六月も半分終わりました。「命が一番いのいちばん」でここまでどうにか頑張ることができました。これからも同じように頑張ります。天候も暑くもなく雨が降るでもなく山台苦日和です。

ふと事務所窓辺を見ると「サボテン」がしおれそうになってました。水やるとを忘れてました。
DSC_0155

水をやって、篠栗作業所に行きました。前日に小屋入り行事を終えた土居流の山台部材を運び入れます。着きました、下ろしました。
DSC_0156

DSC_0157

すぐに美山オッペケ山大工が組み立て始めました。
64828959_616476588863257_1283206674651283456_n

DSC_0161

この日、ここまでやってます。
63407149_627130331088523_1428278528037617664_n

キモサベはゴチョゴチョ仕事。
DSC_0162

DSC_0163

DSC_0164

DSC_0165

これは博多駅の杉壁。一部模造品です。
DSC_0166

ここらへんまでして、オッペケにあとは任せ博多に戻りました。

加辺屋でそばを食べ、床屋に行きましたら、今日が月曜だということがわかりました。
DSC_0167

で、ここは落ち着いて「ランバン」でコーヒーでも飲むかと自転車こいでいると、蛇の目の大将と女将にばったり。曜日の分からなくなっているキモサベをしっかり笑われました。

ハイっと、ランバン。いつもの奥さん連中が陣取っていました。キモサベはカウンター奥で小さくなって漫画読みました。
DSC_0168

店を出て、博多駅まで視察に行きました。材料を地下倉庫から出すだけで大仕事ですね。関岡さんの健闘をお祈りいたします。
DSC_0169

DSC_0170

DSC_0171

DSC_0172

DSC_0173

DSC_0174

DSC_0175

夕方になり、西方寺前町の総代さんから会いましょうと電話。手いっぽん。
DSC_0177

町内や土居流の状況についてでした。西方寺前町は若い世代間の連携に問題があるようです。土居流は相変わらず楽しくない構図ですね。誰に問題があるとでしょうかね?

思ったより話は長くなりましたが、キモサベはちょこっとだけ蛇の目寿司に寄って中洲流庶務の崇ヒヨカタ若大将とスケジュール確認。
DSC_0178

満月でした。
DSC_0179

そしてバタンキュー。まったく寝た気がしません。

翌朝18日、会社窓辺のサボテンは生き返ってました。
DSC_0184

DSC_0183

事務所には、鉄砲も流ごとにまとめて運び込まれています。
64395859_2100358933405959_5675412893521149952_n

朝飯はコンビニランチ。それなりに健康に留意しております
DSC_0185


日田の北島さんがフェイスブックに投稿してました。日田も日田祇園山鉾の準備に追われているようです。北島さんは、八文字ティシャツ着て頑張っているようです。えらいです。
日田祇園山鉾

64526150_464755474278614_237429288226258944_n

62039212_459225464831615_5658982921332064256_n


そんでは今日も、命が一番いのいちばんで!

ハイっと
「ポチ」
よろしく
お願いします。
キモサベ若い