2019.3.20

8e823177

また写真が溜まったので投稿します。キモサベ、元気にしてます。9月12日まで耐えましょう。

8月22日(日)夜の筑前亭鈴りん。アヒージョ、美しくて美味しかった。
DSC_0141-22日筑前亭

8月23日(月)午前4時31分のあしどめ稲荷参り。
DSC_0142-23日4時31分

お昼は、浜小路の「うえ村」でワカメ蕎麦。400円。
DSC_0001

8月24日(火)午前5時51分の朝食。手作りオイルサーディン。
DSC_0002-24日5時51分

午後からは一人で篠栗作業所でチェック!10月に行われる学会で展示する山をトラックに乗せて道を通られるか、張り出した枝の高さを4メートルの垂木を使って測りましたです。
DSC_0003

DSC_0004

DSC_0005

DSC_0006

DSC_0007

DSC_0008

DSC_0009

何本か枝を切り落とさないかんですね。・・・・大事なチェックです。

篠栗の帰り、博多駅近くの会場入り口高さも再度確認。・・・・ここまでトラックで運び、入り口前で人形をシオリごろみ降ろして、こっから台車で運ばないかんです。
DSC_0010

夜の筑前亭鈴りん。
DSC_0011

8月25日(水)午前5時22分の体重。一時は73kg代まで行ったんですが、油断してます。
DSC_0012-25日5時22分

午前6時41分の「あしどめ稲荷参り」。櫛田会館増改築工事の地鎮祭があるんでしょうか?
DSC_0013

DSC_0014

お昼前、会社に居ったら腹が減ったので非常食を食べる。
DSC_0016

お昼は浜小路の「うえ村」でワカメ蕎麦。
DSC_0017

ネット購入の「パテ」が配達されました。皿ヒビの金継ぎ用です。
DSC_0018

夜の筑前亭鈴りん。
DSC_0019

オリンピック選手だけでなく、パラリンピックの選手も真空浄血治療してます!
DSC_0019-1

8月26日(木)午前3時5分の読書。・・・・大変に素晴らしい本です。「はじめに」を少し書きます。
DSC_0020-26日3時5分


99%の日本人が知らない「明治維新大嘘」  三橋貴明


はじめに(1)
江戸時代から明治維新にかけた歴史を「正しく」振り返る

「経済」と「歴史」の歪みが、なぜ問題なのか

 現在の日本には、様々な情報の歪みがある。特に、筆者が深刻な問題であると捉えているのが、「経済」と「歴史」の歪みである。ちなみに、経済とは、「国民を豊かに、安全に暮らせるようにする経世済民」という意味であり、ビジネス、おカネ儲けではない。というよりも、経済という言葉を耳にすると、すぐに「おカネ」について考えてしまう国民が多数派な時点で、我が国の経済に関する情報は歪んでいる。
 ところで、なぜ「経済」と「歴史」の情報の歪みが問題なのか。それは、両者が「縦軸のナショナリズム」「横軸のナショナリズム」そのものであるためだ。縦軸のナショナリズムとは、現代に生きる国民同士の助け合いだ。困っている国民がいれば助け、あるいは自分が困った時には助けてもらう。この「助け合い」の精神たる横軸のナショナリズムなしでは、安全保障や社会保障は成り立たない。つまりは、経世済民は成立しない。
 それに対し、縦軸のナショナリズムは世代間の助け合いである。現代のわれわれの生活は、過去の日本国民の投資、努力により成立している。とはいえ、我々は先人たちに恩を返すことはできない。時間は遡れない。だからこそ、現代の国民は「将来の日本国民」のために投資を蓄積しなければならないのだ。先人から受けた恩を、将来世代に返す。
 自分たちは過去の日本人の努力のおかげで、それなりに豊かで安全な暮らしをしておきながら、将来には何も残さない。あるいは、将来に「崩壊した国家」を残すのでは、さすがに忘恩の徒の誹りを免れない。そして、国民が「先人のおかげで」あるいは「将来世代のために」と考えるためには、歴史を知っておかなければならない。自分たちが悠久たる歴史の流れの中に存在していることを理解しなければ、縦軸のナショナリズムは成立し得ないのである。
 つまりは、現在の日本は横軸、縦軸と、双方のナショナリズムが「情報の歪み」により壊されているのだ。結果的に、ナショナリズムの真反対の概念である「グローバリズム」により、政治経済が席巻され、安全保障や社会保障が弱体化していっている。
 もっとも、過去五百年の日本は、グローバリズムとの関りについて、当時の日本人が苦慮し、苦しみ、時にはしのぎ、時には取り込まれる形で翻弄されてきた歴史の積み重ねなのである。現代では、過去の日本人がグローバリズムといかに対峙し、渡り合ってきたかについて誰も語ろうとはしない。

午前5時25分の朝食。
DSC_0021

午前6時27分の、雨の「あしどめ稲荷参り」。
DSC_0021-1

社務所から本殿方向に、霊泉鶴の井戸が見える。
DSC_0024

で、試験的にできたての「ドンポ」を鶴の口ばしに挟んでみた。丁度よかろうごたあ!
DSC_0024-1

夕方、久しぶりに「ランバン」でアイスコーヒー。いつもの、お喋り劇場!キモサベは仲間に入ることができませんが、女性たちに御利益があることを伝え「カエル」を配る。すぐに中山茶舗兄さんとこに帰った。
DSC_0025

夜の筑前亭鈴りん。牡蠣のムニエル。
DSC_0026-牡蠣のムニエル

鶏むね肉のめんつゆ浸し。
DSC_0027-鶏むねのめんつゆ浸し

8月27日(金)午前7時5分の「あしどめ稲荷参り」。
DSC_0028-27日7時5分

DSC_0029

夜の筑前亭鈴りん。
DSC_0031

8月28日(土)午前3時58分のモーニングコーヒータイム。この、ココア86%のチョコは健康と美容に、ものすごう良いげなですよ。
DSC_0032-28日午前3時58分

午前5時28分の朝食。冷や汁。
DSC_0033

午前6時10分の「あしどめ稲荷参り」。
DSC_0035-6時10分

DSC_0036

午前6時12分の、お月様。
DSC_0037-6時12分

ネット購入。実は、これ、櫛田の鶴の口ばしに挟む「ドンポ」に塗ってみろうかと購入したのです。がっ!この日までドンポはあったのですが、現在紛失してます。どこ行ったっちゃろうか?鶴に食べられるのは御免とばかりに逃げ出したのでしょうか?不思議。
DSC_0038

昼前、博多銃砲店のゴルゴ内藤くんから電話!すぐに行きましたです。ありがたい、ありがたい。
DSC_0039

写真左、素晴らしい猪のスペアリブがあります。
DSC_0040

お昼は、冷蔵庫でホッタラカシとった賞味期限ぎりぎりのジュースと買ってきたばかりのパン。・・・・夜に備えています。
DSC_0041

ハイっと!夜。中洲のある店で、極秘の集いがありましたです。腹いっぱい焼肉やらをいただきましたです。で、最後に出たのがこれで、なんと!「イチジク」げなです。超美味でした。
DSC_0042

8月29日(日)午前5時9分の朝食。
DSC_0043-29日5時9分

櫛田神社に行く途中のキャナル付近の地下鉄工事現場をパチリ。
DSC_0044

午前6時41分の「あしどめ稲荷参り」
DSC_0045-6時41分

DSC_0046

DSC_0047

この日は朝早くから篠栗作業所で山台苦するので会社前を出発しょうかとしよったら、朝から博多をそうつき廻っている中山茶舗兄さんとバッタリ!・・・・暑いのによく頑張りんしゃあです。
DSC_0048

で、午前9時前には栄進建設篠栗作業所到着。姐御もヒヨカタになって頑張りました。いろいろ段取りしよったら、予定外の仕事が発生!杉壁をシオリに差す穴を掘らないかんごとなりました。・・・・2段杉壁を止めて1段杉壁に変更してます。
DSC_0051

DSC_0051-1

DSC_0051-2

姐御にも体験させましたです。
DSC_0053

午前11時ごろにここまでやって
DSC_0054

早飯。
DSC_0055

食後の休息もせず、杉壁作業。
DSC_0055-1

DSC_0055-2

午後1時過ぎ、人形手直しに溝口人形師がやって来ました。
DSC_0056

DSC_0056-1

DSC_0056-2

去年・今年と、中洲流が山をつくらなかったので大変だったようです。来年はどげんなるか心配してました。でも元気にしてたようで安心しましたです。。・・・・陶器づくりについても話しましたです。

ここまでやって博多にもどりました。
DSC_0057

この風神雷神様は、17年前に博多を疾走しましたのです。
11102734_447947782039341_8141001859937752693_n

12313598_1022221184466583_2948349568070453828_n

8月30日(月)午前3時6分、八文字縄文皿と話しました。
DSC_0058-30日3時6分

午前5時39分の「あしどめ稲荷参り」。
DSC_0061-5時39分


さあてと、武漢ウィルスは続く!
二引き