行くしかない

去年春からは篠栗作業所の断捨離と整理整頓に集中し、今年春からは陶芸に集中してる感じです。武漢ウィルス、ありがとう。来年春からはは山台苦に集中したいです。・・・・今回のブログは陶芸活動ばっかりです。・・・・写真がいっぱいありますよ。

9月5日(日)の筑前亭鈴りん。遂にゴルゴ内藤君からもらった「猪スペアリブ」食べました。少し甘辛かったけど美味しかった。
DSC_0001-9月5日

DSC_0002

9月6日(月)午前5時36分の「あしどめ稲荷参り」。
DSC_0003-9月6日5時36分

DSC_0004

DSC_0005

朝食は、コンビニのやつ。野菜を食べるよう女医さんから言われてます。
DSC_0006

昼前から篠栗作業所に行きました。まずはコンビニランチ。やっぱり野菜ジュースも。
DSC_0007

ひび割れした皿の金継ぎしてますね。
DSC_0008

DSC_0009

DSC_0010

前回より、少し進化してます。
DSC_0013

学会山の二引き竿は、G20の時と同じガス管を使うことにしました。
DSC_0012

9月7日(火)午前4時5分の朝食。スペアリブ残りで食べてます。
DSC_0015-7日4時5分

今回の猪には猪の皮が付いてまして、前日は噛み切れませんでしたが今朝はなんとか噛み切ることができましたです。顎がガクガクなります。ゴルゴ内藤君の言うとおりでした。
DSC_0016

朝食後のルーチン。
DSC_0019

午前4時41分の「あしどめ稲荷参り」。ようやく土工事が始まりましたね。
DSC_0020-4時41分

DSC_0021

DSC_0022

DSC_0023

午前10時過ぎには篠栗作業所で陶芸師で金継ぎ。
DSC_0025

DSC_0026

新しい取り組みを始めました。常に前進し、試行錯誤し、腕を磨きます。
DSC_0026-1

準備完了。
DSC_0027

8mm(これまでより1mm薄くしている)の陶板を作り、丸く切りました。
DSC_0028

八文字紋を押さえつけ、手回しロクロに乗せて丸皿の縁を立ち上げましたです。良かろうごたあです。四角皿より時間がかかりませんでビックリ。やってみらな分かりませんね。
DSC_0029

DSC_0030

いつものコンビニランチ。
DSC_0031

ある女性からもらったお菓子食べながらの作業です。
DSC_0032

午後2時前にはバタバタ博多にもどりました。午後3時からは娘(あみの)とデート。なんか会社(博多阪急)のクリスマス企画でパパのネットワークが活用できないかとの相談でした。娘の役に立てればいいのですが、もう少し企画内容が固まらないとアンサーできません。
DSC_0033

で、夕方5時からは、ある寿司屋御一家との食事会。・・・・忙しい一日でした。
DSC_0035

9月8日(水)午前4時40分の朝食。
DSC_0036-8日4時40分

午前5時29分の「あしどめ稲荷参り」。
DSC_0037-5時29分

DSC_0038

DSC_0039

この日は会社朝礼が終わってすぐに篠栗作業所へ。ウレタン塗ってます。
DSC_0040

DSC_0041

DSC_0042

DSC_0043

いつものコンビニランチ。
DSC_0044

ウレタン塗装も終わり、
DSC_0045

午後からは丸皿3枚つくりましたです。
DSC_0046

DSC_0047

博多にもどり、中山茶舗兄さんにひび割れ金継ぎ作品をお見せしましたです。感心してました。キモサベ、ただの山台苦ではありませんもんね。・・・・来年の山の胴金は備前焼にしょうかな?
DSC_0050

ハイっと筑前亭鈴りん。博多八文字縄文中皿に乗っている料理は「からしレンコン」です。
DSC_0051

姐御は、パート同僚たちに「カエル」を配るそうです。凄いですね!こげんしたら、1袋500円ぐらいしそうです。・・・・販売するかな?
DSC_0051-1

9月9日(木)午前1時37分。お皿と話しました。
DSC_0052-9日1時37分

午前3時37分の朝食。
DSC_0053-3時37分

午前4時7分の「あしどめ稲荷参り」。
DSC_0055-4時7分

DSC_0056

DSC_0057

この日も朝早くから篠栗作業所陶芸工房へ。つくっていたものの自然乾燥状態チェック。皿の縁がだいぶ早く乾燥してます。注意ですね。
DSC_0058

DSC_0059

これで、ひび割れ皿は完全にウレタン塗装されました。第2回目の本焼きを目指します。
DSC_0060

DSC_0061

飽きずに、いつものコンビニランチ。
DSC_0062

午後からは丸皿づくりに集中!
DSC_0063

DSC_0064

ここまでで丸皿9枚。倉庫で自然乾燥させます。
DSC_0065

風神雷神様にもご挨拶。
DSC_0066

作業所入り口に咲く「ニラの花」。
DSC_0067

ホイッと、筑前亭鈴りん。
DSC_0068

ドンポは箸置きにも使えますね。・・・・販売しょうかな?
DSC_0069

9月10日(金)午前0時47分。篠栗から持って来た作品と話す。
DSC_0070-10日0時47分

食器棚に保管されているこれまでの作品たちと話す。
DSC_0073

DSC_0075

DSC_0076

DSC_0077

午前6時10分の朝食。
DSC_0078-6時10分

午前6時32分の「あしどめ稲荷参り」。
DSC_0079-6時32分

DSC_0080

DSC_0081

土居通の街路樹が剪定されてました。空が広い!
DSC_0082

この日は昼前に篠栗作業所陶芸工房へ。作業所近くの山道に「栗」が落ちてました。
DSC_0083

車を止め、拾いました。大きいです。
DSC_0084

作業所に着き、いつものやつではないコンビニランチを早飯し、
DSC_0085

すぐに陶芸師に変身!やっぱり丸皿づくり。
DSC_0086

土をこねるとが大変です。
DSC_0087

DSC_0088

ちょっと違う皿を。ただの縄文皿です。
DSC_0089

DSC_0090

倉庫は丸皿ばっかり!
DSC_0091

筑前亭鈴りん。
DSC_0092

9月11日(土)午前3時25分、篠栗から拾ってきた栗と語らう。
DSC_0093-11日3時25分

午前5時56分の「あしどめ稲荷参り」。
DSC_0094-5時56分

DSC_0095

そしたらビックリ!超久しぶりに元山笠振興会会長(元NPO博多まちづくり会長)の瀧田さんとバッタリ!元気に年を重ねてありました。カテーテルやら血栓やらの高齢者にふさわしい話題をちょこっとだけ。
DSC_0096

博多五町中央分離帯の花壇。
DSC_0097

昼前に篠栗陶芸工房へ。
DSC_0098

この日は気分を変え、角皿三種。博多八文字縄文大皿。
DSC_0100

博多八文字縄文黄金皿。
DSC_0101

博多八文字縄文中皿
DSC_0102

すぐに夕方になり、筑前亭鈴りん。
DSC_0103

9月12日(日)午前1時55分。第一回本焼き窯出しで生き残った全作品のチェック。博多八文字縄文角大皿縁立ち上げ8枚。
DSC_0104-12日1時55分

博多八文字縄文角大皿縁持ち上げ4枚。
DSC_0105

籐網目紋角大皿縁持ち上げ1枚。
DSC_0106

博多八文字縄文角黄金比中皿縁持ち上げ6枚。
DSC_0107

博多八文字縄文角中皿縁持ち上げ20枚。
DSC_0108

博多山台脚年輪小皿縁つまみ立ち上げ2枚。
DSC_0109

午前7時13分の「あしどめ稲荷参り」。捨てコンクリート打ってました。
DSC_0111-7時13分

DSC_0112

そしたら、中山茶舗兄さんからスクープ写真撮られました。この日はうっかり小銭入れを忘れ、無銭参拝だったんです。ビックリ!この時間帯は中山茶舗兄さんもそうつきようですから注意しとかないかんですね。
DSC_0112-1

日曜日ですから姐御も一緒に篠栗陶芸工房へ。やっぱり、山道に栗が転がってました。
DSC_0113

作業所門のとこの、ビワ・紫蘇・山椒。
DSC_0115

すぐに、作ったばっかりの作品を八文字号に積み込みました。瑞梅寺の師匠の工房に運んで自然乾燥します。
DSC_0118

積み込んで、次回作の仕込みしました。板押し型です。
DSC_0119

糸鋸作業です。
DSC_0120

DSC_0122

DSC_0123

ちょっとの時間でしたが、姉御はカエルをつくってます。
DSC_0123-1

午後1時ごろには瑞梅寺に着きました。
DSC_0125

残念なことに、丸皿1枚にひび割れがありました。大丈夫です、水で溶かし元の土に戻して使います。
DSC_0125-1

黒っぽいのは「ドンポ」で、キモサが今日つくった作品です。
DSC_0127

夕方、筑前亭鈴りん。
DSC_0128

食後の篠栗の栗!うまあああいっ!
DSC_0129

9月13日(月)午前5時1分の朝食。
DSC_0130-13日5時1分

午前5時28分の「あしどめ稲荷参り」。・・・・この時間帯は、中山茶舗兄さんは寝てます。
DSC_0131-5時28分

DSC_0132

DSC_0133


さあてと、今週は雨が多いらしい。どげんするかな?
img002