道徳には損得がある、立場がある、利害がある。
世界は道徳が高いものが生き残るのではなく、適者が生き残る。
どちらが上位のルールであるか見失ってはならない。
だからしつけには気をつけたい。
道徳を教えたいなら、自らが実践した傷だらけの、道徳に裏付けられた算段を教えよ。