茨城県つくば市にある㈱ヤマダ家具工芸のブログです。 各種椅子・ソファーの製作・張替など行っている会社です。 日々の仕事の内容や・お知らせなど、定期的に更新していきます。

2011年08月

造付ソファーの張替

水戸市大工町、某クラブの造付ソファーの張替えです。
造付ソファーは、大工さんがソファーの下地を造り、クッション、張地を張る作業です。
非常に特殊な加工ですが、一般的なBOXソファー製作するより時間的に早く価格的にも安く仕上げられます。

まずは、張替前の画像です。
張地のチンチラの傷みが激しいです。

028

024


今回で3回目の張替えです。1.2回目はモケット系の布で張ったのですが今回はレザー張りです。
造付ソファーの場合は普段よりも長い釘(ステープル)を使うのでハガシが大変です。

029

030


続いて張り作業です。
現場にミシンを持ち込んで、その場でコーナーの型を取り縫製し座面から背面の順番で打ち返ししていきます。

032

038

039


ココまで来ればラストスパート!

055

056


最後に下マチを張って完成です。
普通ソファー、イスを張る時タッカーが打ちやすいようにソファー、イスを回転させながら打っていきますが、造付ソファーはそうは行きません。体を回転させないといけない。無理な体勢でタッカーを打つので結構筋肉痛になるのですよ!

044


完成です。黒のレザーなのでよく分りませんね!

053

054

052


業務用ソファー製作・張替はこちら

その他いろいろな椅子・ソファーがご覧いただけます!

    ↓↓↓

123





ソファーの張替

約35年から40年前のソファーの張替依頼です。
年数がたっているわりには生地、クッションの状態が良い方です。

141



下地、ウェービングはぼろぼろの状態ですね。補強した後があります。
この当時は、タッカーなど無かったので、5分釘で打ってあります。

145


クッション下地、ウェービングは全て交換し、木部のみを再利用しました。
やはり昔のイスは良い材質の木材を使っています。

148



ウェービング、かぶせを張った状態です。

149


次の工程は、クッション張りですが、写真を撮り忘れてしまいました。
いきなり完成品です。
生地は、シンコールのノーチラスT-9343、最近この生地は良くでますね。
安くて丈夫で、張り栄えのある生地です。

001


003


業務用ソファー製作・張替はこちら

その他いろいろな椅子・ソファーがご覧いただけます!

    ↓↓↓

123
家具の達人

yamadakagukougei

記事検索
カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ