■新規格(JIS Q 15001:2017)の全体像

JIS Q 15001:2017」は、他のマネジメントシステム規格との近接性を保つことを目的に
改正されたため、規格全体の構成が、以下の通り大きく変わっています。

------------------------------------------------------------------------------------------

JIS Q 15001:2006 規格構成 …「本文」、「解説」

JIS Q 15001:2017 規格構成 …「本文」、「附属書A」、「附属書B」、「附属書C」、「附属書D

------------------------------------------------------------------------------------------

JIS Q 15001:2017 「本文」
他のマネジメントシステム規格の章構造や用語の定義などを統一するための共通テキスト
(附属書SL)です。ISO 9001(品質)、ISO14001(環境)、ISO 27001(情報セキュリティ)等を
運用している組織は、規格や帳票を集約し、書類をスリム化することが出来ます。


JIS Q 15001:2017 「附属書A

旧規格(JIS Q 15001:2006)の「本文」に該当し、改正個人情報保護法に対応した要求事項が
示されています。


JIS Q 15001:2017 「附属書B

旧規格(JIS Q 15001:2006)の「解説」に該当し、「附属書A」の補足及び推奨事項が明記
されています。


JIS Q 15001:2017 「附属書C

3.4.3.2安全管理措置の理解を深めることを目的とした参考資料です。リスクと管理策の具体例が
明記されているため、この中から適宜選択して利用することもできます。


JIS Q 15001:2017 「附属書D

新規格と旧規格の対応表が記載されています。

結論としては、「附属書A」を読み解いて、自社に合うよう、内部規程を改訂すれば問題ない、という
ことです。