信用と信頼、似た言葉ですが、本質的な意味合いは異なります。

単純に使い分けると、

 信用・・・過去の実績から生まれるもの
 信頼・・・未来への期待

と表現できるのではないでしょうか。

人は、信用がなければ信頼することはできないものです。

信用は一定量積み重なると、信頼に切り替わります。
信用の貯金箱がいっぱいになると、信頼関係は構築される、というイメージでしょうか。

相手によって、この貯金箱の大きさ・形は異なるので、貯金の期間・貯金の仕方は
相手に応じて変えていかなければならないのが、難しいところですよね。

また、気を抜くと貯金箱に穴が空くこともあります。
一旦貯金箱に穴が空いたら、塞ぐのにも時間がかかります。無理に塞ごうと焦ると、
悪循環になるケースがほとんどです。

人によっては、穴が空いていることに気づかないまま過ごしている人もいるようです。

相手の表情や反応の変化を敏感に感じて、早めに塞がないと大変ですよね。

職場での人間関係、家庭での夫婦関係、友人との交友関係。

すべて、信頼関係から成り立つものですので、関係性に悩んだ際は、あきらめずに
コツコツ貯金していくことが大切です。貯金箱はいつか必ずいっぱいになりますし、
一杯になった後は、違ったフィールドが待っているものです。

私も今はまだひたすら貯金生活をしています。

大変な時代が始まりましたが、物事の原理・原則は変わらないはずです。

顔晴りましょう。