2006年04月29日

戸塚宏出所について。

cee4f5fe.gif戸塚ヨットスクールの戸塚宏校長が静岡刑務所から出所。現場復帰に意欲満々だといいます。

戸塚ヨットスクールと言っても例の事件があったのは1983年とかだから、コアチョコで言ったらポンとかりっちゃんが生まれた年だよ。若い人達にはピンっとこないだろうなぁ。

時代背景から言うとね、その当時って家庭内暴力とか登校拒否が問題になってたのね。テレビでは「積木くずし」(高部知子バージョン)が大ヒットしたりしてさ。ほんでそういう不良どもや今で言うヒキコモリを更正させる施設という触れ込みで戸塚ヨットスクールがあったんだけど、その教育法は体罰マンセーなスパルタ教育。で、それがエスカレートして死者が出てしまって問題になっちゃったんだよ。

今じゃ過保護なバカ親が沢山いるからこんな事したら通報一本即逮捕なんだろうけど、昔、少なくとも俺が学校行ってる頃までは学校内での体罰とか言わば当たり前だったからねぇ。誰かが掃除をサボっただけで折り畳み椅子のパイプの所でクラスの男子全員、連帯責任で頭を殴打されたりしたもん。他にもいろいろあったな。

でね、今の教育現場って狂ってるじゃん!?教師は安定求めて教師になったバカばっかだし、そうなれば教わる生徒もバカに育つしかない。で、図に乗って調子こく。逆境に極端に弱くて誤魔化す手段はキレる事。最近の子らは簡単にムシャクシャしてすぐに暴発しちゃうからね。そして親も教師も何も出来ないでしょ!?

そんな中で戸塚宏が現場復帰してどこまでやれるのかって見ものだよ。20年前と今とでは違うからね。当時子供だった奴らが親になってるワケだし。
戸塚宏を支援しようとは思わん。だけど昔の手法でガンガンやってみてもらいたいとは思う。今の現場に決定的に足りないのは徹底的に抑え付けるスパルタ教育だろうから。

yamaden_hcc at 15:50コメント(3)トラックバック(1) 

トラックバックURL

トラックバック一覧

1. 体罰は教育と持論展開(戸塚宏ヨットスクール校長)出所  [ ブログで情報収集!Blog-Headline/interest ]   2006年04月29日 18:03
「体罰は教育と持論展開(戸塚宏ヨットスクール校長)刑期終え出所」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。...

コメント一覧

1. Posted by こんな「わん子」ですが^−^   2006年04月29日 16:02
わん子です^−^えっと。。。ブログはじめたばかりなんでいろいろみんな教えてください(゜゜)(。。)ペコリ一応メッセとスカイプを持ってます☆彡
2. Posted by ぽん。   2006年05月01日 15:45
ふっふ。
さいきん調べたばっかりなので知っています!
むしろなんてタイムリー!

この時代にあえてまたヨットで復活してほしいもんです。
3. Posted by 典葉文太   2009年01月31日 10:08
生徒が思い通りにならないと、女子だろうと鼻血が吹き出ても殴り続け、管理主義・全体主義教育を正義と言い張る教師が担任だった。その教師の口癖
「お前らの為にやってんだよ」

ある日、勇気を出して聞いてみた。
「なぜ為になると分かるのですか」
「俺や仲間がそうだったからだよ」
「先生や仲間の言う"為になる"が、なぜ皆に当てはまると分かるのですか」
「ならお前、社会に出て礼儀知らなくて困っても良いのかよ!あ?」
「礼儀を知らなくて困るかも知れない位なら殴られた方が良いとは思いません。そもそも、なぜ殴らないと礼儀の勉強が出来ないのですか」

こんな話をしていたら突然殴られ「舐めたこと言いやがって」「ガキのくせに」「殺すぞてめえ!」「普通にやるぞコラ!」と威嚇と脅迫を繰り返し「お前らもやれ」と集団リンチを命令し、鼻が曲がり前歯が6本折れるまで同級生から殴られ続けた。

さすがに当時でも問題になり、その教師は隣町の学校に飛ばされたが、一言も謝罪は無し。当然、感謝など一度もした事は無く、あの教師を永遠に憎んでいる。

経験者としての結論は「こうなるかも知れない位なら、こうする方が本人の為になる」と言う「自分」の価値観や「自分」のした事の責任を「本人」に押し付けておいて正義面するのは偽善であり、偽善の仮面が剥がされそうになると暴力・脅迫・威嚇で押し切る、と言うやり方を受けた事から体罰に断固反対。

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
livedoor プロフィール

ヤマダ電池

Recent Comments
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ