kaeru2_sこんばんは、管理人のゴゴです。
魔女っ娘といえば愛や正義のために戦うかわいい女の子ですが、ホラー的にはやはりこれです。

第20回古賀新一先生の『エコエコアザラク』です。
エコエコアザラク 14 (少年チャンピオン・コミックス)
エコエコアザラク 14 (少年チャンピオン・コミックス) [コミック]

2018年3月1日、古賀新一先生はご逝去なされました。

以前、一度だけ幸運にも知人を通してご自宅でお話が聞ける機会がありました。

まだまだ新しいものを描いていきたいんだとおっしゃっていた時、年相応に痩せこけた顔の瞳だけが、夢見る少年のように爛々と輝いていたことを、きっと先生の著作に触れるたびにいつまでも思い返すと思います。

いちファンとして、謹んでお悔やみ申し上げます。

2018年年 3月追記


020_2_001

satiko_001これ、知ってますけど実際読んだことはないんですよね。
エコエコアザラクって呪文を唱えるやつですよね。

kaeru2_sエコエコアザラク エコエコザメラクね。バスク語「11月に馬を殺しあなたに送ろう」とか「火よ燃えよ栄えあるように」という意味があるらしい。ちょっと正確にはわからないけど。

satiko_akire3_001バスク語って聞いたことないですよ。フランスとスペインの間にあるバスク地方の言葉とのことですけど…難しい。

kaeru2_sゴゴも黒魔術系は詳しくないんで正直よく知りません。特別な魔法の呪文というよりは「魔法力を上げるための詠唱(チャント)」らしいね。古賀先生、奥が深いぜ。

satiko_001で、その表題にもなっている『エコエコアザラク』ですが、1975年から1979年まで秋田書店「週刊少年チャンピオン」に連載された作品です。

kaeru2_s作者は古賀新一先生。ひばり書房の貸本漫画でデビューして50年以上怪奇漫画の道をひた走る大先生です。今回は『エコエコアザラク』からヒロイン黒井ミサの魅力をたっぷりとお伝えしたいと思います。

satiko_nayamu_001なんだかいつにもまして興奮してますね。そんなに好きなんですか?


kaeru2_s好き。大好き。君の制服も幽霊少女というよりは黒井ミサだからね


satiko_ee-_001そ、そんな意図が・・・。確かに、連載終了後は続編『魔女黒井ミサ』『魔女黒井ミサⅡ』『エコエコアザラクⅡ』 さらには雑誌の40周年記念で2009年に読切が掲載されてます。世間的にも人気みたいですね。

kaeru2_s何度となく映像化もされています。ホラー映画は美少女アイドルや女優の登竜門です。試みに歴代女優を並べてみたよ! 誰得? 俺得!

歴代黒井ミサ
初代吉野公佳さん 菅野美穂さんとダブル主演 映画『エコエコアザラク-WIZARD OF DARKNESS-』『エコエコアザラクⅡ-BIRTH OF THE WIZARD』
e_yoshino
2代目佐伯日菜子さん 佐伯さんこそ黒井ミサとの声多し 映画『エコエコアザラクⅢ-MISA THE DARK ANGEL-』ドラマ『エコエコアザラク』
e_saeki
3代目加藤夏樹さん 古賀先生お気に入り 映画『EKO EKO AZARAK エコエコアザラク』
e_katou
4代目上野なつひさん 制服が異なる ドラマ『エコエコアザラク ~眼~』
d_ueno
5代目近野成美さん 元おはガール 映画
『エコエコアザラクR-page』 『エコエコアザラクB-page』
e_konno
6代目前田希美さん 白魔女のほうが似合いそう 映画『エコエコアザラク ‐黒井ミサ・ファーストエピソード-』

e_maeda

satiko_eeltu_001ちょ、ちょちょページ使いすぎですよ!! 今回はなんか暴走してませんか、いつもならそろそろ終わりにする長さぐらいまで来ちゃいましたよ!!

kaeru2_s止めてくれるな! 今回は長すぎるということはない!!   エコエコアザラク エコエコザメラク!! 

satiko_ikari_001魔法力を溜めてないで話を進めてください!

kaeru2_s・・・コホン。『エコエコアザラク』の魅力は黒魔術に関する造詣の深さと、それを操る主人公黒井ミサの魅力につきます。

satiko_nayami_001お話し自体は1話完結のオムニバス形式ですね。ストーリーは勧善懲悪なスタイルが多くて古き良き少年漫画の感じです。古賀先生のホラーシーンは迫力があるなぁ。

kaeru2_s『エコエコアザラク』ではちょっと楳図先生と絵が似てるかもね。どっちがどっちに影響したのかはわかりませんが二人はよく比較の対象になります。「少女フレンド」の楳図先生VS「マーガレット」の古賀先生。

satiko_nayamu_001ん~昔過ぎてすんなりと頭に入ってこないですよ。


kaeru2_sま、ゴゴも現役世代ではないので後々資料で知っただけです。『エコエコアザラク』では、どの話も基本的に事件が起こって黒魔術で解決するというわかりやすい構造です。

satiko_001黒井ミサちゃんは続編では高校生ですけど『エコエコアザラク』では中学生なんですね。黒魔術が得意な女学生なんていうと、なんか陰気で暗い気がしますけど。
 

kaeru2_sそう、最初は割とミステリアスで悪魔的な雰囲気を漂わせてます。ところが単行本3巻目ぐらいから性格が明るくなってきます。

天気が良くてテンションが上がる黒魔女

015

satiko_eeltu_001ふ、普通の女子中学生ですね。

kaeru2_sしかし、ひとたび暴挙を振るう悪に対峙すれば正義の黒魔術を行使する魔女黒井ミサに変貌を遂げるのです!

012005

satiko_nayamu_001この変貌ぶりはすごい。そういえば最新の読切でも「くそっ ガンガー・ラームをぶっ殺すしかないっ」って啖呵切ってました。

kaeru2_sこの二面性もミサちゃんの魅力です。普段は成績優秀・スポーツ万能・男子からは高値の花の美少女です。ヤンデレギャップに似たものがあります。

satiko_001でも、中学生ですから本当に危なっかしいことはしないですよね?

kaeru2_sいや、ガンガンに人を殺します。毎回毎回悪人やいじめっ子をを魔術で殺害し続けます。ミサちゃんが話ごとに転校するのは国家権力からの逃走が主目的です。

satiko_haa_001なんとまぁ・・・。

kaeru2_s

長編漫画というのはだんだん話の矛盾が出てきてしまうものですが、ミサちゃんは割と忘れっぽいのかもしれないという場面もありました。

007

satiko_nayami_001何十人も殺しているのに・・・

kaeru2_sまぁ、『エコエコアザラク』ではだんだん性格が丸くなっていくんだよ。おとなはウソつきではないのです。 まちがいをするだけなのです。

satiko_ikari2_001ゴゴさんがミサちゃんを大好きなのはよくわかりました。ホラー漫画的にはどうなんですか?

kaeru2_sどちらかといえばホラーコメディかホラーギャグといってもいいかもしれない。いや、怖いシーンはさすが古賀先生なんだけど、恐怖よりもこのヒロインの魅力が勝ってきて読み進むほど面白くなってきてしまいます。

satiko_memo_001本編でも後半の方で唐突に「コメディーシリーズ」なんて話もありましたね。ロングヒットの秘訣はやはりキャラクターの魅力にあるのかもしれません。

kaeru2_sあと、お色気シーンね

satiko_akire3_001・・・・・・・・・中学生ですよ、少年誌ですよ。

kaeru2_s「週間少年チャンピオン」に死角はない! ミサちゃんは着やせするのでかなりグラマーです。電車で痴漢にあったり、いじめで男子生徒達の前で素っ裸にひん剥かれたり、偽のアイドルスカウトに騙されてヌード写真を撮影されたりします

003

satiko_ee-_001黒い魔女の威厳がどんどん失われていく気がするんですけど!

kaeru2_s考えようによってはギャップ萌えです。学校の先生にテストの誤採点を修正してくださいと頼んだら、後から直したんじゃないかと疑われてめちゃめちゃショックを受けたりするシーンなんかもかわいいです。

satiko_nayamu_001

ほんと、いつにもまして饒舌ですね。コミックス後半からは学校外のシーンも多くないですか?

kaeru2_s夜は繁華街で易者をやったり、喫茶ミサで働いていたり、叔父さんが経営する黒井医院で看護婦をやったりしてます。中学生なのにいいのかという疑問はもはや愚問です
004

satiko_nayami_001古賀先生も学校という舞台だけでは週刊連載がつらくなっているんじゃないかという気がしますけど、『ブラックジャック』が自分の診療所を飛び出すように町に繰り出すきっかけがいるんですね。

kaeru2_sうん、コミックスは全19巻で文庫版は全10巻だけど、学校が舞台になるのは割りと巻数が若いほうが多いね。後半は結構出歩いてるよ。

satiko_001魔女VS魔女とか黒魔術VS白魔術とか、ライバルや宿敵がいるような安易な対決構造にはなっていないですもんね。週間連載で1話1話作り上げるのは大変そうです。

kaeru2_sコミックス14巻の著者近影でも「最近話の展開で面白くする作品がほとんどなくなってしまった」って嘆いてるからね。ホラーでも『不安の種』みたいに話は主軸でないものもあるけど、ストーリーで読ませる短編はホラーの主流だよ。

satiko_awaremi2_001長ければ長いほど面白いってものでもないですし。


kaeru2_sホラースキーとしては圧巻なのはやはり古賀先生の黒魔術への造詣の深さと真摯な向き合い方でしょうか。各話の呪文や魔術も毎回違っていて、どんな意味があるのか見識が深ければご紹介するところですが、勉強不足で申し訳ない。

satiko_001女の子ばっかり見てないでもっとまじめに作品に取組んでくださいね。


kaeru2_s・・・・・・・・・心からすいません。試し読みはこちらの電子資本RentaかこちらのebookjapanかこちらのYahoo!Books等でどうぞ