先日、ゴミ処理場の存在を知りまして
今回はそちらに畳を捨てにいきました





最初はノコギリで切断しようと思ったのですが、切るのがとても大変ですぐに諦めました

畳6枚、、、
どうすっぺかな、、、

そうだ。
この前ソファを捨てたゴミ処理場に持っていこう

80歳くらいの友人に車を出してもらい
ゴミ処理場へ

これがまたこの人の運転が遅い遅い、、
時速30-40キロしか出してくれません。

そんなストレスを抱えながらも、
まぁ、頼んだのはこちらなので仕方ないです。



巨大なゴミ処理場



いざ中へ



ここのゲートの奥は深さ10メートルの巨大ゴミ箱です


畳は専用の捨てる場所が。
畳は焼却前にザクザクと裁断するそうです



無事、畳をポイして
『車がどれだけ軽くなったか』を計測します。

係の人が
「畳6枚で130キロですね、2600円になります」



畳は1枚20キロ強の計算です

そんなに重かったんだ、、、
まぁ湿気も含んでたので重くなっていたのかなぁ

130キロ軽くなっても
帰りは時速30-40kmで帰りました
遅いって