庄内

2008年09月14日

山形県庄内を舞台とした映画「おくりびと」

山形県庄内平野を舞台とした映画「おくりびと」(滝田洋二郎監督、9月13日公開)がモントリオール映画祭グランプリ受賞し、米アカデミー賞ノミネートのチャンスも得た。日本映画製作者連盟は12日、同賞の外国語映画賞の選考対象の日本代表作品として「おくりびと」を出品すると発表。
今後は世界約60カ国から寄せられた作品とノミネート5本の座を競い合うという。ノミネート作品は来年1月22日に発表され、同2月22日の授賞式で受賞作が決まる。最近では04年に山田洋次監督の、これも山形と関係が深い藤沢周平原作「たそがれ清兵衛」が同様の過程を経て、同賞へのノミネートを果たしている。

あらすじは、楽団の解散でチェロ奏者の夢をあきらめ、故郷の山形に帰ってきた大悟(本木雅弘)は楽団の解散でチェロ奏者の夢をあきらめ、故郷の山形に帰ってきた大悟(本木雅弘)は、ひょんなことから好条件の求人広告を見つけた遺体を棺に納める「納棺師」となった。当初は戸惑っていた大悟だが仕事を通して触れた人間模様や上司の影響を受けながら成長していく姿を描いた感動作。監督には「バッテリー」「壬生義士伝」の滝田洋二郎、そして人気放送作家の小山薫堂が初の映画脚本に挑戦している。
一見近寄りがたい職業といえる納棺師に焦点を当て、重くなりがちなテーマを軽快なタッチでつづっている。キャストには本木雅弘、大悟の妻・美香を演じる広末涼子、飄々とした風貌と深みのある演技で圧倒的な存在感の山崎努、その他に「さよなら、クロ」の余貴美子、「佐賀のがばいばぁちゃん」の吉行和子、「母べえ」の笹野高史など、多彩な演技派俳優、実力派が勢ぞろいした。主演の本木がみせる見事な納棺技術が注目される。
そして名峰・鳥海山を背景に、美しい自然を四季の移ろいとともに叙情的に描き出した映像と、名匠・久石譲が手掛けた音楽が、時に激しく、時にやさしく、チェロの音色で織りなし、感動的である。

公式サイト:http://www.okuribito.jp/
2008年9月13日公開


その他にも山形は映画との繋がりが深い。
監督では、池田敏春監督が山形市出身、「あの空をおぼえてる」(竹野内豊、水野美紀、小池栄子、小日向文世、中嶋朋子、品川祐)の冨樫森監督は鶴岡市出身。また、「庄内映画村」「山形フィルム・コミッション」なども相次ぎ設立され、映画で盛り上がろうという機運が高まっている。
竹中直人監督が「山形スクリーム(YAMAGATA SCRAM)」を撮影したり、藤沢周平原作の時代劇もたくさん映画化されている。ちんみに、映画「ぼくたちと駐在さんの700日戦争」の原作者のママチャリさんは白鷹町出身。
このことからも現在の映画界にとって、山形という土地はなくてはならない存在といっていい。(^^)

yamagatazanmai at 19:07|PermalinkComments(1)TrackBack(3)

2008年08月30日

だだちゃ豆三昧

だだちゃ豆1
山形といえば、だだちゃ豆。だだちゃ豆といえば山形。そういわれるくらい、だだちゃ豆は山形が生んだすぐれたブランドだ。食べたことのある方は分かる筈(笑)。
先日、友人からの差し入れで、だだちゃ豆を食べることができた。やっぱり、あの普通の枝豆とは格段に違う甘さが、食べるほどに口の中に広がっていく。食べると、ついつい止められなくなる。

だだちゃ豆2
だだちゃ豆は、大豆の銘柄の一つで、枝豆用として優れものである。山形県(鶴岡市)を代表する特産品。写真2枚目、3枚目は、だだちゃ豆畑。
特徴として、さやに残る茶色の毛さやの毛が茶色で、くびれも深く、見栄えは必ずしも良くないが、独特の濃厚な風味甘味があり、香りも強い。やや小粒の状態で出荷され、短時間で茹で上がる。

だだちゃ豆3
栽培する土地によっては風味が落ちてしまうことから、生産地が限られている。収穫期も短く、保存も難しかったため、以前はまぼろしの豆と呼ばれたが、近年の輸送手段の向上により全国的に知られるようになった。 品種は小真木・甘露・早生白山・白山・尾浦とあり、特に人気があるのは白山である。

だだちゃ豆4
名称の由来は、江戸時代、庄内藩の殿様が献上された枝豆に対して、「この枝豆は、どごのだだちゃの作った豆だや?」と尋ねたことから、それ以来この枝豆を「だだちゃ豆」と呼ぶようになったという説や、家長である「お父さん」に先ず最初に食べていただくのが正当であるということから呼ぶようになったという説など、諸説があるとのこと。
なお、「だだちゃ」は庄内地方の方言で「おやじ」「お父さん」を意味するが、地元では普段それほど多用される言葉ではなく、どちらかと言えば死語に近い(もちろん意味は通じる)。また本来、だだちゃという言葉は対象とする人を見下すような、軽くあしらうニュアンスも含まれているため、注意が必要。

だだちゃ豆5
生の状態はもちろん、アイスクリームや菓子などの加工品も各種多く開発され、販売されている。従来は生産地が鶴岡市白山(しらやま)集落を中心とした大泉地区に限定されていたが、近年になり山形県酒田市の鳥海山山麓にて、風味を失うことなく栽培することに成功した。ただしこれは例外的で、他の地方で生産すると味が落ちることから、JA鶴岡としてはブランドイメージを維持するため、他地方で生産しただだちゃ豆はだだちゃ豆として販売しない様に要請しているとのこと。

だだちゃ豆6
なお、「だだちゃ豆」は酒田市の納豆メーカーが商標登録していたが、「だだちゃ豆」の名でまったく味の違う類似品が出回る事もあるため、JA鶴岡が平成9年に「だだちゃ豆」の商標使用権を獲得し、ブランドイメージの保護にあたっている。
このことから、いかにだだちゃ豆が大切にされ、愛されているかが分かる。

yamagatazanmai at 10:10|PermalinkComments(0)TrackBack(1)
ご訪問ありがとうございます
あきしば
山形出身ではないですが、縁あって山形が好きになり、勝手に山形を応援しています。
↓↓クリックの応援お願いします。

東北・山形人気ブログランキングへ

にほんブログ村 地域生活ブログ 山形情報へ
訪問者数

山形 蔵王のおみやげ
蔵王おみやげセンター まるしち
山形県 蔵王おみやげセンター まるしち
山形、蔵王のおみやげなら「蔵王おみやげセンターまるしち」にお任せください。「あなたの感じた蔵王を周りの方にも分けてあげませんか?」割引クーポンも用意してございます。
さいしんきじ
うれしいこめんと