2008年05月18日

中国との商品取引が簡単に!

 ソフトバンクとB2B取引サイト運営の中国Alibaba.comは5月15日、Alibabaの日本法人を合弁会社化し、日本国内で共同展開することで合意した。中国など海外企業との取引を検討している国内中堅・中小企業をターゲットに普及を図っていく。

 ソフトバンクは5月末ごろ、Alibaba日本法人「アリババ」の増資に応じ、合弁会社化する。資本金は約10億円で、ソフトバンクが65%、Alibabaグループが35%を出資する。社長は香山誠氏。ソフトバンクの孫正義社長は取締役に就任する。

 B2B取引サイト「Alibaba.com」は1999年にオープンし、中国を中心に利用が拡大。現在は登録ユーザー約3000万、240カ国・地域で利用されている大手サイトに成長した。

 中国製品を仕入れて、商売する。ということが簡単になる。

http://www.alibaba.co.jp/



yamaguch2003 at 06:22|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2008年05月11日

中国国内の聖火リレー

 中国国内の聖火リレーは、チベット暴動鎮圧に抗議して妨害行為が相次いだ海外と異なり、管理された「愛国主義」による祝賀ムード一色の中で展開されているが、マナーの悪さまでは完全に統制できないようだ。

 同紙によると、観衆の中には、鉄柵を曲げて植え込みに入り、草を踏み倒し、沿道の木に登る者が相次いだ。リレー終了後は、辺り一面に、折れた苗木の小枝や、声援を送る際に使った無数の紙製の中国国旗、ゴミなどが散乱。翌日、わずか100メートルの距離で集めたゴミは収集車2台分になったと言う。

 まあ、押して知るべし。マナーという言葉、中国人は知らないのだろう。偽造コピー、著作権侵害、何の臆面もなく当然のようにやってのける。


yamaguch2003 at 06:02|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2008年04月20日

Winnyいい加減にやめたら?おっさんたち。

今なお衰えない「Winny」の悪用による違法コピー問題。何人もの逮捕者が出ているものの、今日もWinnyネットワーク上では、膨大な数の違法ファイルがやり取りされ続けている。

この状況を受け、警視庁の「総合セキュリティ対策会議」は今年3月、著作権団体やプロバイダーら関係団体による対策協議会の発足を要請した。悪質な常習ユーザーに対しては、ネット接続を停止させるなどの強硬な対応も検討されているという。

警察は、Winnyの“フリ”をする監視プログラムを24時間フル稼働させて、Winny上に流通しているファイルの名前とユーザーPCの状況をすべて記録している。これによって、違法ファイルを公開しているPCのIPアドレスが検出できる。原理的にはIPが分かれば、プロバイダーに照会してユーザーの特定が可能なことは、当然だ。

 しかし、一番問題を起こしてるのは、警察や官庁じやないの?

 こまった、ガキどもだ。



yamaguch2003 at 07:19|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2008年04月13日

サブプライム決算

 サブプライムだけに、サブい決算になりそうだ、中途半端な企業は倒産も。

○中国の国有商業銀行である中国建設銀行が11日発表した2007年12月期決算は純利益が691億元(約1兆円)と前の期に比べて約49%増加した。同期末の米国の信用力の低い個人向け住宅融資(サブプライムローン)関連の金融商品への投資額は10億ドル(約1000億円)で、6億3000万ドルの引当損失を計上した。

○みずほフィナンシャルグループ(FG)は11日、2008年3月期の連結業績予想を下方修正し、最終利益が従来予想を1700億円下回る3100億円になる見込みだと発表した。米国のサブプライム(高金利型)住宅ローン関連の損失が、傘下のみずほ証券などで計5650億円に拡大したため。同期の業績下方修正は3度目。
 サブプライム関連損失は従来の予想の3950億円から大幅に増える。損失のうちみずほ証券が4470億円を占め、08年3月期は4200億円の最終赤字となる。みずほコーポレート銀行でも1200億円弱の損失が発生した。

○T&Dホールディングスは11日、08年3月期決算で271億円の有価証券評価損を計上すると発表した。サブプライムローン問題に端を発した世界的な金融市場の混乱で、保有する株式などの価格が下落した。

 評価損の内訳は、国内株式が約210億円、外国株式が約30億円、投資信託が約30億円。サブプライムローンに直接関連する損失はないという。08年3月期の最終(当期)利益の見通しは370億円から変更しなかったが、業績修正が必要な場合は別途発表する。


○九州・山口の地方銀行もメガバンク同様、保有有価証券の減損処理を迫られている。宮崎銀行(宮崎市)は11日、2008年3月期連結純利益が昨年11月時点の計画を53.5%下回る16億5000万円に業績予想を下方修正した。一方、山口フィナンシャルグループ(FG、山口県下関市)は同日、有価証券の評価損を発表したが、「業績修正の予定はない」という。各地銀の“痛手”は、株式や債券の運用内容によって差が出ている。

 全国の各地銀は、保有有価証券の時価が3月末に確定したのを受け、今月に入り、有価証券の評価損を相次いで公表している。九州・山口の地銀グループによる業績予想の修正は、宮崎銀がふくおかフィナンシャルグループ(福岡市)に続いて2行・グループ目になる。

 宮崎銀は、サブプライム住宅ローンの証券化商品は直接保有していなかったものの、同ローンを一部含んだ関連商品を持っていた。同期末で有価証券の評価損は約80億円に上るが、このうち関連商品分は約10億円。経常利益予想についても、計画より38.6%減の43億円に見直した。

 山口FGは、傘下行が保有する株式中心に約61億円の評価損を発表。ただ「予想を修正するほど変動は大きくなかった」(主計部)という。

yamaguch2003 at 07:26|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2008年03月22日

MSとオンキヨー、包括的クロスライセンス契約

 米Microsoftとオンキヨーは3月20日、包括的な特許クロスライセンス契約を結んだと発表した。

 契約内容の詳細は非公開だが、MSは「AV機器やPC、ホームシアターシステムなどで技術革新が加速する」としている。

 また、オンキヨーがMS製品の技術ガイダンスを利用できる「Windows Rallyプログラム」も契約した。


 また、オンキヨーは3月19日、子会社のソーテックを9月1日付けで吸収合併すると発表した。経営資源の統合と意志決定の迅速化を進め、オンキヨーのAV技術、ソーテックのPC企画開発力を活用した製品開発を加速する。
オンキヨーの株価チャートオンキヨーの株価チャート(1年:縦軸の単位は円)ソーテックの株価チャートソーテックの株価チャート(1年:縦軸の単位は1000円)

 まず7月22日付けで、株式交換方式でソーテックを完全子会社化。その上で9月1日付けでソーテックを吸収合併し、ソーテックは解散する。ソーテックは7月15日で大証ヘラクレスの上場を廃止する予定。

 いったん完全子会社化するのは「役職員の意識変革や組織・拠点統合などで関係を強化し、合併準備を進めるため」としている。

 オーディオ専業からの脱却を図っていたオンキヨーは昨年8月、経営不振のソーテックと資本・業務提携して子会社化。その後BTO生産を鳥取オンキヨーに移管するなど経営改革を進め、ソーテックは07年10〜12月期に営業黒字化。オンキヨーの営業拠点をソーテックも活用するほか、オンキヨーの戦略製品であるAV重視PCはソーテックが販売を担当するなど、協業を進めてきた。

 合併で今後は一体化し、AVとPCを融合した製品開発の加速や人的資源の統合による販売力強化、物流の統合などによるコスト削減効果などを見込む。

 ソーテックは1984年設立。90年代後半に低価格なPCとインターネット直販モデルを打ち出して成長していたが、近年は最終赤字が続いていた。

yamaguch2003 at 06:57|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2008年03月20日

D-snap

パナソニックは3月18日、SDオーディオプレーヤー“D-snap”シリーズの新製品として、長時間再生が可能な「SV-SD870N」を発表した。ホワイト、ブラック、レッド、シルバー、ブルーの5色をそろえ、4月18日に発売する予定だ。価格はオープンプライスだが、店頭では2万円前後になる見込み。 「騒音キラー」こと「SV-SD850N」の後継機。付属のカナル型イヤフォンとノイズキャンセリング機能により、電車などでは騒音を83%カットし、音量を上げずに音楽を楽しめる。また周囲の音も聞けるモニターモードを使用すれば、電車内のアナウンスなども聞き逃さないという。

 バッテリーにはリチウムイオン充電池を採用。前述の通り約100時間の連続再生が可能になった。ただし、この数字はノイズキャンセル機能オフの数字で、オンにした場合は連続約60時間となる。

 再生可能なフォーマットはAAC/WMA/MP3。付属の2GバイトSDカードでは、高音質モード(128kbps)で約510曲、標準モード(96kbps)では約680曲、長時間モード(64kbps)なら約999曲を記録できる。

 D-snapシリーズの特徴であるPCレスのリッピングも進化した。同時発表の「D-dock」(SC-PM870SD/PM670SD)とドッキングした場合、SDカードを抜き差しすることなく、CDからD-snap内のSDカードへ直接録音できる。また従来機同様、D-dockの内蔵 HDDからの高速転送やD-snapの充電、再生も可能だ。このほか、別売の録音用ケーブル(RP-WA100)を用い、ポータブルMD/CDなどから直接録音する機能も備えている。

 外形寸法は35(幅)×91.3(高さ)×12.3(奥行き)ミリ。重量は約40グラム。パッケージには2GバイトのSDカードのほか、3サイズのイヤーピース、D-snap portアジャスタ、Windows用の「SD-Jukebox Ver.6.9LE」のCD-ROMなどが付属する。

しかし、いまどきMP3で、2万円とは、高すぎるんじゃないの?


yamaguch2003 at 21:16|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!