映画間奏快

2013年05月15日

DVD・「最高の人生のはじめ方」で洗われた心

いいな!こんな映画も・・・
垢がついたオヤジの心が洗われるお話。
洗われ過ぎて、昔の汚れまで出てきてしまうほど・・・。

人間の持つ「想像力」!

書くことを止めて生きることの気力さえうしなっていた小説家が、
3人の姉妹とその母親と接するうちに
また、新しい扉を開いていく。

もう
少女たちの複雑な心の揺れと
そこにかかわる大人たちの心情が
淡々と描かれている分
オヤジの心を強くゆすってきた。

想像力。

人間が持つ最高の力。
揺れた。

yamaguchikunblog at 00:08|Permalinkclip!

2012年10月03日

DVD「アーティスト」おすすめ

さすがに
アカデミー賞をとった作品だ。

無声映画のスターがトーキー映画の登場の中
過去へと追いやられていく・・・
その背景を
無声映画の作りで描く
よくもこんな作品を作ろうなんて考えたものだし・・・
映画会社もOKを出したもんだよ・・・。

さすがに広いなアメリカの発想力は。

子犬が名演

これは静かに楽しめて
心が穏やかにさせてくれる映画。

静かに流れる音楽の中・・・

心で見る映画。

yamaguchikunblog at 00:20|Permalinkclip!

2012年09月21日

DVD「聯合艦隊司令官 山本五十六」二度見

静かに見た。

今、東シナ海が騒々しい時期に
TSUTAYAで借りてきたDVD

聯合艦隊司令長官 山本五十六

山本五十六があの戦争を・・・というか
戦争自体をどう見ていたか?

それを知るだけでも
今、日本人が考えるべきことが
見えるはず。

人間の命は地球よりも重い・・・なんてことを口にするが
そんな言葉も空しくさせるのが戦争というもの。
だから戦争は恐ろしいのだが・・・。

戦争映画を見て
心を静かにしたのは
オヤジ初めて。

役者が揃い
シッカリと表現されたものは
静かに心にしみてくる。


yamaguchikunblog at 00:55|Permalinkclip!

2012年09月20日

DVD「贖罪」をがん見

小泉今日子主演の「贖罪」

「告白」の湊かなえ原作をWOWOWがドラマ化
人間が持つダークな部分をえぐるえぐる・・・鷲づかみにしてえぐる。

夜中の3時ころまで見ていたら・・
いつの間にやらブログ書くことなく寝てしまった昨夜。

残暑厳しい夜中に
ゾー

何かオヤジのアンテナに刺激を与えてくれる
ものはないか・・・まだ、迷走中。

yamaguchikunblog at 09:44|Permalinkclip!

2012年09月15日

映画「踊る大捜査線・FINAL」見届けたぞ

見た。
見届けた。
映画「踊る大捜査線・FINAL」を・・・

体調も徐々に回復してきたM子さんと二人で
超久しぶりの映画館へ・・・。

M子さんが元気になるために・・・。

何か月ぶり?

改めて
50歳を過ぎた映画割引が利く身であることを
自覚させられたピカデリー!!

そして
再確認できた。

映画「踊る大捜査線」の1と2が面白かったのは・・・
テレビから続いた配役のバランスの素晴らしさだったことが・・・
今回のFINALを見てハッキリわかった。

いかりやさんが抜けただけで
踊るのバランスが崩れてしまったのだ・・・。

そして
青島と室井
青島とすみれ
青島と上司
それぞれの関係性のバランスが
ズレてしまった感じがしたのが「踊る3」から・・・。

達者なスリーアミーゴズの皆さんが
脇に来てしまいすぎて・・・面白みが半減。

そして、
中心をなす配役がそれぞれ力のある方が演技をしてくれていたので
大きな笑いを作る前の
ギャグの部分でもシッカリと笑いが取れていた1と2.

その部分を担うべき今回の配役が
その力を発揮できていないために
ギャグの部分がスベリ気味で
結果的には大きな落ち前に間延びしてしまった感じ。

脚本の狙いをそれ以上に昇華して
観客を感動させてくれるのは
俳優の力。

そのバランスが
3と4は悪かった。

改めて俳優の力って凄いと思うし
だからいい俳優をいい配置で使って欲しかった感が否めない
オヤジでした。
だからと言って今回のFINALを楽しめなかったかというと
そんなことはなかった!!

つまり
期待がオヤジの中で
勝手に大きくなり過ぎていただけなのかも・・・。

そして今夜・・・
DVD「わが母の記」を見る。
井上靖・原作を映画化した作品

役所広司さんと樹木希林さんの演技力に
心揺さぶられる作品。
脇を固めた俳優の皆さんも
羨ましいほどの演技力で
オヤジの涙腺を刺激し
何気ない会話に思わず笑ってしまった。

俳優って凄いな。



yamaguchikunblog at 23:30|Permalinkclip!

2011年05月08日

DVD一気見日

SP野望篇
沈黙の復習
アンストッパプル
バーレスク

4本を一気に見た。
SPは、
テレビドラマの映画化。
岡田准一くんが微妙な超能力を持った
SPに・・・。
ツカミの部分、タクシーに乗れずに
東京のど真ん中を警護しながら
逃げ回る展開には・・・かなりの無理を感じてしまったオヤジ。

リアリティーの部分が
薄れると全てが薄味なドラマになって
しまう。

二部作になっているので
この野望篇だけでは・・・
これは、映画館で見るしかないか。
現在、大ヒットロングラン上映中・・・らしい。

沈黙の復習はとてつもなく強い
オヤジ、スティーブン・セガール主演作。

沈黙シリーズの第何弾だ?

とにかくアクション満載で
国際麻薬捜査のセガールが
最後には、
麻薬製造の胴元と手を組んで
共通の敵を倒してエンド。
相変わらず、アクション以上に
凄い展開で送る沈黙シリーズ。

アンストッパブルはジンゼル・ワシントン主演の
実話に基づいた話らしい。
前半の伏線部分から
暴走貨物列車が走り出したら・・・
もう目が離せない。
スリリングな展開にベテラン機関士と若い車掌という
定番が話の中心になっているだけに見やすい。
人間ドラマと迫力ある
スリリングなシーンが連続する後半では
時間を忘れて観ていた。

バーレスクは
今までのミュージカル映画というのとは
若干違い、
クラブ・バーレスクで繰り広げられる
ショーを観客としてみている感じ。

パンチのあるアギレラの歌に圧倒され
シェールの衰えない歌声に魅了されるだけで
十分満足できる映画。
話も分かりやすいのでオヤジのベタな頭に
ぴったり。
アメリカショービジネスの世界のパワーに
見終わってグッタリ。



yamaguchikunblog at 01:53|Permalinkclip!

2011年04月10日

今週オヤジすすめDVD

イーサンホーク主演の
「クロッシング」

ニコラスケイジ主演の
「キックアス」

クロッシングでそれぞれの正義感が
深い闇をともない
破滅へと向かう現実を見せ付けられたら
キックアスは、
誰でもヒーローになれる・・・夢を
持つことと現実のギャップをシニカルに描いてくれている。

色々な角度から
面白い作品2つ。

それから
ついについについに
待望のグレイスアナトミー
新シーズンがレンタル開始!!!!
必見!!

青春群像ドラマの傑作と
オヤジが勝手に激賞。

実に念入りに計算し尽くされた
細かいセリフの一言まで・・・
感動もの。
軽妙かつドラマチックな展開は
それぞれ魅力的な出演者を輝かせている。
泣けて笑えて考えさせられて・・・
満載!!!



yamaguchikunblog at 11:48|Permalinkclip!

2011年01月17日

オヤジ的ドラマ「冬のサクラ」感想記

草なぎ君主演の
ドラマ「冬のサクラ」を
M子さんに付き合って見た。

初回ということで
実に無難な展開にしてあるという感想。

設定上、最初にやたら警察官に
草なぎ君の個人情報をしゃべらせ過ぎの感はあったが・・・。
個人情報保護法の現在では
少し気になったかな。

しかし、今回もそうだが・・・
草なぎ君の
マイナスイオン満載の空気のような演技が
実に気持ちいい。
日曜日の夜には
心が休まる芝居がありがたい。

今井美樹さんの自然な演技も
見ているこちらの心にスーと入り込んでくる。

ただ、今井さんの夫である
高嶋政伸さんの演技がいくら役柄とはいえ
少しこのドラマの内容から行くと
表現が過剰に思えたオヤジ。

何かサイコスリラー的な演技は
このドラマでは必要ないのでは?

他と同じで
自然に役柄をこなせば
必然的に怖い空気が漂うはずだが・・・。

ラブストーリーの王道を
行く覚悟さえあれば・・・
意外に魅入られそうな初回感想。

yamaguchikunblog at 01:36|Permalinkclip!

2011年01月12日

小栗旬監督作品DVD「シュアリー・サムデイ」

DVDを借りてきた。
M子さんがファンの小栗旬くんの監督作品
「シュアリー・サムデイ」

正直、オヤジもM子さんも
期待はしていませんでした。

役者である
小栗旬くんの初監督作品だから
とりあえず見ておこう・・・ぐらいのノリだった
オヤジ+M子さん。

そして・・・感想から言うと
「面白かった・・・こういう作品好き」とM子さん。
「実に伏線のはり方が細かく、役者の目からのカット割りや
顔のアップの取り方など、小栗監督の目が凄い」とオヤジの感想。

実に入り組んだ展開を
丁寧につなぎ合わせている作品。

若者らしさと
演劇で鍛えた表現力を
映像に凝縮させながら
ほどよく遊び心を混じえた
心憎い演出。

やるね・・・小栗旬くん・・・
いくつ『持っている男』なんだ!?

yamaguchikunblog at 00:59|Permalinkclip!

2010年12月24日

DVD空振り空振り2連発

本日
TSUTAYAがDVD貸出し150円ということで
何を見たいかという意識が希薄なままに・・・
借りたはいいが・・・

何のDVDとは言わないが(好みは人ぞれぞれ)・・・
2本見たが・・・外れ・ハズレ・・・でこの時間。

キツイね・・・面白くないもの見たときは・・・。

なぜ面白くないのか?
そこを考えれば
参考にはなるが・・・。

ああ、きつかったな・・・

yamaguchikunblog at 02:47|Permalinkclip!