2021年09月07日

秋を感じさせる毎日が続いていますね。

小1の娘と「早く次の夏が来るといいよね〜」と

気の早いことを言い合っている

夏好き親子の母、副院長の山口です。



我が家では今、夏の花「あさがお」が

見頃を迎えています。

この春、小学校を卒業した息子が当時の1年生から

卒業祝いのメッセージと共に、沢山のあさがおの種を

プレゼントされました。

我が家で6つのプランターにその種をまき

今、沢山の花を咲かせているのです。

DSC_0908


プレゼントされた種からは赤紫のあさがおが、

そして小1の娘が学校で育て、夏休みに持ち帰った

あさがおの植木鉢からは青紫のあさがおが、

それぞれの綺麗な色合いを見せてくれています。

最近の私の朝一番の習慣は、カーテンを開け、

このあさがおを見ることです。

「今日はどれくらい咲いてるかな

とちょっとした楽しみになっています。

いろいろな制限ある毎日の中で

少しでも気持ちを明るくしてくれる

こういった「プチ幸せ」は貴重です。

皆さんも日常の中のプチ幸せで

気持ちをあげて

コロナ禍を乗り切っていきましょう



さて、久々のブログとなりましたが

本日、患者様のS様に「ブログチェックしてますよ」

と言われ、おサボりな有様に冷や汗かきました

歯磨き同様、習慣化が大事ですね

S様のように歯医者嫌いの方が当院を気に掛けて

くださっていることも、当院の幸せです

(これは“プチ”とは言えない、大きな幸せですっ)

それを励みに診療頑張ります










yamaguchishikayamaguchishika at 22:09│コメント(1)

2021年04月01日

4月1日 新年度になりました。

6歳違いの2人の子達のW入学を控え、例年以上に

新年度を実感している副院長の山口です。



春は出会いと別れの季節です。

いわゆる『転勤族』と言われる、お引越しの多い

ご家庭の方々が多く住まわれる宇都宮駅東エリアに

ある当院は、この季節は毎年必ずお別れすることになる

患者様方がいらっしゃいます。

歯科治療を介してだけのお付き合いとはいえ、

生活習慣などのお話から治療を進めて行く中で

突然お引越しと伺うと、寂しく感じてしまう…

これこそ人情というものなのでしょうか。

当院スタッフも患者様のお人柄に触れ

診療のエネルギーをいただくことが多いです。

私共もただ痛いことをするだけの悪者ではなく

人の子なんですよ



さて、もう昨年のことになってしまうのですが、

主に定期検診で通院していただいている患者様に

『笑い文字』の絵手紙をいただき、スタッフ皆

大変喜んでおります。
DSC_0732~2

その笑い文字は目にした途端、

気持ちをほっこりさせてくれる

幸せの便りで、コロナ禍で

ピリピリした私共の心を

あっという間に癒やして

くれました。

そんな素敵な作品をスタッフ全員一人一人に

くださったG様は、日常的に街中でも笑い文字を

差し上げているそうです。
DSC_0733



DSC_0734










バスの中で出会った妊婦さんに『安産祈願』の

笑い文字を、

また親切にしてくださった店員さんに

『ありがとう』の笑い文字を…

私は見ず知らずの方にまで幸せを

おすそ分けされる

G様の広いお心に感動致しました。

私もそんな生き方が出来たらいいのに…

診療の、そして生きるエネルギーを

くださったG様、本当にありがとうございます

また日々の診療に励もうと思います。



GWを過ぎたあたりから、宇都宮に引っ越していらした

方々が、新規の患者様としていらっしゃることが

多くなります。

今年はどんな新たな出会いがあるのでしょうか。

お相手が変わっても、人と人とのお付き合いを

大切にすることは変わらない医院であり続けたい

と改めて思う令和3年の春なのでした。











yamaguchishikayamaguchishika at 01:21│コメント(0)

2020年03月09日

大変ご無沙汰しております

副院長の山口です。



新型コロナウイルスの感染拡大により

世の中全体が暗くなりがちな毎日ですが

「病は気から」とも言いますように

精神状態の身体への影響は、医学的にも

証明されています。

何とか気持ちを前向きにし、免疫力を上げ

ウイルスに負けないように過ごしたいものです。

因みに最近の私個人の気持ちな出来事は

公園で早咲きの桜を見付けたことです。

20200301_141517_Burst01

やはり桜は気持ちがアガります



そしてやまぐち歯科醫院の気持ちな出来事は

トチペ3月号の「宮めぐり 東宿郷周辺 編」に

掲載していただいていることです。


20200304_162512
近々「web版 宮めぐり」もアップされる予定ですので

どちらもお時間がありましたらご覧いただけると

幸いです。





yamaguchishikayamaguchishika at 22:21│コメント(0)

2018年11月17日

ご無沙汰しております。

副院長の山口です。



子供がお世話になっている保育園にて

歯に関する講演会をさせていただきました。

演題はブログタイトルの通りで

お子さんに虫歯のない白い歯をプレゼント

するためのコツについての内容でした。

今回の企画の当初、私としては個人指導レベルの

ご協力のつもりでおりましたが

保育園の場所をお借りするであろうことを考え

「保育園の先生方のご都合にあった形で

ご協力します。」

と申し上げたところ、数日後…

「講演会をお願いします」

と私の予想外のご返答

しかし「ご都合にあった形で…」という

自分の言葉に後悔しつつ

大役を仰せつかりました

講演会の予定時間は30~40分とのことでしたが

自分が伝えたいことをまとめてみると

そのボリュームは1時間超え…

20181110_231412

人前で話すことを嫌がりつつも

伝えたい思いは沢山ありました

その後、何とか予定時間内のボリュームにまとめ

迎えた本番の日…緊張のあまり朝食が

のどを通りませんでした

最近は虫歯のない園児が増え

保護者の方の予防歯科の意識が高いと

園長先生より伺っていたのですが

それを実感できる、私の予想を上回る

多くの方々にご参加いただきました。

皆さんが仕事に子育てにお忙しいのは

重々承知していたつもりでしたので、本当なら

「この時間、家でのんびりしましょー

くらい申し上げたかったのですが

皆さんの子育てのお役に立てればと

私なりに頑張ったつもりです。

講演内容が、予防の意識が高い保護者の方々の

ご要望に添うものだったのか、

不安はありましたが

今回の経験は私にとって大変勉強になりました。

親御さん目線での予防歯科を改めて考えたり

歯科の話を伝える難しさと楽しさ

子供の健康、安全を守る保育園の先生方の姿勢

全てが明日からの自分の診療の

参考になりました。

保育園の園長先生はじめ

ご協力いただいた先生方、

そして保護者の方々に感謝申し上げます。



日常の診療に戻り、小学生のうちの息子と

同じ年頃のお子さんの永久歯の治療の

予定がいくつかありました。

生えてから数年しか経っていないはずの

永久歯を削らなければならないときは、

臨床経験20年目になった今でも

心が痛みます。

同業者は皆、同じことを思うようです。

やはり、全く削られていない天然の歯の美しさを

知っているからだと思います。

これからも微力ながら予防歯科の重要性を

伝えていけたらと思います。

















yamaguchishikayamaguchishika at 08:04│コメント(0)

2018年05月19日

5月のある朝、我が家はテレビの前で大騒ぎ。

娘が収録に参加した「おかあさんといっしょ」の

放送日のことです。

画面に大きく映っては「キャー!」

画面の隅に顔の一部が映っても「キャー!」

親バカ丸出しで盛り上がりました

そんな娘の収録日は東京に桜が咲いた頃

のことです。

NHKのある渋谷の駅前にも桜が綺麗に

咲いていて

通り行く人々がスマホで桜を「パシャ」 

負けじと私も桜をバックに娘を「パシャ
渋谷駅前の桜



ご機嫌な笑顔を

見せてくれた娘

でしたが、

私は収録を前に少しだけ

不安がありました。




6年前に収録に参加した息子は

いつもテレビの前でよしお兄さんの体操を

張り切ってやっていましたが

娘はテレビを見てるだけ…

他の番組の体操やダンスはやるのに

「おかあさんといっしょ」だけやらない…

「スタジオのスタッフの方々の

盛り上げに甘えよう」

と6年前の収録の様子を思い出しながら

NHK へ向かいました。

NHK内の控え室へ入ると、既に多くの親子の列。

スタッフの方による説明

そして出演者のお兄さん、お姉さん方のご登場で

子供たちのテンションは上がっていき

お兄さん、お姉さん方に引率されながら

収録スタジオへ向かうときには

皆笑顔になっていました。

短いリハーサルの後、いよいよ本番!

娘はというと…バリバリ体操やってました

さすが「おかあさんといっしょマジック!」

6年前と変わらずスタッフの方々の

子供たちに楽しんで欲しいという思いが

スタジオ内の良い雰囲気になっているんだな

と思いました。

画面に映ってないところでも皆さん一生懸命

子供と接している様子に

長く続く番組の素晴らしさを感じました。

そして楽しい収録はあっという間に終わり

スタジオでお兄さん、お姉さんにさよならした後

娘と手を繋ぎながらNHKの入口まで歩いていると

娘は飛びきりの笑顔で「楽しかった!」

と言ってくれました。

収録を終えて満足のポーズ!
NHK前
















収録参加記念に素敵なお土産もいただきました。
記念品



勿体なくて使えません




渋谷駅へ向かう帰り道、娘が

「ピンクの石!」

と指差した街路樹の根本に

渋谷駅前で見た桜と同じ色の小石がありました。

娘がいたから渋谷の雑踏の中でも気付くことが

出来たのだと思いました。

良い思い出が出来た1日に

そして日々新たな経験をさせてくれる

子供たちに感謝です。




副院長 山口

 










yamaguchishikayamaguchishika at 18:12│コメント(0)