丹波篠山市河原町通りの中に「丹波古陶館」がある。名前は夙に聞こえていたのだ

が、訪れる機会はなかった。今回は図らずも来ることが出来た。

 当然ながら丹波焼きの壷がたくさん並ぶ。古くは平安時代のものから鎌倉・室町と続

く。鎌倉以降は肩のところに釉がしっかり載っている。焼成中の灰が自然にかかったと

いうよりも、意図的にたっぷりと灰を載せて焼いたように見える。しかも大半の壷で釉

が今なお輝いている。つい本当に数百年前のものかと思案してしまう。

 江戸期に入ると「赤土部釉」が現れる。実物展示は少ないが、赤い肌色が何ともなま

めいている。「山椒壷」がある。円筒・六角筒などいろいろ。がっしりとして自然釉

がかかり見所多し。この前後から茶道具も作られるようになる、水指・花入れなど。

 ところが江戸時代も後期になると近江の湖東焼のように、ここでも磁器の制作が始

まる、「王地山焼」という。やはりや焼物の中でも高級品を作りたくなるのであろ

う。染付、青磁、赤絵などだが、やはり無理があったか短期間で終わる。

 一方磁器とまで行かなくとも、手軽で多様な焼物がつくられていく。「色絵薊文蝋

燭徳利」がある。乳白色の化粧土を被せた上に、鮮やかな手で薊が描かれている。

 ただ今日では、茶道具の生産に集約されているようである。かってはよく見られた

丹波鉢もほとんど見かけなくなって残念である。

 丹波古陶館の直ぐ近くに「能楽資料館」がある。能楽は武家の式楽として盛んに行

われたが、その伝統がこの地に息づいているようである。篠山には春日神社能楽殿が

あり、毎年能会が催されるという。

 この資料館は丹波古陶館の二代目館長によって創設されたもので、多くの能面、楽

器、装束などが蔵されている。

 篠山からの帰途は高速道をを使う。少し遠回りになるが時間的には随分と早かっ

た。