このところの急激な温度上昇で桜草の芽が動き始めている。しかし例年とその様子が違う。今までな

ら、寒さを窺うように土の中から小さな「もみじ葉」をそっと覗かせる。そしてよしとなって初めて葉を

繰り出した。ところが今回はいきなり葉が伸びて来ているのである。このままだと寒さがぶり返したと

き、葉先がやられそうである。こればかりは天の配剤、如何ともし難いか。

 今日の植替で、我家の東側・南側の鉢を終える。昨年と較べ鉢が20ほど余ってきた。暑さで作落ちした

ものが幾つも出たせいである。これからいよいよ北側の大舞台をのこすのみ。