昼から堺で桜草の役員会があるので、早めに家を出て天王寺で途中下車して美術館へ。

  特別展

    『再発見! 大 阪 の 至 宝 』
         ーコレクターが愛したたからものー

DSCF2955DSCF2956

 これは、大阪市にある美術館・博物館の主なコレクションと大阪を発祥とする私立美術館の代表作を一堂に展覧する名作展である。
 中心は勿論大阪市立美術館なので、他の美術館の作品は顔見世のマネキのようなものか。
 面白いのは、展示は主題にもとずいて美術館を横断的になされている。

[第一章 中国・韓国美術へのあこがれ]
DSCF2957

 〈阿部コレクションから〉
  「明妃出塞図」…名高い大阪市立美術館の至宝中の至宝。何度も拝見している
       が、今回はケース越しながら眼の下30センチばかりに絵がある。ま
       ことに繊細な線が淀みなく流れるように引かれる。韃靼人の弁髪や
       犬も細かい。
  「東坡詩意図」石濤…渇筆がやさしい。
     その他、中国画の存在感は群を抜く。
  「飛青磁花生」…国宝「油滴天目」は前期展示であった。この青磁の黒点を目
       障りと考える人もいる。ない場合の青磁そのものの方が単純でいい
       かもしれない。鴻池家に伝来。
  「辰砂蓮花文壷」…辰砂の赤色の発色が美しい。

[第二章 日本美術の豊饒]
DSCF2958DSCF2959

  「潮干狩図」葛飾北斎…肉筆の色が美しい。

[大阪市立美術館寄託の国宝]
  六道絵「天道図」聖衆来迎寺…非常に精細。10センチほどの人物の宝冠、衣服
       も丁寧に。下では女人が池で水浴び中。
   同 「優婆塞 戒経説話図」…天秤棒で魚や鳥を運び入れる様子もあり。
  「灌頂大師像」一乗寺
  「毛詩鄭箋残巻」大念仏寺…私の生まれ故郷の平野にこんな重宝があるとは。
  「金銀鍍透彫花籠」神照寺…この寺宝はあちこちに預けられている。
               琵琶湖文化館にも。
  「菊唐草蒔絵手箱」熊野速玉大社
DSCF2960

[第三章 私立美術館に開花したコレクション]

[第四章 大阪近代美術の諸相]
DSCF2961

   佐伯祐三「煉瓦焼」
   島成園「伽羅の薫」
  私立の美術館はほかにもてたくさんあるが、どうしてこの5館だけなのか。久
  保惣などあるのだが。

 *主な出展物は大阪市立美術館のもので、近在の関係館から応援で、他館の同じような企画展示に較べて大人1200円は高い。また文楽への補助を削ったりと、文化果つる都市になりさがるつもりか。大阪市立美術館は行きにくくなっているのは事実である。一方では地下鉄運賃を値下げしょうとしているのに