平成30年度の滋賀の文化財講座、「花湖さんの打出のコヅチ」が始まった。
 「打出のコヅチ」の前に「花湖さんの」が冠せられことになった。これは、雄琴温泉の旅館「びわこ花街道」の名を使うことで何がしの見返りを貰うということのようである。

     第1回 日野馬見岡綿向神社の巨大絵馬

DSCF8190

 この主題は、昨年の県指定文化財を受けたことを記念してのものである。

   絵馬の名前…馬見岡綿向神社祭礼渡御図絵馬
   法量…縦206センチ 横422センチ
   製作年代…江戸後期 文化九年奉納
   絵師…谷田輔長(高田敬輔の外孫)
   奉納…日野商人中井家

 製作・奉納の経緯…日野町一帯は宝暦の大火で地域の半分が焼失してしまう。その復興のなかで、綿向神社の整備も進められた。その折、町興しの一環として日野のお祭が取り上げられ、その由緒を絵馬に描き残そう考えられたものであったという。曳山の屋台もこの頃に建てられたようである。
 ここで特別ゲストとして綿向神社の宮司さん登場…200年前に描かれ奉納されてから一度も下ろされたこともない。宮司さんが子どもの頃(50年ほど前)には剥落も少なく、足の指の爪まで見えていたという。

 後日、家人を誘って実物の絵馬にあいに日野まで出かける。小雨が降っていたので、境内は誰もいず、深遠としたたたずまいを見せていた。以下はその時の写真である。
DSCN0011

DSCN0013DSCN0012

DSCN0014DSCN0015

 〈絵馬堂〉          他の絵馬
DSCN0019DSCN0017

 どの神社の絵馬もそうであるが、雨数に打たれないまでも、外気に曝されたままでは傷んでしまう。早晩このままでは絵具が剥がれて何が描かれているかわからなくなってしまうだろう。早く手を打つ必要がある。