日本の桜草と美術

桜草の栽培と美術鑑賞

博物館

彦根城博物館ー商家のうつわ

 せっかく愛知郡まで来たので彦根まで行ってもらう。

   彦根城博物館

     『 商 家 の う つ わ 』

 江戸中期以後日本では焼物のうつわ作りが盛んとなる。オランダ貿易での高級磁器の生産が日本向けにも販路を広げだしたのであろうか。それとも日本の経済発展があってのことか。
 長く日本のうつわは漆器(木器が中心であった)。焼物は水瓶、水指、すり鉢など限られていた。それが多様な鉢・皿が焼物で造られるようになった。そこには陶器もあるが、漆器に対抗できるような高級品も生みだされるようになった。それらは上層階層のハレの儀式で饗応に用いられたのである。
 今回、湖東地区の有力な近江商人の屋敷に蓄えられた「うつわ」が展示される。超高級というわけではないが、そこそこ程度の高い「うつわ」が使われていたことがわかる。

DSCN0055DSCN0056DSCN0057

DSCN0058DSCN0059


〈常設展示〉
  鎧・刀剣など
  能楽関係…能面・衣装など
  井伊直弼の茶の湯
  湖東焼
DSCN0042DSCN0043

  雅楽器
  絵画・文書
DSCN0050

  その他 鉱物・化石等標本
DSCN0046DSCN0048

  館内を飾る生け花
DSCN0040DSCN0041

泉屋博古館ー筆ぐせ腕くらべ

 梅雨の京都は観光客もまばら、バスも待つことなし。若い女性の着物姿も夏の装い。ばすは平安神宮を過ぎると乗客もまばら。

  泉屋博古館 住友コレクション近代日本画

     『 絵 描 き の 筆 ぐ せ 腕 く ら べ 』

DSCF3948DSCF3949

 さまざまの近代日本画家の描き方の違いを比較しようという企画。こんなことが出来るのは多様な作品のコレクションがあるからであろう。ほかでは京都市立美術館でも可能かもしれない。
 
[第一章 「日本画」前夜が面白いー幕末明治の筆ネイティヴ]
  日本画という範籌ができる前は、四条派・岸派といった区分であった。それが派を超えた個人の
  絵として展開していく。
 
  菊池容斎「桜図」…巨大な桜だけの構図は近代の先取りか。
  中村耕石「桃花流水図」…中国人も同じような山水を描くが、日本の方が展開が早い。

[第二章 大阪画壇 古くて新しい筆ぐせの発明]
  そもそも「大阪画壇」なるものの存在を私は不明にし知らなかった。だから知らない画家の名前
  ばかり。
  姫島竹外「竹溪暁齋図」…雨にけぶる竹林や良し。それに較べ。中国は奚岡の「修竹遠山図」は
              やはり前近代的。
  深田直城「春秋花鳥の図」…八重桜の葉は、織田瑟瑟の桜に似る。
  上島鳳山「六月青簾(十二ヶ月美人)」…この九頭身は上村松園や北野恒富と同様。
  山田秋坪「柘榴花白鸚鵡図」…まことに濃密な色合い。

[第三章 京都画壇ー古法と新法の衝突と融合]
  富岡鉄斎「古柯頑石図」…何もかも突き抜けた存在性

[第四章 東京画壇 筆ぐせをなくせ]
  山口蓬春「如月」
  小林古径「人形」
  東山魁夷「スオミ」…塗重ね描法のはじまり
  尾竹国観「黄石公張良の図」…足の裏を描いた最初か。


  *近くのカフェで軽い昼食

京都国立博物館ー池大雅展

 近代美術館からこちらに回る。昼を過ぎてもバスが混でいる。
 博物館は混んでいると予想していたが、暗に相違してすんなり入館できた。ただ館内は人が多い。

      特別展 『 池 大 雅 展 』

              天 衣 無 縫 の 旅 の 画 家

DSCF8157DSCF8159

DSCF8161

[第1章 天才登場ー大雅を取り巻く人々]
  幼児にしてその書の才能を謳われたが、後ろ盾のない身で生活に困窮するも、多くの人々の支え
  で成長することが出来た。
[第2章 中国絵画・画譜に学ぶ]
[第3章 指墨画と様式の模索]
[第4章 大雅の画と書]
[第5章 旅する画家ー日本の風景を描く]
[第6章 大雅と玉瀾]
[第7章 天才本領発揮ー大雅芸術の完成] 

泉屋博古館ー茶道具

 堂本印象美術館から泉屋博古館にまわる。

   『 茶 道 具 』

      千宗旦から松平不眛まで 江戸時代の茶人の書とともに

DSCF7946DSCF7947


 「二条城行幸図屏風」…後水尾天皇が二条城に向かわれる時の行列を描いたもの。恐ろしくも何百人もの見物人を描き分けている。天皇や将軍にとっての政治の駆け引きも、一般人にとっては前代未聞の「見せ物」であったのだ。
 
 「茶道具」
   明治の資産家あるいは産を成した人は「茶の湯」にはまる人が多かったようである。「茶の
   湯」は総合的な文化そのものであり、とんでもない金くい虫でもあるが、成金趣味で終わらな
   い奥深さを秘めているのであろう。しかもそれは物を持って終わりではなく、その道具を使う
   行為行動のなかに自己を実現することが求められる。
    といって私には縁のない物・事である。茶人を羨ましく思うことはない。私には花を美しく
   咲かせ、その美を鑑賞することが出来る。
  

安土城考古博物館ー第57回企画展

 安土城考古博物館

  第57回 企画展  『収蔵品で語る城郭と考古』

DSCF7913DSCF7915


 ○近江の城郭の形状や築城にかかわる史料の展示

 ○大津滋賀里遺跡出土史料がまとめて出展される
   「163号土坑墓出土人骨」…埋められたままの姿で保存展示

 ○画像修理の報告
   「織田信忠画像」
   「徳川家康画像」
      今回マザーレイク滋賀応援基金の制度が利用されての修理事業…坂田墨珠堂
DSCF7916DSCF7917

 〈修復作業風景〉 特別な和紙や糊が使われる
DSCF7919


  ・修理の予定の立たない文化財も多い。先ほど観峰館で展示された石馬寺の「阿弥陀像」
   (高麗仏画)も剥落が激しく、早くしないと回復不能になりそうである。

   

京都国立博物館ー豪商の倉

 せっかく京都まで来たので、もう一館寄ることにする。京博は年寄りに無料なのであり難い。

〈銘品ギャラリー〉 珍しいものがみられる
 日本と東洋のやきもの……何気なく展示されている感あり、もう少し主題を明確にすべきでは。
 日本出土の考古遺物
 弘願本……「法然伝」と「親鸞伝」
 本寺蔵「金字法華経宝塔曼荼羅図」重文…修復後の披露
 室町幕府の唐物奉行・相阿弥
 中国絵画を写す
 雛まつりと人形
DSCF7865DSCF7866

 特別企画 豪商の倉ー美しい暮しの遺産

         貝塚廣海家コレクション受贈記念

DSCF7871DSCF7872DSCF7873

 泉南は貝塚の豪商廣海家、その幕末から戦前にかけての暮しに使われ、四つの倉に収められていた什物が博物館に寄贈された。その記念展示である。
 買いに買い、溜に溜めたが今日となっては使い切れない品物の数々。6年にわたる調査の結果、千点余が博物館に入ることになった。
 そのなかでも特にみるべきものが今回展示されている。といってこれらの品物が次に展示されるのはいつのことだろうか。文化財として高い価値のあるものは、個別に他と組合わさって出てくるであろうが……。当主の金婚式に合わせて調製されたお膳など、使われることなく京博の蔵のなかにしまい込まれるのではないか。
 博物館の文物を保存するという機能が常に働けば、それらは増えていくばかりとなる。しかも出番も少なくなっていく。地方の図書館では読まれない本はどんどん処分されていっているようである。そんためにいざとなると国会図書館まで行かねば埒があかないことになっている現実がある。
 博物館の収蔵問題も悩ましい。

南丹市立文化博物館ー麻田浩展

 10年前、京都国立近代美術館で麻田浩没後10年展が開かれた。その絵は魂のふるえるような繊細な描写で、こんな絵もあるのだとびっくりしたことを覚えている。それ以来麻田一家の画業に目がいくようになった。
 さて、とある展覧会場で「麻田浩展」のチラシを見つけた。京都の南丹市で、没後20年展が行われていると。南丹市は私の行動範囲から外れている。どうしようか迷っているうちに会期が迫ってきた。やっぱり行カズンバあらず、重い腰を上げる。
 京都駅から嵯峨野山陰線で園部まで。時間的には大阪に出るのとたいして違わなかった。そこからバスに乗る予定だったが、土日ダイヤでは運行本数が少なく大分待たねばならない。そこで駅前の地図をうろ覚えに歩いて行くことにした。しかし行けども行けどもそれらしい建物は見えてこない、「これは迷った」と、コンビニで教えを請い、えらい遠回りをして町の中心部に到着。そこでまた女子高生を捕まえて博物館を問い、連れて行ってもらう。

   南端市立文化博物館 平成29年度秋期特別展

         『 麻 田 浩 』

              〜ちいさな絵の世界〜

DSCF7698DSCF7699

 この秋南丹市での展覧会とほぼ同時に、東京の練馬区立美術館で「麻田浩没後20年展」が開かれた。こちらの方は10年前と同じく代表作の大作が並べられたという。麻田は京都を舞台に活躍した画家なので、なぜに回顧展が東京であったのか、しかもそれ1回きりで関西への巡回展もない。その思いに応えてくれたのが、この南丹市での展覧会のようである。
 出展されているのは、青年期から晩年までの生涯をたどれる作品群や関係資料で、充実した内容になっていた。大きな絵はない、個人が買えるような大きさのものが大半を占める。それにしても個人の所蔵家からこれほどたくさんの絵を展示してもらう手はずをつけるのは大変であったろうと想像できる。
 それにしても京都の麻田浩の展覧会がなぜ南丹市であるのか。それは父親の麻田辨自がこの地出身であった関係で、麻田浩の版画作品の多くがこの博物館に寄贈されたことによっている。
 行っておいて良かった。「国宝展」よりもよかったかもしれない。しかし終わってしまった。この10年後にあるであろう回顧展に足を運ぶのは無理かもしれない。
 
[第1章 少年期から青年期]

[第2章 画家として]

[第3章 パリへの旅立ち]

[第4章 帰京]

[第5章 表紙絵、挿絵、年賀状]

 私も終活を始めさせられている身で、図録は極力買わないようにしているのだが、今回は別である。
DSCF7704DSCF7705

DSCF7700DSCF7702

〈練馬区立美術館での図録も購入してしまう〉
DSCF7706DSCF7707

 

ガリ版伝承館 高部晴市原画展

 謄写印刷ー世にガリ版印刷というー墓って一世を風靡した簡易印刷法であった。活版印刷するほどでない文書を増刷する方法として、明治中期に東近江出身の堀井新治郎親子によってそれは発明されたのであった。
 私も職に就いた当初まだガリ版は生きていた。ヤスリ板、鉄筆は座右にあり、“カリカリ”と原紙を切っていたことを覚えている。
 ところが1年もしないうちに新しい印刷方法が登場し、文書をそのまま複写印刷するに至って、ガリ版は用済みとなってしまったのである。
 しかし世を裨益した謄写印刷を発明した堀井親子を敬揚すべく、東近江の堀井本家の建物を修復して、平成10年「ガリ版伝承館」となった。
 もう役目を終えたと思われたガリ版だが、その方法を愛する人がいて、ガリ版による絵の展覧会が開かれた。

   ガリ版伝承館2017
     
        ガリ版とボール紙で描く絵本作家

            『 高 部 晴 市 原 画 展 』

DSCF7687DSCF7689DSCF7690

DSCF7691

 ボール紙にガリ版印刷して、白色を出したい場所はカッターで切込みを入れて紙表面を一皮剥くという。
 〈会場風景〉
DSCF3318DSCF3322

DSCF3319DSCF3320DSCF3323

 〈謄写版印刷機のいろいろ〉
DSCF3325DSCF3326


*私の手元に数回しか使っていないヤスリ板と鉄筆セットがある。我家では使うこともなく処分するしかないので、この伝承館に持って行った所、引き取ってもらえた。

京都国立博物館ー国宝展 第4回目

 私が行く「国宝展」も今回が最後となる。まだ数点入替があるようだが、もうあの混雑は辟易する。今回の作品群の大半には、この後出会うことは先ずないであろう。十分楽しませてもらったというべきか。
 入館はスムーズ、エレベーターに乗るのも時間はかからなかった。しかし会場はなお人・人・人の波。下に作品が置かれて覗き込まなければならない場合は見れたものではない。
 こんな展示会場の状態では十分な鑑賞に耐えられない。入場者数の多さを誇ってもあまり意味はないのではと思ってしまう。

  *見所はこちらから

 [仏画]
  「孔雀明王像」東博…絵柄は以外と平面的だが、全面に截金が施されていて華麗。

 [絵巻物]
  「一字一仏法華経」「一字蓮台法華経」

 [肖像画]
  「無準師範像 自賛」「蘭渓道隆 自賛」

 [中世絵画]
  「瀟簫八景」狩野松栄

 [近世絵画]
  「燕子花図屏風」尾形光琳
     右隻の方がゆったりしている。ひょっとすると左隻は弟子の手かも。
DSCF7667

  「夜色楼台図」与謝蕪村
     もう少し大きな画面ならと思わずにいられない。

 [中国絵画]
  「宮女図」…まことに繊細。

愛知川びんてまりの館ー韓国の手仕事

 昨日休館で来れなかったので、家人に誘われて今日はそのリベンジ行。

    愛知川びんてまりの館企画展
 
       『 韓 国 の 手 仕 事 』

             暮しの布・ポジャギと刺繍

DSCF7654DSCF7656

 ポジャギとは、日本でいう風呂敷や袱紗として使われる、端切れを継ぎ合わせて作られた朝鮮の布である。大半は透き通った布が使われるので、さしずめ静かで控え目なパッチワークといったところか。
 今回の展示品は、韓国から来日された李京玉(イ キョンオク)さんと彼女の工房の生徒さんの作品である。
 風のそよぎにも揺らめく薄い生地を組み合わせて、一針一針丁寧に手縫いされている。

DSCF3290DSCF3298

DSCF3297DSCF3300

DSCF3291DSCF3292

DSCF3294DSCF3295


 *入口横に、この図書館所蔵の韓国の絵本などが置かれている。ハングルで書かれているので内容
  は解らない。愛知川には韓国語の解る人がそこそこおられるのだろうか。
Archives
TagCloud
livedoor × FLO:Q
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ