2018年は夏のスタートが早く、地上の暑さはさておいて、7月は比較的に天気の良い週末が続き、登山当たり年のようですね。

さて、8月には国民の祝日「山の日」がありますよね。


山の日とは(由来)

山の日は、2014年(平成26年)に制定された。祝日法(昭和23年7月20日法律第178号)2条では、「山に親しむ機会を得て、山の恩恵に感謝する」ことを趣旨としているが、山に関する特別な出来事などの明確な由来があるわけではない。

 おやまー!山に関する特別な何かがある訳では・・・無いのですね(苦笑)

今年の山の日は、8月11日(土曜日)です。

karenda


カレンダーでみると、この通り土曜と重なってしまいましたが、土日連続で山に行かれる方も多いことでしょう。

この8月11日山の日、富士山に行かれる方も多いと思います。
富士山ほどの高山となると、上に行けば行くほど、地上と異なって気温が低くなってきますので、防寒具は必須でもっていきましょう。

そんな富士山、2000年~2017年まで8月11日の最高気温はどうだったか、気象庁にデータがありましたので、落としてきてまとめてみました。



8月11日 富士山山頂の最高気温は?

富士山以外に、東京、北の網走、最高気温が出るといつもニュースになる熊谷を比較で並べてみました。

2000年から2017年の最高気温の推移

キャプチャ (1)

2013年は熊谷も暑いですが、東京も38.3℃と結構暑いですね。
網走は、やはりそれなりに快適そうです。

過去17年間の富士山の最高気温の平均は、10.8℃。
最も低い日で、8.1℃でした。


富士山は上に行けば行くほど、天候不純で気温が読めないところもありますので、ダウンなどの上着や雨具をもって、いつ気温が下がっても大丈夫なように備えて、富士山登山楽しんできてくださいね。

 山の人気ブログランキング 

山つぶやき、やっています。よろしければフォローお願いします MARURUN55をフォローしましょう 


にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村