橙亭

November 26, 2007

クボ、おつかれ!!

 こないだの土曜日、帰宅後に録画してあったスカパーでの中継を再生してみて知ったんですが、試合が終わってからのクボの引退セレモニーの模様まで全部スカパーで中継されたんですね。これ見てまたウルウル来てしまいましたよ。

 ドローに終わった千葉戦。もやもやした雰囲気の中でざわつくスタジアム。そして引退セレモニーの前にシーズン終了の報告ということで全選手・スタッフがピッチに並びました。そして社長のあいさつ。思ったんですが・・・社長、以前と比べるとサポのあおり方が上手くなってきましたなあ(笑)なんか良い感じでした。その後健太監督・キャプテン山ちゃんからのあいさつがあり、そしていよいよ引退セレモニーです。

 ここでアストロビジョンにクボの足跡をたどる映像が流されたんですが、これが何と言いますか! もうね! 卑怯! あんなん見せられたら泣けるに決まっとるやんけ! くそう、良いビデオ作りやがってコンチクショウ。やられました。いきなりウルウル来ちゃいましたよ。(※「ぱる×ぱる」さんにてビデオ見られます)

 そしてクボからのあいさつ。クボも必死に涙をこらえてる感じでした。「近い将来、残った選手たちが優勝という偉業を達成してくれると信じています」と語った背番号15。この言葉は残る選手たちの心に深く刻み込まれたに違いありません。

 そして花束贈呈。まず監督とキャプテンから花束が贈られ、そして家族から。奥様と二人のお嬢さんが花束を持って入場してくるんですが、もうその時はクボもボロボロ。娘さんたちのうち、下の子は事情がまだ分かってない感じで無邪気なものだったんですが、上の子は分かっていたんでしょう、うつむきながらお父さんの下へ歩み寄っていきました。それ見たらこっちもまたまたウルウルなってきちゃって・・・。年のせいか恐ろしく涙もろくなってるんだよなあ最近。



 かくしてクボはピッチを去っていきました。正直言って年齢からしてみればまだまだ早すぎる引退。ホントに膝の故障さえなければ、まだまだ輝きを放ち続けられるストライカーでした。それだけに心底惜しい。


 たぶん膝については騙し騙しすればあと少しは現役を続けられたかも知れません。でもその思いを断ち切ってクボは現役引退という道を選択しました。それはあきらめではなく、前を向いて新しい道を歩いていくための勇気ある決断。ボクらはそれを支持し、クボの第2のサッカー人生の成功を祈っていきましょう。

 お疲れさま。そしてありがとう。
 背番号15!
 最前線の危険な嗅覚!
 久保山 由清!!





この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/yamaimo_daidaitei/51725541