山岸勝榮の日英語サロン

日本語と英語を対象に、その文化との関係; 中級以上の英語学習者、英語教師・教授向け

ネットサーフィンをしていたら、ある人が書いた文章の中に“お渡しましょう”という語法が出て来た。“お渡しましょう”? 珍しい語法だ。相手に対する丁寧語法なら“お渡ししましょう”と表記すべきだ。相手によっては“渡しましょう”となる。Google Japanで“お渡しまし …

↑このページのトップヘ