皇帝アントニウスのウイッグの“材料”

m and cかの古代エジプトのプトレマイオス朝最後の女王で、ローマの将軍・アントニウス (Marcus Antonius、英語名 Mark Antony)(および、シーザー Caesar) の愛人だったクレオパトラ (Cleopatra) は自分の「陰毛 (pubic hair)」で作ったウイッグ (wig)を、頭髪が薄くなっていくアントニウスに贈ったと言われる。そのウイッグは代々、ローマ皇帝の手に渡り、祝宴・晩餐の折には皇帝たちによって被(かぶ)られたらしい。その後、キリスト教を公認した皇帝コンスタンティヌス (Constantinus) によって西暦328年にローマ教皇に献呈されたという。さらにその後、イングランドをキリスト教国にするための布石として第10代教皇クレメンス (Clement) によって、好色で知られたイングランドの王チャールズ2世 (Charles )に譲与されたらしい。チャールズ王は自分の側女(そばめ)たちから集めた「陰毛」を使ってウイッグを作らせていたそうだ。
 クレオパトラがアントニウスに贈ったそのウイッグは、18世紀のセックス・クラブとして有名な(スコットランド中部の)「ベガーズ・ベニゾン(Beggar's Benison;1732)」を経て、最終的には同様のクラブ「ウイッグ・クラブthe Wig Club (1775)」の手に渡ったと伝えられる。「陰毛」でウイッグを作るには、相当多量の“材料”が必要だっただろうに…。【アントニウスとクレオパトラの画像はこちらから拝借】

paper knife とletter opener

paper knife表題のpaper knife letter openerは、前者がイギリス英語で、また、後者がアメリカ英語で、それぞれ多用される傾向はあるものの、共に日本語でいう「ペーパーナイフ」のことだ。だが、厳密に言えば、paper knifeは「本のページを切り開くための小刀。紙切りナイフ」(『デジタル大辞泉』)を指すことが多かった。それが封筒を開封する際にも用いられただけだ。【左の画像はこちらから拝借】
 
 昔の英語圏発行の本は、ページ上部の「天」の部分を裁断[化粧断ち]せずに「天アンカット」と呼ばれる製本手法をletter opener採っているものや、三方を裁断しないままで製本しているものが普通であったから、読者は自分がページを切り開いてから読む必要があった。その時に使用する小刀がpaper knife だ。もちろん、letter openerpaper knifeとしての機能を果たす。上記したように、イギリス英語とアメリカ英語とでは用語の頻度の差はあるものの、実質的には同じものに言及している。今でも洋書店の古書部に行くその種の装丁本を見ることができる。

人の親切が身に染みることが多くなった…

先日、いつものように散歩に出かけた。のんびりと、距離にして5、6キロは歩いただろう。コースはいつも決まっていて、妻が元気だった頃、共に歩いた道筋だ。途中には県立循環器呼吸器センタ結核治療のための県立療養所として開院した有名な病院;のちに県立長浜病院と改称、昭和63年以降、現在の名称があり、野口英世が検疫医官補として働いた長浜検疫所長浜ホールがあり、富岡八幡宮がある。直木賞で有名な直木三十五の住居跡も、日本画家として有名な川合玉堂の別邸跡もある。みな歴史的に著名な場所だ。
 閑静な住宅街に入り、少し疲れたので、道路脇の石段に腰を掛けていた。持っていた杖に額をのせ、下向きに休んでいたために、老人が具合でも悪くなり、そのためにそこに座っているのだと思われたのだろう、一台のライトバンが私のそばに止まった。運転していた中年の男性が車から降りてきて、「大丈夫ですか? 具合でも悪いのですか。」と声を掛けてくれた。嬉しかった。ちょっと一休みしていただけだということを告げ、私はその男性に丁寧に礼を言った。最近、そうした、人の優しさに触れるこpb2とが多くなった。
 一昨年の初夏のことだ、心臓バイパス手術の際、足の血管を30センチほど切り取ったために、左足にしびれが残り、そのリハビリのために、危険のないところで、自転車をこぐ練習をしていた。途中、湾岸道路に掛かる長い横断歩道橋左写真があるのだが、そこはかなりの傾斜になっており、自転車を押しながらでは昇降に一苦労するところだ。自転車をゆっくりと押す私の姿を見て、「僕が自転車を上まで[下まで]押して行きましょう」と声を掛けてくれた親切な若者二人に、別々の日に出会った。その時も嬉しい思いをした。
 私も若い頃は、困っている人たちや手助けを必要としている人たちを見かけた場合には、必ず声を掛けるように努力していたが、今、人の親切が身に染みる年齢になり、「情けは人のためならず」という諺の意味するところをしみじみと感じている。

「しめす(ネ)偏」と「ころも(衤)偏」のこと

i2しめす偏」(「」、「」)と「ころも偏」(「」、「」)とを誤って覚えているらしい人が少なくない。私が担当した大学生にもその区別がつかない諸君が少なくなかった。昨日も、某大型スーパーの入り口に左の写真に見るような宣伝文句が書いてあるのを目にした。左側の「えり」は「」と書くべきだし、右側の「そで」は「」と書くべきだ。「しめす偏」は祈、祝、神、禅などに用いられており、「ころも偏」は衿・襟、袖、袂(たもと)、裾(すそ)などに用いられている。《身に着ける衣服》の場合は「ころも偏」と覚えておいてもよい。
 ちなみに、左の写真の「えり」を正しく書けば「」だが、「えり」は「」とも表記され、その違いは、「」はどちらかと言えば和服”に関連して、「」は洋服”に関連して用いることが多い。したがって、写真の場合は「」と表記するほうがより一般的だろう。小さなことのようだが、こうした漢字間違い”は、いったん間違えて覚えてしまうと、自分ではなかなか気づかないものだ。

?「のめりすぎる」、◎「のめりこみすぎる」

workaあるラジオ番組を聞いていたら、一人の女性が、「うちのおばあちゃんは90歳だけど、仕事にのめりすぎで…」と言った。
 彼女の発言に訂正を加えれば、「うちのおばあちゃんは90歳だけど、仕事にのめりこみすぎで…」となるはずだ。

 「抜け出せないほど中に深く入り込む」ことを「のめりこ[込]む」と言う。その「のめりこ[込]む」ことが過度になった状態なら「のめりこみすぎる(のめり込み過ぎる)」となる。ところが、上の女性の例に刺激されてGoogle検索をしてみて分かったことだが、それを「のめりすぎる」と言う人がいるのだ。「のめる」は「前に倒れ(かか)る」という意味であり、「のめりすぎる」も許容されそうだが、私の語感では不自然に響く。以下に、「のめりこみすぎる」とすべきところを「のめりすぎる」と言っている例をあげてみよう。「のめりこむ」対象は“仕事”、“ギャンブル”、”恋愛”などが多いことはそれらの実例から分かるだろう。【左上のイラストはこちらから借用】
●離婚の原因は、私が仕事にのめりすぎたことという笑えない原因なのですが(苦笑)。 
●仕事にのめりすぎて私生活をおざなりにしてきたのに交通事故でメスを握れなくなったjoy。
●仕事にのめりすぎて距離感をなくし息苦しくなる…燃え尽き症候群で退職後、期限付の単純な仕事をこなしていく『私』。
●最近、仕事にのめりすぎて、全然パン作りもしてなかったので、 また再開しよう。と思ってます。
●で、私生活を怠るほど仕事にのめり過ぎて彼氏居ない歴 が増えるとか。
●仕事にのめり過ぎていて、家のことが疎かになって離婚に繋がる。
●あとはカジノにのめりすぎないことです(笑).
●ギャンブルであるため、賭けにのめりすぎない必要はありますが、適度に賭けていれば、楽しさが倍増します。
●ギャンブル依存症の方の中にはギャンブルにのめり過ぎて栄養や運動に配慮ができずに体を壊したり、ストレスを受けてうつ病になる場合もありますが、大体は身なりも綺麗にしていて、結構おしゃれです。
●恋愛にのめり過ぎている女の特徴5選 に移動 - 女性が恋愛にのめり込みすぎている時は特徴があります。
●恋愛にのめりすぎていたのが原因で高校受験に失敗した生徒が高校になじんでいない様子をみると「もっとはっきり言ってあげればよかったのか」と悩みます。

この注意表示の英語の不自然さが分かりますか。

trashこれまでに、いったいどれだけの数の《不自然な英語》あるいは《(誤った)和製英語》の実例を挙げてきただろう。“憤慨”と言うよりも、ひどく“悲しい気持ち”に襲われることが少なくない。街には“(日本人)英語教師”もおおぜい歩いているだろうに…。
 私は気づいた限りのそうした《不自然な英語》あるいは《(誤った)和製英語》は、その表示主・掲示主に知らせるようにしているが、早い機会に是正してくれる人たちには、残念ながら、滅多に会わない。英語を“アクセサリーの一種”あるいは“刺身のツマ”程度にしか考えていないのではないかと思わざるを得ない。

 先日も、一軒のコンビニの窓ガラスに左のような注意表示の日本語と英語とが貼ってあるのを見つけた。さて、旧山岸ゼミ生諸君(および一般読者諸氏)への宿題としたいが、この英語はこれで好いだろうか。問題があるとすれば、それはどこで、なぜ問題となるのかを考えてほしい。 
 散歩に出かけるたびに、どこかで《不自然な英語》あるいは《(誤った)和製英語》を見かけることになるのだが、2020年の東京オリンピックで来日する外国人への対応は大丈夫だろうか、そんな心配もしている。

「両替はできません」の英語表現

c3先日、散歩の途中で、昼食を摂ろうと某中華料理店に入った。食べ終わって、レジに行ったところ、左の写真にあるような表示が目についた。Kindle版『2020年東京オリンピック―“おもてなし英語”の心』でも指摘したことだが、この英語は間違っている
 この英語を日本語に直せば、「ここでの外貨交換は出来ません」という意味になる。“exchange”は、たとえばドルを円に換えるとか、円をユーロに換えるとか、要するに異なる通貨に交換することをいうからだ。
 「誠に申し訳ございませんが、両替はできません」をどう英訳すればよいか、上記 Kindle版で確認してほしい。どうしてこうも日本中に誤った英語の看板・掲示が数多く使われているのだろう。同一の間違いだから、出所はあるいは同一(の和英辞典?)かも知れない…。

「駐停車禁止」の看板に添えられた英語

No Stopping駐停車禁止」の看板に No Stopping という英語が添えられている例を見た(左画像)。「駐停車」とは文字通り、「駐車」と「停車」のことだ。前者は「車が継続的に停止すること」であり、「運転者が車から離れて、すぐに運転できない状態での停止」をいう。また、後者は「車が一時的に停止すること」であり、「運転者がすぐに運転できる状態での短時間の停止」をいう。
 さて、そこでいつものように、旧山岸ゼミ生諸君および一般読者諸氏への宿題だが、この看板に添えられた日本語と英語対応語との間にはいくつかの問題点があるのだが、それはどんなことだろうか、考えてみてほしい。それが即座に理解できる旧山岸ゼミ生および一般読者諸氏はかなり高い英語力を有していると言ってよいだろう。

空き家と空き地が目立つようになった。

a1私が住む地区は某大手私鉄不動産部による住宅開発地区である。60年ほど前に開発が始まり、50年ほど前から、1区画70〜80坪平均の敷地が、その多くは「上物(うわもの)」付きで売りに出された。ほとんどの住民は当時30代半ばから30代後半の人たちだったようだ。それから半世紀近くが経過した。多くの住民は80代半ばから80代後半に達し、第1期居住者のほとんどはすでに物故している。私の近所でも住民の半数以上は物故者だ。
 そんな事情から、空き家・空き地が目立つようになった。1区画を35〜40坪の2区画にして、土付き建売住a2宅にしており、そのための建築工事も進んでいる。更地(さらち)のままで売りに出されているところもある。駐車場に転用しているところも見られる。遺族がそのまま住み続けているところもあるようだが、遠縁の人たちが相続人として、空き地を不動産業者に売却している例も少なくないようだ。
 昨日も近所を愛犬たちと散歩をしていたら、新たな空き家(上の写真)と売り地(右の写真)が目についた。この世は「色即是空」であることを実感する。

駐輪場の看板の英語

bicy2先日、某大型スーパー近くを通った時、隣接する駐輪場自転車とオートバイが中心の看板が目についた。そこには左の写真にあるような英語が添えてあった。
 早速だが、旧山岸ゼミ生諸君(および一般読者諸氏)への宿題とするので、この英語の適否を考えてみてほしい。
 英語は
●Please read the instructions on the board before use, follow the rules, and park safely. (For inquiries, visit the administration office.)
●Users only―to prevent accidents, entry is not permitted to non-users.

となっている。

 この英語の問題点が理解できないという旧山岸ゼミ生諸君(および一般読者諸氏)には一層の学習努力を期待したい。

「セーラー服が小さくなった」の英訳

s私がまだ現役の教授だった頃、ある英作文のクラスで、英訳問題の1つに「妹はセーラー服が小さくなった」という日本文が出て来たことがある。記憶をひもとけば受講生諸君からは次のような解答が出て来た。
例1)My (younger) sister's sailor uniform [suit] has become (too) small.
例2)My (younger) sister's sailor uniform [suit] was (already) too small for her.
例3)My (younger) sister has overgrown her sailor uniform [suit].
例4)My (younger) sister is now much too big for her sailor uniform [suit].
  受講生諸君には、日英語比較の文例として“格好の英文”が含まれていたので、「“日本語的発想”に基づく直訳例が混じっているが、それはどれか、また英文としてそれがなぜ不自然か」と問うた。ここでも、その問いを発しておこう。考えてみてほしい。
【上のイラストはこちらから借用】

人差し指で鼻の下を触るしぐさ

しぐさ(仕草)」、すなわちちょっとした"動作”や"表情”に関する情報を探していて、「人差し指で鼻の下を触るしぐさの心理学」という記事にたどりついた。心理研究家が書いた記事だ(こちら)。それをまとめれば、人差し指で鼻の下を触るしぐさは
_燭蕕の緊張やストレスを感じていて、さらには、相手に自分の本心を知られることを恐れている、
鼻の下を触ると同時に、自分の口を隠すことにより、無意識のうちに、相手に自分の本心を悟られまいとしている、
2燭に失敗して気まずい気持ちになっている時も、鼻の下を触って、安心感を得ようとしている、
っかに誉められて、恥ずかしいような嬉しいような、照れくさい気持ちを隠そうとしている、
からなのだそうだ。これがどの程度まで真実かどうかについては私には断定的なことは言えない。私に興味があるのは、この動作を民俗学的に観た時の理由のほうだ。

hidana 昔、庶民の家にあった囲炉裏(いろり)の上には「火棚(ひだな」とよぶ構造物があった。これは炎が燃え立ち過ぎて火災に繋がらないように炎の調整をする役目、暖気を室内に拡散したり、上階に設けた養蚕(ようさん)のための空間に暖気を送りやすくするため、雪に濡れた藁草履(わらぞうり)を乾かすため、栗などを乾燥させるためなど、いくつもの役割を持ったもので、主燃料に薪(まき)を使っていた時代のものだ。今では和風家屋の装飾品として用いることが多いようだ。
 その囲炉裏で炎が高く燃え過ぎないようにするための"まじない”が鼻の下を人差し指でこすることだった。「鼻すれすれ」という"まじない文句”が残っているが、これは炎が囲炉裏を囲む人々の鼻の高さ当たりまで立ち上るのを限界としたことを意味するものだろう
 この"まじない”が現代の心理研究家などが解説する意味のもとになったのではないかと推測しているあくまでも推測であって、そのあたりのことを専門に調査・研究したわけではない。詳細をご存じの方がおられればご教示いただきたい。

【注記】上の画像はこちらから拝借。

川柳「江の島へ 硫黄の匂ふ はけついで」

Enoshima古い川柳で、私の好きなものの1つに「江の島へ 硫黄の匂(にほ)ふ はけついで」というのがある。「硫黄(いおう)の匂ふ」は、「硫黄の匂う箱根に行って来た」ことに言及している。「はけついで」を漢字交じりで書けば「刷毛序で」となる。国語辞典には、「はけで塗ったついでに他のものも塗ること。転じて、何かをしたついでに別のこともしてしまうこと。ことのついで」(『デジタル大辞泉』)と定義・説明されている。だが、現代日常語として使うことはないだろう。
Hakone 
    全体的には、「箱根に行ったついでに江の島に寄ってきた」という意味だ。「硫黄の匂(にほ)ふ」が何を意味しているかが分からなければ、全体的な意味を理解することも不可能になる。言葉の芸術としての川柳はほんとうにおもしろい私は、今や"古川柳”になった、徳川期のものが特に好きだ
【画像はこちらこちらから拝借した】

waterと水と湯のこと

英語の water が水素と酸素との化合物であり、cold あるいは hot のような形容詞を添えない限り「」でも「」でも指し得ることは英語の常識だ。したがって、Give me some water, please.は文脈がなければ、「がほしい」と言っているのか「がほしい」と言っているのかは曖昧だ。
 一方、日本語の「」と「」とは温度差があり、別物と認識される。後者は前者を煮え立たせて熱くしたものだ。だが、その認識は両語の成り立ちの頃を考慮に入れると異なってくる
 「」は「」という字を使うから「みず(水)」とは別物だと思うが、もともとは「斎水(ゆみず)」と書き、「神事を行うための水」、その水を取る川を「斎川、斎河(ゆかわ)」と言った。つまり、自然に流れ来る神聖で清潔な水が「ゆみず」であり、したがって、「みず」を省略した「」はもともと(今でいう)のことだったのだ。その後、出湯(いでゆ)や加熱した水を「」と言うようになり、「」と書いて、冷たい「みず」とを区別するようになった。つまり、語源的には「」も「みず」も同じものだ。

人口芝生の上に「オンブバッタ」がいた。

b1我が家の“猫の額”ほどの広さの裏庭は人口芝生が敷き詰めてある。昨日、その上に「オンブバッタ」がじっとしているのを目にした。Wikipedia

オンブバッタの成虫では、メスの背中にオスが乗る姿がよく観察される。この状態はバッタ類の交尾の際に観察されるが、他のバッタ類が速やかに離れるのに対し、オンブバッタは交尾時以外でもオスがメスの背中に乗り続けるため、「おんぶ」状態がよく観察される。単独行動中のオスがメスを奪おうとしておんぶしているオスと喧嘩になることもある。

とあるとおりだ。オスが小さい体をしてメスの背中に乗っているから、このバッタのことを知らない人には、「母親の背中に赤ん坊がしがみついている」というふうに思えるかも知れない。どうして人口芝生の上にいたのかわからないが、どこからか飛んで来たのだろう。“愛の交換中”だったかも知れない。いずれにせよ、人口芝生の上では可哀そうだから、野草が生えているところに移してやった。その間も、オスはメスにしっかりとつかまって離れなかった。ほほえましい光景を見ながら、しばし“童心”に返った。

自転車事故の恐ろしさ

某日の午後も、下校時の高校生たちが、学校前の5〜600メートルのなだらかな坂道を猛スピードで自転車を走らせていた。何度も書いたように、私の住む地区には県立高校が3校ある某私立高校を含めれば計4校になる。そして、自転車通学の生徒たちがどの学校にも多くいる。気になることは、彼らの運転マナーだ。猛スピード以外に、私が気になるのは、昨今はやりの"スマホ”をいじりながらの運転だ。今は普通自転車も"軽車両”だという認識が一般に広まってきてはいるが、運転マナーに関してはまだまだきわめて、あるいは相当に低いとしか言いようがない。
 社会も普通自転車が起こす事故に対して厳しい目を向けるようになった。実際に、加害者に対して、被害者に1億円近くの賠償金を支払うよう命令した裁判所判決もあった。一般の自動車事故と同じく、自転車事故は被害者はもちろんのこと加害者も深く、長く苦しまなければならなくなる可能性がある。上にそのことをよく示す電話・人生相談の動画がある。普段、自転車を利用する人たちには是非とも見ていただきたいものだ。自転車に乗ることを軽く考えないほうがよい。起こした事故が原因で、加害者・被害者とも自らの人生をダメにするおそれが十分にあるからだ。 最後に、自転車に乗る人には「自転車(責任)保険」に加入しておくを強く勧めたい。
【参考】自転車事故の高額賠償事例、 母親驚愕 「息子の自転車事故の賠償金9500万円」の“明細”は…

【後日記】この記事を書いた翌日(10月8日)、愛知県知多市で、中学1年生の男子生徒が乗った自転車が、歩いていた88歳の女性にぶつかり、女性は頭の骨を折って、意識不明の重体だそうだ。

食器に息を吹きかけること

k池波正太郎原作「剣客商売―井関道場四天王」の中に、暴れ馬を二人して制御し、それが縁で酒を酌み交わす仲になった秋山大治郎(渡部篤郎)と渋谷寅三郎(梨本謙次郎)が出て来る。寅三郎は酒豪で、小さなさかずきでは物足りない。そこで、店の女にどんぶりを持って来させる。寅三郎はそのどんぶりを受け取ると、それに“ぷっ”と息を吹きかける
 現代人の多くは、「食器に息を吹きかけるのは唾(つば)が飛んできたない(のでは)」と思うかも知れない。だがこれは昔の日本人がに“呪力(じゅりょく)”があり、邪気を払うと考えていたことの証左と言えるものだ。実際、今でも、ジャンケンをする時や、冗談めいて人の頭を叩こうとする時などに、自分の拳(こぶし)に息を吹きかける者がいるし、サイコロばくちをする時にサイコロに息を吹きかける者もいる。また、子供が転んだり、膝小僧をすりむいたりした時、親たちが「ちちんぷいぷい!」とか「痛いの痛いの飛んでいけ!」とか言いながら患部に息を吹きかけるが、これらはみな、息に呪力が宿ると考えたゆえだ。

「ヌードルハラスメント」のこと … 目覚めよ、日本人!

n1誰の"造語”か知らないが、「ヌードルハラスメント」などという"和製語”がある。Wikipediaにはヌードルハラスメント(和製英語:noodle harassment)とは、 日本人に多く見られる『麺類を食べるときに、麺をすすってズルズル音を立てる』食べ方が、猫舌の人や外国人に不快感を与えるとして 慎むべきであるとする主張を示す和製英語とある。
 
 困ったものだ。日本文化を理解しようともしない日本人が、軽率・軽薄に諸外国人から聞こえてくる "非難”や"批判”の声を真顔(まがお)で受け取って、それに同調しているのだ。「なぜ日本人は蕎麦をすするのか」、n2なぜ蕎麦を食べる時、音を立てるのか」という疑問に真摯(しんし)に答えようとしているものも少なくない例:こちらこちら。  
 
 だが、見た限りの"解答”はいずれも"民俗学的関連性”に言及していない。それは、(蕎麦はもちろんのこと)麺類、吸い物、茶のようなものを 口にする時には"音”を立てることが絶対に必要だということだ。日本人が催(もよお)す種々の宴会・パーティーは、現代においても、"お開き”の時には乾杯や拍手や万歳三唱 など、必ずと言ってよいほど"音”を立てて終わる。そうすることで、その場の邪気を払い、正気(せいき=善なる気)を呼び寄せることが出来ると、昔から信じられて来たからだ。昔は婚礼のお開きには餅を撞(つ)いて、杵(きね)の音を出n3来るだけ大きく周囲の人々に聞かせる伝統もあった麺類、吸い物、茶のようなものを 祝宴のお開きに近い時間帯に提供するのも、それらの"音”によって招福(しょうふく)しようとしたためだ"福の神”は明るい大きな音がお好きなのだ。ちなみに、酒席で、箸を使って、食器を叩きながら歌を歌う日本の風俗もその根源は同じだ昔、三波春夫が歌った「チャンチキンおけさ」に「知らぬ同士が小皿叩いてチャンチキおけさ〜」という文句があった)。  
 
 敗戦後の日本と日本人の一番の不幸は、GHQ主導による「日本人と日本文化を劣等化する作戦」にほぼ完全に敗北したことだ。その狙いは、もちろん、日本人に「認罪意識」を抱(いだ)かせ、自国文化に「劣等感」、「自己嫌悪感」を持たせ、「誇りある日本国民・国家」を再生・再建させないようにすることだった。 目覚めよ、日本人! (拙著:Kindle版『祖国を弁護せよ―民俗学的見地から』をご一読いただきたい)
【上の画像3点はこちらから借用;こういう"皮相的”で”一方的”な画像に惑わされないだけの見識と民俗学的知識とを持ちたいものだ】

蜘蛛(くも)をかたどったイアリング、ピアスのこと

spider近所の大型スーパーの店内の一角に某貴金属店がある。先日、その前を通りながら、ウインドウを横目で見ていたら、蜘蛛 (spider) をかたどったイアリングやピアスが飾ってあるのに気づいた。蜘蛛をアクセサリーにすることの淵源(えんげん)は、諸外国の神話、とりわけギリシア神話、北欧神話、ケルト神話などに見られるもので、それが地母神(じぼしん、ちぼしん)、太陽の象徴などと捉えられていることを意味する。中国でも「成功」、「幸福」などを象徴する昆虫だと解釈されるようだ。地母神という点では、我が国の神話に登場する伊弉冉(いざなみ)も地母だとみなせなくはない。
 だが、日本の民俗学的観点から見た場合、蜘蛛をモチーフにしてアクセサリーにするという考え方は普通ではないはずだ。それは今でも通用することだが、朝の蜘蛛は吉兆(来客、来福、好天など)の、spまた夜の蜘蛛は凶兆(泥棒、不幸、悪天など)の証しとみなされるからだ。私の父母(共に故人)も私が幼かった頃、しばしばそのことを口にした。
 また、我が国では蜘蛛は占いにも関係する。たとえば、第19代允恭(いんぎょう)天皇の皇后の妹・衣通姫(そとおりひめ)も蜘蛛が糸を張るのを見て天皇の来訪を予感している。ちなみに、大晦日、囲炉裏で一晩中火を焚くのは自在鉤を伝わって蜘蛛が下りてこないようにするためだ。これは蜘蛛を凶兆と捉えている証拠だ。
 このようなことから、夕方のパーティーに蜘蛛のイアリングやピアスをして出かけることを戒める日本人がいても不思議ではない。
【注】ピアスの画像はこちらから借用。

「庇[軒]を貸して母屋を取られる」のこと

noki hisashi一部を貸したために、やがて全部を奪われることになる」、あるいは「保護してやった相手に、恩をあだで返される」ことを「(ひさし)を貸して母屋(おもや)を取られる」と言うことは周知のとおり(定義は共に『デジタル大辞泉』)。

 興味深いのは「庇を貸して…」と言わずに「(のき)を貸して…」と言う人たちがいるという点だ。実際、「庇を貸して母屋を取られる」と「軒を貸して母屋を取られる」とをGoogle検索に掛けてみると、前者のヒット数が約 6,710 件、後者のそれが約 5,660 件と「」のほうが1,000余例多いだけで、両者とも実際に少なからず使われていることが分かる。前出の国語辞典で「軒を貸して…」を見ると「庇(ひさし)を貸して母屋を取られる」に同じ」とある。

 ちなみに、「」と「」とが合体した「軒庇(のきびさし、のきひさし)」を設ける人もいる。ただし、「軒庇を貸して…」とは言わないはずだ。
 もっとも、洋風の家屋が一般的になってからというもの、コストダウンということも手伝って、「」も「」を取り付けないという人たちが少なくない見た目には"箱型”の家屋といったところだ;こちら参照
【画像はこちらから拝借しました】


ご注意
無断転載禁止 HOME (C)
山岸勝榮英語辞書・教育研究室
記事検索
書籍
.后璽僉次Ε▲鵐ー和英辞典[第3版]
∧埆玄膣粥山岸勝榮
3惴Χ軌藹佝


.▲鵐ーコズミカ英和辞典
∧埆玄膣粥山岸勝榮
3惱研究社


.后璽僉次Ε▲鵐ー英和辞典
[第4版]
∧埆玄膣粥山岸勝榮
3惱研究社


.后璽僉次Ε▲鵐ー英和辞典
[第3版] (CD付き)
∧埆玄膣粥山岸勝榮
3惱研究社


.后璽僉次Ε▲鵐ー英和辞典
 [第3版] (CD無し)
∧埆玄膣粥山岸勝榮
3惱研究社


.后璽僉次Ε▲鵐ー和英辞典
 [第2版] (CD付き)
∧埆玄膣粥山岸勝榮
3惱研究社

.后璽僉次Ε▲鵐ー和英辞典
 [第2版] (CD無し)
∧埆玄膣粥山岸勝榮
3惱研究社

ヽ擇靴犲典スーパー・アンカー英和辞典[CD-ROM]―for Windows
学研電子辞典シリーズ
∧埆玄膣粥山岸勝榮
3惱研究社
書籍
|姥貲郢
一番知りたい暮らしの英語
∋慨濔+
小学館


,垢阿砲任る
海外インターネット活用事典
[監修]山岸勝榮
 [執筆]関根紳太郎
小学館


100語で学ぶ英語のこころ
 日本人の気づかない意味の世界
∋慨濔+董Υ愃紳太郎
8Φ羲


.好圈璽舛里燭瓩離罅璽皀英語
∋慨濔+董L.G.パーキンズ
4歔吋薀ぅ屮薀蝓


 ̄儻豢軌蕕伴書
∋慨濔+
三省堂

 ̄儻譴砲覆蠅砲い日本語をこう訳す
∋慨濔+
8Φ羲匳佝

仝世┐修Δ埜世┐覆け儻
∋慨濔+
8Φ羲匳佝

 ̄儻譴量ね
D.Graddol著・山岸勝榮訳
8Φ羲匳佝

.罅璽皀英語のすすめ
∋慨濔+
4歔吋薀ぅ屮薀蝓
Archives
  • ライブドアブログ