⦿be used to -ing、✖be use to -ing

昨日は be supposed to 〜be suppose to 〜 と誤って覚えて使っている人の例に言及したが、発音に影響されて間違った綴りを使う人の例をもう1例見ておこう。それは be used to -ing be use to -ing と綴る例だ。形式ばらない日常会話では used to を /ju:stə/ と発音することが多いために、それを文字化して be use to〜と綴るのだろう。以下にその一部を上げておく。いずれも綴りは used  でなくてはならない。
*It was the Pacquiao we're use to seeing
*When you get use to seeing a nonspecial needs animal...
*Last season, I got use to seeing the Kings where Minnesota is on the standings...
*I’m so use to hearing so many lies, that the truth doesn’t even seem real.
*You're the kind of girl who's not use to hearing no, 
*I'm use to saying I'm busy this day, or even this week.
*I am so use to saying that lately it is hard to stop. 
* If you were use to eating PB2, challenge yourself to eat real peanut butter.

⦿ be supposed to 〜、✖ be suppose to〜

ブルーグラス音楽で知られる The Lynn Morris Band の歌う歌の1つに What Was I Supposed To Do? というのがある(こちらに動画がある)。この be supposed to 〜 は日本人英語学習者がたいていは覚える慣用句で、「〜することになっている〜しないといけない」という日本語と結び付けられる。be not supposed to 〜 は「〜してはいけない」となる。
 この supposed to の発音は日常的には/səpoʊstə/と発音されることが多く、書く時も発音に影響されて suppose to〜 と書く人が少なくない。こちらにある What Was I Suppose To Do がその1例だ。添えられた歌詞の中に3か所 be suppose to が出て来る。
 以下に3例ずつ be suppose to の例を挙げておく。この間違いの例は発音に影響されたものと思うが、be (not)supposed to でなければ論理的におかしいのだが、いつの間にかこの誤用法を用いる人たちが多くなっているようだ。 

*What is each piece suppose to do?
*what am i suppose to do with myself
*You’re notsuppose to do anything. 
*What exactly am I suppose to write?
*"How am I suppose to write when I'm this happy? " 
*what on earth am I suppose to write for this?
*what I'm suppose to say?
*It's apparent, there's something i am NOT suppose to say today
*How am I suppose to say sorry to someone without actually saying it?

?「わからないようなくらい」、⦿「わからないくらい」

眞子内親王のご婚約内定に続いて、「“美しすぎるプリンセス”秋篠宮家の次女・佳子さま(22)の行く末」(Aera dot.の表現;出典こちら)を報道した記事を見ていたら、記事の中ほどに次のような一文が出てくるのに気づいた。
「やっほー」とキャンパスであいさつする佳子さま 将来のお相手は?〈週刊朝日〉
ぱっと見には佳子さまとわからないようなくらい、食堂でフツーに座っているという。
わからないようなくらい」?? 雑誌記者か新聞記者か、いずれかが、表現を柔らかく響かせるために「―ような」を《クッション》として挿入したものだろうが、私には冗語的なものにしか思えない。しかし、ネット上を検索するとその例が多数出てくる。下に5例だけ引用しておこう。
*いつ降りだすかわからないようなくらい空。 まるで梅雨のようだ。
*特に強くもんだりせず、施術されたことがわからないようなくらいソフトで、 リラックスできました。
*シャワーの時はタオルに髪の毛が付くので髪の毛用のタオルを用意するレベルだったし、ベッドにはどこの毛だかわからないようなくらいには落ちてました。
*鉛筆の芯を削り出せたら、それを鍵穴に入れるのですが、入れる量はごく少量、本当に入ったかわからないようなくらいでも、目に見えて効果がありました。
*薬や道具など、かなり知識がないとわからないようなくらいでした。麻酔をせず、いきなりメスなどで切ることもでき、その場合は即手術終了でゲームオーバー。
 私なら上の5例の場合、いずれも「わからないくらい」とする。次のような例もある「―ぐらい」も含めた

*わが家にとてもメダカとは言えないようなくらい丸いメダカがいます。
*今まで経験したことのないような、これからも経験することのないようなくらいね(笑)
*そんな感じで日々を過ごしていますが、なんだか最近、自分の体じゃないようなくらいおかしいです 
*現実でも起こらないようなくらいのレベルで想像してしまって、動けなくなっている人はとても沢山います。
*自力で歩けないようなくらい酔っぱらうと罰金に! 旅先では、ついついお酒を飲みすぎてしまうこともあるでしょう。
*昆虫 - すごく小さいトカゲのエサを教えてください。 姿は大人と同じで尻尾を入れても4,5センチですごく細いです。小さいコオロギも口に入らないようなくらいです。
*会社の同僚も彼の会社の人間もまさか私と彼が週に1度は人に言えないようなくらい濃密な時間を過ごしているなんて絶対に言えませんし、親友にも言っていません。
*償いきれないようなぐらいの罪意識を皆さん持ってますか?
*卒業式に今までにないようなぐらいすごい事をしたいのですが何かありますか? 
*この世じゃないようなぐらい、すごい景色、絶景の写真があるサイトを教えてください。

  上の例も全て「ような」を省略するほうがすっきりして私は好きだ。こういう語法は他人から指摘されないと、自分では「わからない(×ようなくらい」癖になっているために、つい使ってしまうものだ。

「眞子さま、どのようにお断りしていたのか」という言い方

d「週刊女性」誌(2017年9月12日号)の記事らしい記事がYahoo!ニュースJapanに掲載されていた。題して、「眞子さま、ICUで言い寄ってきた男子学生をどのようにお断りしていたのか」。昨今の週刊誌の記者たちの日本語には首を傾(かし)げたくなるものが少なくないが、このタイトルを見て、「またか!」と思った。下線部の日本語を見て、即座に「おかしい」と感じられる日本人はどのくらいいるだろう。

 「言い寄ってきた男子学生」という言い方には今は注文をつけない。注文をつけたいのは「お断りしていた」という表現だ。書いた本人、つまり週刊誌記者は「」を付けて丁寧に言ったつもりだろう。だが、これに「していた」を続ける点は受け入れがたい今では普通になっているようだが、私にはやはり不自然だ。なぜなら、「お〜する」という形式は《謙譲表現》であって、《尊敬表現》ではないからだ 【謙譲表現の例:「伺 いする」、「電話する」、「訪ねする」】。

eye 眞子内親王のお身内の方々、たとえば御父君の秋篠宮殿下がご長女の眞子内親王に言及なさりながら、「(眞子内親王は)どのようにお断りしていたのか」という表現をお使いになるのなら構わない。秋篠宮殿下のお立場から見て《謙譲表現》をお使いになるのは自然だからだ。だが、上記週刊誌記者は身内の者ではない。したがって、「お〜する」の形式を用いるのは不自然だということになる。当然、「どのようにお断りになっていたのか」、「どのようにお断りなさっていたのか」のように言ったり書いたりする必要がある本当は「いたか」では敬意が払われていないが、今はその点には触れない

 こういう指摘をいくらしても、いつも言うように、「誤用法 みんなが犯せば 正用法」ということだから、もう手遅れだとは思うが語感の優れた人たちからは違和感を持って見られている [聞かれている] ということだけは知っておいてほしい

【後記】以前「『お断りしてください』???」と題した記事を書いたことがあった。

あれから8年が経った ― 妻の命日に

bench1平成21 [2009] 年の今日、午前1時20分、妻は息を引き取った。あれから丸 8 年が経過した。長い年月のようでもあり、つい昨日のことのようでもある。その後の私は毎日を「自分の人生最後の日」(the last day of my life)だと思いながら大切 に生きて来た。現役の教授の時 には、大学での授業・学生指導・公務 に全力を尽くしたが、退職後は、日英語研究・辞書編纂の仕事のことを除けば、 私の頭の中 には、四六時中、妻のことしかなかった。起きては妻との楽しかった日々を思い、散歩に出ては妻と歩いた道々を辿った左写真のベンチでは、散歩の途中、いつも妻と休憩した。また、眠っては妻の夢を 見た。

 17世紀イングランドの詩人George Herbert (1593- 1633)が遺したOutlandish Proverbs という諺集に収録されている有名な諺に Death keeps no calendar.死に暦日(れきじつ)なし)というのがあり、死arx1はいつ誰に訪れるかは分からないということを教えているが、 私はそのことを妻(と愛犬のマロン)がこの世を去った時に痛感した。
  
   この世で最も愛する人を亡くした経験を持つ人だけが、私の心の奥底まで本当に理解してくれるだろう。同じ経験がなければ、人を慰めよう としても、どうしても言葉だけのもの、表層的なものになりがちだ。そのことを、イギリスの詩人で政治家だった Sir Philip Sidney  (1554 - 1586) が 古い諺にして残している。All is but lip-wisdom that wants experience.経験がないのは口先だけの知恵)と。もちろん、人間は 他人の気持ちを慮(おもんぱか)ることはできる。だが、 Sidneyのその言葉は真実でもある。  

 妻が旅立ってから、再婚を勧めてくれた友人もいれば、散歩の途中で知り合った女性たちで私をお茶に誘ってくれた人もいる。それはありがたいことだが、私の心は妻以外の女性のことを考える余裕も欲flp1求もない。願わくは、生まれ変わったら、また妻にプロポーズをしようと 思っているから、この世での《浮気》はご法度と自分に言い聞かせている。古めかしい言い方だが、それが《男の純情》だとも思っている。
 妻に先立たれたことは痛恨の極みだが、見方を変えれば、妻をこれほど愛していたことを実感できたのは、妻が先立ったからだと言えなくも ない。今でも妻が生きていたら、私は妻の存在も、私や家族の者たちへの愛情も世話も、何もかも《当たり前》だと捉えていただろう。 どこかのコマーシャルではないが、「おーい、お茶!」と言えば、お茶が運ばれて来た。空腹になった頃には、「あなた〜、お食事の支度が できましたr12xよ〜」と声を掛けてくれた。論文や著書が出来上がると一番喜んでくれたのは妻だった。「あなた、良かったですね。」 その一言が 聞きたくて私は人の倍も三杯も働いた。
 
 すでに何度も言及したように、昨年の初夏には心筋梗塞を患い、心臓バイパス手術を受けて、九死に一生を得た。「これで私の人生も 終わりだろうな。」と思いつつ、手術台に上り、9 時間近くの手術のあと、集中治療室 (ICU) で3日後に覚醒した。まだ、妻のところには行けなかったらしい。そう思いながら、上記したとおり、私は毎日を「自分の人生最後の日」だと思いながら大切 に生きている。例年通り、妻には妻が好きだった胡蝶蘭を供えた。
 I WAS ALWAYS THE BEST ME WHEN I WAS WITH YOU.
        I MISS YOU SO MUCH.
       YOUR HUSBAND AND GREATEST ADMIRER, KATSUEI.
【付記】あれから8年も経つのに、妻の命日には、今もって供花として豪華な胡蝶蘭を贈り届けてくれる出版社と教え子たちに心から感謝している。誰よりも妻の魂魄が喜んでくれていることだろう。たぶん、かつて書いた「私が胡蝶蘭にこだわるわけ」を読んでもらった結果だと思う。ありがたいことだ。

equally as well as の冗語性

英国 Lincolnshire のことを調べていてLincolnshire Life というブログ記事に出合った。その中に次のような英文があった。

I have been welcoming my customers throughout the years and their loyalty is something that I never take for granted. I started off working on my own but now my team here give me exceptional support and I am always confident they can do the job equally as well as I can,” said Jim.

 私の注意を引いたのは文末の they can do the job equally as well as I can という文の equally as well asという言い方だ。最近ではごく普通に見かける英語表現だが、この語法を間違いだと言う人も多い(equally as good as にも同様のことがいえる。たしかに、よく考えれば、かなり冗語的ではある。なぜなら as 自体が equally という意味だからだ。語法に厳密な人なら they can do the job as well as I can とするか、they and I can do the job equally as well とするだろう文体的には前者が好ましく思われる。そのほうがすっきるするように思えるのだ。

「温かい飲み物」の「温かい」は warm? hot?

初級・中級レベルの英語学習者に、「温かい飲み物、温かいパン、温かい食事」を英語に直してもらうとまず間違いなく、 warm drink,  warm bread ,  warm meal と訳す(不定冠詞はここでは省略)。この日本語をすぐに hot drink,  hot roll , hot meal と訳せる人は、中級の上から上級のレベルの学習者だ。このことは、長い英作文指導を通じて痛感してきた。つまり、飲食物の場合の「温かい〜」は warm よりも hot  を使うほうが適切な場合が多い(注記参照)。つまり、飲食物に warm という形容詞を使うと、inadequately heated  (不十分に加熱された)、lukewarm (生ぬるい)というふうに響いて具合が悪いと感じる人が多いのだ 【warm 〜を間違いなどというつもりはない】。

 このことを我が国の中学・高校ではきちんと教えているのだろうか。顔見知りになった近所の県立高校の3年生の生徒、10人(男子生徒5人、女子生徒5人)に質問したところでは、「そんなことは聞いたことがない [教えてもらったことがない] 」と応えた。さもありなん。

tokuri【注記】
ただし、日本酒 (sake, saki
) のように、「人肌燗(ひとはだかん)」(35℃辺り)、「ぬる燗」(40℃辺り)と呼ばれる
燗の温度の場合には英語の warm を充てるのが適当だろう。「上(じょう)燗」(45℃辺り)と「熱(あつ)燗」(50℃辺り)には hot 、「飛び切り燗」(55℃以上)には piping hot がよいと思われる。また、20℃辺りの「室温、“冷や”」なら cold、それ以下の温度5−10℃辺りの「雪冷え」、「花冷え」には chilled / cold を充てるとよいだろう。

びっくりした「肉体的援助」という語

正直なところ、こんな語が野球の正式用語 になっているとは知らなかった。たまたま、要介護者・要支援者に関する英語表現を調べていたところもちろん知っていた単語だがphysical assistance という英語に出くわした。「これは《身体介助》あるいは《身体的な支援》のことだが、《肉体的援助》とも訳せるなあ… でも、《肉体的援助》ではデリバリーヘルス(派遣型風俗)みたいなものを連想してしまうなあ…。とにかく、何だか怪しい、想像力を掻き立てられる類いのものだなあ…。」などと思いながら、何とはなしに《肉体的援助》を検索してみて驚いた。日本の公認野球規則(7.09 (h) )には「肉体的援助」という言葉が記載されており、ベースコーチが肉体的に援助したと審判員が認めた場合にいうとあるこちらにYouTube動画がある。私は野球は全くの素人で、その規則には不案内だが、野球好きの人たちからも首を傾げられているらしい。次のようなTwitterの反応が見つかった(出典こちら)。
*昨日の試合を見てるけど「肉体的援助」って言い方が卑猥ですねw
*もう少し良い表現は無かったのだろうか…想像力が掻き立てられる表現だろ。
*肉体的援助なんて卑猥な言葉が野球で使われてるなんて…恐ろしい
*巨人対中日で肉体的援助の反則行為 聞きなれない視聴者は戸惑い 
#ldnews news.livedoor.com/article/detail… 新婚の長野に肉体的援助って。どんな援助交際かと思ったら。
 日本の公認野球規則 はアメリカのルールを基本にしているようだから、アメリカの野球規則を見てみれば physical assistanceという言葉が見つかるかと思い、それを見てみると、次の規則 に出合った(出典こちら)。

(8) In the judgment of the umpire, the base coach at third base, or first
base, by touching or holding the runner, physically assists him in
returning to or leaving third base or first base;

 これが「肉体的援助」という訳語を生む元となったのだろうか。野球規則に詳しい方のご教示を得たい。それにしてもやはり「肉体的援助」という語は私の語感ではどうにもいただけない。はてさて、近未来に、私が主幹を務める和英辞典に収録しなければならないだろうか…。正直なところ、少々気が重い。

「根性焼き」の英訳は?

自分の我慢強さや勇気を示すために、火のついた煙草を自分の手の甲・手首などに押し当てること」、また、それによってできる火傷の痕のこと」を《根性焼き》と俗称するが、これは元は“ヤンキー”たちの間で行われた蛮行(ばんこう)のようだ。ところが、最近では 卑劣かつ残酷ないじめ行為として他人に対して行われることがあるそうだ。

 「英語では何と言うのか」を知りたい人たちがいるようで、ネット上にはその点の質問が何点か書き込まれている。「根性焼き 英語」で検索すると、まず Test of courage by burning skin with cigarette という訳が目に付く。これを訳語としているサイトが何か所かある。単に、 cigarette burnを訳語としているものもある(例:weblio―だが、これは訳語にはなっていない)。また、Yahoo知恵袋には次のような回答がベストアンサーに選ばれている。
************************************
He burned himself with a cigarette.
「彼は彼自身をたばこの火で火傷させた」

burning oneself with a cigarette
「根性焼き」

になります。

補足
これだけだと、誤って火傷してしまった場合と同じになってしまうのでbecause he felt angry.とかbecause he wanted to show his guts.とか付け加えるといいかもしれません。
************************************
 残念ながら、最初の test of courage by burning skin with cigarette の意味を不明確・不十分に言っているもので、の意味は教えてくれない。また、Yahoo知恵袋のベストアンサーも、末尾のbecause he wanted to show his guts の個所を除いて、「根性焼き」の訳にはなっていない。特に、の意味を全く教えてくれない。

 「根性焼き」の英訳としては文頭に書いた自分の我慢強さや勇気を示すために、火のついた煙草を自分の手の甲・手首などに押し当てること」、また、それによってできる火傷の痕のこと」を簡潔に表現したものである必要がある。そこでいつものように、旧山岸ゼミ生諸君(および一般読者諸氏)への宿題としたいので、英訳を試みてほしい。

Mathematics aren't... は間違いか。

new散歩道の途中に某県立高校がある。そのすぐ裏手に四阿(あずまや)が設置された公園があって日陰を作ってくれているので、時々そこで一休みする。先日、私が座っているベンチのすぐ近くに女子高校生3人が座って、何やら、英語の話をしていた。どうも Mathematics aren't  interesting to me. と書いて、それにバツを付けられたことを話題にしているらしかった。たしか math(数学)という綴りの単語は中学2年か3年で出て来るはずだ(たぶん前者)。その生徒が mathematics という綴りをどこで覚えたのかは知らないが、たぶん高校生になって覚えたものだろう。
  「mathematics は単数動詞を従える」ということは、英語母語話者にはもちろんのこと、日本人英語教師(および英語学習者)にも《常識》になっていることだ。だが、私なら、上の Mathematics aren't  interesting to me. という答えにバツを付けない。仮にバツを付けるとすれば、きちんとその理由を生徒全員に向かって説明する情報として貴重だと思うからだ。たぶん、以下のような《苦しい説明》になるだろう残念だが、この説明は《言語事実》を無視したものだ

Mathematics は is, has などのような単数形の動詞を従えますが、話者が数学の様々な面(数・量・構造・変化など)を頭の中に描いて、「そういうことをあれこれ考えなくてはならないから面倒で面白くない (not interesting)」と言っているのなら、動詞が 複数形になるということはあり得ます。したがって、be 動詞ならare (過去形はwere)でもいいんです。この点は physics (物理学)、linguistics (言語学)、phonetics (音声学)、economics (経済学)などのような -ics で終わる単語にも当てはまります。ただし、一般的には mathematics は単数形の動詞を従えると理解されていますから、学校英語では Mathematics are / aren't / were / weren't / have / had ...と書けばバツを付けられるのが普通でしょうね。

複数動詞を従えた実例:
1) Advanced mathematics aren't  just for engineers and physicists. In fact, the same principles you learn in a statistics and calculus courses can be applied to virtually any field.
2) However, these mathematics aren't  your everyday run of the mill mathematics. 
3) And so on - higher mathematics aren't  necessarily more difficult, they just require more of a background in the field.
4) But Mathematics weren't  for me / So I went to get a Harvard Phisycs Ph.D
5) 'Did your father think mathematics weren't  for girls as well?' 'I never asked him. You remember the tutor they got for Frederick, in the summer holidays?

My name is...とは言わないか?

2014/01/15 に公開されたらしい「日本の英語教育は大丈夫(日)」と題した動画をたまたま見た(左に借用)。そこでは「My name is...などという英語は不自然で『拙者の名は〜でござる』と言っているようだ。普通は I'm...と言う。」と力説し、日本の英語教育と日本人を(日本人が)《笑いもの》にしていた。果ては「Wickyさんのワンポイント英会話」 でMy name is ...という言い方を日本中に広めた廉(かど)で、スリランカ生まれのアントン・ウィッキー・アンパラヴァナル(Anton Wicky Ampalavanar)さんにまで矛先を向けていた。

 いつも思うのだが、どうしてこうもおかしなことを自虐的 に言ったり、そのことを動画 にしたりするのだろう。My name is...I'm [I am] ...も自己紹介をする際の立派な英語表現だ。強(し)いて違いを言えば、前者は改まった場面あるいは、そういう場面で何人かのグループを成している人たちの前で自己紹介するような場合には普通の表現形式だ。それに対して、後者は相手と1対1で出会っているような場合に用いることが多い。前者ほど改まった感じはないし、日常会話では I'm [I am] は省略することも多い。私自身、現役の教授だった頃、英語圏出身の非常勤講師諸氏との会合・面接では両者を適宜使い分けた し、今でもそうする。【ただし、電話で自分の名を名乗る時は、Hello, this is ...と言うのが習慣だ。】

 動画では、レポーターが文部科学省まで出向いて行って、この問題に言及しているが、同省の英語担当者二名もMy name is...と I'm [I am] ...の用法・語法上の違いを説明しなかった [できなかった]。

 「Wickyさんのワンポイント英会話」 でMy name is ...と言ったWickyさんを責めることはできないし、またその必要もない。Wickyさん自身は「英語も日本語と同じように時代と共に変わるもの」とい
 
うようなことを動画の中で言っているが、それは正しくもあり、少々ミスリーディングな説明でもある。なぜなら、My name is ...は今でも正しい英語表現だからだ。

 我が国の若者たちに、「日本語で《お初はつにお目にかかります》」、「お土産のご相伴しょうばん
あずかり、まことにありがとうございました」、「(〜先生でいらっしゃいましたか。) お見逸れ致しました」などと言うか?と聞いてみれば、「そんな言い方はしない」、「そんな日本語など聞いたことがない」と言って笑うか、キョトンとした顔をするだろう。だが、いずれの言い方も、私にはきわめて普通の表現だし、今でも折に触れて使うものだ。結局は年代、教育程度、社会的立場、TPOなどによって使うか使わないが決まってくるのだ。自分が知らないことを「そんなことは言わない」、「そんな言い方など聞いたことがない」と一笑に付すのは洋の東西を問わず、日常、しばしば観察されることだ。とにかく、My name is...も I'm [I am] ...も使用可能な正しい英語であることは間違いない。

【追記】こちらに"The Wall Street Wizard", "The Miilionaire Trader", "The Nicest Rich Guy in the World"などの呼び名で知られるアメリカの大富豪 Michael Crawford がプライベート・ジェットの前に立つ動画がある。彼はこの動画をHi, there, my name is Michael Crawford...の自己紹介で始めている。これが「拙者の名は〜でござる」に相当するものかどうか、一目瞭然だろう。
  その他、My name is 〜., My name's〜で自己紹介をしている動画はいくらでもある(例、例、例、例、例)。
 (後日記)こちらには9歳の女児が“What's your name?”の質問に“My name is ...”と答えている動画がある(こちら冒頭)。
【後刻記】こちらにも興味深い記事があった。これも My name is...に対して正当な評価を下している記事だ。この記事を読むと、「拙者の名は〜でござる」の話を広めているのはデイビット・セイン(David Thayne)というアメリカ人らしい。困ったものだ。

「招ねかれなくなる」??? 

一昨日朝、某テレビ・ニュース番組を見ていたら、北朝鮮の核ミサイル問題に触れて、「北朝鮮は、『自分たちを非難する国々は自らに危険を招ねかれなくなる』」と言っている」と若い日本人女性アナウンサーが言った。「招ねかれなくなる」??? 文脈からして、そこは「招きかねなくなる」と言うか、もっと簡明 には「招きかねない」あるいは「招くことになる」と言わなくてはならない。原稿を書いたテレビ局関係者がおり、女性アナウンサー はそれを棒読みしただけかも知れないが、母語である日本語がきちんと分かるアナウンサーなら、文脈的 に「招きかねなくなる」とか「招きかねない」とか「招くことになる」とかだと判断して、自分の責任 においてそう言い換えられたはずだあるいは原稿にはきちんとした日本語が書かれてあったのかも知れない。多分そうだろう…

snail 正直なところ、昨今の若いテレビ(ラジオ)アナウンサー、タレント、芸能人の日本語を聞くのが怖いほどだ。だから一般のテレビ番組、とりわけ芸能バラエティー番組 は見ない。見るのはもっぱらニュース・歴史・科学番組だが、そのニュース番組の日本語さえも昨今ではなはだ怪しいものが混じる。この点はNHKのアナウンサーにも言える(例:こちらこちらの記事を参照)。
 
 いつも書くように、言葉は時代と共に変化するが、「論理的で、解釈が明瞭である限りにおいて」そうであってほしい。何を言っているのか、頭の中で考えながら聞かなければならないようではもはや「テレビ・ラジオ向き日本語」とは言えないのだ。

【付記】「招ねかれなくなる」はたとえば、次のように使う。
⦿退職すると、元の勤務先からは、そこでのいろいろな催し物 に「招ねかれなくなる」ものだ。
⦿どこからも「招ねかれなくなる」ということは、社会的 にはそれだけ必要とされない人間 になったということでもある。

「say = 言う」と覚えることの不具合

まだ私が現役で教壇に立っていた頃のことだ。Translation Skills の授業の際に、キャンパス内での喫煙について自由英文を書かせた。30人前後のクラスだったが、三分の一近くの学生の英文の中に(多少の字句の相違はあったが)、Many students say (that) smoking on campus is a bad thing. というような言い方が出て来た。「多くの学生がキャンパスでの喫煙は悪いことだと言っている」という意味(のつもり)だ。こういう言い方・書き方は日本人の話したり書いたりする英語にごく頻繁に見られる。

 だが、英語としては say 弱すぎる動詞だし、 a bad thing は意味が不鮮明な言い方だ。「say = 言う」、「 a bad thing=悪いこと」で英語になりそうだが、力強い英語ではない。say の代わりに arugue (〜だと主張する)、 a bad thing の代わりに a potentially dangerous thing (potentially は「〜を招く可能性のある」)とすれば力強い英語になる。thing の代わりに influence とするとさらに力強くなる。

 英語学習の初期に習う say という動詞はその後、「言う」と直結して、「言う」が出て来るとすぐに使われる語だが、後続文の内容によってassert (自分の正当性を言明する)、insist (自分の正当性を力説する)、claim (相手の承認・同意を求めて主張する)、maintain (自分の立場を主張し続ける)などを適宜使う必要がある。我が国の学校英語では学年によって必修語彙が決められているために、それが足枷(あしかせ)となって、《使える英語》がその用を果たさないことになってしまっている。
【旧山岸ゼミ生への宿題】次の日本文を argue, assert, claim, insist, maintain を使って英訳してください。
一部の教師 はハンドスピナー (fidget spinner) は学業から生徒たちの気を散らすものだと言っている
彼は悪に応えるのに悪をもってするのでは正義は成立しないと言う
結局のところ人生は素晴らしいのだと言おう
彼女は彼女の父親の影響を受けて教師になったと言う
きみに全てを忘れてくれと言わなくてはならない。
彼は絶対に潔白なのだと言っておく
【付記】明海大学浦安キャンパスは、私が退職した翌月(2015年4月1日)に学長告示が出て、全面禁煙までの移行期間を1年と定め、2016年4月1日から敷地内が全面禁煙となった。時代に即応した当然の措置だ。

「面長な顔の形」という冗語的な表現

面長な顔の形」という表現を含む日本語の短文をネット上で5例だけ拾って下に掲載する。
面長な顔の形がお悩みのあなた。
面長な顔の形は、日本人の顔の中でも多い形です。
*この髪型は面長な顔の形に似合うと思いますか?
面長な顔の形がコンプレックスで整形しようか迷っています・・・
*前髪も顔の横に流れるようにセットすることで、横のラインが強調され、面長な顔の形が目立たなくなります。

 日本人が日常的に口にする言い方だが、よく考えてみると、「面長」という句がすでに「顔が長めなこと)」という意味だから、「顔が長めの顔の形」と言っているようで冗語的だということになる。
 英語で言えば、an oval face shapeということだが、oval 自体はshaped like an gg卵の形をした)という意味だからoval face と表現してもおかしくない。
 私なら、上の例は全て、単純に「面長」の1語で済ませる。また、それで十分に意味は伝わる。以下の如しだ。すっきりしていると思うのだが…
面長がお悩みのあなた。
面長は、日本人の顔の中でも多い形です。
*この髪型は面長に似合うと思いますか?
面長がコンプレックスで整形しようか迷っています・・・
*前髪も顔の横に流れるようにセットすることで、横のラインが強調され、面長が目立たなくなります。

「面長(おもなが)」の英語訳 ― その他、顔の形と英語対応語

ある日本人が書いた英会話の本の頁をインターネットで拾い読みしていたら、体に関する諸表現が出てきて、その中に「彼は面長だ He has a long face.」とあるのに気付いた。だが、long face は「面長(おもなが)」と言うよりも、文字通り「長い顔」ということだ。文脈によっては「長い顔」、「長細い顔」という日本語も使える。(例:I have a long face but my younger sister's is quite round. 「私は細長い顔をしてるけど、妹はまん丸なのよね」)。an oblong face と形容してもよい。

 「面長」とは「顔が長めなこと、やや長いこと」を言うが、「顔が長いこと」とは少々異なる。それに、have a long face と言えば、日常的には look sad, look unhappy, look disappointed、すなわち「沈んだ、晴れやかでない、浮かぬ顔をしている」といった意味で用いられることの多い慣用句だ。たとえば、 

Why do you have such a long face?

    ―I failed the bar exam again.

というように用いる。「どうしてそんな浮かない顔をしてるの?」(「司法試験にまた落ちちゃったよ」)ということだ。したがって、「どうしてそんなに面長なの?」ではない。ただし、この表現(a long [an oblong] face)を聞けば、英語圏の人々は馬の長い顔 (a horse face) を連想するだろう。

 

a2 aそれでは「面長」に相当する英語は何か?英語圏の人々にとって、「面長だ」に相当する英語は have an oval face (昔、美人の典型とされた《うりざね顔》は「やや面長」と形容できるから、やはりoval faceで表せる。日本人女優では、私はすぐに、左写真にある天海祐希(あまみ ゆうき)を思い浮かべる。典型的な面長美人だ。ファッションモデルの菜々緒の顔立ちもそうだ。

 アメリカ人女優ならJessica M. Alba (右上写真)を思い浮かべる。シンガ―ソングライターの Katy Perry、ファッションモデル・女優の Sienna Miller なども同類だ。

 

 ちなみに、日本人はよく「卵形の顔」と表現する。英語で言えばan egg-shaped faceだ。だが、英語圏では人の顔をegg-shapedと形容することは日本人ほどには多くない。英語圏では、これもoval face に含めてしまえるからだ。ちなみに、ovalの語源は「卵(egg)の」ということだ。an oval, egg-shaped faceと表現することも出来るが、その語源からも推測出来るように、冗語的な言い方に響く可能性がある。

 

sc  a long [an oblong] face の例を同じくアメリカ女優に採れば、Sara Jessica Parker (左写真)だ。また、同じく女優のLiv Tylerも同類だ。有名なカナダ人女性歌手Celine Dion (右写真)long [oblong] face の典型例に挙げられる。 ブラジル出身でアメリカを中心に活躍するファッションモデル・Giselle Bundchen、プエルトリコ出身のファッションモデル・Joan Smalls の顔立ちもこのタイプに入るだろう。

 すでに分かったと思うが、「面長、即、long face」ではないのだ。したがって、某和英辞典が収録している「容疑者は長身で面長だった The suspect is tall and has a long face.」は、例文とその英訳との間にズレが生じていることが分かるだろう。


 ちなみに、顔を形容する場合、「丸形」はround、
「ひし形」はdiamond、「四角形」は square、「長四角・長方形」はrectangular、「三角形(オムスビ形)」はtriangular、「ハート形」は heart を使って形容する。(表現例:a round face shape, a round face, a round-shaped face 

I NEED TO TALK TO YOU, MARON.


NERO, ONE OF MY BELOVED SHIBA-DOGS
SOMETIMES LOOKS AS IF
SHE IS SAYING:


I WISH MARON, MY TWIN SISTER, WAS ALIVE.
I  NEED TO TALK TO HER.


MARON AND NERO

ANY DOG CAN BE A FRIEND OF MINE
BUT IT TAKES SOME DOG SPECIAL
TO BE  A SISTER OF MINE.

「マタニティブルー」と英語表現

Yahooニュースを見ていたら「孫はかわいい。でも...... 面倒をみるのが憂鬱。『孫ブルー』な祖母たち」という面白そうなタイトルの文字が目に入って来た(出典こちら)。その記事は次のように始まる。
子育てに奮闘する娘を助けたい。でも、毎日続くと負担も大きい。今さら断るわけにもいかないし...。
「マタニティブルー」ならぬ「孫ブルー」で鬱々とする祖父母世代がいる。【BuzzFeed Japan / 小林明子】

孫には、5種類のランドセルを買ってあげよう。月曜日は赤、火曜日は黒、水曜日は......。もうすぐ長女が出産する。河村都さん(70)は、待望の初孫との対面が楽しみでたまらなかった。ところが、出産予定日が近づくにつれ、湧いてきた感情は「不安」と「憂鬱」だった。(後略)
 
 幸か不幸か私はそういう《鬱々》とする機会に恵まれないが、職業柄、「マタニティブルー」に関連した英語表現には興味を引かれる。

 私の理解しているところを書けば、「マタニティブルー」は英語の maternity blues に由来している(blues の s が脱落した語形だ;ーs は/z/と濁る)。baby bluesとも、それに postpartum(産後の)を冠してpostpartum baby blues とも言うが、日常英語では baby blues がいちばんよく用いられるだろう。「マタニティブルーになる get baby blues 」のような言い方をよく見聞きする。postpartum depression という語もあるが、これは maternity blues、(postpartum) baby blues の深刻なもので、日本語では「産後鬱(さんごうつ)」と呼ぶものだ。これもやはり精神疾患の一種だ(たとえば、suffer from [experiencepostpartum depression 産後鬱に悩む [〜を経験する]」のように用いられる)。

 こういうさまざまな精神的負担を抱えながら、女性は自分の精神と身を削ってまでも新しい命をこの世に送り出してくれる。ちなみに私の母は(1904−1991年)は8人も子供を産んだ。私はその末子(ばっし まっし)だ。物のない時代に私たちきょうだいを飢えさせないように大切 に育ててくれた母に今も深く感謝している。私がこの歳になるまで人ひとり殺(あや)めずに来られたのはひとえに信心深かった母のおかげだ。

 上の記事に「『孫ブルー』な祖母たち」とあるが、亡き妻はそういう《ブルーな気持ち》を味わうこともなくこの世を去った。自分自身もきっとmaternity blues、(postpartum) baby blues を経験したのかも知れないが、生来、きわめて穏やかな性格の女性だったから、私の前ではそれらしい言動を一度も取ったり表わしたりしたことがなかった。

steal a desk と rob a desk の意味の違い(続)

昨日の某氏の記事には
(○) steal 金・物
(×) steal 人・場所
のように、 steal という動詞は直後に「人・場所」を従えないという意味の記述もあった。やはり我が国の《学校英語》《受験英語》ではよく指摘される語法だ。だが、現実的には、形式的 に見て、これも正確ではない少なくともミスリーディングな書き方だ。たとえば、以下の実例を見てほしい。いずれも「」あるいは「場所」を従えている形式の例だ。

*You Guys Ever Steal An Old Person ?
*Why would someone steal an innocent woman  from her child? 
*Book Rodion Romanovich Raskolnikov, the protagonist of the novel is an ex-student living in Saint Petersburg who plans to murder and steal an old woman.
*Being a Medical doctor is just earthly and mundane, and a reasonable husband to be would not pass backyard and steal a young lady  because they are not yet married. 
*This is just another unfortunate and unnecessary case of someone abusing alcohol and then sitting behind the wheel where they then proceed to steal an innocent person  of their life with their fatally intrusive actions. 
*Together they steal an old man  from the place that smells of vegetables and escape to the top of the hill, where Bill will help them finish the race they started when they were young.
*Part 1 begins with Clare being a bit of a failure at magic, which is pretty normal for an apprentice like her. Meanwhile, while loading his van, Toby witnesses Necrolai swoop down and steal an old man.

*He alleged that business partners, keen to steal his firm,  had helped to organize charges against him. 
*At his latest rally in front of an adoring West Virginia crowd, he accused his “enemies” of trying to steal his office,  asking if they are just going to stand by and watch. 
*At 11:15, the City Attorney Ari Lavine stops in for a confidential meeting. The mayor joked earlier that the City Attorney has better views from his office and that if the attorney ever takes a day off, that he would steal his office.
*His sister — the bitter survivor of three failed marriages whose children have fled the country, “sick to despair of the situation in Egypt” — uses the pretext of the stolen ring to evict her brother from their shared apartment and mount a campaign to steal his office

これらの用例をよく観察すれば「steal+人」、 「steal+場所」の形式で、steal が「」や「場所」を従えていることが分かる。どういう場合にそういう形式が成立するかは上掲の用例が教えてくれるだろうから、各人でその点を確認してほしい。語法というものは、必要がなければ生まれないものなのだ。

【後刻記】大事な例を忘れるところだったが、Redd Stewart作詞“Tennessee Waltz”(我が国では故・江利チエミが歌って大ヒットした)の文句にMy friend stole my sweetheart  from me.と出て来る。

steal a desk と rob a desk の意味の違い

英語を中心とする教材の出版やサービスの提供を行なっている語学教育の総合企業A社のための《やり直し英語》ブログを書いているある人の頁に、 動詞としての steal rob に関して次のような説明があった。
stealとrob の語法を確実に押さえておかなければできない問題。
また受け身をきちんと理解しているかどうかも問われますね。
まずはstealです。
stealは<steal 金・物 from 人・場所>「(人・場所)から(金・物)を盗む」です。
直接、盗むものが目的語としてきています。

(○) steal 金・物
(×) steal 人・場所

一方、rob は<rob 人・場所 of 金・物>「(人・場所)から(金・物)を奪う」です。
「〜を襲う」というイメージで、襲われる人や場所が目的語になります。

(○) rob 人・場所
(×) rob 金・物

まずは目的語に何をもってくるのか、ここをきちんと押さえてください。
あとは動詞によって使い分ける前置詞(fromかof )に注意してください。

 この説明の仕方は日本人教師が steal rob の使い分けを説明する時にしばしば採用するものだが、「(×) rob 金・物」という説明は正しくない。なぜなら、たとえば、rob a deskのように言うことができるからだ。
steal a desk
rob a desk
d この両者は共に正しい。大事な意味の違いは前者が、「物(この場合はdesk)」を中身ごと盗んでそれをどこかへ持って行くという意味であり、後者は「物(この場合はdesk)の中にあった金めなものを盗む」という意味だ。つまり、前者の英語から伝わって来るのは、机はもとあった所にはないということだし、後者の場合は、机はもとあったところにそのままあるが、中身が盗まれるということだ。したがって、日本人にありがちな「(×) rob 金・物」という説明は正しくないということだ。

【追記】以上の説明から steal a safe rob a safe の両方が正しいということが分かるだろう(safe は「金庫」の意)。前者は「金庫(その物)を中身ごと盗む」という意味であり、後者は「金庫の中身を盗む」という意味だ。

give a ride [seat] とoffer a ride [seat]

現在、『スーパー・アンカー和英辞典』の「同乗」の項には、その用例の1つとして「社長のタクシーにt同乗させてもらって駅まで行った The president gave me a ride  [a lift ]  in a taxi to the train station.」というのがあるのだが、同辞典に目を通してもらっている某氏から、gave [offered] と表記してはどうかという提案をもらった。近くの項目の「当然」に、「若者がお年寄りに席を譲るのは当然だ]の英訳の1つとして It is quite natural that  young people should offer their seats to elderly people.というのがあるからというのがその提案理由のようだった。
 だが、give a ride [seat] offer a ride [seat] とは同義ではない。前者は実際に乗せること[席を譲ること]に力点があるが、後者は「乗りませんか [座りませんか]」と言って、乗車や席に座ることの提案・申し出に力点があるからだ。したがって、後者には申し出を受け入れる余地も、それを辞退する余地も残されている。つまり、提案のようにgave [offered] と表記するのは学習者・利用者には煩雑であり、ミスリーディングな情報になると言うことだ。
*He gave me a ride  [《Chiefly Br. Eng.》 a lift ]  to the train station.
 彼は私を駅まで車に乗せて行ってくれた
*He offered me a ride  [《Chiefly Br. Eng.》a lift ]  to the train station.
 彼は私を駅まで車に乗せて行ってあげるよ [あげようか] と言った

ご注意
無断転載禁止 HOME (C)
山岸勝榮英語辞書・教育研究室
記事検索
書籍
.后璽僉次Ε▲鵐ー和英辞典[第3版]
∧埆玄膣粥山岸勝榮
3惴Χ軌藹佝


.▲鵐ーコズミカ英和辞典
∧埆玄膣粥山岸勝榮
3惱研究社


.后璽僉次Ε▲鵐ー英和辞典
[第4版]
∧埆玄膣粥山岸勝榮
3惱研究社


.后璽僉次Ε▲鵐ー英和辞典
[第3版] (CD付き)
∧埆玄膣粥山岸勝榮
3惱研究社


.后璽僉次Ε▲鵐ー英和辞典
 [第3版] (CD無し)
∧埆玄膣粥山岸勝榮
3惱研究社


.后璽僉次Ε▲鵐ー和英辞典
 [第2版] (CD付き)
∧埆玄膣粥山岸勝榮
3惱研究社

.后璽僉次Ε▲鵐ー和英辞典
 [第2版] (CD無し)
∧埆玄膣粥山岸勝榮
3惱研究社

ヽ擇靴犲典スーパー・アンカー英和辞典[CD-ROM]―for Windows
学研電子辞典シリーズ
∧埆玄膣粥山岸勝榮
3惱研究社
書籍
|姥貲郢
一番知りたい暮らしの英語
∋慨濔+
小学館


,垢阿砲任る
海外インターネット活用事典
[監修]山岸勝榮
 [執筆]関根紳太郎
小学館


100語で学ぶ英語のこころ
 日本人の気づかない意味の世界
∋慨濔+董Υ愃紳太郎
8Φ羲


.好圈璽舛里燭瓩離罅璽皀英語
∋慨濔+董L.G.パーキンズ
4歔吋薀ぅ屮薀蝓


 ̄儻豢軌蕕伴書
∋慨濔+
三省堂

 ̄儻譴砲覆蠅砲い日本語をこう訳す
∋慨濔+
8Φ羲匳佝

仝世┐修Δ埜世┐覆け儻
∋慨濔+
8Φ羲匳佝

 ̄儻譴量ね
D.Graddol著・山岸勝榮訳
8Φ羲匳佝

.罅璽皀英語のすすめ
∋慨濔+
4歔吋薀ぅ屮薀蝓
Archives
  • ライブドアブログ