金鷲の夢(頼むぞナッシー)

クラッチ東北の鷲よ不死鳥となれ!

来た来た楽天!

楽天7−6オリックス

内野陣の拙守に足を引っ張られたとはいえ、試合すら作れなかったエースの背信投球にガッカリし、3連勝の期待が急速に萎んでいくところに、追い打ちをかけるような青山の登板。
へっぴり腰で逃げ腰な投球をする青山は、味方の追撃ムードを高めるような場面で攻めの投球をするイメージがなく、「ここで青山ねえ」と眺めていると、オリックスの下位打線は元気なく、青山は三者凡退でマウンドを降りてきた。
青山の投球にこれといった変化はなかったが、敵の攻撃を短時間で終えたことは反撃のキッカケになったことはたしか。

八回裏、ネクストバッターズボックスでバットを振るのは、怪獣アマダーと恐竜ペゲーロの二頭。
ウィラーを加えたこの三選手は、いずれも場外弾を打てるパワーの持ち主で、芯を外してもホームランにできる超ド級のアーチストたち。
ピストル打線と揶揄された昨年とは真逆で、今やリーグ屈指の長打力を誇るチームに生まれ変わった。

先頭打者はこの日すでに1本打っているアマダー。
オリックスベンチも万全を期して変則サイドスローの比嘉を投入したが、この日の比嘉は、外に逃げるカーブが抜けてことごとく真ん中に入るノーコン状態で、ホームランにできるチャンスボールが何球も来たが、力んだアマダーがこれを打ち損じて追い込まれてしまう。
普通はこれでコースに来た変化球を振らされて終わりなのだが、最後の球がなぜか甘めの半速球になり、アマダーのバットが届くところに来た。
すくい上げた打球は上がりすぎてセンターフライかと思われたが、打球は落ちてこないどころか、やがて背走するセンターが全力で走り始め、フェンス際まで来たところで振り返ったが、アマダーの打球はその遥か上を越えて行きバックスクリーンの手前に落ちる堂々たるホームラン。

慌てたオリックスベンチは、前日、変則左腕の海田からワンバウンドながら場外弾を放っているペゲーロに、左の松葉をぶつける謎の継投策。
ざわめくスタンドが静まる間もない初球、フルスイングしたペゲーロの打球は、前夜の軌道を上回る弾道で東北の夜空に消えていく同点ホームラン。
コボスタが優勝決定試合かのように騒然となっている間に、いつの間にか出塁していた藤田がワイルドピッチで生還し、あれよあれよの逆転劇だ。

5連敗のロッテとの差は6.5となり、自力でCS進出の可能性も復活した。今日は初のパ・リーグ相手の三タテと初の4連勝がかかる試合。
そろそろ派手な勝ち方も観たいものだ。

※ 昭和男さん、TERUさん、拍手コメントありがとうございます。


助っ人外人揃い踏み

楽天4−3オリックス

苦手の金子相手にリードを許す苦しい展開になりながらも、助っ人の働きで八回裏に逆転すると、九回は松井裕樹が二死満塁まで追い詰められながらも、中島を遊ゴロに討ち取ってゲームセット。
何度も跳ね返されてきた借金ひと桁の壁を越え、ソフトバンクに敗けた三位ロッテとの差を7.5ゲームまで詰めた。

進塁打も送りバントもまともにできない不器用打線が、この日はタイムリー2本と助っ人の特大アーチ2本で4点を獲った。
しかし見逃せないのが、若い安樂とリリーフ陣をうまくリードして、最少失点で凌いだサブキャラ足立の好リード。

立ち上がりの安樂が、オリックスのルーキー吉田にタイムリー2ベースを打たれ、尚、一死二塁となった場面。
四番、T-岡田への初球はインハイのストレート。
やや高くボール気味の球だったが、この日の球審・山本がストライクコールをすると、二球目はそこから落とすフォークで空振りを獲り、三球目は釣り球のストレート。
これを外勝負の伏線とみたT-岡田が踏み込んで打つイメージをしているところに、初球と同じインハイのストレートで見逃しの三振。

それを見ていた五番の中島には一転してカーブ2球であっさり追い込むと、三球目は一球外す高めのストレート。
これで「また外への変化球勝負に戻るパターンか!」と思わせて、今度は意表をつくインローのストレートでまたもや見逃し三振。

この足立のリードで混乱した中島を5タコに封じ、打線を分断したことが、11安打4四球を許しながらも3点に抑えられた要因である。

最大の難敵をクリアした楽天だが、明日も前回ひねられているディクソンだけに、則本のピッチングがポイントになる。
エースが二度続けて連勝ストッパーになるようじゃAクラスなど夢のまた夢。
QSなどとケチなことを言わず、完封でもして「やはりやる時はやる」というところを見せてもらいたいものだ。

※ おずさん、拍手コメントありがとうございます。


茂木の快足3ランでカード勝ち越し

ソフトバンク7−5楽天

追い込まれた最終回、茂木のバットから、自らも生還する3ラン・ランニングホームランが飛び出し、楽天が再逆転勝ち。
三バカコーチのおかげで、送りバントひとつもまともにできないチームになってしまったが、得体の知れない勝ち方は身につけたようだ。

初戦で放った島内のカス当たりは、マウンドを駆け下りたサファテが正座をしてしまうという怪打で、この日は茂木が「捕れそで捕れない」ムービングヒットを放ち柳田を幻惑した。

楽天が首位ソフトバンクに意味不明の勝ち越しをしている間に、ロッテがハムに3連敗。
ここに来て二強に挑んだ反動が出てきたようで、三位ロッテがようやく失速モードに入ってきた。

先日は絶好調唐川が離脱、この日先発の古谷が打球を左手に受けて長期離脱と、完全に歯車が狂ってきた模様。
楽天も明日は我が身だが、主力の怪我は序盤戦でひと通り済ませているので、確率的に最後まで行けそうではある。

ペゲーロはどこが打てないというわけではないが、疲れてくるとどこも打てなくなるタイプのようだ。
代わってアマダーが打率を上げてきた。ストレートを右へ変化球を左へ打ち始めたら、再び長打連発モードに入りそうな感じで、それにつられてウィラーが調子を上げてくれば、野球が下手な打線でも連勝ができそうだ。

今日は再び安樂-金子のマッチアップ。果たして柳の下に二匹目のドジョウがいるかどうか。

※ おずさん、拍手コメントありがとうございます。


中田を打てず塩見を見殺し

ソフトバンク2−3楽天

当たり損ねのピッチャーゴロで失った1点を、当たり損ねのピッチャーゴロで返してもらうという奇妙な展開で、勝ち投手の権利が菊池からミコライオに移動した。

この日もデスコーチ三人衆が大活躍し、危うく勝てる試合を落とすところだった。
森山のデス指導で安定感を失ったミコライオは、またもやホールド失敗。
嶋の逆アシストがあったものの、先頭打者を歩かせてしまったことがキッカケでチャンスを拡げられたわけで、クソコーチの悪影響がミコライオらしさを奪ってしまったようた。

三塁コーチャーの真喜志も救いようがない。
四回表、ウィラーの三ゴロを弾いた松田が、まっすぐ投げれば走者に当たる三塁側の特設スタンドまで捕りに行っているのに、無能三塁コーチャーの真喜志は「止まれ!」の指示。
無視して突入した茂木は余裕の生還なのだから、もはや何も考えずに指示していることは明らかで、今後、走者の判断に任せたほうがいいのではないだろうか。

この日も11安打を放ちながら、犠飛と敵失ふたつでの3点だけ。
磯部コーチのピンボケ指導が得点力を下げている可能性は極めて高く、打線の援護があれば勝てる投手力があるだけにもったいない。

昨秋は、オーナーゴリ押し監督の進退がハッキリせず、目ぼしいコーチの所属先が決まってから組閣に動き出したと思われるため、他球団から声の掛からなかったコーチしか残っておらず、OBも手薄な楽天はまともな人事ができなかったのだろう。

ソフトバンク5−0楽天

捕手がリードのヌルい鶴岡から細川に替わると、たちまち3安打完封敗け。四球を6個ももらいながら、それをまったく活かせない。
中田が好投する時のパターンと言えばそれまでだが、今季は先発投手の球威が落ち始める中盤以降しか得点できない試合が多く、常に苦しい展開で戦っている印象が強い。

かなりチーム状態が悪い今のソフトバンクに敗け越すようじや情けないので、今日は東浜を早めに攻略して、先発投手を見殺しにしない野球をしてもらいたい。

※ TERUさん、昭和男さん、おずさん、拍手コメントありがとうございます。


乗れない元凶はこのコーチたち

オリックス4−4楽天

松井稼頭央が3打点と気を吐いたが、若い二遊間とセットアッパーのミコライオが機能せず無念の引き分け。
戦力が揃ってきたにもかかわらず、それが勝ち星に繋がらない楽天のウィークポイントが浮かび上がるような試合だった。
比較的安定していたミコライオが大乱調になった原因として思いつくのが、先日の試合中のリポートで、「森山コーチはミコライオ投手について、もっと走者に気を配るようにして欲しいと言われていました」というコメントである。
この男は、32歳のベテラン投手が、クイックや牽制の重要性を知らずにここまで来たとでも思っているのだろうか。
そこを切り捨てて球威と制球力を取ったから、ミコライオはクローザーやセットアッパーとして結果を出せたわけで、そんなことすら解らない人間にコーチなどできるはずがない。

この試合も好機をことごとく潰し、『点を獲るのが下手な打線』であることを証明してしまった楽天。
その原因はどうやら礒部打撃コーチにありそうだ。
先日、高梨に完封された試合、三回までに五人の打者がフライを打ち上げてアウトになっているにもかかわらず、同コーチは「目付けを上げて」とトンチンカンな指示を出したことがある。
コーチが状況に応じた指示ができないのに、選手がケースバッティングなどやりようがなく、少なくとも攻撃の作戦担当コーチというのは不向きと言わざるを得ない。

今年の楽天は好走塁が少ない割りに暴走が多い。
この試合でも、八回、二死二塁から代打の島内がライト前のヒットを放ったにもかかわらず、俊足の岡島に「止まれ!」の指示を出した真喜志コーチ。
接戦の終盤、二死からのヒットで際どいタイミングなら勝負するのが当然で、松井稼頭央のタイムリーがなければ敗因になっているところだった。
以前は、本塁の2メートル手前でアウトになるような指示をウィラーに出したこともあり、どうやら状況が頭に入っていないタイプらしい。
十回表の攻撃では三塁走者の嶋がワイルドピッチを頭に入れておらず、スタートが大きく遅れたことで生還できず。
自身が当事者になるかもしれない捕手の嶋ですらそれだから、走塁の意識が低くて当然。
このコーチも適任者でないことは明らかで、来季は少なくとも配置転換が必要だろう。

明日からは首位攻防戦でくたくたになっているであろうソフトバンクとの三連戦。
春先は歯が立たなかったが、今のチーム状態なら互角以上の戦いができそうだから、借りを返すつもりで臨んでもらいたい。

※ 昭和男さん、おずさん、拍手コメントありがとうございます。

則本まさかの大乱調

オリックス11−1楽天

150球超えの疲労か、オリックスとの相性か、はたまた京セラのマウンドが合わなかったのか、それとも精神的なものなのか、則本が序盤で6点を失う大荒れ投球で4連勝の扉を開けなかった。
ここに来て4連敗と首位争いの反動が出てきたロッテとの差を詰める絶好のチャンスだったが、投打に精彩を欠き完敗してしまった。

プロ入り四年目の投手が今更京セラのマウンドが合わないというのもおかしな話で、やはり夏場に150球も投げた疲れと、絶好調にもかかわらず敗け投手になってしまった精神的なダメージが原因か。
星野監督が一時期、小関を育てようとしたのも、シーズンを通して投手陣を保たせることができない嶋のリードに問題を感じていたからだろう。

先発投手の球数を減らせばイニング数を稼げるので、リリーフ陣の負担が減り、後半勝負で勝ちを拾えるし、投げ過ぎが原因で毎年ブルペンを再編成するリスクも下がってくる。



独断采配の星野氏が監督なら間違いなく足立を正捕手に固定するが、調整型の梨田監督は、球団やファンの評価を無視してまで自身の考えを通すタイプではないので、今後も足立と嶋を併用していくだろう。

FA権を持つベテランが正捕手で、若手が二番手という組み合わせなら併用可能だが、楽天のような逆の組み合わせの場合、FA権を持つ嶋は出場機会を求めてチームを出るだろうから、足立が故障すると二番手捕手のいない楽天は、まともに戦えなくなってしまう。

ディクソンの魔球ナックルカーブが面白いように決まっていたので、三塁手のモレルあたりを狙ったセーフティーバントなどやってみたいところだったが、打線には外国人が三人も入っているし、島内は体重増で以前ほど足が速くなく、走れるのは茂木くらいのものだから、ひたすら打つしかない。
ここはディクソンのデキが良い日に当たったと諦めて、勝ち越しだけは死守してもらいたい。

※ 昭和男さん、おずさん、拍手コメントありがとうございます。


安樂が難敵に投げ勝つ金星で今季初勝利

オリックス0−3楽天

安樂が7回をゼロ封し今季初勝利を挙げた。
甲子園最速の155キロをマークした剛球派のイメージだったが、肘の故障後に投球スタイルを変えたのか、緩急とコーナーに投げ分ける投球で102球を投げ切った。

打線は天敵の金子を打てず、この日も六回まで無得点だったが、七回表、ウィラーが縦割れのカーブを狙い打つ23号ソロをレフトスタンド上段に叩き込み、好投を続ける安樂に貴重な1点をプレゼント。

この裏、勝利を意識したのか、先頭のT-岡田を歩かせてしまうが、なんとか中島を併殺に討ち取り、先発としての仕事を全うした。

難敵金子を安樂で沈め、今日はエースの則本が先発予定なので、連勝をもうひとつ積み上げてもらいたい。
残り37試合、五割を達成するためには24勝13敗というハイペースが要求されるが、6連勝くらいを二度やれば可能な数字である。
貯金1でフィニッシュして、ロッテがそれを上回れば仕方がないので、楽天としては、とにかく借金返済に向けてひとつひとつ戦って行くだけである。
則本は前回登板で150球以上投げているので、足立の省エネリードで球数少なく、できれば七回くらいまで投げてくれれば、安定したリリーフ陣で逃げ切ることができる。

※ おずさん、昭和男さん、拍手コメントありがとうございます。


火を吹くアマダーが唐川をからっと唐揚げ

楽天3−1ロッテ

前日は弱いチームの特徴である、『勝つときゃバカ勝ち』をやらかした楽天。
この日は苦手コボスタで投げる美馬が先発の上、頼りのウィラーまで体調不良で欠場と、勝てる要素の少ない条件だったが、アマダーの二戦連発のホームランを投手陣が守りきり、遅ればせながら三位ロッテに連勝。

足立がフロントドア、バックドアを上手に使って打者に的を絞らせず、ロッテ打線を『スミ1』に抑えてみせた。
細山田が中畑に干される前、「変化球は内から外へ」という球界のセオリーを破り、蘇らせたリードが今頃になって大流行。
先日、則本が先発した時には、嶋までが面白がって、三振獲りゲームに右打者へのフロントドアを連発していたが、本来、踏み込んでくる強打者に釘を刺すための技術だから、あまり使い過ぎると狙われて長打を喰らう危険な球でもあるので、リードの下手な捕手が黒田のモノマネでやっていると、そのうち痛い目に遭うだろう。

先発投手の球数を減らすため、細山田が封印されていた扉を開いたら、「コーチの指導を無視するヤツ」として干されてしまったが、メジャ帰りの黒田がやると、ありがたがって、たちまち球界全体に広まってしまうのだから、NPBには自分の頭で考えることなく、権威に倣うだけの指導者がいかに多いかということである。

速いストレートは打てないアマダーだが、140キロに届かない唐川のストレートや阿部のスライダーなら、ホームランが期待できる状態になってきたようだ。

これで楽天の借金は11。
今季の目標はあくまで五割だから、ロッテが失速することなくCSに届かないのはシーズンの展開だから仕方がないが、もつれていれば三位もあった、と思える位置にまで押し上げてフィニッシュしてもらいたいものだ。

今日から調子を上げてきたオリックスとの三連戦。
先発予想の安樂には、そろそろ荒くとも若さを感じさせるピッチングを期待したいが、甲子園で素質を削られた投手だけに、どこまで目一杯の投球ができるのか、そのあたりに注目して試合を観ることにする。

※ TERUさん、昭和男さん、おずさん、拍手コメントありがとうございます。


まずはチームを腐らせた汚染土壌を処理せよ!

楽天0−2日ハム

高梨のデキが抜群に良かったとはいえ、3安打完封敗けで力投する則本を見殺したのは痛かった。
高梨攻略に失敗した要因には、「ゾーンを上げて」という磯部コーチの指示が裏目に出たところもある。
この日の高梨は、楽天の首脳陣がイメージしていた、低めの変化球で誘ってくるだけの投手ではなく、高めのストレートにも威力があったため、球威に圧された楽天の打者が簡単にフライを打ち上げ、助けてしまった。

おまけに嶋が三振獲りゲームに興じた結果、高梨のパフォーマンスが落ちるまで則本を引っ張ることができなかったことも堪えた。
いくらなんでも8回で150を超える球数は異様で、嶋はもっと『打ってもらう』リードを心掛けなければ、投手陣を疲弊させることなく永いシーズンを乗り切ることができない。

楽天1−2日ハム

無死一三塁で三、四、五番を迎えながら、無得点に終わった八回が直接の敗因だが、進塁打や走塁、送りバントなど、お膳立てをするところでのミスが目立ち、つくづく「楽天は野球がヘタになった」と感じる試合だった。

後藤のような、まったくチームプレーができないベテランを獲ったことで、攻撃の繋がりがなくなり、個々の能力だけでしか点が獲れないチームになってしまったようだ。
秋田のファン欲しさに、オリックスが見切ったロートルを獲ったことも愚かだが、複数年契約が切れた昨年末、再契約したことが恥の上塗り。

幸い三好の台頭で二遊間は充実してきたので、やっと疫病神と手を切ることができる。
後藤がチームを出たとたん、オリックスがソフトバンクと優勝争いをしたように、楽天の上位進出も、最下位請負人やブルペンの癌コーチなどを排除してからになるのかもしれない。

※ おずさん、昭和男さん、拍手コメントありがとうございます。


リリーフ陣の奮闘で延長を制しハムに先勝

楽天4−3日ハム

両軍決定打を欠き突入した延長十一回裏、銀次の2ベースからつかんだ無死満塁の好機で、島内がレフトにホームラン性の大飛球を打ち上げてサヨナラ勝ち。

先発の安樂は5回3失点と一応試合は作ったが、中田にはインコースのストレートを簡単に弾き返され、市川にはアウトローのボール気味の球を二度も易々と捌かれるという物足りない内容。
年齢の割にはゆるい体型でスタミナもなく、若々しさの欠片も感じない投球は、未来のエース候補というよりも「甲子園で終わった投手」というのが正直な感想だった。
足立の好リードがなければ早々にKOされていただろうし、老成した雰囲気は斎藤佑樹と同じ匂いを漂わせている。

ペゲーロに待望の一発が飛び出した。
懐をついた有原のストレートは決してど真ん中というわけでなく、少し厳しめのインコースだったが、キレイに肘を抜いて振り切った。
これで各球団一回りしたのだが、おそらく他球団のスコアラーからの報告は、「どのコースも球種もまんべんなく打っており、これと言った弱点は見つからない」という内容になっているのではないだろうか。

アマダーは有原のストレートに振り遅れ気味で、速い球をレフトスタンドに叩き込むのはムリそうだが、バットコントロールは巧みなため、ストレートをファールにして、変化球をホームランにする可能性は残されていそうだ。

一二打席目はいい仕事をした今江だが、勝負所の七回には送りバントができずミソをつけてしまう。
後藤とは比べ物にならないくらい良い選手だが、則本や藤田よりも高い年俸で移籍してきただけに、表面的な数字よりも、勝負を決める打撃と「さすが!」と言わせる守備で貢献してもらわないと、「今江が抜けたロッテは強くなったが、貰った楽天は逆に弱くなった」などと言われてしまう。

この試合、真のMVPは安樂が残した一死一三塁の絶体絶命のピンチを凌いだばかりか、次の回もゼロで抑えてみせた金刃だろう。
腕を下げたことで左打者に対しての優位性が増したし、今季はコントロールもいい。
西宮とともに使える左のワンポイントが二枚もいるなんて贅沢な話で、楽天のブルペン陣は序盤の大崩壊がウソのように充実してきた。
松井裕樹も安定してきたし、ミコライオもまずます。これでサブちゃんが本調子になってきたら、連戦が続くこれからのひと月を乗り切るにための、大きなアドバンテージを得ることになる。

やはり足立のリードには安定感がある。
解説の川崎氏が絶賛していたインコースを続けるリードも、普段、散らす配球の足立がやると効果絶大である。
打撃でも勝ち越しのキッカケとなる2ベースを放ったし、疲れが出るころに嶋が戻ってきたことで、今季を乗り切るめどが立った。

今日はエースの則本。
そろそろチーム状態の良さを示す、投打で圧倒した試合を見せて欲しいものだ。

※ TERUさん、おずさん、拍手コメントありがとうございます。


残塁の山を築く拙攻で痛い連敗

ロッテ4−0楽天

初戦をハッスルプレー連発の逆転勝利で飾りながら、突然、拙攻病を発症して連敗。
チーム状態は間違いなく上向きなのだが、それが結果に結びつかない。

藤田はハマスタで大活躍して古巣のファンを嘆かせたが、今江はロッテファンに「二億の価値がある男」と認めさせることができなかった。
打撃ベストテンで三割をマークしているのは角中だけという、近来まれに見る投高打低のパ・リーグで、三割打っているのは立派なのだが、年俸に見合うだけの働きとは言えない。
自慢の守備でエラーを連発したことが、イマイチ乗り切れない原因かもしれないが、国内助っ人として、そろそろ繋ぎの打撃だけでなく、勝負所での一本を期待したい。

この三連戦で飛び出すか?と思っていたペゲーロの来日第一号は、日ハム戦以降におあずけとなった。
打球の上がるウィラーと違い、ペゲーロの打球はラインドライブがかかるため、バットの芯に当たってもなかなかフェンスオーバーしないのだろう。

また仕切り直しになってしまったが、チーム状態が良ければ必ず連勝できるので、それほど心配することはないが、不安の期待が萎んでしまう前には、来季に繋がる強い楽天の姿を見せて欲しいものだ。

※ TERUさん、昭和男さん、おずさん、拍手コメントありがとうございます。


釜田が試合を作れず連勝止まる

ロッテ5−3楽天

リリーフ陣の宮川、金刃、福山が後半の4回を無失点リレーで凌ぎ、逆転勝ちのお膳立てをしたが、打線が好機でことごとく凡退し、直接対決での痛い敗戦を喫した。

先発の釜田はシュート回転したストレートがど真ん中に入るという、どうしようもない状態で、試合を作るという先発として最低限の仕事もできなかった。

満塁でペゲーロ、銀次という好調な打者に打順が回ったが、敗ける時はこんなもの。
連勝を続けるためには運も必要で、勝負のアヤは楽天に味方しなかったということだ。

打線はおおむね好調で、ブルペンも揃っている。
序盤戦は上位チームが強く、なかなか連勝できるような環境ではなかったが、今はとても歯が立たないほど強いチームはなく、楽天の快進撃は時間の問題である。

二木が7勝目を挙げ、新人王レースで茂木のライバルに浮上してきた。
生涯で一度しかチャンスがないタイトルなので茂木に獲らせてやりたいが、勝ち星を二桁まで伸ばされてしまうと、打者は苦しくなる。

今日の先発は『マリンの鬼』美馬。
クセのある球場とクセ馬は相性がいいのか、風を味方にしたピッチングが冴えている。
期待すると裏切られるので要注意だが、せめてマリンでだけは『期待に応える』美馬であって欲しいものだ。

※ TERUさん、おずさん、拍手コメントありがとうございます。


直接対決初戦をウィラーがフライングゲット

ロッテ2−4楽天

終盤に得点を重ねた楽天が粘るロッテを振り切って3連勝。
昨年の三位で辛うじて続投を勝ち取った伊東監督は、ホームでCSファーストステージを戦える二位が欲しかったため、序盤から中盤戦にかけてムチを入れて戦ってきた。

しかし今年の日ハムは強く跳ね返された。ここに来て一転、狙いを三位死守に切り替えては来たが、前半戦で消耗したチームはやや失速状態。
対する楽天は、ファンがやきもきするくらいの手綱を抑えた戦いぶりで余力充分。
仮に三タテしてもゲーム差8と絶望的な現実だが、脚が上がったチームと爆発的な末脚を残したチームとの間では、何が起こるか判らないのが長丁場のリーグ戦である。

流れを引き寄せたのは七回、岡田のタイムリー2ベースで同点にされ、なお一死二三塁という場面で登板し、代打の福浦を三振、角中をセンターフライに討ち取った西宮である。
唸りを上げるストレートに振り負けまいとした打者が、高めのボール球に釣られて手を出すシーンが続出しており、中盤での切り札的な存在になりつつある。

勝負を決めたのは藤田。
ジャストミートした打球は、ロッテ外野陣の浅い守りをあざ笑うように、右中間フェンスに向かってコロコロと転がって行き、一塁走者の今江が長駆ホームイン。

ウィラーのタイムリーで2点差となり、余裕を持ってクローザーの松井裕樹に繋いだが、ここで嶋の悪いクセが出る。
田村にはストレートを3球続けてセンター前、岡田には0−2と追い込みながらボール球をふたつも要求し、結局歩かせてしまう。
嶋は自分が目立ちたいものだから、どうしても余計な迷彩を施して墓穴を掘ふ傾向がある。

「あれは何だ!」
「鳥だ!」
「飛行機だ!」
「いやウィラーだ!」
六回裏、スーパーデフォルメされたスーパーマンが、井口の放った2ベース性のライナーに向かって横っ飛び。
あわや同点というピンチを救ってみせた。
痛いところがなくなったのか、絶好調の打撃に加え、守備でも発するプレーを連発。
するとウィラーの守備に触発されたのか、八回には怪我を恐れぬ島内のダイビングキャッチが飛び出すなど、ムードメーカーに乗せられたチームは、いよいよ奇跡のCS進出に向けてスイッチが入ってきた。

ペゲーロは来日初ホームランこそ出なかったものの、この日も三安打の活躍。
どうやらパワーとミート力を兼ね備えているのは間違いないようで、三番打者として定着しそうだ。

役者は揃った。
あとは接戦での勝負のアヤがどちらに転ぶかというところ。
まずは今日勝って、借金とロッテとのゲーム差を一桁にしてもらいたい。

※ TERUさん、おずさん、拍手コメントありがとうございます。

ロッテ追撃ののろしを上げる再逆転勝ち

楽天6−4西武

1点ビハインドの六回表、辛島が一死からメヒアに三遊間を割られると、ベンチは辛島を早々に諦めて宮川へスイッチ。
二死走者なしから3失点した二回のピッチングも、メヒアに与えた四球からだったので、また同じ打順が巡ってくるこの回、ひとりでも走者を出せば交代と決めていたのだろう。
宮川の3球目、浅村の打球は痛烈なピッチャー返しだったが、プレートに当たって減速するとセカンドベース後方に回り込んだ茂木が6−4−3を成立させた。

七回、イニングまたぎの宮川が先頭の栗山に2ベースを許すと、渡辺直の送りバントで一死三塁となった場面で今度は左の西宮を投入する。
この日の西宮はストレートが走っており、代打の山川と炭谷を7球で二者連続三振に斬ってとる。

継投成功で流れを引き寄せた楽天はその裏、一塁線を痛烈に破る2ベースで出塁した聖澤を藤田が送り一死三塁の好機を作る。
初球のボール球を見送った嶋は2球目のフォークをスクイズ。
かなり落差のある球で簡単ではなかったが、膝を曲げることでバットをフォークリフトのように素早く下げて投手前に転がした。
勢いのついた楽天打線は、救援で出てきた左の野田も島内と茂木が連打を浴びせて4−3と逆転すると、両外人の四死球で5点目、さらに銀次のタイムリーでダメ押しの6点目を奪った。

茂木が復帰後初のマルチヒット。
牽制で誘い出された金子にタッチしようとして落球した守備のミスはあったものの、左の変則投手にも腰を引かず、アウトローの難しい球を弾き返した逆転タイムリーはさすが茂木という感じ。

先制タイムリーを放ったペゲーロは、変化球に崩されることなく左右に打ち分けており、どうやら日本の野球に馴染めそうだ。
併殺になった五回のピッチャーライナーなど殺人的に速い打球で、ここまでホームランが出ていないのが不思議なくらいのパワーを秘めている。
逆に限界を見せつつあるのがアマダーだ。
素晴らしい2本のホームランが光るが、打った相手が調子落ちの西野と二線級の山田で、主力級の投手からは打てそうにない。
どうやら速いストレートには対応できないようで、それを打とうと始動を早めるとボール球の変化球を振らされてしまうということの繰り返し。
スタメンで起用するよりも、打てそうな投手を選んで代打で使ってやったほうが、規格外のパワーが活きるだろう。

これで3カード連続の勝ち越しと徐々に追撃ムードが高まってきた。
日ハム三3連戦をはさんで6試合行われるロッテとの直接対決が山場になる。
ここ10試合の結果では、失点は楽天が31でロッテは33とほぼ互角だが、得点では45の楽天が24のロッテを圧倒している。
ここまでのチーム失策数もともに48だから、数字的には「楽天が打ち勝つ」試合が多そうだ。
ポイントはやはり三番を打つペゲーロになる。
四番のウィラーと五番の銀次が好調なため、その前を打つペゲーロにはストライク勝負が増えるはず。そこでペゲーロがここまで取って置いたホームランを連発すれば、一気にゲーム差を詰めることも可能ではある。
前半戦でムリな登板を強いられていない楽天のリリーフ陣は元気だから、打線が先発投手を援護できれば、中型連勝くらいを期待できるはず。

※ 昭和男さん、TERUさん、おずさん、拍手コメントありがとうございます。

島内の不思議パワー炸裂

楽天7−5西武

島内の満塁弾で突き放した楽天が、九回表、2点差で一死満塁というピンチを招いたものの、松井裕樹が三四番を連続三振に討ち取り、かろうじて逃げ切り勝ち。

ボーンヘッドの後に大仕事をやってのける島内の不思議ちゃんパワーが炸裂。
逆風のなか、どこをどう捻じればドン詰まりのフライがスタンドまで届くのか解らないが、気流のすき間を絶妙のタイミングですり抜けた打球がフラフラと右中間フェンスを超えた。

ウィラーが確変モードに突入した。
打球がいい角度で上がっているので、芯に当たれば長打連発が期待できる。逆にライナーばかりで来日第1号が遠いのがペゲーロ。
上がるのは本塁への返球ばかりで、なかなかUP砲アベックアーチとはならない。

則本が四年連続の二桁勝利を決め、松井裕樹が二年連続の20セーブをマークしたが、楽天がもたつく間にロッテが3連勝しているので、連日敗けられない試合が続く。

今日の先発は辛島。
西武の振ってくる打線を小さな変化球で交わせればいいが、ボール先行でストレートを狙い打たれるようなピッチングになると、初戦の美馬のようにレオ打線の餌食になる。
幸い打線は上昇傾向にあるので、相手先発が弱くなれば打ち合いでも勝てるはず。

※ おずさん、拍手コメントありがとうございます。


美馬が滅多打ちで痛い連敗

楽天4−10西武

初回にウィラーのタイムリーで先制したが、二回表、美馬が不運なヒットで打線を繋がれ大量失点。序盤で勝負が決まってしまった。
美馬は好投で期待を高めては裏切るといういつものパターン。

六回に21号ホームランを放ったウィラーが、20本で足踏みしていた松田を捉えてホームランダービーの三位に躍り出た。
メヒア、レアードとはまだ6本も差があるので、タイトルには届かないだろうが、マギーもジョーンズも果たせなかった30本の大台まで残り48試合で9本と、かなり可能性が高まってきた。

4日に一軍復帰した茂木は犠打をひとつ決めたものの4タコと打てなかった。
しかし守備ではイレギュラーした難しい打球を処理するなど、元気なところも見せており、目が慣れてくればまた打ち始める気配は感じた。

アマダーは速い球にはついていけないようで、相手先発によってベンチスタートとスタメンを使い分ける必要がありそうだ。

見せ場のない試合で下位球団に連敗と、期待はずれの結果に終わったが、何とか勝ち越してロッテとの直接対決に挑みたいことろ。
エースの則本が連敗を止めて、そのままロッテ3連戦まで5連勝が理想だ。


安樂好投も援護なく三タテ逃す

楽天6−1オリックス

日米墨の助っ人三人が全得点を叩き出し、釜田が再三の四球で走者を出すも粘りのピッチングで6勝目。
塁上の走者をホームランでキレイに掃除する、おおよそ楽天らしくない攻撃で快勝した。

インローを一閃したアマダーの打球は、テレビカメラが捕捉できない角度で飛び、スタンドの切れ間から場外に出て行く豪快弾。
状態の悪い投手や二戦級の投手が投げるストレートにはめっぽう強いようで、ダメ押しの一発でチームの勝ちを不動のものにしてくれるが、これからは、いい投手から長打が打てるかどうかが課題になってくる。

ウィラーが20号に到達。
残り試合数から大台の年間30本は充分に可能で、打点も90くらいまで伸ばせそうだ。
まだ29歳と若いことから、永く打線の軸を担ってくれそうだ。

楽天0−2オリックス

この日は安樂と金子の投げ合いで、被弾することなく7回を投げ切った金子に軍配が上がった。

ポイントとなったのは六回裏、先頭の足立が放ったセンター後方の打球を、一直線の背走からジャンピングキャッチした駿太のスーパープレイだろう。
その後、岡島がライト線の2ベースを、島内がセンター前のヒットを放っていることから、何点か獲れた可能性があったのだが、チャンスの芽を摘み取られたとこで、金子の踏ん張りを引き出させてしまった。

安樂はスピードを極端に抑えて制球重視のピッチング。
この日はコントロールも良かったし、変化球をかなり多めに配球した足立のリードも奏功し、8回を2失点と上々の内容だった。
このレベルの制球力を安定して発揮できれば充分ローテに入ってくるのだが、果たして今日のデキが良かっただけなのか、制球力自体が良くなったのかというところである。

三タテならず、またロッテとの差が広がってしまったことは残念だが、藤田と嶋がベンチでも、ちゃんとした戦いをできる戦力が整ったことは嬉しい限り。
足立も三好も復帰した茂木もノーヒットだったが、守りで貢献してゲームを壊さなかった。
ベテランが健在なうちに、将来のセンターラインが見えてくるのは珍しく、活発な新陳代謝が行われている証拠である。
おかげで疫病神を二軍送りにできたので、チームワークも少しずつ良くなってくるだろう。

今日からはソフトバンクに三タテを喰らい、オリックスと入れ替わりで最下位に転落した西武が相手。
弱っている敵は徹底的に叩くのが勝負の鉄則だから、まずは初戦を好調な美馬で獲って、一気に3連勝と行きたいところだ。

※ TERUさん、昭和男さん、おずさん、拍手コメントありがとうございます。


勝利を呼び込む三好の好守

楽天2−1オリックス

先発の塩見が7回1失点の力投を見せたが、打線も西の前に沈黙したため勝ち投手の権利を得ることなく無念の降板。
その後、福山が八回を三者凡退に斬ってとると九回はミコライオが登板。
ミコライオは先頭の糸井に足元を抜けていく打球を放たれたが、これを三好がギリギリのところで追いついて処理。
ミコライオと嶋のバッテリーなら、糸井はほぼ確実に盗塁を決めるため、出塁させていれば無死二塁になるところだっただけに、このファインプレーが持つ意味は大きかった。

九回裏、不振の藤田に代えてアマダー。
サヨナラホームランを狙うかと思いきや、アウトローのストレートをコンパクトにセンターへ弾き返して出塁すると、すかさず代走にオコエ登場。
ざわつくコボスタの雰囲気の中、ウィラーがセンター前のヒットで続くと、体調不良のペゲーロに代わり四番に入っていた聖澤には送りバントのサイン。
しかし一塁側に転がした聖澤の打球は、猛然とダッシュしたモレノに素早く捌かれてオコエが三塁で封殺される。
一二塁での送りバントは三塁手に捕らせるのがベストだが、二塁走者は快足のオコエなのだから、もう少し打球を殺していれば少なくとも一三塁にはできたはずで、勝てなければ戦犯になるところだった。

依然一打サヨナラのチャンスで、今江がライト左へのヒットを放ったが、ウィラーのスタートが遅れて生還できず。
これには梨田監督もたまらず、ウィラーを下げて阿部を代走に送る懲罰交代。
ライトは強肩の糸井とはいえ、横に動いて打球を処理したのだから、守備位置をしっかり確認していれば還ってこれたので、ポテトヘッドのボーンヘッドである。
1イニングにふたつもミスが出て、勝負の分かれ目になりそうな嫌な流れになったが、運はまだ楽天側にあったようで、銀次のコネた二ゴロが前進守備の狭い一二塁間を割る、このイニング4本目のヒットとなって楽天がサヨナラ勝ち。

この流れを作ったのは明らかに三好のビッグプレーで、このところ安定した守備が光る。
阿部に打力向上の気配がないので、これまで藤田を休ませるときには後藤を使わざるを得ない状況があったが、茂木が戻ってくれば疫病神を二軍送りにできる態勢が整うことになる。

勝ち星こそつかなかったが、塩見が七回まで投げてくれたおかげで、6連戦の初戦を福山、ミコライオだけで凌ぐことができた。

心配なのは体調不良で病院に向かったペゲーロである。
過去には唐揚げの食べ過ぎで欠場したザック・ラッツという助っ人がいたが、ペゲーロは一体何を食べ過ぎたのか?

今日の先発はここのところ内容のいい釜田。
好投した先発に勝ちがつかないとチームの勢いもついてこないので、今日こそ打線は早めの援護で、いい形の勝利を期待する。

※ おずさん、TERUさん、拍手コメントありがとうございます。


三タテを狙う楽天の前に涌井が仁王立ち

ロッテ2−0楽天

またもや涌井にひねられて、完封敗けを喫した楽天。
七回こそ一死満塁と攻め立てたが、聖澤と藤田が涌井の気迫に圧されて凡退し、その後、南、益田のリレーで逃げ切られた。

一回裏、巨漢のアマダーを狙った岡田のセーフティーバントが決まり、荻野が送った一死二塁の場面、角中の一二塁間を襲った打球を藤田が倒れこみながら好捕。抜けたと思った岡田が強引に本塁突入を敢行したが、ブロックした嶋の右ひざに阻まれタッチアウト。
一試合二回までブロックOKという理解不能の新コリジョンルールに救われたのだが、ホームベースを隠す捕手のブロックが走者の体当たりを誘発するということで、衝突回避のためのルールを作ったはずなのに、前回は走路にすら入れないというガラクタルールが批判され、シーズン途中にもかかわらず強引に切り替えた新ルールがこのありさま。
勉強のし過ぎで人間として大切な中心の部分が欠落したドーナツバカが、ルールを作るとこうなるのだろう。

せっかく岡田の暴走で失点を免れたのに、嶋のサインに首を振ってまで外から入ってくるスライダーを選択し、デスパイネに先制タイムリーを浴びた辛島の投球はもったいない。
デスパイネの弱点は、左のクロスファイヤーと外へ落ちるチェンジアップ。
インコースのストレートを2球連続で見送ったデスパイネは、外に目付けをしているのは明らかで、もう一球インコースにズパッと行けばよほど甘くない限り打たれないし、外のいいところにチェンジアップをコントロールできれば、ほぼ確実に三振がとれたケース。
ストレートを振りに来ていれば、抜く球も有効だったかもしれないが、「甘く入ったチェンジアップを右に打ってやろう」と考えているところに、真ん中付近のスライダーを投げたのでは捌かれて当然。

六回裏、荻野のライト線の2ベースで岡田を長躯ホームインさせてしまった島内の守備も物足りない。
あそこはおとなしくクッションボールを待っている場面ではなく、飛びついてでも止める姿勢が求められるところ。
結果論だが、1点差のまま七回の攻撃を迎えていれば、聖澤のレフトフライで今江は同点のホームを目指しただろうが、2点差のため自重したと思われる。

出てくるたびにファンを白けさせる後藤。
この試合でも、九回に代打として起用されたが、いつものようにど真ん中のストレートを見逃しクソボールをブンブン振っての三振。
優勝時の楽天はもっと考えたプレーをしていたが、後藤という状況を考えず自分勝手なプレーをするベテランが入ってから、チームワークも乱れてプレーの質が落ちた。
今季限りで後藤をクビにするのは当然だが、この役立たずを獲ったフロントの責任者(阿部井あたりか?)もクビにするべきである。

ペゲーロは初回、ホームにダイレクト送球をして暴投。
カットマンを狙って投げるという野球の基本を知らないようで、素人丸出しのヘッドスライディングといい、どうやらアメリカでは何も教えてもらっていないようだ。
日本なら新人時代に徹底的に叩き込まれるが、権利意識の高いMLBでは、変にいじって悪くなると問題になるので、請われてもいないことはコーチも教えないのだろう。
「打ちゃいいんだろ」的な感じでやっていたのでは、いくら打力があってもメジャーには定着できないので、わずか2500万で海を渡ってきたということらしい。
本人に覚える気がないのなら仕方がないが、単にほったらかしにされていただけなら、日本のおせっかいコーチが熱心に教えれば良くなる可能性は充分にある。

打球が上がるようになってきたアマダーだが、微妙に芯を外されているためスタンドまで届かない。グラブ捌きは柔らかいが、送球は危なっかしいし、先頭打者で出塁するとトラクターが高速道路に迷い込んだような大渋滞が塁間で起こる。
銀次が好調なため、アジャストに時間がかかるようなら勝負どころで代打として起用するほうがいいだろう。

落ち目のロッテを三タテして9ゲーム差に迫っておきたかったところだが、一息つく余裕を与えてしまったので、今月6試合組まれている直接対決は5勝1敗がノルマになってくる。
ロッテはリリーフ陣が前半の楽天のような状態になりつつあるし、ナバーロも肩痛で戦線離脱したので必ず落ちてくるが、楽天がこの日のような緩いプレーをしていては追いつけない。
明日からの3連戦を含め、今月は最下位のオリックスと9戦組まれているので、ひとつでも多く勝っておきたいところ。

※ 昭和男さん、楽天家さん、TERUさん、おずさん、拍手コメントありがとうございます。


宇宙怪獣アマダーついに火を噴く

ロッテ4−5楽天

土壇場で飛び出したアマダーの代打2ランホームランで追いついた楽天が、十一回表に島内のタイムリーで勝ち越して3連勝。
追い詰められ、ここで一発が欲しいという場面で打ったホームランだけに価値がある。

先発の則本は8回4失点でエースの働きができなかった。
二回、根本に浴びた2ランはチェンジアップがど真ん中に入った完全な失投で、集中力を欠いていた。
三回、デスパイネに許したタイムリーは嶋の配球ミスで、同じコースにストレート、スライダー、ストレートと揃えた3球目を弾き返された。
足立がやればまた違った結果になっていたかもしれないが、「嶋は同じ球やコースを続けてくるぞ」と思われているのだから、「やっぱりね」というだけのことである。

見所は六回表、ボールの下っ面をこすったようなペゲーロの打球がグングン伸びて、レフトフェンスのラバー最上部まで飛んだ当たり。
あれをあと1メートルでマリンのフェンス越えというところまで運んだパワーは凄く、かつて同僚だったイチローが「凄いやつがいるもんだね」と感心しただけのことはある。
しかし猛然と向かった三塁へのヘッドスライディングは、一旦止まってから地面に膝をついて手を伸ばし、結局ベースまで届かないというギャグレベル。
これにはベンチの梨田監督も笑うしかなく、「メジャーに定着できなかったのはこれかな?」という感じでコーチと談笑していた。

直接対決3連勝の懸かった今日の先発は辛島。
多彩な変化球を操る技巧派で、クイックになると制球力が落ちるタイプの投手なので、リードが良く肩も強い足立とのコンビを切望する。

※ TERUさん、おずさん、昭和男さん、いな☆さん、拍手コメントありがとうございます。


ランキング
livedoor プロフィール
訪問者数

    応援のクリック!

    訪問者へのお願い
    ※ 訪問される方へのお願い

    次のような書き込みは、運営者の判断で削除させていただきますので、よろしくお願いします。

    1.著しく礼儀に欠けるコメント
    2.荒らしや来訪者への個人攻撃
    3.対案なき批判コメント
    4.成りすまし
    Archives
    最新コメント
    いらっしゃいませ
    記事検索
    • ライブドアブログ