金鷲の夢(頼むぞナッシー)

クラッチ東北の鷲よ不死鳥となれ!

秘密兵器の宋家豪がやられて、いよいよあとがなくなった

ソフトバンク4ー3楽天

1点のリードで登板した宋家豪が、内川、中村に連続被弾して痛い逆転敗け。
早めの継投作戦も通用しなくなってきて秘密兵器も使い切り、あとは藤平しか切るカードがなくなってきた。
好調な茂木とウィラーの前に走者を貯めれば打ち勝つこともできるので、最終戦は総力戦で行くとして、今日をどう戦うのか。
シーズン中の継投が決まらなくなった以上、美馬と藤平で八回まで持ってきて、直接松井裕樹に繋ぐしかないだろう。

そろそろ嶋のリードも読まれてきた頃だし、勝負するなら足立の起用だが、則本が炎上した試合をどう見るかということ。
変化球を投げることが丸判りの緩んだフォームでカーブを投げ、内川に打たれた3ランを見ても、則本が慎重な立ち上がりをしようとして、ボールを置きに行ったことが原因であることは明らかだが、結果だけを見れば“冴えていた嶋を替えた”ことが敗因のように映るので、敗ければ起用法に批判が集まるだけに勝負できるかどうか。

シーズン6勝しかしていない武田にネンイチのピッチングをされたら仕方がないが、普通のデキなら打てるはず。
ポストシーズンの鬼である美馬に五回まで全力で行ってもらって、逃げ切るのが理想的な展開だ。
明日は生中継で観戦できるので、どんな形でもいいから最終戦に持ち込んでもらいたい。

※ おずさん、タム吉さん、昭和男さん、拍手コメントありがとうございます。


打たれて淡々、変な則本

ソフトバンク7ー5楽天

「所沢の借りを福岡で返してやる」と燃えているかと思いきや、則本は魂が抜けたような心ここに在らずのピッチングで、三回までに5失点。
四回からは三振の山を築いて、同点のままリリーフに託したが、目に力がないし何かおかしい。

好調な打線が変に追いついてしまったものだから、また福山を投入するハメになってしまった。
どうせなら4連勝のキッカケとなった西武戦のように、もっと派手に炎上していたら吉兆と割り切ることもできるのだが、何とも消化不良な感じ。

今日は岸が先発だが、福山はもう使えないため、展開によっては藤平がロングリリーフでCS初登板になるかもしれない。
主軸の茂木、ウィラー、アマダーは絶好調のため、脇役がうまく繋げばバンデンハークからも点は獲れるはず。
リーチをかけて大舞台に強い美馬で決めるのが理想なので、岸には圧巻のピッチングで、目覚めかけたソフトバンク打線を再び眠らせてもらいたい。

※ おずさん、タム吉さん、拍手コメントありがとうございます。


裏で連勝、あとは三本柱に託すだけ

ソフトバンク1ー2楽天

呆然とした試合後の工藤監督の表情を見て「このステージはもらったな」と感じた。
よく解らないが終わったら敗けているという、対策の立てようがない流れになっているのだ。

レギュラーシーズンではまったく働けなかった枡田が、1stステージで大仕事をやったかと思えば、宋家豪は早くもポストシーズン2勝目をマーク。
こういうラッキーボーイが出始めたら、だいたいシリーズの流れは決まったと言ってもいい。
三回ピンチに、茂木のファインプレーが飛び出したように集中力でも楽天が勝る

今思えば「日本シリーズに出なければ梨田はクビ」と言わんばかりの発言が、チームをひとつにしたような気がする。
露骨な無気力試合で二位を捨て、ひと月以上前から虎視眈々と下克上に向けて爪を研いでいた。
シーズン中は引っ張っていた先発を、無失点の五回半ばでも降ろし、どんどん中継ぎをつぎ込む特攻作戦が、球数をかけてしまう嶋のリードの欠点を覆い隠し、投手戦に持ち込んでいる。

則本以外の先発は全員勝ちに貢献して再び則本である。
ここで無様なピッチングをするようなら、15勝もしていながらエースと呼ばれない存在に成り下がってしまう。
相手の和田は楽天打線が苦手なタイプで、援護点は期待できないので、則本が力でねじ伏せるしか勝ち目はない。
今季一番の“これぞエース”と言えるような内容で、koboスタ凱旋にリーチをかけてもらいたい。

※ おずさん、拍手コメントありがとうございます。


助っ人プラスワンの長打が炸裂

ソフトバンク2ー3楽天

腰痛明けで不安を抱えたまま先発した東浜に、茂木がいきなり強烈な先頭打者アーチをお見舞いして、楽天が先制。
茂木はこのシリーズ、大暴れしそうな予感だ。
しかしその後、5者連続凡退と立ち直りかけた東浜に、ブレーキをかけたのがアマダー。
打席に立つなりグッと東浜を睨みつけ「この野郎忘れちゃいないだろうな」と威嚇。
これでまたインコースに投げ込めるなら大したもんだが、やはり外に逃げ気味のピッチングで、4球目にアマダーの大好きな半速球が外角甘めに入ってきた。
「待ってました!」とフルスイングした打球はバックスクリーン脇の中段近くまで届く大ホームラン。
しかしその後、また5者連続凡退と再び立ち直った東浜に、今度は絶好調のウィラーがセンターバックスクリーンに飛び込むホームランで、楽天が完全に主導権を握った。

イニングを喰う必要がなくなった楽天先発陣は、ランクがひとつ上がったかのように、四番手の塩見ですら簡単には点を与えない。
苦手の今宮に“技あり”の一発を浴びたものの、6回0/3を1失点とほぼ完璧な仕事を果たした。
七回からはハーマンを投入したが、またボークをやらかすなどグダグダの内容で、一死一二塁のピンチを招いて、代打・長谷川が出ると高梨にマウンドを譲った。
どうもハーマンは賞味期限切れのようで、万が一日本シリーズに進出することになれば、ペゲーロと入れ替えで登録抹消されそうだ。
尻拭いをすることになった高梨が、長谷川を4-6-3に仕留めた時点で、楽天の逃げ切りが勝ちが濃厚になった。

あとは福山、松井裕樹と繋いで、松井が二死から内川にソロを被弾したものの、デスパイネを三振に斬ってとってゲームセット。
5安打で3点と超効率的な得点で、初戦を制し、ソフトバンクのアドバンテージを帳消しにした。
工藤監督は二度のチャンスに代打の代打を出さなかったことに「打席に立たせておくことの方が大事」と強がったが、前半戦、手こずった楽天の勢いが戻りつつあるのを感じただろうから、「嫌な流れになってきたな」と思っているだろう。

監督の焦りが選手に伝わり、それを利用できそうなのが今日先発の辛島のピッチングスタイル。遮二無二振ってくるソフトバンク打線をのらりくらりと交わして、五回あたりまで試合を持ってくれば、藤平をロングリリーフで投入するダブルスターター作戦が発動されるかもしれない。
たとえ敗けても三本柱で2勝1敗なら第6戦まで持ち込めるので、楽天はもうそれで充分。
今日も勝ってしまうようなら勢いに乗って、一気に勝負を決めてしまうかもしれない。

※ タム吉さん、おずさん、拍手コメントありがとうございます。


仙台発、所沢経由、福岡行き発車します。

西武2ー5楽天

犠打と走塁で試合を作りホームランで仕上げた楽天が、福岡ドームで18日から行われるファイナルステージへと駒を進めた。
傷つき飛べない犬鷲が、獅子と鷹に蹂躙される姿を痛々しく見守るしかなかった夏の終わりに、“今は再び飛び立つための力を溜めているのだ”と思いながらも、春先の強かった楽天のほうが幻覚であって、これが現実なのではないかと疑う気持ちを抑えられないまま、あれだけ離していた西武にまで抜かれシーズンが終了。

そしてエースが木っ端微塵にされた、あのCS第1戦を見る限り、いくら岸と美馬が残っているとはいえ、連勝で勝ち上がるのは難しいと思われたが、投手有利な寒波の到来で、アマダーを登録せず投手陣を充実させた楽天に流れが向いた。

福岡で迎え撃つソフトバンクは、柳田がバットスイングができない状態で、出場できないというハンデはあるが、代わりの選手はいくらでもいるし、先発投手は東浜、千賀、バンデンバーク、武田、摂津、和田と、最多勝クラスがずらりと並ぶ。
こんなチームに1勝のアドバンテージがあるのだから楽天の劣勢は明らかだが、そのチームと繰り返し戦ったレギュラーシーズンの対戦成績はほぼ互角。
ひとりで8勝もされている菊池のような天敵はソフトバンクにはいないため、全ての試合に何らかのチャンスがある。

ほぼ続投が決まった梨田監督と違い、常勝軍団の指揮を執る工藤監督は、こんなところで敗けられない立場だ。
昨年は日ハムに大逆転Vを許し、今季は三位の楽天に下克上を喰らうとなれば、巨人を越えるV10を目標にチーム作りをしているソフトバンクとしては、「工藤じゃV10はムリ」となりかねないので、楽天に先勝されでもすれば、監督が焦ってしまう可能性がある。
西武に勝ったことで最低限の目標は達成した楽天にとってファイナルステージはオマケみたいなもの。
敗けて元々、勝てば大金星という気楽な立場で相性の悪くないチームと戦えるのだから、楽天には失うものがない。

一回表、茂木にガツンとやられることを恐れた野上が、慎重になりすぎて歩かせてしまうと、すかさず藤田が送って先制点を奪う形を作った。
ペゲーロ、島内が四球で二死満塁としたあと、ウィラーの引っ掛けた打球は三遊間の深いところに。
源田が目一杯のプレーで二塁封殺を狙ったが、一瞬、島内の足の方が早く先制の内野安打になった。
送って得点できないことが続くと、どんどん打者は力んでくるので、どんな形でも点になったことは、大きかった。

ところが前日の岸同様、先発の美馬は先頭の秋山に長打を喰らい、いきなり無死三塁と同点のピンチ。
しかし2点3点を狙い強攻策に出た西武打線に対し、大舞台に強く肝のすわった美馬は犠飛ひとつ許さず後続を断った。
これでリズムに乗った美馬は、四回までノーヒットと危なげないピッチングを披露した。

しかし処理速度の遅い旧型CPUが、五回裏からフリーズし始める。
一死二三塁で炭谷という場面、2球目の真ん中から内へ沈むフォークに対して、炭谷は引きつけて一塁側へのファールフライにした。
これを見れば明らかに右狙いに来ていると感じるはずだが、勘トロ捕手はアウトコースへのスライダーのサイン。
これが高めに浮いたため簡単に飛距離充分のライトフライを打たれてしまった。
初戦でインコースをレフトへ2点タイムリー2ベースにされたのを覚えていて、インコースを使えないだけの丸暗記リード。

松井が浅村に打たれたホームランも、アウトローの際どいチェンジアップをしゃがみ込むようにしてグッと見極めた対応を見れば、初戦のようにインコースを引っ張るつもりがないことは一目瞭然なのに、則本の立ち上がりを叩かれたことを覚えていて、外のストレートを要求するだけの、これまた丸暗記リード。

ウィラーが足でバットで大暴れ。
シュリッターから放ったホームランも、同点のチャンスを何度も潰した西武にとって、ダメージが大きな一発だったが、バッテリーミスを咎めて二塁から一気にホームインした2点目の走塁も見事だった。
シーズン中は足首を痛めていた影響で、足は早くない印象だったが、躊躇せず本塁を陥れたプレーは「ウィラーこんなに足速かったけ?」というくらい高速回転でホームを駆け抜けた。
頼もしい選手が体調万全でファイナルステージに出場できるのは、楽天にとって打線の軸がしっかりしたことになる。

逆に心配なのはペゲーロ。
走攻守に精彩がなく、明らかに足の状態は悪いようだ。
騙し騙しでもプレーできるようならとスタメン起用しているが、戦力的にも来季への影響という面でも思い切って外してしまったほうが、チームとして踏ん切れるだろう。

今年はついに無敵モードにならなかった枡田が、ここに来てまさかの今季一番の状態になりつつあるのか。
今は左への打球だけだが、真ん中内よりの球を右中間に持っていけるようになったら、“寄らば斬るぞ”の点滅する「無敵枡田」に変身する。
ペゲーロという良くできた舶来の大砲が機能しなくなるのと、まるで入れ替わるように現れた
国産の左の大砲は、打ち方を思い出したら、しばらく面白いように打ちまくる傾向があり、その賞味期限は約10日から2週間。
ペゲーロの代わりが枡田なら、アマダーの代わりは宋家豪。
シーズン終盤から出てくると投げるたびに良くなってきて、ちょうど森原がストレートで圧しまくっていた時のような感じになってきた。
データのない投手は、どこで切ってくるのか判らないジョーカーのようなものだから、相手にとっては厄介な存在だろう。

剃髪三振小僧も何をやるか判らないので、後がない追い込まれた状況になれば、ヤケクソで投入して化学反応を引き出す“面白カード”として使えるかもしれない。
そしてもう一枚、ヤケクソになった時、投入できる徳政令カードが足立である。
建山がエースで控えが上原だった東海大仰星のように、優秀なほうが訳あって二番手にいる今の楽天。
敵の正捕手が負傷欠場して「よっしゃ!」と思ったら、二番手捕手のリードで投手陣が蘇るなんて、ソフトバンクにとって地獄のようなシナリオも用意されている。

※ おずさん、昭和男さん、拍手コメントありがとうございます。


獅子の炎を吹き消した岸の快投

西武1―4楽天

茂木の思い切りが、初戦の大勝で受けに回った西武の計画を狂わせた。
ストレート狙いなら、なかなか手が出ない初球のカーブを反応で振り切った打球は、サイドスロー特有の一旦浮き上がってから沈む軌道と、上からボールの下っ面を強烈にしばき上げる茂木のスイング軌道が重なり合って、揚力が発生したかのように落ちて来ず、そのまま余裕の西武ファンがくつろぐバックスクリーン脇の芝生席へ。
初戦は楽天バッテリーのぬるい配球を咎めた浅村の2ランで、終始、主導権を握ったまま圧勝した西武が、“読まない茂木”の読みを外そうとして先制パンチを喰らった。

茂木の先頭打者初球ホームランで先制した楽天だが、強力打線の西武に対し、わずか1点のリードを手にしたにすぎない。
その裏の西武は、先頭打者の秋山が詰まりながらも、懸命に背走する藤田と島内の間に落ちる2ベースで、いきなり反撃の足がかりを作ると、二番の源田が一塁線を強襲するライナーを放ったが、これを銀次が倒れこみながらキャッチして同点の危機を救った。
銀次の一塁守備はリーグ屈指で、速い打球に強く、ワンバウンド送球に対する巧みなグラブ捌き、ミスが多発する投手の一塁ベースカバーをあまり必要としない俊敏さなど、一塁手としては長打が少ない弱点を補うだけの守備力を持っている。

これに力を得た岸は打者12人連続でアウトに斬ってとり、結局、6回1/3を無失点のナイスピッチング。
東北ファンの期待を背に受けて西武からFA移籍しながら、いきなりインフルエンザで開幕投手を美馬に譲り、ランサポートに恵まれなかったとはいえ、8勝10敗と不本意な成績に終わったレギュラーシーズン。
首位を快走していたチームも夏場を境に失速すると、後輩の菊池が引っ張る古巣の西武にまでに抜かれて三位に転落した。
おまけにこの日は、かつては自身の応援をしていたであろう西武ファンからブーイングまでされての登板である。
内に秘めた想いは、滅多打ちにされた則本の悔しさも相まって沸点に達していたであろう。
果たして静かに燃える男はリード無用の快速球を投げ込み、”楽天に岸あり”を世間に示して見せた。

楽天ペースを確実なものにしたのが二回表の攻撃だ。
センター前に弾き返した島内を一塁に置き、岡島が外のボール球に飛びつきながらエンドランを決めた。
ここで打席に立ったのは、十亀との対戦成績を買われて八番で起用された枡田。
一軍で働く銀次、阿部とともにかつては「どろんこ三兄弟」と言われたが、ここのところ二軍を主戦場にする現状に評価も下がり、たまに昇格しても、自信喪失気味にうなだれてベンチに下がる姿ばかりが目立っていた。
強打者としてはあとがない八番という打順が、今の枡田の立場を表していて、ここで結果を出せなければ、仮にチームが1stを勝ち上がったとしても、福岡行きのメンバーに名前があるかどうかも判らない。
そんな瀬戸際の枡田だったが、3球目のシンカー系の落ちぎわを拾うと、センター左へのタイムリー2ベースヒット。

なおも一死二、三塁で打席に立った嶋は、肩を怒らせて“打ってやるぞ”とアピールしたあとの2球目に一転スクイズを敢行。
このあたりは打撃系捕手の面目躍如だが、次にホームランを打っている茂木が控えているだけに、“最悪併殺のケースも考えられる作戦は採ってこないだろう”と西武サイドが思っているであろうと読んだ楽天ベンチの勝利である。

七回には茂木の二遊間に高く弾んだ内野安打の間に、スタートを切っていた岡島が二塁から一気にホームインと、策士、辻西武のお株を奪う攻撃で4点目を獲った。

前半戦は足で何本も内野安打を稼いだペゲーロが、三回には普通に走ることもできず2併殺を喰らったことで途中交代した。
痛めたハムストリングスの状態が相当悪いようで、おそらく今日の第三戦は代打での出場になるだろう。
ベンチの作戦で4点を獲れたことで、機動力の邪魔になるアマダーの登録・ベンチ入りはなさそうだ。

茂木が春先の輝きを取り戻し、銀次が3安打、二番の藤田も凡打ながらヒット性の当たりばかりと、一番から三番までは固定してもよさそうで、四番にウィラーを戻して、五番にタイムリーを放った枡田という並びになるだろう。

大舞台に強い美馬が打たれたら仕方ないと割り切れる楽天が、前半戦に働いた三外人のうちのふたりを切り離し、送って、走って、繋いで勝つと徹底できれば、失うもののない三位の気楽さで心理的には有利。
どうやら水面下で行われていた大物監督の招聘がご破算になったようで、一転、梨田留任となりそうな楽天、色々あった後半戦のモヤモヤを晴らす快勝で、神通力を失った炎獅子軍団に引導を渡してもらいたい。

※ おずさん、おかださん、拍手コメントありがとうございます。


さらば梨田監督

西武10ー0楽天

いきなり茂木がレフトに弾き返し、藤田が送った一死二塁で、三、四番のペゲーロとウィラーが手も足も出ず連続三振。
これを見た則本は“これは1点もやれない”と思っただろう。しかし残念ながら勝負はその20分前に決まっていた。

12:50、スタメン発表を見て八割方敗けを覚悟したが、いくら強打の西武と言えども打ちあぐねる事もあるし、嶋もたまたま良いリードをする事もあるだろうと、残りの二割に賭けたものの、一回の裏、たった6球で勝負が決まってしまった。
源田に引っ掛けたスライダーがとんでもないほど外れた投球を見て、慎重になっていれば、もう少し散らした配球になっていただろうが、嶋にそんな感性などあろうはずもなく、バンバン空振りが獲れる日の則本のような、インコースのストレートで圧す粗雑な配球で、浅村にアッサリ先制2ランを浴び、大切な初戦を台無しにした。

浅村に打れたインコースのストレートは、嶋の要求通りに投げた球で則本には責任はない。
よーいドン!で2点も獲られたのでは勝ち目はなく、その後の則本は抜け殻のような状態で、たった4回で105球も投げて7失点。
打線も菊池にプレッシャーの「プ」の字も与えられず、みっともない完封敗け。

球界にもファンにもナインにも、何ひとつ配慮する必要のない、自身の進退を賭けたCSで嶋なんて三流捕手をスタメン起用してしまったのだから、梨田監督には捕手を見る目がないことがハッキリしてしまった。
外野手のひとりやふたり選び間違ったとしても補いはつくが、すべての投手に影響を与える捕手をチョイスし損なっては勝ち目はない。

優勝を逃したのは、まだまだ薄い選手層にタイトな日程が重なったためで、梨田監督の責任ではないが、事ここに至って嶋を起用してしまったのは自己責任である。
実績のあるベテランのプライドを大切にし、力を発揮させてきた手腕は、評価されるべきだが、世間の評価に流されて、力のない主力捕手を盲目的に起用し続けたのが、打ち勝てなくなった時に歯止めが効かず、大連敗を喫しってしまった要因であり、チームをAクラスに導きながら、おそらく退団することになる最大原因と言える。

嶋には打者の残像効果を利用したリードができない。
浅村への初球はお約束のインハイストレート。
それほど球威もない球で予測していたこともあって、浅村は「ハイハイいつものやつね」とやり過ごした。
定石はインコースの残像効果を活かして外のストレートでストライクをとるパターンだが、嶋はなぜかボール球を使ってまで作った残像効果を無にする疑問の配球。
これが足立なら裏をかけたかもしれないが、なにせ“続けの嶋“と言われるほど、同じ球を連続で要求する傾向のある捕手では、意表を衝くことなどできはしない。

おそらく西武のミーティングでは、「嶋は見せ球を使ったあとに、裏をかいたつもりで同じ球を続けることが多いぞ」とデータ解析の結果が報告されているだろうから、浅村も「インコースに投げてきたら一発行ってやろう」と準備していたところに、まんまとハマってしまう間抜けな正捕手。
相手はクロマティの緩慢な返球を読みきって、単打で一塁からホームインした辻監督率いる西武である。あんな小便臭い配球が通用するわけがない。

三塁コーチャーも打撃コーチもアホの楽天にはもう勝ち目はなく、性懲りもなく明日も嶋をスタメン起用してチャンチャンである。
プロ野球ニュースでも、高木豊と谷繁が誰とは言わず、「バッテリーの配球が」と奥歯に物が挟まったような指摘をしていたが、嶋以外に誰がいるのか。

星野副会長は監督時代、嶋の雑な配球や横着な捕球に憤慨し、足立よりも数段劣る小関を正捕手にしようとしたくらいだから、あの時より打撃も肩も劣化した嶋を重用した挙句、敗け続けた梨田采配に限界を感じたのだろう。
「ワシが監督の時に足立がおったら嶋なんかとっくの昔にレギュラー落ちじゃ」と歯がゆく思っていたので、「監督人事はオーナーの専権事項」と突き放したものと思われる。
良いところのあった監督だが、変なのが後任にならないことを前提に、梨田解任やむなしと考える。

※ おずさん、昭和男さん、拍手コメントありがとうございます。


いざファーストステージへ

楽天5ー0ロッテ

シーズン最終戦は完封リレーで勝利。
岸は対西武第2戦先発をにらんだ調整登板で、2回を投げたところでお役御免。
あとは森が4回2/3を投げて、残した一三塁のピンチを宋家豪が三振で火消しに成功。
回跨ぎの八回も3者三振で斬ってとり、4連続三振の成果を評価されてCSのベンチ入りが決まった。

オコエ、岡島、島内を外野で使いたいので、アマダーを登録せず、ペゲーロ、ウィラーをDH枠で起用する形になりそうだ。
空いた三塁には、フェニックスリーグで調整中の今江を、対菊池用にぶっつけ本番で使う手もある。

初回から藤田のスクイズで先制するなど、投手戦に持ち込んで逃げ切ることを想定したシミレーションもやり、あとは本番へ、という試合になった。

茂木に長打が3本出たのは明るい材料で、チャンスメークだけでなく、下位打線が残した走者を一掃してくれる期待が出てきた。

シーズン中は中継ぎへの負担を軽減するため、先発は“できるだけイニングを喰う”つもりで投げていたが、もう後先考えずリリーフをつぎ込めるので、先発は六回まで全力で、あとは豊富な中継ぎを惜しみなく使う戦い方になりそうだ。

14日(土)からの埼玉地方は雨模様で、気温も20度以下に下がるようなので投手有利。
できればファイナルステージまで二日休める連勝で勝ち上がりたいところ。

※ おずさん、昭和男さん、拍手コメントありがとうございます。


真喜志しっかりしろ!

楽天1ー3日ハム

先発の美馬は6回1/3で3失点、うち2点が銀次と自身の失策がらみとはいえ、逆球が多くイマイチの内容。
ふた桁勝利も達成し、順位争いもなくなった消化試合では大物食いの美馬にとってモチベーションが保てないようで、集中力を欠いたのかもしれない。
打線は日ハムを上回る9安打を放ったものの、二度の満塁機で凡退した聖澤、またもタコった内田が打線を分断して繋がらず。

三回裏、二死一二塁で岡島のタイムリー…のはずが、ペゲーロが三塁で自重。
二塁走者は打球が見えないので三塁コーチャーの判断だと思うが、右打者が流した打球ならライトが浅く守っていて還れないこともあるが、一応長打も警戒した杉谷が定位置から少し前で打球を処理しているのに、壊れた信号機の真喜志は早々に止める判断。
こいつと「ストレート、スライダー、チェンジアップだね。ベルト付近の球を一発で仕留めてもらいたい」なんて、いつも何の指示にもなっていないコメントを出す礒部は本当に使えない。

足立は今日も安定リード。
ほとんどがコースヒットで、完璧に捉えられた当たりは松本の2ベースと石井のライト前くらいなもの。
日本での最終試合になった大谷をノーヒットに抑え込み、キーマンに仕事をさせなかった。
飛んだコースが良かっただけとはいえ、この日もバットで結果を出し、自動アウトの印象をかなり薄めた。

銀次が3安打1四球で全打席出塁。
肝心なところでは凡退するため、高い得点圏打率ほど打っているイメージはないが、状態を上げつつCSに入って行けそうな感じ。
疲れ切っていた島内と岡島も少しずつ当たりが出てきたし、藤田も上り調子。
リフレッシュしたオコエがアクセントとして入ってくれば、ソコソコの打線は組める。

七回、藤田の一塁線を破りそうな当たりに飛びつき、バックトスでアウトにした中田の守備力にやられた。
中田も日ハムシステムで、来季FA移籍する可能性が濃厚で、糸井で美味しい思いをした阪神や、ゲレーロが退団しそうな中日あたりが触手を伸ばしそうだ。

青山が危なげなく1イニングを3人で抑えて、CSでは福山の前を任せることができるメドがついた。
ハーマンと高梨で六回を、青山で七回、福山で八回と、ある程度信頼性のある継投で松井裕樹に繋ぐことができるので、則本と岸以外の先発は、五回まで全力で行くことができる。

アマダーは疲労、ペゲーロは体調不良で本調子になく、代打くらいでしか出せないかもしれないので、スモールベースボールで2〜3点獲って、足立のリードで最大化された投手陣で逃げ切るしか、楽天がCSを勝ち抜く方法はない。
嶋なんて放漫捕手を出す余裕はなく、スタメンのメンバー表に嶋の名前があった時点で“閉店ガラガラ”である。

※ おずさん、昭和男さん、拍手コメントありがとうございます。


藤平CS確定

オリックス0ー7楽天

藤平と足立のバッテリーが実現ということで、録画VTRを完全視聴。
ストレートを138キロと抑えめにして立ち上がると、三者凡退で簡単に初回をゼロに。
二、三回こそ四死球がらみで得点圏に走者を背負うが、後続をキッチリと討ち取り五回まで無失点の堂々たるピッチングだ。

六回表、一死二三塁から足立が前進守備をあざ笑う2点タイムリー3ベースを放って楽天が先制。
その裏、ウィラーが既視感のあるトンネルをやらかしても、動揺することなくクリンナップを討ち取って、試合を完全にコントロールした。

足立は九回にもダメのダメを押すタイムリーを放ち、嶋(.202)を越える通算打率(.205)とした。
完封リードもさることながら、5投手で9回を133球と、イニングあたりの平均15球を下回っていることが素晴らしい。
残り3試合もおそらく足立がマスクを被るだろうが、ファンも野球関係者も“CSは足立で”と言わざるを得ないほど圧倒的なパフォーマンスを見せつけてもらいたい。

藤平は弱冠19歳とは思えないメンタルマネジメント能力を持っている。
あえて立ち上がりから全力では行かず、自身の状態や打者の打ち気を確かめるようにソローっとゲームに入って行き、ピンチになれば見せてこなかった一段上のストレートで圧し切ってしまう。
小憎らしいほどの落ち着きで、浮足立つようなところが一切感じられない。
これならCSの大舞台でも力を出し切ってくれそうだ。

CSのアクセントになるかと期待された西田、内田はまるでアピールできず。
毎年、二週間くらいは無敵状態で打ちまくる時期のあった枡田も、今年は輝きを放つことがてきず、いよいよジリ貧になってきた。
久保と宮川が一旦育成落ち。

今日は則本の奪三振王のタイトルがかかった試合。
五回くらいまで全力で行けば、タイトルは自然と付いてくるだろう。

※ 昭和男さん、おずさん、拍手コメントありがとうございます。















本気の出し方思い出せ!

ロッテ3ー2楽天

めでたく三位が決まり、もう打っても勝ってもいい試合だったが、本気の出し方を忘れたのか、ここまで4勝7敗の佐々木に7回まで投げさせてしまうマイルド打線。

先発の古川は消化試合のロッテ相手に9回途中まで投げて3失点と、またまた微妙な結果を残した。
与田投手コーチのイチオシらしいので、来季の組閣次第ではまたチャンスがありそうだ。
先日の試合で青山がCSで使えそうなピッチングをしていたが、内田はこの日も4タコで一軍でトータル11のゼロ。
守備はともかく代打ですら使えないような成績では、とてもCSのベンチ入りはできないし、レギュラーシーズンの一軍出場すら厳しい。
ここ一番で結果を出せるタイプでないのなら、二軍での確実性をもっと上げないと、下で2割3分台では「我慢して使えば打つだろう」とは思ってもらえない。

ウィラーは絶好調だが、ペゲーロは体調不良で状態を上げるどころではない様子。
どう考えても打ち勝つのはムリだから、投手力を全面に出すポストシーズンになりそうだ。
もう嶋なんて二流捕手で勝てるほどの余裕はなく、全試合足立で行くしかないだろう。
今日はお休みで、明日から4連戦でシーズンが終了。
足立が体調万全でCSに出るために、ここまで嶋は良くやってくれた。お疲れ様。

※ 昭和男さん、おずさん、TERUさん、ドルフィンさん、拍手コメントありがとうございます。


漢・梨田がケツをまくった

西武10ー3楽天

まだ2点差の七回裏、敗戦処理の西宮、菅原を投入したが、西武の拙攻で追加点が入らず、続く八回表、2四球と銀次の送りバントがフィルダーチョイスになって無死満塁。
逆転しそうになった途端、アマダーの代打に中川、岡島の代打に足立を送る露骨な采配で、可能性が出てきた二位の座を「こんなもの要るか!」と蹴っ飛ばした梨田監督。
経営陣の“二位でもクビ”発言がよほど腹に据えかねていたのか、ブチ切れるような代打策で強引にチャンスを潰した。
早く順位を確定してCSへの調整に入りたいのに、西武が勝ちを譲るような気配を見せたので、止むを得ず力技に出たという感じだった。

「CSを勝ち上がり、日本一になってから続投要請を断ってやる!」という怒りのモチベーションを溜め込んだ楽天を、「甘く見ると酷い目に遭う」と果たして工藤監督は警戒しているかどうか。
なにやら面白くなってきたぞ。

※ おずさん、昭和男さん、拍手コメントありがとうございます。


CSもこの捕手で行くのか?

西武1ー2楽天

この日行われるプロ野球は、パ・リーグの二位、三位決定戦であるこの試合のみ。
全国のプロ野球ファンが見つめる中、則本が粘りに粘った。
チャンスは作っても還せない(還さない?)打線は、いつも通り残塁を繰り返すだけで援護なし。

球数は嵩み、また勝ち投手の権利なくマウンドを降りることになるのか?と思われた六回表、四球で出たペゲーロを一塁に置き、主砲ウィラーが真ん中やや内めのストレートを叩き31号逆転2ラン。
この日のウィラーは七回裏の高梨を助ける華麗な5-4-3を始め、五回裏の岡田が放ったどん詰まりの三ゴロを素手でつかんでアウトにするなど、守備でも光っていた。
失策数21はリーグ最多で堅実さには欠けるが、積極的に前に出ての好プレーも見せてくれるので、ある程度は帳消しにできる。

前日、足立の創造性あふれるリードを楽しんだあとだけに、嶋のリードのショボさが痛々しくて、見ていられなかった。
いきなり初回から、源田にせっかくインスラのボール球を振らせたのに、またインコースにストレートを要求して2ベースを浴びる愚の骨頂とも言えるリード。
最高の球を投げたあとに同じコースのストレートだと甘く感じるし、ボール球の要求ならただのムダ球である。

四番の山川も簡単に追い込みながら、真ん中高めのウエストボールからミエミエのインコース戻りで、源田への失敗を踏まえて厳しく投げようとした則本が当ててしまうというトホホなリード。

二回裏は振り遅れ覚悟で変化球を狙いに来ている岡田に、外を3球続けるムダで危険なリード。
四回裏、先頭の山川にまた配球を間違えた嶋。
ステップは開いていても、腰と上体は残したまま外を打つタイプの打者に毎度々々打たれる学習能力のなさ。
このタイプの打者には、インコースの見せ球から外で勝負するリードでは難易度が高すぎて、投手が苦しくなってしまう。

ストレートで胸元をえぐるリードは、20世紀の日米格差が大きく、外国人打者が圧倒的な打力を誇る時代に、苦肉の策として生まれた配球である。
当時は四球での出塁が査定に反映されなかったので、外国人は多少のボールでもブンブン振りに来たが、今時、こんなリードをやってしまっては、投手はボール先行からの苦しい投球を余儀なくされて、勝負どころで打たれてしまう。

打者も胸元へのストレートは“見せ球”と知っているから踏み込んでくるし、そこに念のためもう1球見せ球を使うリードをすると、今回のようにデッドボールになってしまって、結局、そのあと内側のストレートが使いづらくなるという悪循環を招いてしまう。

打者の頭にないインコースからのスライダーでストライクをとっておけば、そこをノーマークにして踏み込むのは難しいし、それでも踏み込んで来るようなら、インスラで見逃し三振に斬ってとればいいだけの話である。
則本だから六回で130球などという常識はずれの球数でも投げ切ったが、他の投手にこんな酷なリードをしたなら責任回数すら投げきれない。

そして仕上げは、ヘッドスピードが上がって来ず、ストレートは外しか打てないお代わりくん(本物)に、打ってくださいと言わんばかりの配球をして先制されるトホホなリード。

六回裏には外しても楽々盗塁を許すヘナチョコ送球のあと、外崎へのラストボールは走者がいるのにミットだけでワンバウンドを捕りに行って後逸。
外崎は四球で、バックネットから跳ね返った球が処理しやすいところに転がったから、ことなきを得たが、あれで同点になっていたら則本も踏ん張れなかっただろう。

的となるべき捕手がチョロチョロ動いたり、余計なことは積極的にやるが、身体を呈しての捕球を怠り、ランダウンプレーひとつできない捕手がほとんどの試合でスタメンマスクを被っているのだから、ストロングポイントである投手力を充分に発揮できず、連敗が止まらないチームになってしまうのは致し方がない。

ファンも野球関係者も評価する嶋だけに、その流れに逆らってまで監督が足立を使うことはできないと理解しているが、CSの勝ち敗けは自身の進退に関わる問題だけに、あえて嶋で敗ける可能性を高める必要などどこにもない。
それでも嶋を起用して勝てなかったのなら、それは“捕手を見る目がない”ということだから、それなりの監督を迎えることを前提に“梨田解任”もやむなしと考える。

※ 昭和男さん、おずさん、拍手コメントありがとうございます。


足立持ってない

尋常ならざる仕事のスケジュールのせいもあり、ここ2試合はブログの更新ができなかった。
二転三転する政局の動向に目を瞑る鉄の意志も持ち合わせてはいないし、加えて弱い西武を上回るほど無気力な楽天の試合ぶりに、睡眠時間を削ってまでビデオチェック、ブログ記事更新をする気になれなかったこともある。

コラレスショックをきっかけに張り詰めていた気持ちが切れ、藤平がいなければ18連敗になっていた大失速。
茂木の離脱を皮切りに主力が次々と戦列を離れたことで、一軍レベルの選手たちだけでは、やり繰りができなくなり、タイトになった日程の影響をモロに受け、なかなか状態が上がらなかった。
しかしここ最近は茂木を筆頭に復調気配を見せていただけに、ムリな起用をしなくとも、ピークを越えた西武を自然に交わして二位になりそうな流れを感じていたが、西武が敗ければ、楽天も勝てそうな試合を落とすことが四度、五度と続くにつれ、やはり選手は“どうしても二位になりたい”とは思っていないのが解ってきた。

ソフトバンクのCS一位通過が決定した時点で、楽天の選択肢はふたつ。
.侫.ぅ淵襯好董璽犬里海箸蝋佑┐此∨楜鮹呂韮隠鵤瑤鮃圓┐詁鶲未鬚むしゃらに狙いに行く。
▲侫.ぅ淵襯好董璽犬悗陵称呂鮖弔靴燭泙沺▲船礇鵐垢あれば二位を獲る。
しかし実際には「できれば二位になりたくない」という、想定していない第三の選択肢だったのだ。

楽天というチームをある会社の営業部門に置き換えればよく解るのだが、選手を営業社員で梨田監督を営業部部長とする。
部長は一年目で社員の能力や性格を見極め、二年目は主力と決めた社員を信頼して、我慢の指導方法を採るタイプである。

チャンスを与えられない社員は不満を持っていたかもしれないが、目をかけられた社員は何とか信頼に応えようと頑張り、強力なライバル会社を凌駕する成績を残していたが、相次ぐ事故や病気で成績が落ちると、本社筋はついこの間まで業界最下位に低迷していたことを忘れたかのように、トップを奪い返さなければ部長のクビをすげ替えると言ってきた。
もとより鶴の一声で縁故採用の社員をいきなり部長に昇進させたりと、乱暴な人事を行ってきた経営陣に不信感を持っていた社員は当然面白くない。

仮に,筬△離僖拭璽鵑廼罰Ε肇奪廚鮹イな屬垢海箸できたとしても経営陣の思うツボである。
暫定一位のライバル社への挑戦権を賭けた戦いにハンデはなく、あるのは利益の取り分だけだから、社員が会社に利益は与えず不遜な経営陣を見返したいと考えるのは極めて自然な感情である。
だから結果はともかく、選手が本気になるのはCSから。
プロ野球タイ記録となった先日の日ハム戦のように、勝手に相手がコケてくれれば別だが、今日からの天王山も白熱した試合にはなりそうもない。

楽天2ー5ロッテ

さてさて昨日の試合である。
適当にビデオチェックするつもりだったが、フタを開けると足立がスタメン起用されていたため完全視聴。
本拠地未勝利と9勝の壁が立ち塞がる辛島が、「足立のリードでどう変わるか」と思いながら観ていたが、結論から言えば見事なリード。
辛島はコントロールが悪く、自身のデキとしてはおそらく中の下くらいの状態だったが、レフトからライトへの強風と、コントロールの悪い辛島を巧みに“コントロール”する足立の鬼リードで、6回2安打1失点という最高の結果を残した。

なぜか解説の後藤が看破していたが、この日の辛島は、チェンジアップが足立の構えたところからミットふたつ分くらい一塁側に流れる傾向で、いち早くそれを見抜いた足立は、インコース寄りにミットを構えることでアウトローに投げさせるという柔らか頭を発揮していた。
嶋なら早々にチェンジアップを見切っていただろうが、チェンジアップは辛島の生命線で、これを封印して凌げるほどの投手でもない。

ロッテ打線が外のストレートを、「強風が吹くライトスタンドに叩き込んでやろうとし始めたな」と感じたら、足立は途中からストレートをふところへの見せ球に使い、徹底したチェンジアップ攻め。
絶好調のペーニャには、カウントを悪くしたことで外のチェンジアップに踏み込まれしまい、風に乗せたホームランを浴びたが、序盤から大量失点していてもおかしくない辛島を、よくここまで引っ張ったと言える天晴れなリードだった。

七回には先頭打者として出塁して、藤田の犠飛でホームイン。打者としての仕事も果たし、あとはいつものように松井裕樹が締めて快勝となるはずが、足立の唯一の欠点である“持ってない”が発動して逆転敗け。
松井裕樹は投げる前、銀次がマウンドに歩み寄った際に、周囲の視線を避けるよう屈みながら、グラブを外した右手で左肘をグリグリ。
その後何度も肘を気にする仕草をしたため、トレーナーが駆けつけようとしたが、本人がそれを制して投げ続けた。
前回、セーブをマークした日ハム戦でも、投げたあと一塁側に滑るような、いつもと違う着地をしていたので違和感を感じていたが、その頃から肘が引っ掛からないような投げ方に変わっていたようだ。

武藤好貴、大塚尚仁、片山博視、伊東亮大が戦力外に。
武藤と片山は一時期戦力になったが、故障と不振で低迷したまま浮上できず。
現役続行を希望している片山以外は第二の人生を歩むことになるが、今はプロの指導者だけでなく、社会人や独立リーグや海外で野球を続けることもてきるし、高校野球の監督に転身することもできる環境にあるので、縁あって楽天のユニフォームに袖を通した選手には、これからも頑張ってもらいたいものだ。

※ おずさん、昭和男さん、拍手コメントありがとうございます。


まあキャプテンだから仕方ない

日ハム4ー3楽天

福山が1.03で松井裕樹が0.36だから、防御率的には、ふたり揃って失点することはほぼないはずだが、キャプテンの素敵なリードにかかってしまうと、いとも容易く奇跡が起きる。

西武のお代わりくんモドキにもカモにされ、今度はオニギリくんなどというポッと出のぶーちゃんに、いいように打たれている。
八回の同点タイムリーは、振ってくれればラッキーというアウトローのボールになるスライダーだったが、横尾はその2球前のツーシームを、アウトステップしながら右にファールを打っており、明らかに外の球を右に打ってやろうとしていた。

福山の投げた球は完璧だったので、配球が間違っていなければ討ち取れたはずだが、嶋がアウトステップに騙されて、外で勝負したものだから、バットを投げ出すようにして当てられてしまった。

ストレートが走っていなかった松井裕樹にも、西川にストレートを3球続けて、カウントを悪くしてから外へのチェンジアップという謎のリードでサヨナラ打を浴びてしまう。

そもそもストレートに強く、振れている西川とムリに勝負する必要があったのかどうか。
クロスファイヤーが武器の松井の特性から、次打者の松本の方が勝負しやすいし、松本の足なら一三塁はバックホームで二遊間なら併殺もあるし、たとえ走られても西川は勝負に関係がない走者。
キャプテンだから仕方がないが、この二流の捕手では1敗しか許されないCSファイナルなど勝ち上がれるはずもなく、西武にやられて堂々の三位で終わるのがオチだろう。

※ おずさん、昭和男さん、拍手コメントありがとうございます。


一方的な勝利で鷹に勝ち越し

ソフトバンク2ー10楽天

初戦の東浜に続き状態に疑問符がつく千賀を、ふたつの四球でもらった二死一二塁のチャンスに、銀次がセンター上林の頭上を越える走者一掃の2ベースを放ち、美馬にいきなり2点の援護。
続く二回にも、またもや四球から二死二塁とすると、茂木が右中間フェンス直撃のタイムリー2ベースで3点目。
仕上げは三回、ペゲーロと銀次の連続ヒットで築いた一死一二塁から、前夜逆転敗けのきっかけを作ったウィラーが、レフトのホームランテラスに今季30号を運んで0ー6。

前回登板の日ハム戦で完封勝利をマークして、この試合でも軽快な立ち上がりを見せていた美馬にとって、6点は充分すぎる援護だった。
打線はこの後も嶋の2点タイムリーと藤田の2本のタイムリーなどで4点を追加。
美馬は大量援護を背にスイスイと七回までソフトバンク打線をゼロ封してお役御免。

茂木とウィラーの調子が確実に上がり、一時失速していた美馬が復調。
島内が5タコを喰らったのは少し心配だが、打線の核となる茂木プラス三外人が好調なら、なんとかやりくりできるので、強力な先発陣を見殺しにしないだけの得点力は期待できる。
この3連戦、則本が変な投球をしなければ3連勝で、ソフトバンクの戦力は確実に落ちている。
サファテも岩崎も投げすぎており、いつ離脱してもおかしくない。
内川は左手をギプスで6週間も固定しており、万全な状態で復帰するのはムリ、柳田も再発の可能性が高い脇腹だけに、ウリのフルスイングができる状態で戻ってくる可能性は薄い。
東浜はここにきて疲れが出始めたようで、今時点で抹消されるようではCSに間に合わない。
いくらでもいる先発陣だが、田中将大や菊池雄星のような手も足も出ない大駒はいないので、短期決戦で相手チームの状態がいいと、戦力層の厚さを活かすことができないままシリーズが終わることもあり得る。

バイオリズムは楽天有利。
問題は28日から始まる8連戦だ。
しかし4試合が屋根なしのkoboとzozoだから、ひとつくらいは流れそうだし、移動は札幌から千葉までに限られるので、大阪や福岡での試合がない分、多少は負担が軽くなる。

※ おずさん、昭和男さん、拍手コメントありがとうございます。


さてはやったな則本

ソフトバンク4ー3楽天

伏兵の高田に先制弾を浴びたものの、六回までの則本は、その回以外はすべて三者凡退に退け、球数も少なく抜群の投球だった。
ところが七回突然別人のようなピッチングになって、絵に描いたような逆転劇を許してしまう。

無死一塁で迎えた中村から明らかに手加減するような投球になり、デスパイネの初球には実況が「球種が判らないほど球が行ってません!」と表現するほど力感がなくなった。

豹変した則本の原因を、ウィラーのエラーに動揺したとか、逆に味方のエラーを庇おうとして力んだなどと分析されているが、これだけのキャリアを積んだ則本が、今更味方のエラーに動揺するというのもおかしいし、味方のエラーを帳消しにしてやろうと力んだのなら、もっと打者を睨みつけるような表情で、制御できないながらもストレートの球速表示は上がるタイプなのに、この時の則本は冷静極まりない飄々とした様子で、142キロというなんの変哲もないストレートを投げていた。

そして首尾よく逆転されると、代打の江川にはやや抑え気味(147キロ)のストレートをインコースに3球、嶋の構えたミットへ正確に投げ切って見逃し三振に斬ってとった。

わざとらしくホームベースの後ろで地面を拳で殴るパフォーマンスをやっていたが、八回もストレートを思う通りのところにコントロールしてゼロに抑えたピッチングは落ち着いていて、悔しさで力任せに投げるような素振りは微塵も見せなかった。

どうも怪しい。則本に“フロントの思惑通りにCSをホームでやらせたくない”という意図があったとしたら合点が行くのだが、投手の本能に逆らって打たせるのも簡単なことではない。
打たせるつもりもなかったが、何がなんでも抑える気もなかったというのが妥当なところではないか。

連敗で優勝の目は消えたとしても、まさか二位でも梨田監督が契約を一年残してクビになるとは選手は誰も思っていなかっただろう。
日本シリーズ出場が唯一の続投条件なら、本番でソフトバンクが3勝する前に4勝するための準備が一番大事で、その手応えは六回までにつかんだので、あとは「打つならご自由に」と“やりやらず”を決め込んだのではないだろうか。
則本はあまり警戒感をもたせず2ー3くらいで勝つつもりだったかもしれないが、ちょっと余計に点をやりすぎて逆転されてしまったのか。

アマダーは絶好調なので、あとはケガなくポストシーズンになだれ込むだけ。
ウィラーもここ5試合で2ホーマーと上り調子。
ペゲーロは足と腰に不安があるので、疲れがたまらないよう調整しつつ、あと3週間でピークに近い状態まで上げていく段階。
復帰後不振を極めていた茂木は、ここ3試合で5安打ときっかけをつかみ、肩肘の具合も続けて守備につけるほど回復してきた。
オコエは苦手な投手が先発の時は外し、あまり数字を落とさないようにしながら、本番まで気持ちを繋いでいく。
他の日本人打者は疲れを取りながら、不振を脱するところまで戻すイメージと、チームとしては順調に短期決戦に向けて仕上がりつつある。

西武が勝てなくて二位でもヨシ、そのままの三位でもヨシ、最後でソフトバンクを倒してそのまま日本一になれば、「やっぱり楽天は強かった」となるわけで、目指すはその一点のみ。
春先のメンバーにオコエと藤平という希望を加えた楽天が、西武とソフトバンクを圧倒して日本シリーズに進出するほうが、レギュラーシーズンを優勝してCSで逆転されるよりもはるかに爽快である。

※ おずさん、拍手コメントありがとうございます。


ブルペンで勝つ

ソフトバンク1ー3楽天

ゲーム終了後の優勝報告での東浜は立っているのがやっとで、最多勝争いがなければ抹消されているような疲労困憊状態。
もうCSでは使い物にならない感じで、ボコボコにしておかなければならないはずが、寸止め打線は毎度満塁にしては併殺や凡打を繰り返し、生殺しのまま五回まで投げさせてしまった。

塩見は六回半ばまで2安打と上々の内容だったが、ここまで温存して来た中継ぎをCSを想定したかのような小刻みなリレーで惜しみなく投入し、七回二死から福山、そして松井裕と繋いで逃げ切った。

好調期が終わったに思えたアマダーが、ここに来てエンジン再点火の働きでこの日も2安打。
限りなくクビに近かったアマダーが滑り込みで来季の残留を勝ち取ると、ウィラーは外国人として過去最多の29号ホームランを放つなど、改めて打線は外国人頼みであったことが解る試合だった。
あとは残りちょうど3週間で、茂木を始めとした日本人野手が状態を上げて来れるかどうか。
ピークが早過ぎた西武は勝てなくなっているし、この日の試合を見る限りソフトバンク打線も、そろそろ下り坂に入りそうな気配。
脇役は溢れるほど人材がいるが、内川、柳田を欠く打線は、デスパイネが歩かされてしまうとなかなか点が入らない。

今日は初戦に投げてくるかと思っていた摂津と、楽天は足立がオーバーホールした則本。
勝っても敗けても打線の調子が上がればヨシ。

※ 名無しさん、昭和男さん、おずさん、拍手コメントありがとうございます。


頼むぞキャプテン!

今日からソフトバンク3連戦が始まる。
初戦はお試しの摂津だから復活していなければ打ち崩せそうな相手である。
柳田も場合によってはデスパイネもいない可能性があるが、それなりの打線は組めるのがソフトバンクである。
楽天の先発は塩見でおそらくスタメンマスクは今日も嶋。
もうここまで来たらCSまで足立を徹底的に隠す作戦で、楽天の投手力を警戒させないほうがいいだろう。
単純リードとポロポロキャッチング、そしてへなちょこスローイングで、「楽天チョロいぞ」と思わせたほうがいい。
しかしまだ三位は確定ではないのでひとつは勝っておきたいところ。
打つほうではある程度のめどはつけたいところで、ウィラーかペゲーロの一発とタイムリーで5点くらいは摂津から奪っておきたい。
嶋はいつもの感じで油断させるのが仕事。
キャプテンらしく任務を遂行してもらいたい。


※ おずさん、拍手コメントありがとうございます。


岸、魔の八回に痛恨の3ランで10敗目

楽天4ー7オリックス

アマダーの逆転2ランも、吉田に対する稚拙な配球で台無しになってしまった。
初球のストレートがインコースギリギリに決まったことで、そこより中に入るコントロールミスは許されない。
取り返しのつかない試合終盤の八回、強打者の吉田にそこから2球もインコースのストレートを続けたのだから、打たれたら捕手の責任である。
外に変化球を投げておけば遠く見えるし、たとえ甘く入っても緩急の差で打ち損じが期待できる。そして長打でなければ同点止まりなのだから、ムリしてインコースに突っ込むメリットがない。

配球に自信がないくせに自分が目立つことばかり考えているから、怖がってアウトロー一辺倒になったり、今回のような極端な配球になる。
嶋はもっと厳しいボール球を要求したようだが、外で勝負するための伏線と考えていたのなら、それは頭の上に行った2球目のストレートですでに張られており、ボール球の要求自体がいたずらにカウントを悪くするだけのムダ球にすぎない。
こんな意味のない球ばかりを投げさせているから、岸のようなコントロールのいい投手に七回半ばで121球も費やすことになる。
六回にはぶざまな股抜きパスボール(記録上はあくまでワイルドピッチ)で、九回には大城に盗塁フリーパス券を与える始末。
キャプテンだから仕方がないが、自慢のバットでも貢献できず何の役にも立っていない。

オコエが16本目の二塁打を放った。
今季フル出場している源田が15二塁打だから、オコエがどれだけハイペースで量産して来たかがよく解る。
詰まった当たりがフラフラと一塁後方に落ちただけで二塁を陥れてしまうのだから、恐ろしい塁間スピードである。
しかし一塁に走者がいたのでは各駅停車にならざるを得ないので、オコエを二番以降に置く作戦はあり得ない。

※ おずさん、拍手コメントありがとうございます。


ランキング
livedoor プロフィール
訪問者数

    応援のクリック!

    訪問者へのお願い
    ※ 訪問される方へのお願い

    次のような書き込みは、運営者の判断で削除させていただきますので、よろしくお願いします。

    1.著しく礼儀に欠けるコメント
    2.荒らしや来訪者への個人攻撃
    3.対案なき批判コメント
    4.成りすまし
    Archives
    最新コメント
    いらっしゃいませ
    記事検索
    • ライブドアブログ