平成25年10月1日より、東京簡易裁判所及び東京家庭裁判所において
入庁時に金属探知機等を使用した所持品検査を実施されています。
http://www.courts.go.jp/tokyo-f/about/osirase/l4/Vcms4_00000300.html


かかる運用は、以前から周知されておりましたし見た目にも分かり易いですね。
実施の契機となった出来事でもあったのでしょうか。


他方、標記の件も地味に変化があり、上記裁判所の事件受付において
敷居(壁)が設置され、外から見えないようになりました。

(事件受付係の一部の方からは、空調の関係で不満もあるようです。)

周囲の目に触れさせないことで、利用者に心理的抵抗を感じさせない配慮なのかもしれません。