カテゴリ

カテゴリ:セミナー

4/21(金)東京WS、終了しました!

カテゴリ:
21日は東京WSでした。
参加者の皆様ありがとうございました&おつかれさまでした!
s_DSC02106

メルマガで予告した通り、今回は「リズムを安定させるには?」がテーマ。

いつものようにソロパフォーマンスの後、メトロノームを鳴らしながらリズムの感じ方をトレーニング。声を出した瞬間の耳の状態、音を聴く瞬間の身体の反応、無意識の呼吸のクセに気付く方法など。前半は集中した、静かな時間になりました(^^)

「リズムは細かく取れるほど良い」とされている常識の逆をいく方法で、リズム感の変化を感じていただきました。

アンサンブルでハシる、モタるのを解消するには?という質問が出たので、先日も書いた「流れを育てる」という話をドラムを叩きながら解説。その流れで、後半は「脱力」について。

2人組・3人組で、力に頼らずに相手を動かす練習。手のゆるめ方、肩のゆるめ方、体重の伝え方、インナーマッスルの使い方。それらをスティックワークに活かす具体的な方法。腰の入れ方とフットワークへの応用など。参加者の皆さんの真剣さに押され、相当色々な要素をお伝えできました。

音の聴き方にせよ、脱力にせよ、大切なのは「ぶつからない」こと。力の衝突、意識の衝突、はては意見の衝突(?)といった「ぶつかりあい」をいかに無くせるか。一生続く課題です。

次回は 5/28(日)18時半スタートです。後日メルマガでご案内させていただきますね!

伝えたいこと

カテゴリ:
月曜日は、香川県の高松市でワークショップでした。

羽田にて
IMG_20170417_133633


会場は高松市のMスタジオ。
17974133_431527327208842_1409844888_n

↑こんなフライヤーを作ってくれていました!

オーナーの松下さんは大阪のレッスンに通ってくださっていて、今回地元のドラマーさんにも是非レッスンをということで企画してくださいました。

山口に呼んで頂いた際もそうでしたが、「何年も前からyoutube見てました!」と言ってくださる方がいて、コツコツ情報発信してきて本当に良かったと感じます。

ワークショップはドラムソロからスタートし、重さを感じる、前腕の脱力、振り方、グリップの変化、音色、音量コントロールなど、ざーっと基本的なことを紹介。

一区切りして、質問タイム。予想の斜め上をいく展開に(?)皆さんしばらく沈黙でしたが・・・(笑)

ある瞬間を境に、ダブルストローク、テンポキープ、フットワークなど途切れることなく質問が溢れ出し、あっという間の2時間でした。

終了後、有志で食事。ぜひ定期的にやってくださいとのお声をいただきましたので、また伺いますね!


僕のレッスンは、具体的な技術もさることながら、その土台となる「考え方」や「感覚」を伝えることを目指しています。

今の時代、グリップやら振り方やらの個々の技術は、ハッキリ言ってyoutubeで一流ドラマーを見ていればいくらでも研究できます。

しかし、その土台になっている「身体感覚」が体得できていないと、どこまでいってもわからないし、勘違いも起きてくるんですね。

彼ら一流ドラマーが、何に向かって音を出しているのか。
どのような身体感覚で、どのように音を聴いているのか。

彼らが「何をどのように感じているのか」がわからないと、いくら技術をインプットしようとしても限界があるんですね。

もちろん、感覚は技術を練習する中で磨かれていくのですが、技術にとらわれると、感覚から遠ざかってしまうことも多々ある。枝葉の技術からいったん離れないと、見えてこないものがある。

僕はそこの部分、技術の土台になる「感覚」を伝えたいのです。

しかし、身体感覚を練り上げる作業と言うのはとても地味で、見た目には何をしているのかわからないことも多い。そこが面白いのですが、映像ではとてもじゃないけど伝えられない。地味すぎて(笑)

ワークショップでは個々の技術を伝えるよりも、場を共有することによって「技術の土台になる感覚」を伝えることを目的としています。

今回の高松でも、そういう感覚の入り口を提示させてもらいました。「難しかった」と感じた方も、すぐには出来なくて当然ですので安心してくださいね。何度も繰り返すうちに、徐々に分かってくるものですので。

高松の皆さん、ご参加ありがとうございました。またお会いしましょうね!


東京ワークショップはいよいよ明後日です。今回は平日ということもあり、申し込みは少な目。飛び込みの参加もOKです!

東京ワークショップ詳細
http://www.reservestock.jp/events/179879


おまけ:帰りの飛行機より
IMG_20170418_182615


カテゴリ:
次回4/21のワークショップは
「リズムを安定させるには?」
というテーマでお送りします。

とても根本的なことですが、
具体的にどうすれば?というところは
なかなか言語化されていませんね。

リズムが安定しない人の課題は、

「身体のバランスの問題」
「音の聴き方の問題」

の二つがあるのではないでしょうか。


<身体のバランス>

・足のダブルが苦手
・ゴーストノートが苦手
・手足の音量バランスの問題
など

<音の聴き方>

・フィルインでハシる、モタる
・カウントと実際の演奏がズレる
・自信を持ってカウントを出せない
・まわりの音が聴けていない
など


これら2つの問題は別々ではなく、
実は密接に関係しています。

改善するにはメトロノームが強い味方になりますが、
普通の使い方ではダメなんですね。

次回ワークショップではリズムの感じ方、
音の聴き方のポイントをお伝えします。
意識の持ち方を変えるだけで
練習の方向性が180度変わりますよ(^^)

レベルを問わず取り組める方法ですので、
初心者の方も大歓迎です!


4/21(金)東京ワークショップ
http://www.reservestock.jp/events/179879


お会いできることを楽しみにしています!

4月の大阪WS、終了しました!

カテゴリ:
7日は大阪ワークショップでした。ご参加の皆様ありがとうございました!

今回も全くの初心者から、大手音楽教室で講師をされている方まで。様々なドラマーさんがご参加くださいました。

前半は和やかに・・・
BlogPaint

今回は人数が少なめでしたので、お一人ずつスネアを叩いてもらいました。
s_DSC02096

こういう特殊な場で、人前で音を出すのは勇気が必要ですね。スティックを握るのが初めてという方も頑張ってくださいました!素直な振り方で、良い音出されていましたよ~。

身体の中にいくら力を入れても、その力が外に出ていかなければ意味がありません。
力を入れると、力は出ない。
力を出すには、力を抜く。

そんな話を交えながら、小さい音~大きな音の切り替えを練習しました。

ご自身の力の抜け具合と音の大きさのギャップに、「え・・・わかりません・・・」と混乱の表情を浮かべる方も(^^;

大きな音が出ているのに、力を入れていないので実感がわかない・・・出来ている気がしない・・・でも、実際に大きな音が出ている!

こればかりは、慣れが必要ですね。新しい感覚が馴染むには、反復あるのみです!


時間の経過とともに集中し、後半には静寂が。最後は声を使った「音の聴き方」のワークにまで進み、抽象的な話にも関わらず皆さん真剣に取り組んでくださいました。


最後にソロ演奏。
BlogPaint

あっという間の二時間、おつかれさまでした!


次回の大阪WSは、5/12(金)です。
http://www.reservestock.jp/events/182078

いつもお伝えしていますが、新しい感覚を身につけるには「とにかくやってみる」そして「繰り返し体験」あるのみですよ~!


東京は4/21(金)です!
http://www.reservestock.jp/events/179879


そしてそして、4/17(月)は香川県高松市でもWSがあります。お問合せは M-Studio 松下さんまで。

3月の東京WS、終了しました!

カテゴリ:
昨日の東京WSは、参加者が過去最多の17名。参加して下さった皆さんありがとうございました!

流石にこれほどの人数になると、全員にドラムを叩いてもらうのは無理。身体を使うワークと演奏をミックスしながら、全員で感覚を共有してもらう進め方にしてみました。

少しずつ、笑いも取れるようになってきたぞ!(^^)

同じワークでも、仏頂面で深刻にやるより、笑いながらやる方が上手くいくんです。

出来てるのか?これでいいのか?合ってるのか?・・・などなど気になるものですが、身体に起きている感覚に集中することが最優先です。

評価、判断はそのあと!

腰の入れ方、肘の位置などは、見た目だけでは出来ているかどうかわかりません。そこで二人組になってもらって、相手の手を押したり、肩をぶつけたりして、対象物(ドラムの場合は楽器)に対して力がどのように作用するかを「検証」する、ということをやります。

個人レッスンではもちろんドラムを叩いてもらって「音」で検証しますが、身体操作を検証する方法は他にも色々ありますね。グループレッスンならではの、面白いところだと思います。

感覚を覚える作業は、一人ではできません。

出来ている人と「場」を共有するか、他人からのフィードバックをもらうか、どちらかが必ず必要です。

必要なのは、知識の積み重ねでも、教科書的な練習量をこなすことでもないのです。

出来ている人の感覚と「共鳴」することができれば、自分も出来るようになります。

それはちょうど、言語の自然習得と似ています。いくら英語を「勉強」しても、話せるようにならない人が沢山いる。

一方で、英語圏に住んでしまえば、話せるようにならない人はいません。

頭の良し悪しでも、能力の差でもないのですね。

「その場に身を置くかどうか」

そして、

「繰り返し体験するかどうか」

だけです。

これは文章や映像で伝わらない部分であり、目に見えない要素でもあります。

とても大切なのですが、あらゆる情報、教材において、しばしば抜け落ちているのですね。

レッスンやワークショップを、「繰り返し体験の場」として活用してください。そして、新しい感覚を「自然習得」してしまいましょう!

知識を積み重ねてより洗練するのは、その後で十分ですよ〜。

次回は大阪WS、4月7日(金)です!

http://www.reservestock.jp/events/178326/

ss_DSC02053

このページのトップヘ

見出し画像
×