夏の北アルプスは3年ぶりとなる。
今回は立山から新穂高へ3泊4日で抜けるロングルート、最終日の黒部五郎小屋で飲み友達と待ち合わせ予定。

1日目
立山室堂9:00発−−−浄土山10:23着−−−五色ヶ原山荘14:58着(途中、諸事情により2時間の足止めがあったため、このコースタイムは参考になりません)

前日深夜に夜行バスに乗り込み早朝に扇沢へ、立山アルペンルートを乗り継ぎ立山室堂に着くとまずまずの青空が迎えてくれる。
登山届けを出し、ルートのアドバイスを受けてから、室堂ターミナルを出て浄土山へ向けて緩やかに登って行く。
IMGP5703

登り始めて間もなく、どこかで見かけた人がいるなと思ったら、親戚の伯父さんでした。山登りしてるとは知ってたけど山で会うのは初めてでした。 折立までのテント泊縦走だそうで。
IMGP5707

途中、下ってくるおじさんに雷鳥見たいか?と聞かれたので、見れるならと答えたらすごそこにいるよと指を差される。 久しぶりの雷鳥様!
IMGP5710

浄土山に向けて、夏山チックな稜線を歩く。
IMGP5713

劔はちょっとガスに巻かれているが、ザ・夏の立山という表情。
IMGP5721

今日の幕営予定地へ向けて 、快適に進めると思われましたが、、、
IMGP5729

鬼岳東面の雪渓はこの時は慎重に歩けば問題なかった。
しかし、この箇所で諸事情により2時間ほど足止めとなりました。その結果雨に降られ、ガッスガスの中を五色ヶ原へ。 
IMGP5735

雨で景色を楽しむ余裕もなく早くテント張ってビール飲みたいの一心で五色ヶ原へ向かいます。
やっとこさ、五色ヶ原キャンプ場に着いて、途中、知り合った方とテント場でカンパーイ!聞くと同じ日程、同じ終着地の方でした。
IMGP5741

その後、雨が降ったり止んだりの繰り返し、夜は少し晴れ間もあり、星空を見ることができました。
IMGP5742

さて、明日の天気はどうなるやら?

つづく