その1)の続き

2日目
岩小屋5:40発−−−7:08着−−−大弛小屋7:50着−−−朝日岳9:07着−−−金峰山10:00着−−−富士見小屋12:34着−−−瑞牆山荘13:28着

岩小屋からは樹に印された薄い赤ペンキを追いながら進みます。
IMGP6266

怪しくなりつつある(というか完全にヤブ突っ込み)になったので、コンパスをセットして進む方向を微調整しながら歩きます。
IMGP6270

北アルプスのように視界が広がり、登山者誰をも魅了する景色も良いけど、やはり山と森を深く感じられるこんな場所を歩くと落ち着く。
IMGP6271

ウロウロしながらこの深林の景色を楽しんだ後は、国師に向けて進みます。
IMGP6272

徐々に高度を稼ぎながら斜面を詰めていくと赤ペンキ現る。
IMGP6273

かすかな踏み跡を辿りながら進みます。
IMGP6275

歩きやすい斜面になり、このまま国師かと思われますが、
IMGP6276

最後の難関、倒木地帯へ。倒木を踏み外すと足がつかないところもある。
IMGP6278

振り返って、ガスもくもく。
IMGP6279

毒々しい青キノコ。
IMGP6281

そして稜線に飛び出すと富士山がお出迎え。朝暗いうちから来てたという人が今さっきガスが切れて見えて来たとこだよと。ベストタイミングです。
IMGP6285

ちょい引いて標識とともに。
IMGP6287

山頂で一休みした後は大弛小屋へ、内部は改装されたのか綺麗になってました。コーヒーをいただきます、シュガー1つでは甘さが足りず2つ投入しました(笑)。それを見てた小屋の人が、疲れてるんだろうかと思われたのか、パワーバランスチョコ味くれました。ここの小屋のカレーも美味いんだよね。
IMGP6291

パワーチャージした後は、金峰山に向けて出発です。
IMGP6292

朝日峠ではお犬様が大人しくお休み中。犬と山歩きも楽しいだろうな。
IMGP6293

大ナギにて。雲が次々とダイナミックに流れていく。
IMGP6298

立ち枯れからのぞく富士山
IMGP6299

朝日岳から見渡す金峰山、やはり五丈岩が特徴的です。冬も雪を纏った姿がここからは美しく見える。
IMGP6305

金峰山に到着です。
IMGP6311

360度のパノラマ写真をどうぞ。
金峰山山頂より #theta360 - Spherical Image - RICOH THETA


一気に富士見小屋まで下りて来ました。手作りローズジャムが入ったローズティーをいただきます。甘酸っぱくて美味い。初めて富士見小屋に来た時は、廃屋状態だったけど、その後に熟年のご夫婦が再建され、今や人気小屋になってますね。
IMGP6321

富士山見れませんでした・・・天然キノコうどん。
IMGP6322

瑞牆山荘までは明るい樹林帯を歩いて到着。ここまで下りるとやはり暑い・・・ソフトクリームをぺるぺるしながらバスを待ちました。
IMGP6323

(終わり)