恋も仕事もあきらめない! がんばるアナタを照らす「映画の中の深イイ言葉!」

映画の中にちりばめられた「深イイ言葉」「心に残る名言」「素敵なセリフ」に焦点を当て、日々の生活や人生の歩き方に役立つヒントとして解釈。恋に仕事に毎日一生懸命頑張っているアナタの応援歌として紹介していきます。

おすすめ映画ブログランキング参加用リンク一覧感動・泣ける映画ブログランキング参加用リンク一覧 ⇐現在の順位はコチラをクリック!
「ココロに響く映画の名セリフ」 公式ツイッターは→コチラ

先日、大学卒業後、新卒で入社した会社の同窓会があり、20年ぶりに懐かしい仲間と再会しました。

90年代のバブル”に翻弄された当時の組織はすでに解散してしまいましたが、あの頃、一緒に走った仲間はそのままでした。そこで今回は、「組織」「チームの在り方」を考えさせられる、この作品にしてみました。

640
 

監督: オリヴァー・ストーン

出演: アル・パチーノ デニス・クエイド 

  キャメロン・ディアス ジェイミー・フォックス 

 

「プラトーン」「7月4日に生まれて」でアカデミー監督賞を受賞、2016年の「スノーデン」(→コチラから)では、世界的にも注目すべきネット監視社会の現状に鋭いメスを入れ、問題提起し続ける社会派オリヴァー・ストーン監督作品です。

架空のプロフットボール・チーム「マイアミ・シャークス」を舞台に、“会社組織あるある”を痛烈にそして、痛快に描き出したヒューマン・スポーツドラマです。中高年サラリーマン必見!

“アカデミー上司にしたいで賞”そんなのないけど)は、主演のアル・パチーノに決定です。ストレス発散できますよ。

「フットボールはフィールドでやるものだ。 ボックス席じゃない!」
  

Byトニー・ダマト (アル・パチーノ)
AGS_03


 現役選手たちとの信頼関係の中で現在のチームを作りあげてきた叩き上げの
コーチ・トニー(アル・パチーノ)ならではの信念に貫かれた強い言葉です。

 

連敗を続けるシャークスにオーナーのクリスティーナ(キャメロン・ディアス)は苛立ち、ヘッド・コーチであるトニーを罵倒します。前オーナーであった父親の死によって、その跡を継ぐかたちで現オーナーとなったクリスティーナは、利益を優先課題とし、観客の喜ぶロングパスを中心としたリスキーで派手なプレーをすべきだと命令するのでした。

しかし、自身も選手として苦楽を共にしてきたトニーは、選手やチームの将来を無視したクリスティーナのシロウト目線で浅はかな言動を真っ向から否定、二人は激しく対立してしまいます。

 

最前線で頑張っている“現場”を無視し、効率や利益しか顧みない幹部の意見、会社組織にはよくある光景です。

「事件は会議室で起こっているんじゃない!
  現場で起きているんだ!」

某ドラマの主人公もそんな言葉で熱く吠えていましたね。(苦笑)

 

苦しい時こそ、それぞれが根本に立ち返り自分の使命をしっかり果たすことが大切なのだと教えられます。一つ一つのプレーは地味なものでも、それらが相乗的に効果し、信じ難いミラクルを呼び起こすものだからです。

現場で奮闘している選手たちを信頼し、彼らのプライドを尊重する事、そしてその先に生まれるチームとしての力の結束”こそが、時として信じられないパフォーマンスを呼び起こす原動力になるものです。

トニーは、言います。

「フットボールには、勝つ事よりも大事なことがある」と。

そして、なおも続けます。

「選手時代に喝采を受けることよりも、引退してからも誇りを持って生きられなければ意味がないのだ」と。

 

私達も、自分の足元だけでなく、もっと先にある本当に大切なモノを失わないように、あらためて日々の歩き方について考えさせられる、深い言葉ですね。

 

【あなたも見たくなるストーリー】

不振が続くマイアミ・シャークスは、ヘッドコーチ・トニー(アル・パチーノ)の指揮の元、シーズンを闘っていましたがチームの柱のベテランQBジャック(デニス・クェイド)を故障で欠き、チームは危機的状況となってしまいます。父親の急逝でオーナーを継いだクリスティーナ(キャメロン・ディアス)は、フットボールにはシロウトながら利益最優先でチーム人事や戦術にも口出しをする厄介な存在。現場主義のトニーとたびたび衝突してしまいます。そんな折、ジャックの控えだったQBウィリー・ビーメン(ジェイミー・フォックス)が予想外の活躍をみせ、チームは急上昇。しかし一躍スターとなったウィリーは、チームワークを無視した身勝手なプレーで選手同士の信頼関係を失い、チームはバラバラになりかけてしまうのですが・・。

 

【映画を楽しむプチ知識】

シャークスのベテランQBのジャック(デニス・クエイド)の故障によってレギュラーの座を掴むも、そのプレッシャーに苦悩しながら少しずつ成長していく若きQBウィリー・ビーメン役を演じたジェイミー・フォックスに注目してみましょう。

もともと高校時代にはフットボールのQBとして活躍していた彼ですが、ミュージシャンとしての顔も持ち、計4枚ものアルバムをリリースしている本格派で、2004年には、その歌唱力を生かしレイ・チャールズの伝記的映画Ray/レイ」でアカデミー主演男優賞を受賞しています。

 

ちなみに本作品で共演したアル・パチーノとの不思議な縁を感じさせる出来事もあります。

ジェイミー・フォックスは、「Ray/レイ」と同年にトム・クルーズと共演した「コラテラル」で助演男優賞にもノミネートされましたが、2部門同時ノミネートは、史上二人目の快挙なのでした。そしてその栄えある一人目こそがなんとアル・パチーノだったのです!

ちなみにアル・パチーノは、1992「摩天楼を夢見て」「セント・オブ・ウーマン/夢の香り」で同時ノミネートされています。

まさに劇中のトニーとウィリー=新旧のスーパースター関係と重なるようで不思議な出来事ですよね~。 



おすすめ映画ブログランキング参加用リンク一覧感動・泣ける映画ブログランキング参加用リンク一覧 ⇐現在の順位はコチラをクリック!

みなさんから、書店での平積み目撃情報が入ってきています!
ありがとうございます!

二子玉川蔦屋家電さんで、「ココロに響く映画の名セリフ」をパネル展開していただいています!素敵な特大パネルは、蔦屋さんが作ってくださいました!感激です!!

51204985_1941497092616095_2506672536058593280_n

↓ そして吉祥寺サンロード商店街「ブックス ルーエ」さんにて
 (吉祥寺勤務 G.Sさんより) 
DSC_6885

「カメラを止めるな!」アツアツファンブック
の隣の特等席、ありがとうございます!

書店様用のPOPも完成しました!
ご希望の書店様は、出版元 雷鳥社までご一報ください!
雷鳥社⇒  コチラをクリック
img01
img00
☞全国の平積み情報「ココロに響く映画の名セリフ」公式ツイッターは ⇒ コチラから

おすすめ映画ブログランキング参加用リンク一覧感動・泣ける映画ブログランキング参加用リンク一覧 ⇐現在の順位はコチラをクリック!

1月18日より順次、本屋さんの店頭に並びはじめました。

まずは、吉祥寺アトレ2階、ブックファーストさん映画書籍コーナーに発見!
トトロの隣で真っ赤に目立ってました。


20190118_151046_Burst01

ジュンク堂でも発見!20190118_154852 20190118_154754

コピス吉祥寺7階、ジュンク堂書店さんでも、映画関係本の棚に嬉しい”タテ平積み”ありがとうございます!


☞出版社:雷鳥社HPは→コチラをクリック
「ココロに響く映画の名セリフ」ツイッターへはコチラ
各地での「書店発見情報」お待ちしています。。

おすすめ映画ブログランキング参加用リンク一覧感動・泣ける映画ブログランキング参加用リンク一覧 ⇐現在の順位はコチラをクリック!

新年あけまして、おめでとうございます!

本ブログも4年目に突入。来る118日には、厳選の66本が素敵なイラストとともに書籍化されます→コチラから
いつも読んでくださっている読者のみなさん、本当にありがとうございます。

今年の1本目は、多くのファンを持つこの作品にしました!

 
514Y83SFTHL._SY445_

監督: ニック・カサヴェテス

出演: ライアン・ゴズリング レイチェル・マクアダムス 

  ジェームズ・ガーナー ジーナ・ローランズ 

 

ニコラス・スパークスのベストセラー小説を、ニック・カサヴェテスがメガホンをとり映画化しました。「ラ・ラ・ランド」「ブレードランナー2049」で今や飛ぶ鳥を落とす勢いのライアン・ゴズリングの出世作であると同時に、レイチェル・マクアダムスがブレイクするきっかけとなった名作でもあります。

 

「やりたいならやってみるんだ。自分を抑えるな」  

 Byノア・カルフーン (ライアン・ゴズリング)

3f0fa74527c88c2fe6b913ce33aa693d-300x254 20171005223115
 出会った瞬間、一目でアリー(レイチェル・マクアダムス)に恋をしてしまったノア(ライアン・ゴズリング)は、強引に彼女をデートに誘い出しました。デートの帰り道、誰もいない真夜中の交差点で、おもむろに道路の真ん中に寝ころんだノアが、人目を気にして躊躇するアリーに向かって言う言葉です。 

裕福な家庭で厳格に育てられ、いままでずっと「常識」という狭いワクの中で生きてきたアリーにとって、ノアの自由奔放で型破りな行動はとても新鮮に映るのでした。

人生で初めて、車が行き交う道の真ん中に寝そべり広大な夜空を見上げたアリーは、今までの人生にはなかった新しい世界を見ることができたのかもしれません。
 彼女が
自分を取り囲む壁を打ち壊し、広い世界へと飛びだした瞬間です。何にも縛られず、自分のやりたいことを自分の意志で選択するノアの生き方に共鳴し輝き出した瞬間でもあります。

 

時に人は、自分とまったく違う価値観と出会うことによって、新しい人生の扉を開くことができるもの。

なぜなら、私達は、知らず知らずのうちに同じ選択や似たような嗜好で身の回りのモノや生活を構成してしまいがちだからです。
 長い間、当たり前として享受してきた生活や慣習、日常の中にあるルールや常識という
目に見えない鎖で、自分の“生き方”を拘束してしまっていませんか?

新しいやり方や違った価値観を否定せず、心をオープンにして自分の興味のまま受け容れてみることで世界は変わるのです。

 

「無難に選ぶな。君がどう生きたいかだ!」

物語の後半、人生の岐路に立ったアリーに向かって叫ぶノアの渾身の言葉が印象的です。

自分をがんじがらめに繋いでいる目に見えない“錆びた鎖”を断ち切って、進むべき本当の道へ歩み出すか否かは、自分の心しだいという訳なのですね。

【あなたも見たくなるストーリー】

療養施設へ入寮しているデューク(ジェームズ・ガーナー)は、認知症を患った老女にノートに書かれたある物語を読み聞かせていました。物語の舞台は、アメリカ南部ノース・カロライナ州シーブルック。1940年、ひと夏の美しい恋の物語なのでした。

別荘にやってきた17歳の美しい女性アリー(レイチェル・マクアダムス)に一目惚れした青年ノア(ライアン・ゴズリング)は、彼女を強引にデートに誘い出し2人は意気投合、やがて恋に落ちていきます。しかし裕福で厳格な家庭に育ったアリーと、南部の材木工場で働くノアの間には、家柄の違いと言う大きな壁が立ちはだかるのでした。アリーの両親の猛反対に合い、二人の恋は引き裂かれそれぞれの道を歩むべく、ひと夏の恋は終わりを迎えるのでしたが・・。

【映画を楽しむプチ知識】

今回紹介した印象深い素敵なシーン。

この言葉のあと、二人は“真夜中の交差点”でダンスを踊るワケですが、この名シーンで流れる印象深い曲は、ビリー・ホリデイI'll Be Seeing Youです。

YouTubeはコチラからをクリック


I’ll Be Seeing You / Billie Holiday 
♪大聖堂の鐘の音で心も鳴り続ける パリの魅力か四月の夜明けか また会えるか分からないけど 
 また朝の鐘が甘い音を奏でたら 
 そこにいるのはあなた

 あの懐かしい場所で 心に刻まれているところで一日ずっと あの狭いカフェ 通りのむこうにある公園
 子供たちが乗る回転木馬
 栗の木立にお願いの井戸 そこにいるのはあなた

 素敵な夏の日はいつも 晴れやかに軽やかに あなたのイメージのまま 日が昇ったらそこに
 夜も更けないうちに 月を見上げたら
 そこにいるのはあなた ♪


「運命的に出会ったアナタと、またきっと出会えるはず」という切ない思いを歌うビリー・ホリデイのココロに沁み入るハスキーボイスが、作品のストーリーとリンクして珠玉の名シーンを作りあげているのですが、まさにココが二人にとっての人生のクロスロード(十字路)となっているというワケでまたその演出がニクイのですね~。

 

演出と言えば、本来ライアン・ゴズリングの瞳はブルーなのですが、老齢のノアを演じるジェームズ・ガーナーが青い瞳ではないため、映画を通して茶色のコンタクトレンズを着用しているのだそうです。

ちなみに、余談ではありますが老齢のアリーを演じたジーナ・ローランズは、ニック・カサヴェテス監督の実の母親です。

おすすめ映画ブログランキング参加用リンク一覧感動・泣ける映画ブログランキング参加用リンク一覧 ⇐現在の順位はコチラをクリック!

本ブログから選抜した66本の映画の名セリフを読み解きながら紹介する本、
「BEAUTIFUL MESSAGE ココロに響く映画の名セリフ
が、1月18日に刊行されます!!

映画作品中の素敵な言葉を、日々の生活や人生の歩き方に役立つヒントとして解釈し、恋に仕事に毎日一生懸命頑張っている人たちの背中を押してくれるメッセージとして読み解いていきます。

DSCF2450

本日、見本が届きました! おしゃれな装丁でプレゼントにも良いのでは!!
中身をちょっとだけチラ見してください!
すべての映画に素敵なイラストを描きおろしてもらいました。


20181222_114057

20181222_114001

目次でラインナップもチラリ。

DSCF2456

DSCF2454

DSCF2457

アマゾン
先行予約受付中です!
残念ながらクリスマスには間に合わなかったのですが、ぜひ新しい年のスタートに!

コチラから⇒ アマゾン新刊情報 予約サイト

出版社:雷鳥社 HPはコチラをクリック 
 
よろしくお願いいたします!!!

おすすめ映画ブログランキング参加用リンク一覧感動・泣ける映画ブログランキング参加用リンク一覧 ⇐現在の順位はコチラをクリック!

早いもので今年もあとわずかです。クリスマスにそして、新しい時を迎えるこの時期にこそ観たい、心温まる1本。
大晦日に起きる、ひきこもごもの人間模様を描いた心温まるロマンティック・コメディーです。

91ovT0GcCSL._SY445_

監督:ゲイリー・マーシャル

出演:ヒラリー・スワンク  ロバート・デ・ニーロ アシュトン・カッチャー アビゲイル・ブレスリン  ミシェル・ファイファー  ザック・エフロン ジョン・ボン・ジョヴィ ハル・ベリー キャサリン・ハイグル ジョシュ・デュアメル サラ・ジェシカ・パーカー

                          
「プリティ・ウーマン」でメガホンをとったゲイリー・マーシャルが監督を務め、前年公開の「バレンタインデー」の制作スタッフが再集結。
出演者は、ヒラリー・スワンク、ロバート・デ・ニーロ、ミシェル・ファイファーなどなど、そうそうたる大物俳優陣の顔ぶれに加えジョン・ボン・ジョヴィがタイムズ・スクエアのカウントダウン・イベントで歌うロック・スター役で俳優としても熱演、素敵なステージも披露してくれています。 

家族で、恋人と、夫婦で、友人と・・。もちろんひとりでも楽しめる年末にオススメの1本です。

 
「新しい年が来ます。新たなチャンスの時です。
過ちを許し、より努力し、より与え、より愛するチャンスです」  

By クレア・モーガン(ヒラリー・スワンク)

915

 

毎年恒例の新年祝賀イベント「タイムズスクエアのボールドロップ」。そのイベント責任者を任されたクレア(ヒラリー・スワンク)が、トラブルの弁明会見で壇上からメディアに向かって言う言葉です。

 

予期せぬ電気系統の故障で、アメリカ中の全国民が楽しみにしているボールドロップの照明がショートしてしまいました。絶体絶命、国民的一大イベントを台無しにする訳にはいかず奔走するクレアでしたが、思うように事は好転しません。

そんなもどかしい状況をあえて逆手にとり、クレアは聴衆に向かって言います。

「シャンパンで新年を祝う前に、立ち止まって過ぎた年を振り返ってみようというメッセージなのでは?」と。

 

大晦日は、単なる1年の中の1日にすぎませんが、大切な何かを得るべく自己を振り返り、未来を見据えて考える「チャンスの神」が舞い降りる唯一の日であるかもしれません。

世界中の人々にとって大晦日のカウントダウンは、不思議な昂揚感と幸せに満ち溢れた10秒間です。
 時差こそあれ、世界共通の幸せな瞬間を共有する特別な時なのです。

 

ひきこもごも、それぞれに各々の1年があったはずです。

成功、失敗。果たせた約束、破ってしまった約束。そして、勇気を出して成し遂げた挑戦もあれば、傷つく事を恐れて閉じこもってしまった事もあったかもしれません。

しかし、クレアはこうも言います。

「今年のチャンスは、まだ大晦日の0時まで有効よ!」

そうです、今年はまだ終わっていません。

平成最後の記念すべき大晦日を悔い無く過ごすために、そして希望に満ちた新たな2019年を迎えるために、残された今年を、もうちょっとだけ頑張ってみるのも悪くないかもしれませんね!

 

【あなたも見たくなるストーリー】

ニューヨークの大晦日。忙しないながらも誰もが新年への期待で気持ちが浮き立つ特別な一日。世界中が注目するタイムズスクエアでのカウントダウン・イベントを取り仕切るクレア(ヒラリー・スワンク)。失敗の許されない一大イベントを前にナーバスになる彼女を、ニューヨーク市警の警官ブレンダンが黒子となってサポートする。大きなパーティを任され大忙しのケータリング会社社長ローラ(キャサリン・ハイグル)は、タイムズスクエアでのカウントダウン・ライブを控えた元カレのロックスター、ジェンセン(ジョン・ボン・ジョヴィ)と再会する。病院のベッドで新年を迎える偏屈で孤独な報道カメラマンのスタン(ロバート・デ・ニーロ)。そんな彼を、看護師のエイミー(ハル・ベリー)は優しく気遣う。友だちとカウントダウンを見に行く約束をした15歳の少女ヘイリー(アビゲイル・ブレスリン)。憧れの彼とのファースト・キスを夢見ていたが…。

Allcinemaより抜粋引用

 

公式HPはコチラ→

https://warnerbros.co.jp/home_entertainment/detail.php?title_id=3373/

 

 

【映画を楽しむプチ知識】

劇中メインストーリーの舞台となるタイムズスクエアの「タイムボール」は、19071231日の夜に最初に行われて以来、戦時中1942年と1943年を除いて毎年行われているカウントダウン・祝賀イベントです。1231日の午後1159分から、新年を表すために設置された旗竿を電飾されたボールが落下し新年を迎えるのです。

その様子は、少なくとも世界中で10億人が視聴、スクエアには100万人が参加し大盛り上がりする大晦日の一大イベントなのだそうです。劇中のイベントの様子は、20112月に撮影のため100万人もの人々を集め再現されたのだとか。

映画では、ジョン・ボン・ジョヴィ演じるロックスターが会場を盛り上げていますが、現在はボールの落下前に世界平和を願いジョン・レノン「イマジン」を毎年違ったアーティストが生演奏しています。

 

昨年(2017年)6月に「イマジン」が全米音楽出版社協会により“世紀の歌”として表彰され、妻で芸術家のオノ・ヨーコが共作者としてクレジットされることが発表されたのは記憶に新しいところですね。日本とイギリスの天才が生んだ「魂の曲」が、アメリカ~世界の平和を願い、新年を迎える象徴の曲として繋がっていることに、日本人として、また日本のビートルズファンのひとりとしても、とても誇らしく思います。

タイムズスクエアのイベントは、日本での厳かな「除夜の鐘」とはまた違った雰囲気ですが、これもまた国民性、文化の違いなのでしょう。ひとそれぞれ、あらゆる人々にそれぞれの新年の迎え方があってイイという事なんですね~。

おすすめ映画ブログランキング参加用リンク一覧感動・泣ける映画ブログランキング参加用リンク一覧 ⇐現在の順位はコチラをクリック!

今回は、秋の夜長にじっくりと味わいたい、そんな名作の深イイ言葉を紹介します。


20130426_b84f1d

監督 ジュゼッペ・トルナトーレ

出演 ティム・ロス  プルイット・テイラー・ヴィンス 

 

「ニュー・シネマ・パラダイス」ジュゼッペ・トルナトーレ監督エンニオ・モリコーネの素晴らしい音楽が融合。ゴールデン・グローブ最優秀作曲賞をはじめ、数々の褒賞をうけた、言わずもがなの名作です。 

 

「都会には何でもあるが、
     終わりだけがない」

ByTD・レモン・ナインティーンハンドレッド(ティム・ロス)

142237172507995094179_PDVD_051

老朽化し解体のため爆破をまつばかりのヴァージニアン号の船倉で、無二の親友マックス(プルイット・テイラー・ヴィンス)に向かって、生涯を船上で過ごす決意をするナインティーンハンドレッド(ティム・ロス)が、言う言葉です。

 

客船の中で生まれ、船の中の世界しか知らないナインティーンハンドレッドは、やがて成長し陸へ降り立つ決意をします。偶然出会い、一目で心を奪われてしまった美しい少女との再会を夢見て、自分の生きる小さな世界から飛び出そうと決意したのです。

タラップを降りかけたナインティーンハンドレッドでしたが、葛藤した末に、結局、船から降り立つことはしませんでした。

 

ナインティーンハンドレッドは、言います。

「ピアノの鍵盤は88個、音階には限りがある。でもピアノで紡ぎだす音楽には限りがない」と。

つまり、目の前にある物質的な世界は狭くても、自分の心しだいでそれは無限に広がる可能性を秘めていると言っているのでしょう。

自分の知らない世界で道に迷い、過剰な情報に翻弄され本来あるべき姿を見失ってしまうより、確固たる信念を持って目の前の人生をしっかり生きたい!
そう言っていっているようにも聞こえます。

自分の住む世界に満足せず、新たな生活を夢見て努力することは大切な姿勢です。

しかし、それが故に本来あるべき本当に大切なモノを見失ってしまっては本末転倒です。むしろ、今ある目の前の幸せを失わないために、どっしりと地に足をつけ、1歩1歩、着実に歩み続ける事こそが必要であるのだと教えられます。

 

過剰な情報や便利な機器が氾濫する現代社会。

あらゆる選択肢が簡単に手に入るからこそ、逆に本当に必要なものが解らなくなってしまいがちです。

もしかすると、本当に大切なものは、すでに自分の目の前にちゃんとあるのかもしれませんね。

 

【あなたも見たくなるストーリー】

豪華客船ヴァージニアン号。ある日、パーティー会場のピアノの上に赤ん坊が捨てられていました。その赤ん坊を拾った黒人機関師のダニー・ブートマンは、「T.D.レモン・1900」と名付け、船の中でわが子のように育て始めます。

やがて成長した1900は、天才的なピアノの才能を開花させ、船内でバンド演奏をするようになりますが、ある嵐の夜、船酔いで動けなくなったトランペット奏者マックスと出会うことになります。

嵐の大海原に翻弄される船上で奏でた1900の卓越したピアノ演奏に魅せられたマックス。ふたりは、かけがえのない友情を芽生えさせ、船の上で生活を共にするようになるのですが・・。


【映画を楽しむプチ知識】

ナインティーンハンドレッドの卓越したピアノ演奏の噂を聞きつけてあらわれた、我こそが「ジャズの創始者」だという自信に満ち溢れた黒人ピアノ奏者ジェリー・ロール・モートン。船の中でピアノ演奏の対決シーンは圧巻ですが、モートンは、同名の実在したジャズ・ピアニストがモデルになっています。

1980年生まれのモートンは、ニューオーリンズで活動を始め、その後シカゴでビクターとレコード契約を結び、後のジャズシーンにも多大な影響を与えました。

映画のストーリーはフィクションですが、実際に1928年には、ニューヨークへ移り住みバンド活動をしていますので、まさにその頃の自信満々のモートンがモデルとなっているであろうと思われます。

自慢話が好きで派手な性格だったモートンは、自分の名刺にも「ジャズの創始者」であると書き込んでいた自己顕示欲の強い男で、周囲との軋轢も強く、ケンカで胸と頭を刺されたという逸話も残っているのだとか・・。

名盤CDも発売されていますので、興味を持った方はぜひ一聴してみてください!

おすすめ映画ブログランキング参加用リンク一覧感動・泣ける映画ブログランキング参加用リンク一覧 ⇐現在の順位はコチラをクリック!

前回からのプーさん繋がりで、やっぱり今回はこれでしょう!
最初から最後まで、なぜか涙が止まりません。。サラリーマン必見の1本です!


4319e268a9894e19e193ea1fbe3ff4e2

監督:マーク・フォースター

出演:ユアン・マクレガー  ヘイリー・アトウェル

 プーの声(ジム・カミングス) ピグレットの声(ニック・モハメッド) 

 
「007 慰めの報酬」「ワールド・ウォーZ」を手がけたマーク・フォースターがメガホンをとり、A・A・ミルン原作の児童書「クマのプーさん」を成長したクリストファー・ロビン(ユアン・マクレガー)を中心に、ディズニーがCG実写版としてファンタジックな大人の泣けるヒューマン・ドラマに仕上げました。切なく心温まる秀作に触れ、あの頃の童心を思い出してみませんか。
 


「何もしないは、最高の何かにつながる」

By クリストファー・ロビン(ユアン・マクレガー) 


mqdefault


 クリストファー・ロビン(ユアン・マクレガー)は成長し、ロンドンの寄宿舎に入学するため100エーカーの森を出る日がやってきました。プーたち森の仲間たちは、クリストファーとのお別れの会を開きます。
「みんなの事は絶対に忘れない」と言うクリストファー。
 そして森の仲間たちと過ごした日々で育んだ、「何もしない」素敵なかけがえのない時間を思い出すように反芻して言う深い言葉です。

 

寄宿舎での厳しいしつけと勉強漬けの毎日、戦争への出征、そして就職。家族を持ち、忙しく働く毎日に追われクリストファーの心は、すっかり変わってしまいました。
 「何もしないと何も生まれない」という利益を最優先の会社の方針に、心身ともに疲れ果ててしまっていたのです。

何が必要で、何が重要なのか?

私達も、忙しい日々の生活の中で“本当に大切なもの”を見失ってしまいがちです。

 

「自分の目標」に向かって鍛錬し忙しく働くことはとても重要なことですが、その目標を失くしてしまった行動は、長続きしません。お金を稼ぐということは、働く“目的”ではありますが、人生の目標には成り得ないと思うのです。

 

プーは言います。

「ぼくは、前に進む時、今いた場所を離れるよ」と。

そうです、今、現在の自分の立っている位置をもう一度見直し、そしてそこを離れ違った方向へ進む勇気も必要なのかもしれませんね。

【あなたも見たくなるストーリー】
少年クリストファー・ロビンが、“100エーカーの森”に住む親友のくまのプーや仲間たちと別れてから長い年月が経った──
 大人になったクリストファー・ロビンは、妻のイヴリンと娘のマデリンと共にロンドンで暮らし、 仕事中心の忙しい毎日を送っていた。ある日クリストファー・ロビンは、家族と実家で過ごす予定にしていた週末に、仕事を任されてしまう。会社から託された難題と家族の問題に悩むクリストファー・ロビン。そんな折、彼の前にかつての親友プーが現れる。

(オフィシャルサイトから引用)

公式HPはコチラから→
https://www.disney.co.jp/movie/pooh-boku.html

 

【映画を楽しむプチ知識】

プーとクリストファー・ロビンが、倒木に座って眺める素晴らしい景色が印象深い100エーカーの森ですが、著者であるA・Aミルンが息子と暮らした実在の場所なのだそうです。ロンドンから約2時間ほどに位置するハート・フィールド村にあるアッシュダウンの森という絵本そのままの素敵な場所で、あの「棒投げ橋」もあり、たくさんの観光客たちが訪れる聖地となっています。本作品の撮影もプーと仲間たちが過ごしたこの森で行われました。

おすすめ映画ブログランキング参加用リンク一覧感動・泣ける映画ブログランキング参加用リンク一覧 ⇐現在の順位はコチラをクリック!

「プーと大人になった僕」が公開されましたね!

子供はもちろん、大人が楽しめる深イイ作品「くまのプーさん」は、多くの方の心に残っている名作です。そこで、今回は、プーさんにちなんだ作品を紹介します! 

167092_01 (1)

監督 ローワン・ジョフィ

出演 ニコール・キッドマン  マーク・ストロング

   コリン・ファース 

 

「プー、朝目を覚ましたらまずどんなことを考える?」

「朝食のこと。ピグレットは?」

「今日は、どんな楽しいことがあるかな?ってことだよ」 

 By クリスティーン(ニコール・キッドマン)と息子アダムの会話

 

1469854209
 記憶障害の後遺症に悩まされているクリスティーン(ニコール・キッドマン)ですが、愛する息子アダムがまだ幼い頃、毎日のように読み聞かせた「くまのプーさん」の絵本の中でプーとピグレットが交わす会話です。

クリスティーンとアダムふたりだけの合言葉のように繰り返し、紡いだ思い出深い大切な言葉なのでした。

 

私達の日常にも、つらく悲しい出来事や、生きているのがイヤになるような困難がたくさんあります。
 朝、目を覚ました時に、「またつらい1日が始まる・・」とうつむいてため息をもらすよりも、今日はどんな素敵な出来事が起きるのだろうかと思いを巡らすピグレット思考こそが、毎日を明るく未来へ向かって元気に生き抜くヒントなのではないでしょうか。

過去を振り返らず、前だけを向いて進む。
 つらい出来事や失敗を引きずらず、これから起こるハッピーを信じ明るく楽しく1日をスタートさせる事ができれば、人生は劇的に変わるはずです。

【あなたも見たくなるストーリー】

目覚めると前日までの記憶が全てリセットされてしまう特殊な障害があるものの、献身的な夫(コリン・ファース)に支えられ日々を送っているクリスティーン(ニコール・キッドマン)。ある日、医師だという人物から電話がかかってくる。それを受けたクリスティーンは、夫に黙って彼のもとで診察を受けていると聞かされ、数週間前から自分が毎日の出来事を映像で記録していることも教えられる。その映像を捜し出して再生する彼女だったが、そこには信じられない光景が収められていた。

Yahoo!映画より転載

【映画を楽しむプチ知識】
 今回のこの言葉は、ご存知A.Aミルン「くまのプーさん」(岩波書店)の中に出てくる、プーとピグレットのほのぼのとした会話です。1926年に刊行されてから今に至るまで多くの国の子供たちに愛された名著ですが、日本では石井桃子による翻訳本が1940年に岩波書店により出版され、数多くの方が読んだことを記憶しているのではないでしょうか。

私も大ファンなのですが、当時、石井桃子さんの翻訳ではピグレットは「ピッグ」から転じて日本人児童向けに「コブタ」、ティガーはタイガーから「トラー」だったのを覚えています。素敵な和訳ですよね。

今ではビデオやDVDでお馴染みのキャラ達ですが、プーの放つ深イイ言葉は、疲れた心にしみじみと響く癒す力に満ちており、あらためて大人視点で観ると涙が止まらなくなってしまうようなセリフがたくさんあります。

ちょっとだけ紹介してみましょう。

 

「 沈んでいくような気がしても、 心配しないで。

ただ、 おなかが空いているだけかもしれないよ」

 

さよならを言うのがこんなにもつらい相手を持っているなんて、

ぼくはなんて幸せなんだろう」

「からっぽのものを貰うとうれしい。ものをいれられるもの」

 

プーさんの、このポジティブ思考。深いですね~。

おすすめ映画ブログランキング参加用リンク一覧感動・泣ける映画ブログランキング参加用リンク一覧 ⇐現在の順位はコチラをクリック!

終戦記念日の8月は、毎年戦争をテーマにした作品を紹介しています。
今回はコレです!

153108_01

監督 ジム・シェリダン

出演 トビー・マグワイア  ジェイク・ギレンホール

   ナタリー・ポートマン 

 

 

「まず自分を好きになってごらん。
 みんな愛してくれるよ」

  By トミー(ジェイク・ギレンホール)

 
ph2-1
 

人気者の姉を羨ましがって自分を卑下する姪っ子のイザベル(ベイリー・マディソン)

優等生だった兄サム(トビー・マグワイア)とは対照的な人生を生きてきた弟トミー(ジェイク・ギレンホール)が、イザベルに向かって諭すように言う言葉ですが、それはトミーが自分自身に言っているようにも聞こえます。

 

 今までずっと屈折した人生を歩んできたトミーは、ある意味で真っ直ぐな生き方をしてきたとも言えます。

 兄サムは、長男としての責任から軍人だった父親の人生観を踏襲して生きてきました。

反面トミーは、自由奔放、一見悪びれて見えますが、それは自分が正しいと思う事を思うがままに、周囲との軋轢を気にせず表現して生きてきた証でもあります。

戦争に対しての考え方も同様。

「国のため」という大義で戦争と言う残虐な行為を正当化できない、純粋で公正な心をもっているのです。

 

不器用であるがゆえ、理解されにくい生き方ですが、正しいと思うがままに生きること。それが、自分自身を好きで居続けられる根本。絶対にぶれてはいけない重要な部分ですね。

 

 

【映画を楽しむプチ知識】

本作品は、デンマークの映画「ある愛の風景」(2004)のリメイクで本国デンマークでは、43万人を動員する大ヒットとなりました。ハリウッド版では、ストイックな役作りに徹することで知られるジェイク・ギレンホール、ナタリー・ポートマンそして、今回は「スパイダーマン」でおなじみトビー・マグワイアが、精神を病み苦悩する帰還兵の役作りを10キロ近い減量でリアルに魅せてくれました。

戦争の悲惨な現実は、戦場だけにあるのではなく残された家族や周囲の人々をも不幸にしてしまう所にあるという共通のテーマの2本、ぜひ終戦記念日の8月に観たい深い作品です!

おすすめ映画ブログランキング参加用リンク一覧感動・泣ける映画ブログランキング参加用リンク一覧 ⇐現在の順位はコチラをクリック!

今回は夏休み突入ということで、子供も大人も楽しめる作品にしました。81日の「インクレディブル・ファミリー」公開にちなんで、本ブログ初のCGアニメ作品です!


51xs2q-XLzL._SY445_


監督:ブラッド・バード

日本語声優:ボブ・パー(三浦友和)  ヘレン(黒木瞳)
      シンドローム(宮迫博之)
ヴァイオレット(綾瀬はるか)
      ダッシュ(海鋒拓也) 


「シンプソンズ」「アイアン・ジャイアント」などを手がけたブラッド・バードが監督・脚本を担当したフルCGアニメ作品です。
アカデミー長編アニメ映画賞アカデミー音響編集賞アニー賞など数多く受賞し、非常に高い評価を得ながらも興行的にはイマイチだったと言われていますが、多くの根強いファンを持つ大人も楽しめる秀作です。


「過去は振り返らない。
 未来が見えなくなるから」

  By エドナ・モード

134328812189713208292_incred5-large
 

破れたヒーロー・スーツの修理を頼もうと、カリスマ・スーパーデザイナー・エドナのもとを訪ねたボブ(Mr.インクレディブル)に対して、エドナがあきれたように言うセリフです。

 

スーパー・ヒーローとして活躍していた過去の栄光に執着するボブ。
そんなボブの姿を見て、エドナはこんな古臭いスーツではなく、新しいスーツを作り直した方がいいと提案します。

スーパー・ヒーローのコスチュームと言えば、“マント”がまずイメージされますが、エドナは、「マントはなし!」ときっぱり切り捨て却下します。

スーパーマンしかり、バットマンしかり、“ヒーローにはマント”、という固定概念をまず取り払う事こそが始まりだと言っているのでしょう。

たしかに、マントは機敏に動く際には邪魔な服装ですよね・・。

既成概念に囚われ疑う事を忘れがちですが、常識という枠に囚われず、未来を見て柔軟に変化することの大切さを教えられます。

 

「もう引退したから・・」

と、言い訳がましく答えるボブに対して・・、

「私もよ。でもまたすぐ始まるわ!」

と返すエドナの前だけを見て進む姿勢をみならいたいものですね。

 

 

【映画を楽しむプチ知識】

ディズニー、ピクサー作品やアニメの中に隠されている暗号
 「A113」

アイアン・ジャイアント、カーズ、バグズ・ライフ、モンスターズ・インク、トイストーリー、ベイマックスなどなど・・数多くに作品中に挿入されている“暗号ナンバー”なのです。ある時は車のナンバーであったり、ある時は部屋番号だったり・・、注目すると楽しい映画の中の隠れピースです。 

本作では、シンドロームの秘密基地にある部屋の番号、そしてMr.インクレディブルが拘束されている監房の番号が、A1レベルの13監房になっているのでチェックしてみてください。

ちなみに「A113」の由来は、カリフォルニア芸術大学の卒業生たち、現在活躍する多くのアニメーターたちが学んだ教室番号なのだそう。彼らのちょっとした遊び心という訳なのですね。

おすすめ映画ブログランキング参加用リンク一覧感動・泣ける映画ブログランキング参加用リンク一覧 ⇐現在の順位はコチラをクリック!

最近ちょっと忙しく、間が空いてしまいました。申し訳ありません。
今回は、お待ちかねの、これです!!

20180216204455

監督:マイケル・グレイシー

出演:ヒュー・ジャックマン   ザック・エフロン  

   ミシェル・ウィリアムズ   レベッカ・ファーガソン 

監督は初メガホンとなるマイケル・グレイシー「ラ・ラ・ランド」のベンジ・パセック&ジャスティン・ポールが楽曲を担当。「レ・ミゼラブル」ジャン・バルジャン役で驚きの歌唱力を披露したヒュー・ジャックマンが伝説の興行師フィニアス・テイラー・バーナムを演じたミュージカル映画です。 


「理解される日が、必ず来る」

By P・T・バーナム(ヒュー・ジャックマン)

 

ショーにパフォーマーとして出演して欲しいとする提案に対して、今までなるべく人目を忍んで生きてきたユニークな容姿を持つレティ(キアラ・セトル)は自己否定をしながら拒みます。そんなレティに対して、バーナムが言う言葉です。

 普通とは違うこと、少し変わった風貌。今ままでは、それをコンプレックスとして生きてきたユニークなショーマンたち。しかし、視点を変えれば、他と違うということは何にも代えがたい貴重な資質です。それは誰にもまねをすることができない、自分唯一のパーツだからです。
 かけがえのない非凡な部分を“個性”と受けいれ、磨きこんで“特化”させられるかどうかは、自分しだいなのです。他と同じ必要はありません。

 

サーカスというこの世界に存在することのなかった偉大なショーを作り上げたバーナムは言います。

「スイッチひとつで灯りはともる」と。

“新しいこと”は容易に理解されないものです。

大衆から嘲笑われようが、後ろ指をさされようが、自分の決断を信じ行動を起こすことで物事は動き始めます。

自分の価値を信じ、信念を持ち、ぶれることなく先を走るその後から、時代が勝手についてくるものなのです。 

 

【映画を楽しむプチ知識】

映画では、人と違った容姿を個性ととらえ、偉大なショーマンとして認知していくたB・T・バーナムの活躍が描かれていますが、登場するショーマンたちは、蔑称的に「フリークス」と呼ばれ差別を受けていました。小人症の男性、ヒゲの生えた女性、多毛症、シャム双生児など奇形としての障害を持った人たちは、劇中では「ユニークな人」と表現されています。日本でも昭和の時代に「見世物小屋」という興業があったことを覚えている方も多いのでは。

当時バーナムが行った実際の興業内容や背景をしっかり知ったうえで、その参考にすべき”良い部分だけをデフォルメしたフィクション”~娯楽映画として理解し評価していくことが必要だと感じますね。 

おすすめ映画ブログランキング参加用リンク一覧感動・泣ける映画ブログランキング参加用リンク一覧 ⇐現在の順位はコチラをクリック!

「バックドラフト2」の撮影が始まるとの噂を聞きつけました。公式の発表はまだのようですが、カート・ラッセル、ウィリアム・ボールドウィンの出演も決まり、着々と準備が進行しているとのこと。本当ならば、待ち遠しいですね~。

 

 a6a03eaf6e3e74808aa5b3e7fb59dc40-fire-fighters-music-tv-546x546

  

監督:ロン・ハワード

出演:ウィリアム・ボールドウィン   カート・ラッセル  

ロバート・デニーロ    レベッカ・デモーネイ   

 

USJのアトラクションでもおなじみ、シカゴの火災現場で活躍する消防士たちの葛藤と人間ドラマを、ヒット・メーカー、ロン・ハワードがサスペンス要素も取り入れて描き出しました。消防士の兄弟を、カート・ラッセルウィリアム・ボールドウィンが演じ、燃え盛る炎のシーンをスタントなしで熱演。CGではないリアルな火災現場の映像は、アカデミー視覚効果賞、音響編集賞にノミネートされた秀作です。

 

「俺は英雄になろうなんて思っていない
 なすべき事をしただけだ」

By スティーヴン・マカフレイ(カート・ラッセル)

00886
 

取り残された子供を救出すべく、無茶を承知で燃え盛る炎の中へ飛び込んだスティーヴン(カート・ラッセル)が、死と隣り合わせの本当の現場を体感した新米消防士・実弟でもあるブライアン(ウィリアム・ボールドウィン)に向かって言う言葉です。

素人感覚が抜けない甘っちょろいブライアンに対して、消防士として必要な資質は何かを諭す厳しい一言なのです。

 

二人の父親は消火活動任務中の事故で殉職をしたシカゴ消防隊の伝説の消防士でした。

偉大な父親の背中を追って同じ職業を選んだ二人ですが、長い間、確執をもって別々の道を歩んできました。兄を尊敬していながらも、素直になれないブライアン。常に比較され、劣等感に苛まれてしまうのです。

 

ベテラン消防士のスティーヴンと新米消防士ブライアンの決定的な違いは、仕事に対する信念ではないでしょうか。

常に死と直面している火災現場では、ちょっとした気の緩みが命取りになります。自分の命を他人のために差し出すその覚悟と確固たる信念がなければ勤まらない仕事なのです。

 

人を救う素晴らしい仕事。危険な現場で活躍するカッコイイ職場。

 

しかしそんな安直な甘い感覚で選んではいけない厳しい仕事場であることを理解させようとする兄スティーヴンの強い愛情が伝わります。

 

私達の身の回りにある多くの仕事にも、同じように言えるのではないでしょうか。 

直接人命に携わる仕事はもちろんですが、間接的にみれば、この世の中にある全ての仕事があらゆる人の人生~生活に関与している仕事であるはずです。

なぜ自身の命を顧みず無茶な突入したのかを尋ねられ、

「そこに子供がいたからだ」

と即座に応えるスティーヴン。

スティーヴンが、燃え盛る炎の中に迷わず飛び込んだのは、本能に衝き動かされた行動なのです。そこに理屈はありません。

 

ラストシーン

シカゴの街へと出動するブライアンは、消防車の窓から眺める美しい夕日の先に何を見たのでしょうか。

それは沈みゆく夕日の中で見る事ができた新しい景観だったのではないでしょうか。

偉大な父と尊敬すべき兄が教えてくれた人生の風景、ブライアンが見たサンセットは、彼にとってのサンライズだったのかもしれませんね。

 

【あなたも見たくなるストーリー】

シカゴ消防隊の父を誇りに思う兄弟スティーブン(カート・ラッセル)とブライアン(ウィリアム・ボールドウィン)。しかし、父は火災現場の救出作業中、幼い兄弟の目の前で殉職してしまう。数十年後、兄スティーヴンは、父の後を継ぎ消防士として活躍、弟ブライアンも同じ道で生きる決意をする。

シカゴ消防で英雄的な活躍をする兄スティーヴンとは対照的に、厳しい火災現場で自信を喪失していくブライアンは、消防士から放火犯罪調査部へ転属を希望、そこで奇妙な爆破放火事件を調査するたたき上げの捜査官リムゲイル(ロバート・デ・ニーロ)と出会うことになる。

 

【映画を楽しむプチ知識】

本作品のテーマ曲を聴いて、あれ?「料理の鉄人」の曲だあ~、と思う方も多いハズ。フジテレビ系列で1993年から1999年まで 毎週金曜日の夜に放映されていた人気番組のタイトル曲としての印象が強い方も多いでしょう。

大阪にあるUSJでアトラクションを楽しんだ方の多くが、映画も「料理の鉄人」もどちらも知らないかもしれませんね。(寂・・)
ちなみに本場のユニバーサル・ハリウッドでは、2010年にアトラクションが終了してしまったそうなので、いまや日本の「バックドラフト」アトラクションは貴重な存在です。

しかし、吉報が届いてきました!

「バックドラフト2」の撮影が始まるとの噂が広まっているのです。早ければ2019公開との噂も。期待しましょう!! 

おすすめ映画ブログランキング参加用リンク一覧感動・泣ける映画ブログランキング参加用リンク一覧 ⇐現在の順位はコチラをクリック!

日大アメフト部の問題が毎日ニュースで報道されていますね。
指導者と選手の問題を越え、会社での上司と部下、家庭での親子関係などなど、私達の日常にも当てはまる重要な事柄なのではないでしょうか。
今回は、そんな事をあらためて考えさせてくれる素敵な作品です。

25057

監督:デスティン・ダニエル・クレットン

出演:ブリー・ラーソン     ジョン・ギャラガーJr  

   ケイトリン・デヴァー   ラミ・マレック 


監督・脚本を務めたのは本作品が長編2本目となる新人デスティン・ダニエル・クレットン。そして後に「ルーム」でアカデミー主演女優賞を受賞する事に成るブリー・ラーソンが心に傷を負った子供たちを保護する施設“ショート・ターム”のケアマネージャーを演じました。

キャッチ・コピーは

「明日からの君の方が、僕は、きっと好きです。」

サウス・バイ・サウス映画祭、最優秀審査員賞をはじめ30以上もの世界の映画各賞を受賞。ロッテン・トマト(アメリカの映画評価サイト)でも満足度99%を記録した本作品。

笑って泣けて、そして笑顔でエンドクレジットを迎える事のできる、そんな感動のヒューマン・ドラマです。


「今は嫌ってもいい、待ってるから」

By グレイス(ブリー・ラーソン)

stersub2

自傷行為に走ろうとするジェイデン(ケイトリン・デヴァー)を強引に押さえ込み、なだめるグレイス(ブリー・ラーソン)が泣き叫び悪態をつく彼女に対して言う言葉です。

父親に裏切られ、自暴自棄になっているジェイデン。

「あんたなんか嫌いだ!」と大声で叫ぶジェイデンは、大人達を誰も信用できないのです。

 

心に傷を持った多くの子供たちは素直になれず、自分を追い詰めてしまいがちです。カミソリのように鋭い刃先を向けて、近寄って来るものすべてに切り付けてしまうのです。過去にトラウマを持った子供たちの、また傷つけられたくないと思う本能的な防御反応なのでしょう。

 

そんな屈折した心が求めているのは、「同情」ではなく「同調」なのではないでしょうか。

 

激しく傷つきヒビ割れた心の奥底は、当事者本人にしか解るハズがありません。

つい私たち大人は、

「オマエの気持ちもよく解るよ」

などとワケ知り顔で言ってしまいがちですが、それは自分勝手なオゴリにすぎないのではないでしょうか。
 周囲の背景やしっかりとした事情を理解もせず、上から目線で同情してみたところで相手の心は開かないのです。これは、親子関係、上司と部下、教師と学生・・・、あらゆる人間関係においても同様です。

 

今は素直に反応できないことに対してもあきらめず、心の苗に種を撒き続ける事でやがて芽を出し実る時が来るはず。そこに正しいといえる確固たる答えはありません。すぐには結果も出ません。

しかし・・、

未来を信じて、水をやり続ける。

「育てる」とはそういうことなのではないでしょうか。

 

 

【あなたも見たくなるストーリー】

物語の舞台は、ティーンエイジャーをケアするシェルター“ショート・ターム”。ここで働く20代のケアマネージャー、グレイス(ブリー・ラーソン)と、同僚でボーイフレンドのメイソン(ジョン・ギャラガー・Jr.)。子供が出来たことをきっかけに、二人の将来はささやかならがも幸せなものになるかと思われました。でも実は、グレイスの心には、たったひとりの信頼できる彼にも打ち明けられない、深い深い闇が横たわっていたのです。そんなグレイスの心を次第に開いてゆくのは、やはり同じように心に傷を負ったショート・タームの子供たちと、新しく入所してきた、頭が良くて優しい少女ジェイデンや、ストイックでまっすぐな少年、マーカスでした。彼らはみな、親からの虐待やネグレクト、いじめを経験し、心を閉ざしてしまったこどもたちです。

誰もが心に悲しい傷を負っているけれど、ここに暮らす子供たちはみんな、心優しくて繊細な少年少女ばかり。そんな彼らのひたむきな生き様を見ていると「ひとりぼっちで生きるのではなく、大切な人と一緒に、明日を生きることが喜びなんだ」と気づかせてくれます。大きくて温かな愛に包まれた『ショート・ターム』は、きっとあなたも大好きな人と共有したくなる、穏やかで柔らかい感動のものがたり。スクリーンから、かつてない「ぬくもり」が溢れ出してきます。

公式HPより 

オフィシャルサイトはコチラから→http://shortterm12.jp/story/


【映画を楽しむプチ知識】

アメリカの映画批評サイト「ロッテン・トマト」99%の支持率を獲得した本作品。

よく耳にするこの「ロッテン・トマト」っていったいなんなの?と思った方も多いのでは?

 

ロッテンとは、「腐った」の意。つまりロッテン・トマトは「腐ったトマト」という意味です。

このサイトでは、映画の評価を「トマト・メーター」という独自の尺度で表示。このスケールは、全米の著名な映画評論家たち数百人が公表したレビューの内容で決まるのです。

作品に対する肯定的な評価が60%以上であれば、「フレッシュ・トマト」。そのなかでもとても評価の高い信頼性の高いものを「サーティファイド・トマト」=お墨付きならぬ保証付きトマトと認定しているのです。

逆に59%以下の評価の低いものには「腐ったトマト」=「ロッテン・トマト」の烙印が押されるという訳です。

 しかし注意したいのは、あくまで他人の評価であるということ。評価を鵜呑みせず、自分で感じ、自分なりの価値観で作品を判断してください!

酸っぱいトマトが好きな人もいれば、甘いトマトが好きな人もいるワケですから。。

おすすめ映画ブログランキング参加用リンク一覧感動・泣ける映画ブログランキング参加用リンク一覧 ⇐現在の順位はコチラをクリック!
= 今までの全コトバ ③  = タイトルをするとページへジャンプします!
rs-jishu-01

61 ライフ・オブ・デビット・ゲイル
  「目には目をで突き進めば、人類は残らず盲目になる」
62 イコライザー
   
「人生で最も大切な日は、生まれた日と、生まれた理由が解った日だ」
63 50回目のファーストキス
  「人生は時に不公平ね・・、でもあなたは生きているのよ」 
64 プリズナーズ
  「最善を願い、最悪に備える」

65 
シークレット・アイズ
   
「強い思いは、地図と同じなのよ」
66 ブレードランナー
  「明るい炎は、早く燃え尽きる」
67 はじまりのうた
  「必要なのはビジョンだ。小手先なんかじゃない!
68 ハドソン川の奇跡
   
「すべてはタイミングだ。それはコンピュータでは測る事ができない」
69 ロング・トレイル 
       「
パンを手に入れたら、リュックにつめて垣根を飛び越えろ」
70  ニューヨーク 眺めのいい部屋売ります
   「最も大切な事は、僕ら夫婦らしさを取り戻せたことだ」
71   天国からの奇跡
   
「流れに任せないと、流れに押しつぶされる」
72  サイモン・バーチ
  
「どんな事にも理由がある。僕が生まれてきた事にもきっと理由があるはずだ」
73 デッド・プール
  「人をぶちのめすには、理由がいる」
74 リトル・ミス・サンシャイン
  
「負け犬とは、負けるのを怖がり挑戦しないであきらめる奴のことだ」 
75 鑑定士と顔のない依頼人
  「歯車は人間みたいなもの。長年組み合っていると、相手の形状に似てくるものだ」
76 50/50 フィフティ・フィフティ
  「オマエは死なない。フィフティ・フィフティだ。 カジノならバカ勝ちだぞ」
77 シング・ストリート 未来へのうた
  
「上手に演奏しない方法を学べ!」 
78 戦火の馬
  「栄誉を拒むという勇気もあるのよ」
79 (500)日のサマー
   
「女を忘れる最良の方法は、小説にすることだ」
80 コンカッション
   「自分が正しい時は、やめろと言われた時がやるべき時なの」
81 ア・フュー・グットメン
   「あなたは弁護士じゃない。 ただのセールスマンよ」
82 スノーデン
         「僕には今までの安定した生活と将来はもうない。でも新しい人生がある」
83 ザ・コンサルタント
   「敵を正しく捉えれば、弱点を補える」
84 ドラゴン・タトゥーの女
   「君は正しかった。証明にしくじっただけだ」
85 パワー・オブ・ワン
   「太陽がなければ月は暗黒の円だ。でも力を合わせるから月は輝く」
86 デンジャラス・ラン
   「あまりに長き犠牲は心を石にする」
87 ブラック・スワン
   「君の成功を阻むのは君自身だ。自信を解き放て」
88 ヒア・アフター
   「誰かの全てを知りたいと思う事は良い事に思えるかもしれない。でも本当は、知りすぎない方がいいんだ」
89 ラ・ラ・ランド
   
「人は情熱によって、心を動かされるの!」
90 レオン
   「大地に植えてあげれば、根を張るわ」
91 LIFE!/ライフ
   
「本当に美しいものは、注目を求めない」
92 キャスト・アウェイ
   「明日も日は昇る。そして波が何を運んでくるかは誰にも解らない。
  だからとにかく呼吸を止めない事だ」

93 YESマン/”イエス”は人生のパスワード
   
「世界は遊び場。子供の頃はみんな知っていたのに大人になる途中でみんな忘れちゃう」
94 パッセンジャー
   「不運な二人だけど、幸運なふたりでもある」
95 ニュー・シネマ・パラダイス
   「風車はもうないけれど、吹く風は同じだ」
96 6才のボクが、大人になるまで。
   「恋愛ってのは、すべてがタイミングなんだ」
97 告発
   「オマエはただ話すだけ。俺の話を聴こうとしない」
98 ライフ・イズ・ビューティフル
   「ヒマワリは太陽に向かっておじぎする。下を向いているのは枯れているヒマワリだ」
99 ニュースの真相
   「ポパイ流に言うなら、”俺はオレだからオレなんだ”かしら」
100 マグニフィセント・セブン
   「炎で失ったものは、灰の中にある」

おすすめ映画ブログランキング参加用リンク一覧感動・泣ける映画ブログランキング参加用リンク一覧 ⇐現在の順位はコチラをクリック!

先月、レイチェル・マクアダムスの出産が報じられましたね。おめでとうございます!
詳しくは→コチラ 
そこで今回は、彼女の出産記念(作品中でも出産しますので・・)という事で、この作品にしてみました!
poster2

監督:リチャード・カーティス

出演:ドーナル・グリーソン   レイチェル・マクアダムス  

 マーゴット・ロビー    ビル・ナイ   


「ノッティング・ヒルの恋人」「ブリジット・ジョーンズの日記」など、ロマ・コメ作品の脚本家として知られるR・カーティスが、監督&脚本を担当。タイムトラベルという一見すると、荒唐無稽なシチュエーションでありながら、家族や友人、仕事や子育てといった日々日常のありふれた現実~、けれどかけがえのない人生の生き方について深く考えさせられる作品です。

キャッチコピーは、「今日を生きる事が、好きになる。」

自分にとってかけがえのないモノとは? 

愛おしい大切な「時間」について考えてみませんか。 
 

「美人すぎる女は良くないわ。
 ユーモアのセンスを磨かなくなるから」

 By ティムの母(リンゼイ・ダンカン)


63e8eaab-s
 

ティム(ドーナル・グリーソン)が、恋人メアリー(レイチェル・マクアダムス)を初めて母親に紹介するシーン。義母となるかもしれないティムの母親に気に入ってもらえるか心配するメアリーの気持ちを察して、母親(リンゼイ・ダンカン)が優しさと愛情をこめてユーモアたっぷりに言う言葉です。

 

単なるジョークともとれる言葉ですが、あらゆる事象にあてはまる深い意味を感じてしまいます。

最初からスムーズにうまく事が運んでしまうという事は、けっして良い事ではないのだと言っているのでしょう。

自分の欠点を知ること。そしてそれを許容し、補えるように努力する事で人は輝けるものです。

 

「過去に戻っても、人の気持ちは変えられない」

これは、ティムが人生初めての失恋から学んだ真理です。時間を戻る特殊能力を授かったティムですが、恋したシャーロット(マーゴット・ロビー)の気持ちを射止める事はできませんでした。

 

さてさて、この2つの言葉は、どのように繋がるのでしょうか?

 

タイムトラベルの特殊能力を持ってしても、ただ時間を戻しただけでは結果は変わらないと言う現実を知ったティム。

大切な事は、ただ相手の都合に合わせるのではなく、自分自身の不足しているダメな部分をしっかり認識し、本質的な内面から変わる事なのだと理解できます。
 言い換えれば、自分自身が何も変わらず、単に方法だけを変えてみたところで、結果は変わらないのだという事です。

 

幸せになるための秘訣・・、

それは「普通の生活をしながら、普通の日常をもう一回繰り返す事だ」

タイムトラベラーの先輩、ティムの父親は言います。 

つまり、「出来事自体はそのままに、自身の受け止め方(内面)を変える」
ここがポイントなのだと言っているのでしょう。

日頃私たちは、突発的な出来事に直面すると、驚きや不安で感情的になったり、許容できずにテンパってしまいがちですが、あたかも2回目の出来事であるかのようなゆとりを持ち、寛容な気持ちを持つ事ができたとしたら、どうでしょう。

あるがままを受け容れ、周囲の状況を楽しめるようになるのではないでしょうか。

 

そうです!受けとめ方次第で、人生は変わるのです!

もう一度やり直すかのごとくゆとりを持って、ハプニングでさえ楽しむ!

そんな生き方ができれば、もはや時間をさかのぼってやり直す必要はないという事なのですね。

 

【あなたも見たくなるストーリー】

イギリス南西部コーンウォールに住む青年ティムは、両親と妹、そして伯父の5人家族。

どんな天気でも、海辺でピクニックを、週末は野外映画上映を楽しむ。風変りだけど仲良し家族。しかし、自分に自信のないティムは年頃になっても彼女ができずにいた。
そして迎えた21歳の誕生日、一家に生まれた男たちにはタイムトラベル能力があることを父から知らされる。そんな能力に驚きつつも恋人ゲットのためにタイムトラベルを繰り返すようになるティム。

弁護士を目指してロンドンへ移り住んでからは、チャーミングな女の子メアリーと出会い、恋に落ちる。ところが、タイムトラベルが引き起こす不運によって、二人の出会いはなかったことに!

なんとか彼女の愛を勝ち取り、その後もタイムトラベルを続けて人とは違う人生を送るティムだったが、やがて重大なことに気がついていく。どんな家族にも起こる不幸や波風は、あらゆる能力を使っても回避することは不可能なのだと。そして、迫られる人生最大の選択——。

 

公式HPより抜粋

オフィシャルサイトはコチラから→ http://abouttime-movie.jp/

 

【映画を楽しむプチ知識】

リチャード・カーティス監督の作品に共通するのは、映画の挿入歌が素敵でおもわずサントラCDをチェックしたくなるところですよね。

彼が、ロック&ポップスをこよなく愛している事は、「ラブ・アクチュアリー」(2003)でのサントラや「パイレーツ・ロック」(2009)での50曲にも及ぶブリティッシュロック挿入歌からもうかがえます。


 本作でも、印象深い素敵な楽曲がたくさん散りばめられています!


ポール・ブキャナンMid Air 

コチラから→ https://www.youtube.com/watch?v=c0GJadSs8Mo


ザ・キュアー
Friday I'm In Love

コチラから→ https://www.youtube.com/watch?v=usJ6JzHwsQw

 

ちなみに、本作ではカットされてしまっている未公開映像に、産気づいたメアリーをティムがあわてて車で病院へ送るシーンがあるのですが、有名なアビーロード・スタジオ前の横断歩道での渋滞に二人がテンパると言う、ビートルズ・オマージュ満載のシーンとなっていますので、こちらもDVD特典映像でチェックしてみてください!

おすすめ映画ブログランキング参加用リンク一覧感動・泣ける映画ブログランキング参加用リンク一覧 ⇐現在の順位はコチラをクリック!

いよいよGW突入ですね。映画をいっぱい見ましょう!

今回は、大御所たちの夢の共演=もはやパワースポットとも言える、疲れた心を蘇らせてくれるエネルギー注入ムービーです。(笑)

 
164217_01

監督:ピーター・シーガル

出演:シルヴェスター・スタローン   ロバート・デ・ニーロ  

キム・ベイシンガー       アラン・アーキン 

「50回目のファーストキス」などのコメディ作品で知られるピーター・シーガル監督による老齢ボクサーの人生再チャレンジ・ムービーです。

言うまでもなくボクサー映画でS・スタローンと言えば「ロッキー」R・デ・ニーロと言えば「レイジング・ブル」
 映画史に残る名ボクサー映画の主役を張った二人が同じリングでグローブを交えます。

キャッチコピーは、
「ハナタレ共、これが人生賭けた戦いだ」

キム・ベイシンガー、そしてアラン・アーキンが脇を固め、これまた素敵に歳を重ねた名優たちが人生と言うリングでどのように生きるべきかをしっかり教えてくれます。



「今が俺の全盛期だ」
By ”レーザー”シャープ(シルヴェスター・スタローン)

20140405021910b8es
 

伝説のボクサー、レーザー・シャープ(シルヴェスター・スタローン)と因縁のライバル、ビリー・ザ・キッド(ロバート・デ・ニーロ)は犬猿の仲、1勝1敗のまま30年の時を経た二人が長年の遺恨を晴らすべく再びリングに上がる決意をしました。

「今どんなに体を鍛えてもあの頃の体には戻れないわ」

そう言う、かつての恋人サリー(キム・ベイシンガー)に向かってシャープが返す言葉です。

 

「錆びた鉄クズをみてゴミだと言うが、
 俺は別のモノに見える」

レストランで食事をしながらシャープがサリーに言うセリフです。

シャープの趣味は、鉄クズを拾って新たなオモチャに創りかえる事。
 サリーに差し出したプレゼントも、ゴミに埋もれた鉄クズを再生して命を吹き込んだオブジェなのです。

 

男も女も、金持ちも貧しい人も、人種に関わらず全ての人に平等に訪れる事。それは“老い”と言う現実なのではないでしょうか。

髪は薄くなり、シワが増え、体力は落ち、無理がきかなくなります。物忘れがひどくなりアチコチ痛くなってしまう事もしばしばです・・。

 

「歳をとったからもう無理かな・・、そんな無茶をしなくても・・」

そんな事を思っているアナタ!!

シャープとキッドの生き様を見習ってください。
 自身の名誉と誇りを賭けてファイトを繰り広げる二人の死闘に熱い何か感じませんか。自分をただの“錆びた鉄クズ”にしてしまうか、それとも磨きをかけて最良の状態にするのか否か、それはアナタ次第なのだと言っているのではないでしょうか。

あの伝説のボクサーロッキー・バルボアを演じたスタローンが、なぜイメージダウンにもなりかねない本作品の出演を承諾したのか?ちょっとだけ解る気がしませんか?

試合後に「大丈夫?」と孫娘に心配されたキッドが笑って応えます。

「いや、ダメだ。死にそうだ。だが最高の気分だ!」

この言葉が全ての答えなのかもしれませんね。

 

 

【あなたも見たくなるストーリー】

若い頃にピッツバーグのボクシング界で実力を競い合っていた、ヘンリー・“レイザー”・シャープ(シルベスター・スタローン)とビリー・“ザ・キッド”・マクドネン(ロバート・デ・ニーロ)。

全米で注目を集めていた2人のライバル争いは、1勝1敗という対戦成績で迎えた運命の第3戦の前夜、レイザーが突然引退を発表して幕を下ろした。それから30年が経ち、金儲けのチャンスだと確信したプロモーターから「もう一度リングに上がり、今度こそ決着をつける」というオファーが2人のもとに舞い込む。

映画.comより引用抜粋

 

【映画を楽しむプチ知識】

本作の原題は「Grudge Match」、つまり「遺恨試合」。邦題の「リベンジ・マッチ」とは、ややニュアンスが違いますが、このタイトルをちょっと深読みするのは考えすぎでしょうか?


 言わずもがなですが、ボクサーを描いた作品としてS・スタローンの代表作は「ロッキー」、R・デ・ニーロは「レイジング・ブル」が有名です。「レイジング・ブル」は、あの「タクシー・ドライバー」でタッグを組んだ
マーティン・スコセッシ監督との作品。

1977年、第49回アカデミー賞において、作品賞にノミネートされていた「タクシー・ドライバー」ですが、S・スタローン主演の「ロッキー」に敗れ、オスカー像を逃しているのです。

このあたりの微妙なバック・グラウンドも知ってみると、また一味違ったミカタができるのかもしれませんね~。


おすすめ映画ブログランキング参加用リンク一覧感動・泣ける映画ブログランキング参加用リンク一覧 ⇐現在の順位はコチラをクリック!

2月にフロリダ州の高校で起きた銃乱射事件をきっかけに、高校生たちによるデモが全米各地に広がっています。3月24日にはワシントン.を中心に銃規制強化を求める「私達の命のための行進」が行われ全米各地700か所で100万人を越えるデモ参加者あったとのニュースもありました。

 そこで今回は、“銃規制裁判”を題材にした骨太な社会派法廷サスペンスです。

この機会に、私達日本人も、じっくり考えてみましょう。

o0336051112263268965

監督:ゲイリー・フレダー

出演:ジョン・キューザック   ジーン・ハックマン  

ダスティン・ホフマン   レイチェル・ワイズ  

 

「ザ・ファーム 法律事務所」や「ペリカン文書」などでもおなじみ法廷サスペンス小説のベストセラー作家ジョン・グリシャムの原作をゲイリー・フレダーがメガホンをとり映画化しました。

正義を貫く弁護士役にダスティン・ホフマン、手段を選ばず勝訴を掴む狡猾な法廷コンサルタント役をジーン・ハックマンが演じ、二大オスカー俳優の初共演が実現しました。

ジョン・キューザック演じる陪審員の青年とレイチェル・ワイズ演じる謎の女性の存在によって、ストーリーは思いもよらぬ方向に・・。

リーガル・サスペンスファン、どんでん返し系ストーリー好きは必見です。

 

「一番大切な事は、心安らかに眠れることだ」

By ウェンドール・ローア(ダスティン・ホフマン)


 00245


汚い裏取り引きで裁判に決着をつけようとする敏腕コンサルタントのフィッチ(ジーン・ハックマン)に対して、キッパリと拒絶し真実だけを追求しようとする孤高の弁護士ローア(ダスティン・ホフマン)が告げる一言です。

 

この言葉は、ローアが35年間の弁護士生活で行き着いた答えなのでした。

姑息な手段を使って評決を勝ち取ったとしても決して満足は得られません。事実を捻じ曲げ、強引に勝訴しても“真実”は変わらないからです。
 そしてその不正を知っている自分自身の心をごまかすことはできません。罪の意識に苦しみ、心の闇を抱え一生贖罪の人生を送る事になるのだと言っているのではないでしょうか。

 

人は弱いものです。
 悪いと解っていながら、目の前にある困難から逃れるために不正に手を出してしまいがちです。

「一度やったらやめられない。やめたら元の木阿弥だ」

フィッチが、弱い自身の心へ言いわけするようにつぶやくセリフが印象的です。

最初は、罪の意識を伴いながら「今回だけ・・」と葛藤するのですがすぐに慣れ、不正を当たり前に許容できるようになってしまうのです。

しかしローアは言います。

「たとえ今は勝ったとしても、必ず負ける時が来るのだ」と。

 

かつて中国の儒家・孟子“性善説”を唱えました。

人は本来、道徳的本性を持っており人の身体に四つの手足があるように,心のなかにも惻隠”(あわれみいたむ心)羞悪”(悪を恥じ憎む心)辞譲”(譲りあう心)是非(よしあしを見わける心)という4つの善心が本来的に備わっているというのです。

その本来の心に背いて生きる事はできない。その歪(ひずみ)はやがて心を蝕み壊してしまうモノなのでしょう。

本来あるべき姿に戻って生きる。

それこそが、心安らかに過ごせる唯一の方法なのだと理解できますね。

 

 

【あなたも見たくなるストーリー】

ある朝、ニューオーリンズの証券会社で銃乱射事件が発生。犯人は16人を死傷させ、最後には自殺した。そして、この事件で夫を失った女性セレステが地元のベテラン弁護士ローア(ダスティン・ホフマン)を雇って、犯人の使用した銃の製造メーカー、ヴィックスバーグ社を相手に民事訴訟を起こす。

2年後、いよいよ裁判が始まろうとしていた。被告側は、会社の存亡に関わるこの裁判に伝説の陪審コンサルタント、フィッチ(ジーン・ハックマン)を雇い入れる。

彼は早速あらゆる手段を駆使し陪審員候補者の選別に取り掛かる。やがて陪審員団が決定するが、その中には謎に包まれた男ニック(ジョン・キューザック)も含まれていた。


 All cinema
より抜粋引用


【映画を楽しむプチ知識】

ダスティン・ホフマンと、ジーン・ハックマンは、俳優を目指している頃からの友人で、売れない時代を互いに励ましあいながら夢を語って過ごしていた旧知の仲なのです。
 G・ハックマンが新婚時代、ニューヨークの自宅にD・ホフマンが居候をさせてもらっていたこともあるのだとか。

ダスティン・ホフマンは、「クレイマー・クレイマー」「レインマン」で、ジーン・ハックマンは、「フレンチ・コネクション」「許されざる者」でともにオスカー像を手にしている実力派大御所名優二人ですが、本作品が記念すべき初共演でした。

二人は演技を学ぶアクターズ・スクールで同じクラスでしたが、なんとG・ハックマンは、才能がないとダメ出しされて3か月で退学させられてしまったとの逸話がありますから、この共演にはさぞかし感慨深い思いがあったのではないでしょうか。

そういった二人の紆余曲折の人生経歴を知ってから本作品を観ると、また違った味わいで作品を楽しむ事ができますね~!

 

おすすめ映画ブログランキング参加用リンク一覧感動・泣ける映画ブログランキング参加用リンク一覧 ⇐現在の順位はコチラをクリック!

3月は別れの季節ですね~。

別れがあるから出会いがあるワケで、スタートの季節でもあります!

そこで新たな出発でもある101本目は、“前を向いてがんばる力をもらえる”素敵な1本です。


a082800
 

監督:ジョージ・C・ウルフ

出演:ヒラリー・スワンク   エミー・ロッサム  

ジョシュ・デュアメル 

ALS(筋委縮性側索硬化症)を患い、余命を生き抜いた女性を「ボーイズ・ドント・クライ」そして「ミリオン・ダラー・ベイビー」でアカデミー主演女優賞に輝いたヒラリー・スワンクが演じきり絶賛されました。ミュージシャンを目指しながらも夢を見失い挫折しかけていた大学生役には、ミュージカル映画「オペラ座の怪人」でその歌唱力が注目されたエミー・ロッサム

失って初めて気付くもの。
 家族とは?  夫婦とは?  人生って?
 

そんな目の前にある毎日の生き方をもう一度考えさせてくれる映画。笑って泣けて、そして、やっぱり泣ける素敵な1本です。      

 

「いつも出だしばかりで、
  結局、最後までできないの」

By ベック・カートウェル(エミー・ロッサム)

 

書き散らかした歌詞のメモを見つけて、「それは何?」と問いかけるケイト(ヒラリー・スワンク)に対して、素直に答えるベック(エミー・ロッサム)の言葉です。

 

本当は純粋で繊細な心を持っているのに、それを隠すように対極の荒れた生活を送っているベック。何を始めても中途半端、挫折の連続の中で、そんな自分を変えたいと思っていながら、いつしか頑張り続ける気持ちを失ってしまったのでしょう。

 

歌手になることを夢見ているベックですが、自分に自信が持てません。

いざステージの舞台に上がるといつも声が出なくなってしまい、罵声を浴びせられてきました。彼女の人生はいつもそんな風だったのです。
 本当の自分は違う所に居るのに、いざ表現しようとすると全く違うカタチでしか表すことができない屈折した生き方をしてきてしまいました。

 

「わたしの人生間違ってたかも。
 いつも何もしていなかったわ」

ALSを患い、もがき苦しみ、それでも自分らしく前を向いて生きようとするケイトの強い生き様を見てベックが言う言葉です。冒頭の言葉の答えでもあります。

 

私達も同じですね。

ちょっと思い返してみてください。今まで思い立って始めた事を、最後まで成し遂げたことがどれだけあるでしょうか?

仕事が忙しくて・・、やってみたけど難しいので・・、時間がなくて・・etc

私達の弱い心が、取ってつけたような様々な理由を後付けしてしまいがちですができないのではなく、やり続ける気持ちが足りなかっただけなのではないでしょうか。

 

失って初めて気付く事は多いもの。

“呼吸をする”という単純なことができなくなってしまう時、はじめてその当たり前の事がどんなに貴重な事であるかを悟るのです。

最後まで自分で呼吸をする事にこだわったケイト。

始めた事を最後までやり遂げる事の大切さ。

それは、生きるという行動においても同様なのかもしれませんね。

 

 

【あなたも見たくなるストーリー】

ケイト(ヒラリー・スワンク)が初めて身体に異変を感じたのは、誕生日パーティでピアノを弾いた時だった。やがて難病ALSと診断され、一年半後には歩行器と車椅子に頼り、一人では着替えることすらできなくなってしまう。毎朝メイクをしてくれるエヴァンが出勤した後は、介助人が通って来る日々。

ある時、ケイトはエヴァンに無断で介助人をクビにし、大学生のベック(エミー・ロッサム)を面接する。介助の素人どころか普通の家事さえもできないベックをエヴァンはその場で断ろうとするが、ケイトは患者ではなく友人として話を聞いてほしいとベックを採用し・・。

公式HPより引用

オフィシャルサイトはこちら→ http://sayonarano-kawarini.com/

 

【映画を楽しむプチ知識】

ベック役のエミー・ロッサムがエンディングで歌う曲は、Falling Forwardという曲なのですが、直訳すれば「前のめりに倒れる」という意味になるのでしょうか?

ストーリーにもリンクした心に刺ささる、その歌詞を紹介しましょう。

 

♪『Falling Forward Byエミー・ロッサム

暗闇に突っ込み、もがきながら

地面にぶつかり、傷ついても平気

失敗を繰り返す 人生はそんなもの

でも私は学んだの

前向きに 前向きに転べば、先に進めるのだと

 

YOUTUBEはこちらから→https://www.youtube.com/watch?v=HUegapBrfAk

 

なんとこの曲は、エミー・ロッサム自身が作詞&作曲を担当したオリジナルの挿入歌なのです。

いやはやその才能には驚かされてしまいますが、ご存じの通り彼女はミュージカル映画「オペラ座の怪人」でその歌唱力はすでに広く知られていますね。

実は実力派ミュージシャンとしてとして2007年にInside out2013年にはSentimental JourneyというCDも出しているのでこちらも要チェックです!

おすすめ映画ブログランキング参加用リンク一覧感動・泣ける映画ブログランキング参加用リンク一覧 ⇐現在の順位はコチラをクリック!

記念すべき100本目は、私の映画好き人生のスタートとも言える「荒野の七人」のリメイク作品にしました。40年前に観たあの時の感動とワクワク感が一気に去来する、新しくかつ原典オマージュ満載の仕上がりに拍手喝采です。


739
 

監督:アントワン・フークワ

出演:デンゼル・ワシントン  クリス・プラット イ・ビョンホン
   
イーサン・ホーク    ヘイリー・ベネット       

 

「トレーニング・デイ」「イコライザー」(→コチラから)アントワン・フークワ監督とデンゼル・ワシントンがみたびタッグを組み、映画史に残る名作、黒沢明監督七人の侍」のハリウッド版「荒野の七人」を半世紀ぶりにリメイク。

ユル・ブリンナー、スティーブ・マックイーン、チャールズ・ブロンソン、ジェームズ・コバーン、ロバート・ヴォーンといったかつての個性派名優キャラをリスペクトしながらも、現代風アレンジを加えた7人は個性豊かで人間味溢れる多国籍スゴ腕チームとして蘇りました。
かつての「荒野の七人」ファンも納得の新たなストーリーを堪能してください!! 


「炎で失ったものは、灰の中にある」

By グッドナイト・ロビショー(イーサン・ホーク)

 
20170203203801d57


南北戦争では南軍の伝説の狙撃手としてその名を知らしめた英雄グッドナイト・ロビショー(イーサン・ホーク)と北軍の騎兵隊で活躍したサム・チザム(デンゼル・ワシントン)が、久しぶりに再会し互いにハグしながら言う言葉です。

 「雨は必ずあがる」
 と、チザムはロビショーに向かって笑いながら言います。

 

南北戦争時は敵味方でありながら、二人の間には目に見えない絆~リスペクトが存在しています。二人は、激しい戦火の中で多くのかけがえのないモノを失ってきたに違いありません。それは、その後の人生でも同様です。毎日が死と隣り合わせだからです。

 

しかし、家族や友人~そして罪のない人々を守るための「正義の戦い」の中で失ってしまった多くのモノも、けっして消えてなくなってしまうワケではないのだと言っているのではないでしょうか。

戦火に燃え尽き“灰”というカタチに姿を変えてしまったとしても、その崇高な本質は変わりません。

 

古代中国の自然哲学である五行(木火土金水)思想では、「木が燃え火を生み、灰となって土に還り、鉱物から水が生じ、樹木を育て、そしてまた木が燃えて火を生む」というエンドレス・サイクルによって互いを相生し続けているのだと考えます。

自身の命を賭した無謀とも思えるこの戦いのリーダーを引き受けたチザムは言います。

「戦う意義があるのだ」と。

そうです!もはや勝ち負けは、問題ではないのです。

崇高な意志を持って戦いぬけば、失ってしまったモノもその本質は灰の中に生き続け、やがて新芽を息吹き、枝葉を広げ花を咲かせる根本になり得るのですから。

 

 

【あなたも見たくなるストーリー】

冷酷非道な悪漢バーソロミュー・ボーグに支配された町で、彼に家族を殺されたエマは賞金稼ぎのサム、ギャンブラーのジョシュなど荒れ果てた大地にやってきた<ワケありのアウトロー7人を雇って正義のための復讐を依頼する。最初は小遣い稼ぎのために集められたプロフェッショナルな即席集団だったが、圧倒的な人数と武器を誇る敵を前に一歩もひるむことなく拳銃、斧、ナイフ、弓矢などそれぞれの武器を手に命がけの戦いに挑んでいく


公式HPより抜粋引用

オフィシャルサイトはコチラから→http://www.bd-dvd.sonypictures.jp/magnificent7/

 

【映画を楽しむプチ知識】

数百人のクソ野郎どもを相手に繰り広げられる7人のスーパーガンマンたちのド派手な銃撃戦は西部劇ならではの見どころです。

華麗な早打ち、銃をクルクルと回してホルスターへ収めるガンスピンのカッコよさはたまりませんね~。

7人はそれぞれにスタイルがあり、使用している銃や武器などに注目してみるとまたいっそう彼らの個性が見えておもしろいモノです。
 彼らが使用している銃は、コルト社製のシングル・アクション・アーミー(SAA)というリボルバー拳銃で、通称「ピースメーカー」と呼ばれています。


p2383393299

一匹狼の賞金稼ぎ、冷静沈着な超早打ちサム・チザム(デンゼル・ワシントン)は、利き腕側である右腰のホルスターにグリップを前にして収めるスタイルで、銃を抜く際に手首を返して抜く“リバース・ドロー”スタイルです。これは騎兵隊が行っていたスタイルで、彼が元軍人である事を示しているワケです。

また南北戦争で伝説のスナイパーとしてその名を知らしめたグッドナイト・ロビショー(イーサン・ホーク)が愛用するのは、ウィンチェスター・ライフルですが、ベルトにはやはりSAAが収められています。彼は利き腕と反対側の左腰に携帯し、やはりグリップを前にして収納、銃を抜く際は右手を体の前にクロスさせて抜く”クロスドロー“スタイルなのでその違いなども注目してみてください。
 
 ちなみに
「ピースメーカー」という呼び名は、先住民族達の土地を侵略・略奪したアメリカ人たちの身勝手な思想・歴史背景がハッキリと解る皮肉な名残りというワケなのですね~。

このページのトップヘ