yamamatayamaのblog

個人や会社内の開発者の更なる地位向上と発展と企業における開発対投資値効果のアップやトップの経営方針や野望や実現化、先取りの支援、世の中の進化に役立つあらゆる分野のサポートを目指したプログにしたい。特に、ベンチャーから中規模企業への育成や開発者の市場価値、世の中の変化、世界の中でのあるべき姿などをあらゆる情報を元に可能な範囲で記載する。特に、開発関係者の環境は金欠の連続であり、成功率も3/1000と悪い確率に対してのチャレンジャーの進むべき方向性は?経済的、精神的苦痛の回避策なりかたなどの視点からのアドバイスを宗教家の見解も交えてのたゆまぬ推進に役立てばと。 特に

できるだけ実在の経営トップや自らの経験(一部上場大企業、ベンチャーから300人規模の企業までトップの実質的直属部かとして30数年の勤続と地域の個人企業や零細中小企業の探訪の経験や発明関係の団体、法的士業の人達の活用の仕方などにも触れた)実話に基づくアドバイス。変人感覚の成長型トップの対象法や見分け方など人対応の感覚は経験が需要、それにグローバル時代における世界感覚の情報収集のあり方など。

⑥-19


新天地の新仕事は、

ここで発掘した情報整理に関しては、今後ますます、必要になる分野なのですが、

この当時は、余計な仕事の感覚です。


本当のサービスが、この情報の整理整頓にあるのが?



サービスの本質


それは、技術はまさに歴史の継続であり、そこに新規な技術、理論が開発、あるいは発見されると、

その応用が膨大になるのです。


それは、無駄の排除と効率アップと効果の堅調さに現れるのです。



是は、最高の収益源になるのだが?



この当時は、そこまでの感覚がなく、、山のように本棚に積もっている資料の整理は、

仕事環境の整理にもなると考えたいたのです。


また、資料は、整備されると活用したくなり、その利用程度が大幅にアップするのです。

これは、それぞれの担当者の無駄防止と効率アップが図れるからです。


この当時は、あまり歓迎されることもなく、ただ黙々と整理整頓をしていました。


その整理の仕方が最大の課題ですが、利用しやすく、自社の技術分野や商品分野に応じた整備の仕方が


ベターなのだが?

そこまでの配慮が?

出もある方向性で資料を整理整頓しておけば、後日、修正することが容易であり、スピードのアップも図れるのです。

この作業の見通しは、約半年と見積もり、上司に報告したのです。

上司は事務系であり、その価値も時間もであり、単に、わかったっとのみ入ったのです。




⑥ー18


この職場での2か月目は、自らの仕事を発掘した記念すべき日です。


ここへきて、何が仕事かがわかりませんでしたが、ようやくsの意味合いが理解でき、しかも、だれも仕事として

見ていない分野の仕事を見付けることができたのです。


是は、今後最重要事項になる分野なのですが、本業にのみ気をとれれてっ情報の整理が


あ値回しになっているのがこの時代の知財分野の現状でした。


他社の話を聞いても、同じような状態であり、本流は明細書の作成であり、情報整理が

後回しでしです。


でも、これは大きな過去の実績を整理整頓して今後の活かす再d階の財産であるこおとを

ああm利気に留めていなかったのです。


この仕事の重要性が数年後も大きな価値として生まれ変わるのです。


そこで、この課にある資料(特許公報、意匠公報、商標公報など)の整備をするにしても

その基本政策が必要であります。


この方針を決定するには、そなりの時間と参考意見が必要です。
タンだ置きの整理は、活用されないからです。

さて、どこから、だれに聞きだすか、ココがネックになります。








⑥-17


新職場での船出


是は、ようやくこの職場の実情がわかり、自分がなにをすべきかの具体的な内容を

把握できた気がした。


でも、これ職場?


通常のルールからかけ離れた職場管理システムに思えるのだが?


でも、それを気にしていたら、いつまでも何もせずにつくへの座ることなど

苦行以外何物でもないのだ。

やるべき仕事の発掘

是は、直面して初めて知った内情であり、やるべき仕事の内容把握もできた尾です。

是は、知財を請け負う部署では、必ず担当者がいるはずである。
それは、情報の有効活用にふあっけつな整理整頓である。

情報は、活用したい時にすぐっできる状況が理想像

多分、日立、東芝、松下などは、バッチリと整理整頓する部署があり、そこが知財部、開発関係部署

から、アクセスするシステムが完成しているはずだ。


出なければ、情報に投資する額が半端でないのだ。

この企業の額などたかが知れているのかも?

でも、この隙間を見付けて、その整備をする価値は、いずれ評価されるかも?



勿論、期待して始めた仕事でないのだ、

仕事の発掘が使命になり、その苦渋の結果から発掘できた仕事であります。


とほほほ、






↑このページのトップヘ