yamamatayamaのblog

個人や会社内の開発者の更なる地位向上と発展と企業における開発対投資値効果のアップやトップの経営方針や野望や実現化、先取りの支援、世の中の進化に役立つあらゆる分野のサポートを目指したプログにしたい。特に、ベンチャーから中規模企業への育成や開発者の市場価値、世の中の変化、世界の中でのあるべき姿などをあらゆる情報を元に可能な範囲で記載する。特に、開発関係者の環境は金欠の連続であり、成功率も3/1000と悪い確率に対してのチャレンジャーの進むべき方向性は?経済的、精神的苦痛の回避策なりかたなどの視点からのアドバイスを宗教家の見解も交えてのたゆまぬ推進に役立てばと。 特に

できるだけ実在の経営トップや自らの経験(一部上場大企業、ベンチャーから300人規模の企業までトップの実質的直属部かとして30数年の勤続と地域の個人企業や零細中小企業の探訪の経験や発明関係の団体、法的士業の人達の活用の仕方などにも触れた)実話に基づくアドバイス。変人感覚の成長型トップの対象法や見分け方など人対応の感覚は経験が需要、それにグローバル時代における世界感覚の情報収集のあり方など。

まさに、今数分で皇太子を載せた車が通過します。


皇太子は昨日から、インターハイに出席のために来県しています。


昨日もですが、今日も警察が動き回っています。



国民が声援を怒るのにも場所をしてしています。


そろそろ来る時刻です。


皇太子は、天童駅にある将棋会館へ視察に行くのです。

帰りは、4,22分ころとのことです。

その時は同じ道側ですねので声援します。

既に、国民、市民は規制された歩道に並んでいます。

⑦-22


2週目は、目まぐるしく日程が変更したのですから、無我夢中がピッタシの週でした。



何せ、退路がないU-タンです。



その分、気が楽な感じです。


直面した場面では、やるしかないのですから。


出来るできないの問題でなく、やるだけです。

結果は問わないのですが、企業であるから損益は計算ずくです。



でも、この当時はまったく、そこまで頭が回りませんでした。

でも、なぜか楽しみな経験緒連続であり、疲れが?

でした。

大企業の経験からすると、無茶苦茶以外の話でないです。


大企業は、教育スケジュールから人材育成を企画しており、有用社員には、

少なくとも数年の教育期間を持たせている。


このベンチャー企業では、全くなく、即戦力です。


とほほほほ、の感じです。

新卒では、無理ですね。

勿論、新卒は女性の事務員以外採用していませんでしたが。

今、思いだすと、よくもできたのだと感無量です。

あなたの過去は、いかがですか?




⑦-21

漢の高祖 劉邦のまねごと(貢献した将軍達、韓信,張良、しょうか)


最近、思うに、ベンチャートップは、劉邦の如く、目的を達成するまでは、才能を如何なく発揮させ、

その役目が終われば、抹殺するような非常な性格を持ちあわせるのだと。


その当時、入社2週目では、全くその本質を見抜けず、Uータン組は必至で目的の達成のために


活躍したのです。

その目的が完了すると、なんとそのポジションのままで、昇格も無く、冷や飯食いいです。


それは、先輩たちの退職がその証です。

かれらは、役目を理解しており、その後はこのシーンを去るのがベターと感じていたのでしょう。


彼らは、何回も職場を転職してきていので、感覚がするどいのです。


それに比べて、はじめての転職組は、全くトップの本質を理解していませんでした。


是は、入社から約10年以上、経過した時にその片鱗を垣間見る機会が有りましたが、

まさか?

の感じです。


これは、経営には必要な才能ですね。

情けに弱くては、経営の本質を見失うのだと。

でも、この気付き時には、だれに、いつが?

理解できませんでした。


↑このページのトップヘ