ブログネタ
出合ったことのある「怖い生き物」は? に参加中!
⑤今回は、T社長の続きに触れる。
彼は、仙台に拠点を構え、自宅は山形県内にそのまま構えていた。

なぜ、仙台なのか?

それはやはり、東北の都、すなわち、人口も商売も、ここを視点として東北に広がる。
そのため、営業展開のy拠点としては、最適だと。立地の有利さを読みとり、実行したのである。

それに、彼はやあhり、小物の器具、役物(建築関係の端部治めの部品)を主体に開発して、またその工具も開発していた。

さらには、屋根上での作業が容易なように、小型で軽く、部分加工加工主体の構造でした。

さらに、憎いのは、以前勤務して企業のノウハウである知財の活用も忘れず、あらゆる商品に権利関係を付与していた。

勿論、権利化まで費用の件もあるから、その商品のうるあげを加味して、さらに、顧客、問屋の、販売店の反応を観察しながら、

権利あkすrもの、そのままたなざらしの出願など、あるいは意匠によるガードも加味して、小数精鋭主義のモデルのような経営スタイルで主体を東北6県におき、

全国には、優良店を各県ごとに1件だけ選択してその店に、優位性を付加してやる気を刺激した。

このような事業展開は、費用が少なく、しかも、y総数生絵で、その上、地域の有力販売店のみであり、その

売り上げは、約7億円と法外なうりあげである。1億円/一人と効率の良い営業展開のため利域率は、最高のランクにあった。


また、問屋、販売店では品不足のため、高値のまま、売りさばける市場環境も作り上げたのだ。

それでも、このトップは自らは、市場調査もかね、全国の板金大会などに足をはこび、ライバルの調査と問屋の

発掘に精をだしてチャレンジの姿勢は緩めなかったのだ。

なお、営業マンはトップも入れての7名以上は増加せず、現状態勢にまましばらくは経営を継続していた。

そのため、ある地域の税務署の申告ランキング上位をしめ、注目の的になっていたのだ。

その余裕的な姿勢として、自宅に甲冑が2対、

服装は、羽織袴でないが、着流しの和服を着て、スーパなどにいる姿に、さすが違いを見せるチャンスととらえていたのか?

直接彼に聞いたわけでないので、心境はわかりませんが?