アサンポの詩

水ケのある小雪が深々と降る朝、

地面は白く、車の屋根も白く、

一寸白銀ぽい感じ。

でも冬なのにこの積雪は、一寸、物足りない

それでもありがたい。

朝虫は、すでに動き出し、処ところで見える、

アサンポの詩