yamamatayamaのblog

ベンチャー、メーカの関係者の相談相手、新開発品の情報提供者、知財戦略でヒット商品の長期のブランド化。

2020年01月

コラム ポツンと一人の勝手な見解

食管革命の至宝

(90)-(43)


◎この食材は、自然に存在する食材にある加工を施して食管、保存期間、

鮮度などを安価に調達する手段の開発と、そのための装置に関する開発が原点です。

①そこで、現時点では、まだ店に商品として販売していないのです。

②多分、近日中のTVの撮影の後に、商品だけの展示、あるいは商品として出す可能性があります。

③もちろん、先の特徴のみでなく、見た目、外観、ボリュームなどとともに、ふんわり感もだせる

優れモノです。

④もちろん、最終製品は、この食材を製造する装置の販売です。

⑤それは、各家庭での食感革命のスタートです。

◎それに、価格の値ごろ感で、どこでも、だれでも購入できる装置の販売が夢です。

①もちろん、これはグローバルの商品化です。

②それには、実績と具体的な装置の開発に着手するにも軍資金や協力者の集合が必要なのです。

③それには、信用が最大の課題です。

④ただし、世の中はほとんどが他人です。

⑤このような、構成の中での組織です。

⑥それが、できなければ、組織が作れません。

⑥それは個人事業で終わりです。


◎あなたは?


現在、悩み、課題につまずいている人。きっかけアドバイザー【stra@almond.ocn.ne.jp】へ、または、【stra1663@gmail.com】mail下さい。長年の経験と人脈で返事を、最初は無料でさしあげます。まずは、自身の行動が先決です。なお、地域は日本国内が、好ましいが、どこへでも出かけます。但し、旅費と宿泊費は実費をいただきます。でも、夢を追う人の姿は、この世の花です。FacetoFaceが一番です。
但し、相談は最終的に1社に限り、その企業等を成長、市場制覇へチャレンジさせます。有限会社知的戦略研究所

エッセイ ドンキーマカセ

◎ある起業家の現状

(130)-(340)


◎彼は、うどん屋の開業を終え、スタートを切ったばかりです。

①もちろん、元気に自営的な形での自業であり、進むしかないのです。

②それに開店時から、カンコウドリでは話にならないのです。

③そして、メンバーも集まり、スタートが順調のようです。

④もちろん、実態はいずれ来週での出かけて現実ン姿を見てくる予定です。

⑤それに、その前に、彼が一度、事務所に来る予定です。

⑥そこで、ちょっとした事前情報を収集して大3者的な立場での、モノを観察したいのです。

◎あなたは、どのような観察の仕方をしますか?

①わたくしは、うどん屋にしろ、飲食業は個人経営での事業は継続するが、大きな成長は?

それは、家族を養う程度の収益はあり得るのだといわれている。

でも、それで、満足なら、もちろん、だれもとやかくくいいう必要がありません。

しかし、市場拡大を狙うんであれば、チェーン店の展開もあり得るのです。

②この段階に来たら、個人経営の感覚では?

③やはりフランチャイズの経営的な手法が必要になります。

④この段階では、まだこの店の独り立ちを目指している段階です。

⑤でも、この人の最大の狙いは、ある新規な食材の提供デアリ、その全国展開なのです。


◎その可能性が?


現在、悩み、課題につまずいている人。きっかけアドバイザー【stra@almond.ocn.ne.jp】へ、または、【stra1663@gmail.com】mail下さい。長年の経験と人脈で返事を、最初は無料でさしあげます。まずは、自身の行動が先決です。なお、地域は日本国内が、好ましいが、どこへでも出かけます。但し、旅費と宿泊費は実費をいただきます。でも、夢を追う人の姿は、この世の花です。FacetoFaceが一番です。
但し、相談は最終的に1社に限り、その企業等を成長、市場制覇へチャレンジさせます。有限会社知的戦略研究所

アサンポの詩

カーテン隙間から朝日が差し込む、

今日は晴天なのか?

真冬なのだが雪の姿?

ちらつくがほとんど積もらず、淡雪としてほとんど流れサル

暖冬の特徴丸出し、

しかも、雪かきの回数ゼロ、

これは、関東並み?

朝虫はもちろん見えず、

昼虫が取らほた出る日々のようだ、

アサンポの詩

ナニコレOEN-OEN

開発blog

自社ブランドサポーター

市場創造サポーター

顧客開拓支援者

商品開発サポーター

技術開発コンサルタント


◎開発トップ

①-27

⑫-254

◎開発トップの力

①この人の総合力量が,企業の運命を決めるのです。

②もちろん、経営陣の企業のベクトルの設定が運命を決めるが,その企画、理念だけでは、

具体性がなく、それを商品にする力が必要なのです。

③それは、場合により経営トップにある場合もあり得ます。

特に、自社ブランドで起業するときは、ほとんどこの流れです。

④すなわち、経営も開発も一体化されたパターンです。

すぐに実行、決断、そして市場の予測までも、ほとんどこの人に集中します。

もちろん、資金調達もこの人の力量です。

⑤ゆえに、起業家は、オールマイテイーである必要があります。

⑥たまに、領域分担で奥様との二人三脚のケースも多いのです。

それは、信頼が持て、資金管理に長けてているからです。


◎あなたの企業はどのタープですか?

①資金は、自己資金のみ?

②投資家の集まり、

③金融機関とのジョイント、

④それとも同志のあるまり、

いずれにしても、起業では、100%自己責任でないと、成功は?

それくらい、命がけなのです。
⑤それがなければ、起業はあきらめるべきなのです。

⑥もちろん,IT起業なら投資も少なく、すぐに始められるが、成功には、相当のテクニックと顧客の集客力に

優れたノウハウが必要です。

◎あなたは、どのタイプの開発者?


現在、悩み、課題につまずいている人。きっかけアドバイザー【stra@almond.ocn.ne.jp】へ、または、【stra1663@gmail.com】mail下さい。長年の経験と人脈で返事を、最初は無料でさしあげます。まずは、自身の行動が先決です。なお、地域は日本国内が、好ましいが、どこへでも出かけます。但し、旅費と宿泊費は実費をいただきます。でも、夢を追う人の姿は、この世の花です。FacetoFaceが一番です。
但し、相談は最終的に1社に限り、その企業等を成長、市場制覇へチャレンジさせます。有限会社知的戦略研究所

コラム ポツンと一人の勝手な見解

◎食管革命の至宝

(89)-(42)

◎食管革命の狙いは、

①ニッチ市場の育成

②新産業の創造、

③個人発明家の実地体験と事業化の面白さの経験

④自然食材の新用途開発へのチャレンジ、

⑤食は人間がいる限り必要であり、その味見はまさに、千差万別です。

⑥しかし、その中でも、ある範囲の共用領域があり、この隙間のスポットライトを当てた事業の展開です。

⑥今狙いは、果たして、正解なのか?

現時点では、?

でも、食管に関して、完璧のエリアがなく、ひび前進、あるいは、改革の歴史であり、定まった、

位置がありません。

それは、裏返しにみれば、市場が存在するのです。

⑦ここのメスを入れるのは、専門家の感触が左右します。

⑧今秋のジグ主は、その関係の専門家であり、その食材選びに戸惑いはなかったようです。

◎これは、素人の感覚と、雲泥の差があります。

①ここにメスを入れる人は、いますが、あくまでもこの食材を主体と考えたプロは?

②でも、これはその人の感覚です。

③回転時の忙しさが、すさまじい限りでしたと、

④それは、ある意味、渇望された店だたのかもね。


⑤それほどまでの店は、これまであまり展開さないのは?

チューン店、あるいは資金不足であったのかも?

⑥しばらくは様子見します。

◎来週あたり地元tvが取材に来るとの、話でした。

◎現在、悩み、課題につまずいている人。きっかけアドバイザー【stra@almond.ocn.ne.jp】へ、または、【stra1663@gmail.com】mail下さい。長年の経験と人脈で返事を、最初は無料でさしあげます。まずは、自身の行動が先決です。なお、地域は日本国内が、好ましいが、どこへでも出かけます。但し、旅費と宿泊費は実費をいただきます。でも、夢を追う人の姿は、この世の花です。FacetoFaceが一番です。
但し、相談は最終的に1社に限り、その企業等を成長、市場制覇へチャレンジさせます。有限会社知的戦略研究所

↑このページのトップヘ