5470

毎年、落ち鮎時期のやせ細った鮎と

子持ち鮎は甘露煮で食べていました。


そんなに数も多くなくて

自家用なので見栄えより

柔らかくて味重視でした。


今まではパナソニックの電気圧力釜で

生鮎をそのまま甘露煮にしていました。


鍋底の直径が20センチもありません。

たくさん入れると必ず身が割れます。


ことしは子持ち鮎がたくさんキープできたので

おすそ分けできるので


見栄えの良い甘露煮を作ろうと

大きな圧力鍋を購入して

甘露煮をいろいろ作ってみました。

5449

生鮎をそのまま圧力鍋で煮込んでも

時間が短ければ骨が硬いし


長く煮込めば柔らかくなって

身崩れしてしまいました。


そこで焼いた鮎と干した鮎を

甘露煮にしてみました。


5472

結果、干した鮎は身崩れせずに

見栄えが良くて骨まで柔らかな甘露煮になりました。


焼く場合は遠火で

焼きがらしならよさそうです。


にほんブログ村 釣りブログ 渓流釣りへにほんブログ村 釣りブログ 鮎釣りへにほんブログ村 釣りブログ 河川釣りへにほんブログ村 釣りブログへ