やまモンFX 豪ドル円スイングトレード

スイングトレードで豪ドル円を中心にいじくりまわすブログ

豪ドル円 レンジブレイクなるか

image3
昨日は私が期待していた「ユーロ豪ドル下落&リスクオン」の展開となりました。さらに特筆すべきはドル円の79円回復で、定着するかどうか注目したいと思います。
昨日はユーロ豪ドルの下落を確認し、ランド円のロングでデイトレをしました。またユーロ豪ドルのショートでエントリーしましたが、こちらはスイングトレードでしばらく保有します。
またランド円についても、過去に支持線として働いていた9.20レベルでは反落する可能性があるなと思っていますが、下がったところは拾ってスイングトレードを狙っています。
上のチャートは豪ドル円ですが、ご覧のように8月からの下降トレンドラインに接触する手前のところまできました。オシレータから見ても、相場のムードから言っても今回は上抜けを期待していますが、一度たたき落とされるような形に見えなくもありません。いずれにしても82.20あたりの攻防は相場全体の流れを決定づけるのではないかと思っています。

今週の値動きは非常に堅調で、今日の戦略としても強気でいきたいところですが、前述の通り資源国通貨はすぐ上に節目になりそうなレベルが控えていて、本来であれば売りで入りたいところです。ただ私の目線が既に上目線であるということと、上抜けてしまうとパニック的な買いが起こる可能性もありそうですし、スペインやギリシャ問題も一応の節目が近いと読む向きの楽観にも支えられそうですので、今日はあまり予断を持たずに細かくトレードしたいと思っています。

出遅れている豪ドルに期待

gif_1350436000618
昨日も私がチェックしている通貨ペアはのきなみ堅調でした。まずユーロドルが1.30の大台に乗せ、今日は1.31にまで到達、豪ドルも81円を回復し、ランド円は9円回復といった具合で、おおむね意識されそうな大台をクリアしてきています。下落を予想していたユーロ豪ドルですが、これまでの流れが途切れることなく上昇しており、結果論ではありますがユーロ円のロングが正解だったようです。またニューヨークダウはいつもなら緩みそうなところでしっかりとして引けており、市場が結構強気なのだなと思わせます。
昨日はランド円でのデイトレをしていましたが、予想していた以上のパフォーマンスでした。また、スイングの豪ドル円ですが、後から積みました分を利益確定しました。

今日はあまり大きな材料が予定されていませんが、現段階では堅調を維持しており、押し目買いのスタンスで行きたいと思います。ただユーロではなく、やはり豪ドルを狙ってみたいなと思います。
日足の豪ドルはオシレータで見ると上昇の初動である可能性が高く、逆にユーロ豪ドルやユーロドルは上が窮屈そうに見えるので、現在のユーロ買いの流れはあまり長持ちしないのではないかと予想しています。このスタンスはかなり前から持っていて、なかなかイメージした流れはやってきてませんが、思い通りにならないのはいつものことですので今回はじっくり待ってみるつもりです。もちろん、ユーロ豪ドルの下落とともに豪ドルがユーロの倍下げるといった展開も十分あり得ますので油断できません。また82.1あたりになると8月からの下降トレンドラインが待ち受けており、この線はそれなりに強いと思われますので注意したいところです。

RBA議事録の内容も・・豪ドルが底堅い

gif_1350350238156
昨日は「ユーロ豪ドルが下がり、クロス円が上がればリスクオン」と書きましたが、昨日は偶然にもそういう展開となりました。今日はRBA議事録で先行き不安が盛り込まれていたものの、年内利下げに直接結びつく表現もなく、豪ドルは堅調推移です。ランドはあまり上がっていませんが、それでも底堅く見えますので、おおむね資源国・高金利通貨が優勢で、個人的にはややはっきりとしたリスクオンの様相ではないかと判断しています。

ところで昨日からの堅調推移について、これといって大きな材料があったわけではなく、市場のムードというか、底辺のバイアスがリスクオンに向かっているように感じられます。言い換えると「安ければ買いたい」と思っている向きが増えているものと思います。ただしこのままするすると上がっていくほど甘くないとも思っており、大きな悪材料には引き続き注意が必要かと思います。

スイングは引き続き豪ドル円ロングですが、今日のトレードは今のところなにもプランがありません。大きく動いたら追随する感じで臨もうと思っています。
プロフィール
名前:やまモン
豪ドル円ばかりトレードしています。
すぐ調子に乗る性格なので、しっかりと心を管理しながら末永く続けていきたいと思います。
QRコード
QRコード
記事検索
  • ライブドアブログ