やまモンFX 豪ドル円スイングトレード

スイングトレードで豪ドル円を中心にいじくりまわすブログ

リスク許容度を測るユーロ豪ドル

gif_1350258454301
金曜日は小動きながら軟調に推移しまし、中でも格下げのニュースが出たランドはしっかり下がっています。こちらのトレードは少し様子を見たいと思いますが、格付け会社の「威光」はリーマンショック以来減退し続けている印象を持っています。先日のスペイン格下げもあまり材料視されていないことなどから、そんなに大きな流れには繋がらないのではないかと考えていますので、私としては基本的に買い場探し目線です。

土曜日に発表された中国指標が良好だったことから豪ドルは上窓をあけてスタートしています。しかしその影響も長続きせず、まさにさきほどギャップを埋めたところ。さきほど80.2レベルでスイングのポジションを買い増ししました。今回の豪ドル円スイングのポジションですが、今のところ79円ちょうどあたりに逆指値を置いていますが、リミットはまだ設定していません。

日足単位で見ると、ユーロドルは200日線できっちり反発しているといったところで、先週の高値を今週超えられるかどうかが判断の分かれ目になるかと思います。さらにユーロ豪ドルは21日線で反発しており、さらに強いことがうかがえますが、こちらが先週の高値を超えるような展開になるのであればクロス円はのきなみ上昇するかと思います。

ここ数ヶ月の相場を見ていると、上昇時はユーロ主導、下落時は豪ドル主導といった展開が多いように思います。そのためユーロ豪ドルのチャートは、現在の相場のリスクオン・オフのムードを計る上で一番わかりやすい基準になっています。ただし最近の堅調推移はまだ方向感が定まっていない状態であり、この「基準」が崩れるときが本当のリスクオンのスタートではないかと思っています。つまりユーロ豪ドルが下がり、クロス円が上がるという展開です。

ところで、IMF総会での流れから、ドル円の政府・日銀による為替介入警戒がやや強まっているようです。今のところ基本は上目線の私ですが、デイトレではショートを持つこともありますので、特に午前中やニューヨークスタート近辺の時間帯には注意したいと思います。

スペイン格下げも堅調推移のユーロ

gif_1350026209904
今日は外出していたためこれから参戦です。昨日はリスクオン方向というのはおおむね当たっていたのですが、下落を予想していたユーロ豪ドルは上昇しており、豪ドルよりもユーロが買われています。
S&Pによるスペインの格下げで、あと1段階で投資不適格というレベルにもかかわらず・・ということで、昨日のソフトバンクのニュースや米新規失業保険件数がきかっけとしてもなかなか危なっかしいリスクオン相場だと感じています。

ロンドン時間午前からさらにユーロは買われており、今の段階でユーロ円が101.75レベルという展開。今日は出遅れてしまいましたが、買い場を探してロングでのエントリーとしたいと思います。ただ今日は週末ですし、今日のエントリーは今日クローズしたいところです。

スイングは豪ドル円のロングを持ったままで、週を持ち越します。また、ランドがなかなか調子良く上がっていて、こちらも少ない枚数で持っていたいと思っていますが、今日エントリーするかどうかはまだ決めていません。

昨年も今くらいの時期にエントリーしたスイングのロングがありましたが、なかなかよくワークした記憶があります。もう一押しくらいあるとは思うのですが、年末まではロング目線で行けるといいなと思っています。

資源国通貨が強い展開か

gif_1349917571003
昨日はユーロなどが非常に弱い展開で、やはりランド円などでデイトレードをしていました。スイングで保有している豪ドル円ですが、今朝の雇用指標が良かったためまたしても首の皮一枚で繋がっているような状態です。ここまでトライを繰り返すと逆に底堅さが感じられますので、当初の予定通りの逆指値で様子見です。

また、豪ドルが買われていることにあわせてユーロ豪ドルの下落も気になっています。こちらはネックラインの1.23台を目指す可能性もあるかなと思っており、今日は豪ドル円のロング、ユーロ豪ドルのショートでエントリーのタイミングを探したいと思っています。

ユーロドルは1.2835を切るとさらに巡航下落する可能性が高そうです。

プロフィール
名前:やまモン
豪ドル円ばかりトレードしています。
すぐ調子に乗る性格なので、しっかりと心を管理しながら末永く続けていきたいと思います。
QRコード
QRコード
記事検索
  • ライブドアブログ