image1
昨日はドイツ指標悪化を受けてユーロ売りの展開となり、対照的にドル円、豪ドル円などは堅調に推移しました。ユーロ豪ドルも狙っていた1.26を割り込んできたのでショートでエントリーしました。本当は何日か保有していたいところだったのですが、下げ始めから100ポイントあっという間に下がりましたので一旦利益確定し、現在はまた高くなるのを待っているところです。ユーロ豪ドルは21日移動平均線を昨日一日でしっかり割ってきましたし、平均線も水平に近くなってきました。ようやく私が待ち構えていた展開が強まってきたように思いますので、ここからは予定通り豪ドル円ロング、ユーロ豪ドルショート目線で攻めていきたいと思います。

ちなみにスイングで保有していたランド円ですが、一旦下落したところでストップロスにかかってしまいました。その後改めて下がったところ9.09で再度エントリーし、こちらもしばらく保有したいと思っているのですが、もしかするとあまり期待通りにはならないかもしれません。上のチャートはドル/ランドの日足チャートですが、一応説明しておくと、この通貨ペアが下がるとランド円は上がります。一応、私としてはオシレータでの買われすぎ、豪ドル円上昇での連れ高などを見てエントリーしているのですが、ここ2日の上昇はなかなかに強いものがあります。ドル円が上昇中ですのでランド円は底堅いですが、ドルランドがこのまま調子良く上がっていくようであれば、相殺されてランド円は横ばいになるのかもしれません。

今日は豪ドル円のロングで臨みたいと思います。また、ユーロ豪ドルが急落する場面があれば怖がらずについて行きたいところです。