やまモンFX 豪ドル円スイングトレード

スイングトレードで豪ドル円を中心にいじくりまわすブログ

成績報告

2012年9月20日 トレードサマリー

gif_1348141427097
今日は朝の戦略がヒットし、3.2%のプラスでした。主にユーロ豪ドルでトレードしましたが、ユーロ円や豪ドルも大きく値下がりしています。
ただ値幅が大きいわりに、下がっている理由がいまひとつ判然としません。リバウンドがほとんどないところを見るとロングの決済売りがメインじゃないかなと思っているのですが、逆に安くなったところは買われやすいような気もします。世界の金融緩和の路線がある程度決定したところで材料出尽くしの利益確定・・といったところではないでしょうか。

そのようなわけで個人的にはあまりここからショートでついていくような気持ちにもなれず、逆に安いところを拾いたいと考えています。ユーロ豪ドルのショートはそのまま保有し、豪ドルドルのロングをお試しでエントリーしてみました。これは少し深めにストップを置いて様子を見たいと思います。

それでも日足を中心としてクロス円のローソク足の形はとても悪いですし、オシレータもまだ下がりそうな水準ということで、急落のリスクも残ります。どちらに行くか方向感が定まりませんが、どちらにしてもユーロ豪ドルは調整がしばらく続くと予想しています。

2012年9月19日 トレードサマリー

gif_1348055686953
今日は朝早くから外出しなければならなかったので、IF-OCO注文を出していたのですが、おおむね思惑通りに約定して1.6%のプラスになりました。
今日発表された短期債、長期債の資産買い取り枠拡大という日銀の追加緩和策はそれなりに好感されているようですが、既に半値以上の押しになっているということで、材料出尽くしととえらえられている可能性がありそうです。そうなると株式市場もここからしばらく調整に入るのかもしれず、しかしながらQE3など主要な中央銀行による緩和策によってリスクテイクが進行するのかもしれず・・・ということで非常に見極めが難しい局面です。

今日はダウ平均の終値に注目したいと思いますが、抵抗がありそうな81.85あたりにロングでIF-OCO注文を置いておきます。今日このラインまで届かないようであればしばらく上目線で臨むつもりです。

ところで今日の白川総裁の会見で気になる部分がありました。

・「景気のメインシナリオ自体を下方修正した」

これは追加緩和を行う理由としてまっとうだと思います。また、緩和理由は為替相場ではないとも言っていて、これもいつも通りのスタンスと思いますが、

・「大胆さや積極性で米欧中銀に見劣りするとは思わない」
・「日本の金融環境は先進国で最も緩和的」

この発言はどうなんでしょうか。私の勉強不足かもしれませんが、まったく見劣りしますし先進国の中ではダントツで引き締まっていると思うのですが・・
私は以前から申し上げている通り、日銀の古き良き中央銀行としての姿勢に対してはある程度の理解をしているつもりで、デフレ&円高が日銀の失策によるものであるという「よくある意見」には賛成しません。しかし、ヨソと比べて緩和的であるという意見に対しては、あまりにも認識に開きがあります。たとえば欧米の緩和策は行き過ぎだとか、日本には日本の事情があるから同じようにやっても効果が限定的だとか、そういう話ならば理解できるのですが、「欧米よりもうちのほうが積極的」という見解にはまったく理解に苦しみます。

政治的圧力をかわす狙いなのか、私が勉強不足なのか、それとも白川総裁が意地になっているのか・・・いずれにしてももうちょっと丁寧に説明してくれると有り難いのですが。

2012年9月18日 トレードサマリー

image5
今日はRBA議事録が公開されましたが、内容に新味はなくいつも通りのテンションだったと思います。今年中に再度の利下げを見込む向きは多いようですが、今の時点でRBAは出来れば利下げをしたくないと考えているのではないでしょうか。
豪ドル円の今日の値動きとしては私が考えていたサポートラインで何度か反発したものの結局は割り込み、金曜からの半値戻しあたりまで押されています。トレード成績はエントリーはしたのですが決済していないのでプラスマイナスゼロです。

ところで上の画像はユーロ豪ドルの週足チャートです。トレンドラインを引いてみると昨年9月くらいから綺麗に反落している線なのですが、今回この線を上回れないとすれば、今週中か来週にはユーロ豪ドルの反落がありそうだと思っています。

image6
これは同じくユーロ豪ドルの時間足チャートですが、MACDでダイバージェンス(逆行現象)が発生しています。ということで、一応説明可能な状況が整ったのでユーロ豪ドルのショートでエントリーしました。先日のお試しショートは簡単にストップロスをつけてしまいましたが、今回はスイングトレードでトレンドラインを上回ったところでのストップロスを設定しました。しばらくアゲインストになるのかもしれませんが様子を見たいと思います。

このトレードがうまくいくようであれば、近いうちに豪ドルドルのロングを持ちたいと思っています。



2012年9月17日 トレードサマリー

gif_1347888103186
今日はずっとユーロ豪ドルが伸びきるのを待っていたのですがなかなかそういう展開にもならず、日中は狭いレンジでの推移となりました。さきほどぐっと円売りの流れになっていますが、ニュースなどでは中国と日本の関係悪化が材料視・・などといかにも後付けな説明がされています。実際のところニューヨーク時間に入り、QE3効果を見越した米勢の買いが主導しているのではないかと思うのですが、そうだとしたらクロス円はしばらく上昇トレンドが続くのかなと思います。

今日は豪ドル円で1.2%のプラス。スイング用に少ない枚数でのロングも取りました。あとはユーロ豪ドルがそろそろ伸びきったと判断し、先ほどショートでエントリーしました。ユーロ豪ドルは今日の終値が200日移動平均を超えている可能性が高そうですが、高値更新にストップを置いて短期でチャレンジしてみます。

いやあ、それにしてもユーロ円が113円台。こんなところまで一気に戻すとは思いませんでした。

2012年8月28日 トレードサマリー

gif_1346159011962
今日は午前中にニュージーランドの大手乳業会社の支払い見通し悪化にともない、ニュージーランドドルが売られました。そのことをきっかけにして他の通貨も売られ、豪ドルも下落。正直言って乳業会社が為替相場を動かすなんてことを想像もしていませんでしたが、この会社はニュージーランドのGDPの7%ほどを占める大企業なのだそうです。ただ、下落は夕方まで続かず、ユーロなどは朝よりも高いところまで値を戻し、さらに夜から下落という荒っぽい動きになりました。

私のトレードですが、出るとこ出るとこ裏目となり、今日はなんと8%のマイナスを出してしまいました。思えば7月8月で資金の30%程度を失っており、あらためてトレンドの明確でない相場での弱さが露呈しています。
ちょっとこれ以上トレードしてもダメそうなので、9月上旬ごろまで休みにしようかと思っています。そのようなわけで、このブログもしばらく休業します。

今のところ9月のFOMC以降になったら手出しできそうだと思っていますので、その頃まで初心に返り、過去のデータ分析などで時間を使おうかと思っています。

このブログも、コンスタントにランキングをクリックしてくださる方がいらっしゃるようで、いつも感謝しています。近いうちに戻って参りますので、そのときはまたよろしくお願いします。
プロフィール
名前:やまモン
豪ドル円ばかりトレードしています。
すぐ調子に乗る性格なので、しっかりと心を管理しながら末永く続けていきたいと思います。
QRコード
QRコード
記事検索
  • ライブドアブログ