2007年01月16日

バイバイ!ストロングスタイル!

先日の「ワールドプロレスリング」の放送で、ドーム大会メイン武藤・蝶野vs天山・小島の試合ハイライトと試合後のインタビューが放送されました。

今回のドーム大会ですが、結果の速報を見たときに、これは見てから出ないと何も語れないなぁと思い、「ワールドプロレスリング」の放送を待ちました。
しかし、70分スペシャルの放送が無い地方ではダブルメインのタイトルマッチも、川田vs中邑も見れません。
唯一、メインの武藤・蝶野vs天山・小島もようがちょこっと見れました。
袈裟切りチョップ、DDT、白鉢巻のパフォーマンス、映像つき爆勝宣言そして、ファンの大橋本コール。そして、試合後のインタビューが放送されました。

■第9試合スペシャル・タッグマッチ
武藤敬司/○蝶野正洋
(18分43秒 交差式STF)
●天山広吉/小島聡


改めて思ったのですが、戦前、冗談で「武藤と蝶野でしょ、試合後に橋本のテーマ流れたりして」なんて想像したりしましたが、ズバリくるとはね。
2005年のG1クライマックスで蝶野が優勝した時と同じ演出でした。

私は橋本真也の大ファンです。こういう使われ方は、どうかと思います。
これが、全く同じ内容を7月の橋本さんの命日近くに追悼興行として行っていれば、まだ許せる。この新日本・全日本合同のドーム大会の企画はこの試合のためにやりたかったのかと思ってしまいます。

試合後の会見

天山「蝶野・武藤の時代は終わりと証明するためにやった結果がこれ。積み上げてきたものは無駄じゃなかったけど、結果には残らなかった。(テンコジの今後は)タイミングもあるし、組みたいと思ったら声かけるし、このまま終わるかもしれない」。

小島「今日は完敗。蝶野さんとはすごい久しぶりですが、打たれ強さ、粘り強さを再認識させられました。あとは今日のドームには橋本さんがいた。どんな技よりケサ斬りチョップ、DDTがききました。見よう見まねかも知れないけど、魂があったから自分の中にダメージとして残ったと思う。それと、天山とはオカマチックな関系であはありませんので」。


武藤「あんまり仏様の力を借りたくなかったんだよなぁ。悔しいね。まあオレと蝶野をつなげてる絆でもあるしな」。

蝶野「きついね。ギブアップ寸前です。(今日は)ある程度自分の限界を武藤さんがわかってくれてるから。下の人間に業界が任せられるように育ってもらわないと」。

武藤「何いってるの。俺はまだまだやるよ」


皆、4人とも終始、笑顔!笑顔!笑顔!

4人のやり終えたという、清々しい顔に、もー、しょーがねーなと思ってしまいました(笑)

大会前の武藤と蝶野のインタビュー映像が間に入りました。
武藤「橋本には頼らない」とコメントしていました。
確信犯ですよね(笑)

橋本さんの生前、闘魂三銃士で興行をやりたい。橋本さんが亡くなった後、追悼興行は行われなかった。それらを受けて、意図的にこの形でメインを括るということが、大会前に企画されたのでしょう。

放送の最後に1996年4月29日に行われた橋本vs高田戦のハイライトが放送されていました。
私は90年代闘魂三銃士全盛の新日本プロレスが大好きでした。
こんな演出しなくたって、試合でドームの観客を魅了できましたから。何ともいえない淋しさがありました。

ストロングスタイルという言葉は猪木世代の言葉です。しかし、三銃士全盛期にもリングにしっかりとした闘いがありました。
何を今更言ってるんだといわれそうですが、改めて言います。

バイバイ、ストロングスタイル(笑)
新日本のストロングスタイルは終わった。
2005年のG1クライマックスで蝶野が優勝し藤田が敗れたときから感じていたことではあるのですが(笑)

まーそーゆーこっちゃ!


blogランキング


人気blogランキングへのクリックをご協力お願いします!


トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 俺はゴールを設定したいね   [ たかがの「夢中大作戦」 ]   2007年01月16日 18:28
全日本プロレス 武藤敬司 ラブ・アンド・バンプ / プロレス  如何にも、蝶野っぽい言い方ですね。「そんなこというなよ」って感じですが、本気に辛そうです。  レスラーとして、とは言いませんが、もはや、ヒールとして????

この記事へのコメント

1. Posted by たかが   2007年01月16日 18:32
なんか怒ってますね!
2. Posted by 沢里尊   2007年01月16日 19:47
沢里も気分はプロレスラー。この1.4のことをシュートで書いたら、本当にヤバイですからね。詳しいだけにアンチよりもはるかにデンジャラスな記事になってしまいます。だから、あくまで「プロレス的」に書くしかない。プロレスに裏切られたら殺るかもしれないけど、今は三沢光晴vs森嶋猛に期待します。これがプロレスという試合をしてほしい。あまり失望させないでほしいですよね。
3. Posted by サンダーリップス山本   2007年01月17日 19:01
■たかがさんへ
怒っても仕方ないんですがね(笑)
そういうもんだと思って、皆見てるんだから(笑)
4. Posted by サンダーリップス山本   2007年01月17日 19:04
■沢里尊さんへ
何か疲れました(笑)
まぁ、そーゆーこっちゃ、なんでしょう。

案外、森嶋はあっさり取っちゃうかもしれない、そんな風に思ったりもします。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Profile
サンダーリップス山本
プロレス・ファン歴20年を超える青年ブロガー。

プロレスそのものの見方が変わってきたなぁと感じる昨今ですが、自分なりの言葉でプロレスを語っていこうと思っております。